無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 水着の歴史 | トップページ | ぼやいてみたいと思います。 »

仏作って魂入れず(障害者の公共施設)

 皆さんが何処かへお出かけしたとき、トイレに困った事はありませんか? 今回は公共施設と言っても、誰もがご厄介になる“トイレ”を例えてお話ししてみましょう。

 その昔、発展途上の国々を私も巡ったことがありまして、公衆トイレに困ったことが多々ありました。先進国となった日本、皆さんはトイレに困ったことなどそんなにありませんよね? ところが障害者用のトイレはどうでしょうか。

 最近は障害者用のトイレも充実されつつあるのですが、よくある「誰でもトイレ」、動けなくなって車イスを利用するようになった父を高速道路のサービスエリアにある“誰でもトイレ”に連れて入ろうとしました。ところが先に入っている方がいる。仕方なく外で待っていますが、待てど暮らせど出て来ない。

 『困ったなぁ』と思いながらも待っていると、しば~らく経ってようやく出てきたのは二十歳前後と思しきお姉ちゃんが二人。しかもド派手な化粧と服を纏っています。おそらく着替えと化粧に時間が掛かったのでしょう。

 地方に行きまして、小さな駅には後から取って付けたような障害者用トイレがあります。入ろうとすると鍵がかかっている。駅員に言って開けてもらうのですが、中は汚くて、ちょっとそこにお尻丸出しで直に座ろうとは思えない。

 おそらく誰でもそうだと思うのですが、『トイレに行きたい』と思うときはそこそこ切羽詰った時で、ようやくトイレに到着しても、いちいち駅員に言って鍵を開けてもらわにゃならないわけで、その時間に切羽詰った状態は頂点に達します。更にそのトイレは汚いことでショックが・・・。

 鍵をかける理由は夜中などに良からぬ輩がトイレでいたずらをするからのようで、その予防だそうですが、昼間は管理者である駅員が在沖しているのですから“昼でも鍵”はないと思います。

 更に掃除はいつしたのか、何処から入って来たのか真っ黒になった葉っぱがこびりついているところを見ると、おそらく一ヶ月以上はほったらかしになっていたと思われます。これではきっと、管理者である駅員さえもそこで用足しするのはためらうでことしょう。

 トイレではありませんが、昨今、障害者を対象にした水泳指導者の養成講習で講師を私はさせていただいています。公共のプールからの依頼ですが、その施設のエレベーターの階を選ぶ押しボタン、ここには点字案内が貼ってあるものの、外からエレベーター前までやって来る点字ブロックがありません。盲人はどうやってエレベーター前まで行ったら良いのでしょうねぇ。

 ノーマライゼーションとかバリアフリーとかが叫ばれるようになって幾年。「仏作って魂入れず」ではありませんが、利用する障害者が一般の人と同じように、気持ち良く使える公共施設であってほしいものです。

« 水着の歴史 | トップページ | ぼやいてみたいと思います。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/67037670

この記事へのトラックバック一覧です: 仏作って魂入れず(障害者の公共施設):

« 水着の歴史 | トップページ | ぼやいてみたいと思います。 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BV

  • BV