無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« ヴィッサン(Wissant)へ | トップページ | ドーバー最後の日 »

6時間泳とビーチの様変わり

今日のタケちゃんマンはドーバーハーバーのスイムビーチで6時間泳。これはドーバー泳を目指すスイマーへの練習会である。ビーチボランティアたちが面倒を見てくれる。ドーバー海峡の横断泳ではない。朝9時にスタートして午後3時にフィニッシュする。
この練習がスタートしようとしている時、タケちゃんマンのボートパイロットであるニールから連絡があった。「今夜の10時30分に泳がないか」と。。。。
ニールは私たちの帰国時間まで聞いてきて、どうしても泳がせたいようだが、昨日、私たちもフェリーからドーバー海峡の状況を観ていて、それは成功の確率が極めて低いこととを物語っていた。そして、タケちゃんマンもよく考えたあげくの答えなので、そう簡単に結論を崩すことは出来ない。ニールには丁重なお断りの連絡を入れた。

今日のビーチにはニールのボート、スバ(SUVA)受付嬢であるエマも来ている。エマに私たちの考えを詳しく話し、次回の8月で、1番予約が取れる最も近い将来を探してもらった。それは4年後、2021年だった。それまで8月の1番予約は全て埋まっている。タケちゃんマンの次回は、2021の8月に決まり、予約番号は1番である。

タケちゃんマンが今泳いでいるビーチのボランティアたちはそうとう様変わりしていて、ボスだったフリーダも、中心で動いていたバリーやアイリーンも今は引退しているという。今はエマが中心になって活動している。
ボランティアの後継者がしっかりしているのは羨ましいが、古い人間にはその様変わりがちょっと寂しい。するとアイリーンやバリーなど、古いボランティアたちを呼んでくれた。嬉しいことだ。
その後、元この団体の代表者であり、今も男性による最多ドーバー完泳者であるケヴィンと、この団体のボランティアであり、ケヴィンの奥さんであるジェーンもやって来てくれた。
ドーバー泳最遅記録保持者(確か28時間44分だったかな?)のベッキーも。。。
もうこのくらいの年齢が集まると、話の内容は孫の話と病気のことばかり。。。あまり日本と変わらないな。。。。引退するかな私も。。。。。タケちゃんマンのドーバー泳の2021年まで引退は無理かな。。。。。

今回のスイムビーチでの練習で、あることに気がついた。それは6時間泳を選ぶスイマーと、それ以外(短かめ)を選ぶスイマーの違いである。それは耐寒能力の違いだ。
5時間泳で上がってきて、まだ震えているスイマーたちを尻目に、6時間泳のスイマーたちは悠然と上がってくる。もちろんタケちゃんマンも。。。。
おそらく2年前にドーバー泳を成功させたTさんの影響が大きかったのだろう。「以前の軟弱な自分が信じられない。ちっとも寒くないし気持ちいい。でもまだ課題はあるな。ラフウォーターに弱い。。。。」と言いながら、「喉と口の中がしょっぱい」と、ソフトクリームを頬張っていた。
以前、イギリス人スイマーにもこんな人がいたっけ。。。。。。


エマと私


アイリーンと私


バリーと私


ソフトクリームを頬張るタケちゃんマン

« ヴィッサン(Wissant)へ | トップページ | ドーバー最後の日 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/65691528

この記事へのトラックバック一覧です: 6時間泳とビーチの様変わり:

« ヴィッサン(Wissant)へ | トップページ | ドーバー最後の日 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV