無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 失敗できないぞ! | トップページ | 帰りたい、帰れない。けどちょっと嬉しい »

函館観光と祝勝会

 昨晩(9月21日)はムーイに帰った後、風呂に入ってムーイのバーベキューハウスで乾杯し、完泳を祝った。今日(22日)の朝はゆっくりして函館の市内観光へ行くことになった。まあ帰りの切符を買ったり、お土産を買ったり、今日の夕飯以降の食材を買ったりと、主に観光と買い物だ。
 ムーイを出ようとすると、支配人のNさんから「祝勝会をしませんか」とお誘いがあった。「船のスタッフ、Aさん、Zさん、Kさんも入れて全員でやりましょう」とのこと。さっそく快諾してAさんに連絡を入れる。
 観光、、、、というよりも、昨晩上陸した“瀬田来町”を誰もが行きたかった。何故なら到着した時は暗くてよく見えなかったからだ。

P9220176
「ここに着いたんだよな」、「そうそう」

P9220178_2
チーム全員でパチリ!

 次は函館山。普通は函館山から市内に向けて(北向き)見るのだが、私たちはしっかり海側(南向き)も見る。昨日泳いだ海が、滔々たる遠泳の思いを想い起すことだろう。

P9220179
函館山から見た市内

P9220182
函館山で全員集合

 次は朝市。お土産を送るのに品定めをする。明日も来るのだ。続いて金森赤レンガ倉庫。お土産屋さんやレストランがズラリと並んでいる。皆さんのお買い物をしている間、混んでいる駐車場を避けて私はクルマで外に待機する。
 ちなみに函館市戸井支所のご協力により、新聞(北海道新聞&函館新聞)に今回の遠泳を取材していただいた。その新聞(遠泳リレーで津軽海峡横断、水泳倶楽部)を入手するのも今回の目的。
 五稜郭は行ったが五稜郭タワーは上らなかった。まあ上から五角形の五稜郭や函館市内を眺めるのも素晴らしいのだが、あまり時間が無い。

Dscn0088
五稜郭

 その後、八幡坂へ向かう途中、函館では異国情緒溢れる教会見物。(湘南の主さん、タケちゃんマン)

Dscn0096
教会

 そして“函館”といえばよくポスターになる八幡坂へ。

P9220186
八幡坂

 この函館観光の間にAさんから「Kの奥さんが今日、誕生日だそうで、Zも何処か、お祝いに行くらしい(KさんとZさんは親子なので)。だから祝勝会に行くのは私だけ」と連絡が入った。Aさん一人なら私のクルマでどうにかなる。場所が函館市内だからだ。それをNさんに連絡する。
 続いて食材を買いにスーパーへ。そろそろ合宿も終了するので、食材も考えて購入する。
 そんな観光と用事を済ませ、一時ムーイへ。そして入浴。
 祝勝会はNさんのご主人とお知り合いの函館市内にあるお寿司屋さん。まあ美味しいし、皆さんとの会話が楽しくて、帰りの運転はマキさんがしてくれるということで、安心して私は美味しく飲んで、美味しく食べて、、、、すると安堵の気持ちと睡眠不足と酔いがいっきに眠気を模様して、不覚ながら寝てしまった。
 その後、カラオケに行って楽しく過ごしたらしいが、いっさい私には記憶がない。ただ、翌朝起きた時に、ちゃんとパジャマを着て自分のベッドに寝ていたので帰巣本能は生きていたのだと思う。

Dscn0112
祝勝会

« 失敗できないぞ! | トップページ | 帰りたい、帰れない。けどちょっと嬉しい »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/62434560

この記事へのトラックバック一覧です: 函館観光と祝勝会:

« 失敗できないぞ! | トップページ | 帰りたい、帰れない。けどちょっと嬉しい »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV