無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その1. | トップページ | タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その3. »

タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その2.

 2015年9月21日(月)、津軽海峡横断リレー泳(青森県下北郡佐井村⇒北海道函館市瀬田来町)を湘南の主さんが中心になってリレーチームを編成し、1-way relay swimを試みました。チーム名は「マ・ナ・セ・ス」。メンバーは次の4名です。
   第一泳 マキさん
   第二泳 ヤスさん
   第三泳 タケちゃんマン
   第四泳 湘南の主さん
 結果は13時間06分で成功しました。詳細は当ブログ「失敗できないぞ!」をご覧ください。
 この遠泳にタケちゃんマンが報告書を作ってくれました。3回に渡る力作です。どうぞお楽しみください。

タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その2.

■合宿入りするまでの流れ
--- 仲間は経験豊富な方々、よくまとまることができた

 チームメンバが決まり、湘南の主さんがリーダーとなった。自分以外はいずれも経験豊富で心配がない方々。唯一自分が足を引っ張るのではないかと感じていた。
 メンバーは普段はそれぞれの場所で仕事や練習をしていることから、実際に会える機会は限られ、Hさんの湘南OWS 10Kmシミュレーション、湘南OWS 10Kmの2回しかなかった。
 ところが、練習会はそれぞれの担当があり一同に会することはできず、また湘南OWS 10Kmも自分が時間ぎりぎりの到着で、これまた一同に会することはできなかった。
 合宿入りする前にメンバー、先生とで交流会をしたかったのは事実である。
 逆に短期間でよく纏まったチームになった。湘南の主さんの過去の苦い経験が活きたからだと思う。

2015年9月21日、津軽海峡横断リレー泳(1巡目のマキさん)

 ■合宿生活
--- すばらしいロケーション

 合宿上のある函館市戸井ウォーターパークに到着。ここは海からも近く、自炊ができる。焼き肉ハウスもあり、『最高だ』と思った。

 部屋では炊事関連をヤスさんとマキさんがリードし、炊飯は先生、自分は食器洗いを主に行った。
 食事の間も水泳に関する話題が絶えることはなく、普段では考えられない楽しい時間を持つことができた。

2015年9月21日、津軽海峡横断リレー泳(1巡目のヤスさん)

 ■リレー泳の開始
--- 日程は突如決まる

 20日の夕方、海練習を終えて浜に上がると「明日泳ぐことになった」旨、先生から告げられる。ここから急きょ明朝の準備が始まる。
 準備を終えて、当日2:30ごろに港に到着、戸井の港から青森の佐井を目指す。
 朝5時17分にトライアルはスタートした。
 リレーは1人1時間。順番を飛ばしたり、調整したりすることは一切無し。流れが速いからといって、時間短縮→ダッシュも当然無し。
 メンバーはそれぞれの力を出し切り、次の人へとリレーを続けて行く。
 これはルールにのっとったリレー泳の醍醐味だと思う。

 たまたま前日に海練習をしたのだが、『この練習ができて良かった』と後で思った。

2015年9月21日、津軽海峡横断リレー泳(1巡目の湘南の主さん)

■ゴールまで
--- 日没までに終わらないかもしれないという不安があった

 二巡目が終わり、午後1時過ぎ。日没まで4時間とちょっと。この時点で北海道はまだ遠く彼方に見えていた。
 この時は、「このままでは到着できずに終わるのでは?」と少し焦りがあった。

 塩梅が良くなりだしたのは3巡目ぐらい。『2巡目の泳ぎが最低だった』と感じていた自分は「最後は悔やむことなく、最善を尽くして泳ぐこと」を考え泳ぎ始めた。
 特に船からの距離に関し、1巡目はヤスさんから、2順目は湘南の主さんから指摘を受けていたこともあり、船との距離を可能な限り縮めることは意識して泳いだ。

 自分の3巡目が泳ぎ終わり、船の前方を見ると、北海道が目の前に近づいていた。“あれ?”という感じだった。
 パイロットのAさんをはじめとするボートクルーの判断が良かったのだとつくづく思う。がまんして泳ぎつなげた甲斐があったと強く感じる。

 3巡目、湘南の主さんに変わる。湘南の主さんはなんと船の先を泳いでいた。この情景は「北海道に向け、船を先導して泳ぐスイマー」だった。
 この時点で「成功するかも」と思えた。

 4巡目、マキさんの持ち時間がちょうど終わるころ、瀬田来に行くことになった。
 ヤスさんとマキさんが到着地点を目指す。岩への入り方が事前の話どおりにならず、少し緊張が走ったが、18時23分にゴール。

 『メンバーと一緒に辛抱して泳ぎ続けて良かった』と、つくづく思った。

« タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その1. | トップページ | タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その3. »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/62526348

この記事へのトラックバック一覧です: タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その2.:

« タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その1. | トップページ | タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その3. »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BV

  • BV