無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 湘南の主さんの津軽泳報告「7・総括」 | トップページ | タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その2. »

タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その1.

 2015年9月21日(月)、津軽海峡横断リレー泳(青森県下北郡佐井村⇒北海道函館市瀬田来町)を湘南の主さんが中心になってリレーチームを編成し、1-way relay swimを試みました。チーム名は「マ・ナ・セ・ス」。メンバーは次の4名です。
   第一泳 マキさん
   第二泳 ヤスさん
   第三泳 タケちゃんマン
   第四泳 湘南の主さん
 結果は13時間06分で成功しました。詳細は当ブログ「失敗できないぞ!」をご覧ください。
 この遠泳にタケちゃんマンが報告書を作ってくれました。3回に渡る力作です。どうぞお楽しみください。

タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その1.

■水泳の再開
--- 動機は運動不足で不健康な自分の改善

 tora先生がドーバー海峡の横断泳を指導/サポートしていることは知っており、ドーバーへのあこがれも持っていた。

2014年夏、Facebookメッセンジャーで
 「水泳から遠ざかり20年(大学生の時に水泳関係のアルバイトをしていた)、漠然とドーバーという思いはあり、ただ相当の覚悟もいるだろうとも(私が)考えている」旨、先生に伝えたところ「覚悟よりも信念」、「頑張れぇ~~~~~!!!!!!」「自分を信じること」と励まされた。

 このやり取りの後で水泳を再開することになる。先生から水泳を習っていたのは小学生のころだから、実に35年ぶりとなる。

 手始めに2014年8月2日、どれだけ泳げるのかを自分なりに確認した。最初はまったくダメで、1本あたり100mしか持たず、トータルでも100m×10本を泳ぐのが精いっぱいだった。
 こんなことで本当に大丈夫なのかという不安を持ちながらも少しずつ泳ぐ距離を伸ばし、プールで6,000mに到達することはできた。

 しかし、「このまま泳ぎ続けて、はたしてドーバーに辿り着けるのか?」という疑問は拭い去ることができずにいた。
 そこで2015年5月、先生に頼みこみ、先生から水泳を習うこととなった。

2015年9月21日、津軽海峡横断リレー泳(スタート時のマキさん)

■津軽リレー遠泳参加を決めるまでの経緯
--- 津軽は突然決まった

 今年のドーバー視察の件はずいぶん前から決まっており、ドーバーでの練習は想定をしていた。また、今年は湘南OWS 10Kmの大会のことも決まっていた。

 したがって今年は

  • 水温16度での水泳がどのようなものであるのか
  • 海レースの10Kmがどのようなものであるか

 この2点を肌で感じとり、自分に対する課題出しができればと思っていた。

 2015年7月上旬、tora先生からドーバーの宿に関するメールを受信した。そのメールを読み進めると

  • 今年、津軽を泳ぐ予定だったアメリカ人が昨日「来年にしてくれ」と言ってきたこと
  • そこで私に交代で泳いでもらうこと
  • ソロは無理だろうから湘南の主さんにも聞いて、「リレーならOK」とのこと

との記載があった。自分が“Yes”を言う前提で話を進めていたようで、あっという間に津軽海峡横断リレー泳が決まった。

 当初日程は8月21日から25日という話であったが、こちらの休暇取得の事情もあり、9月20日から24日にしてもらった。都合をつけやすいという点では今回はとても助かった。
 ただし、日本のルールで日中でなければならないことから、今後は日照時間優先で日程を考えたほうが良いと感じる。

« 湘南の主さんの津軽泳報告「7・総括」 | トップページ | タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その2. »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/62526332

この記事へのトラックバック一覧です: タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その1.:

« 湘南の主さんの津軽泳報告「7・総括」 | トップページ | タケちゃんマンの「津軽海峡横断リレー泳レポート」その2. »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV