無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 5月15日 ニックの結婚式(パーティ三昧パート1) | トップページ | 6月6日 ライヴ »

5月15日 ニックの結婚式(パーティ三昧パート2)

 5月17日(日)、ブライアンと最後の朝食を取る。ブライアンは今日、午後の便でロチェスターへ帰る。月曜の朝には私も帰国するのでお互いに帰りのパッキングをする。するとニックから「お昼を食べに行こう」と連絡が入った。
 ブライアンはホテルをチェックアウトして私とニックの指定したレストランへ行く。ニックにしてもこれが三人で食べる最後のお昼となる。レストランは日曜だからだか混んでいて、しばらく並んでからのお昼になった。
 話は尽きなかったがブライアンが帰る時間になった。レストランを出てニックと私はブライアンにハグして別れを告げた。
 今度はニックのクルマでニックの新居へ。

Img_0967
ニックの新居

 ニックの家に着くと、ニックの愛犬“ソオ”が迎えてくれた。ソオの他にも“ドーバー”と呼ぶ愛犬もニックは飼っていた。今回、愛犬ドーバーには会えなかったが、それだけニックがドーバー海峡を思う気持ちが表れていたように思う。

Img_0968
ニックとソオ(ラブラドール・レトリバー?)

 ニックの家で、ニックは私に話した。「5年後に、オレはもう一度ドーバーを泳ぎたいんだ。その時に手伝って欲しい」。。。。。
 ニックが結婚式に私を招待した理由がここでわかった気がした。サポートの依頼なのだ。何で5年後なのか理由はわからない。が、私自身、私のサポートレベルはそれほど低くないと自負している。だがここのところドーバーでも津軽でも、ずっと失敗を繰り返している。人は「自然相手だから」と言ってはくれるが、こうも失敗続きだと自信喪失になる。
 ニックには、「悪いが5年後の私はどうなっているかわからない」と答えておいた。

Img_0969
4年ぶりのソオ。私を覚えてくれていた?

 ニックの家から私の行きたかったショッピングモールへ、ニックはクルマで送ってくれた。4年前にも来たこのショッピングモール、とても大きくて日本食のフードコートもある。まあ寿司などが売られているが、正直言って『日本食?』と思う。“日本風”が正しいと思うが、日本で食べられる洋食もその国の人々から見れば『“洋食風”なんだろうな』と思う。
 ショッピングモールで欲しかった土産品は「コーンピック」と呼ばれるもの。トウモロコシをまるごとガブリとやる時に役立つピックだ。トウモロコシの両端に挿すと持ち手になって便利。値段も手ごろだし小さいので荷物にもならない。
 4年前、ニックの家で厄介になっていた時にニックの友だちが来てコーンピックでトウモロコシを食べた。もし日本なら焼きトウモロコシにして醤油だが、アメリカでは茹でトウモロコシでバターだ。茹で上がったトウモロコシにコーンピックを挿し、バターの塊の上を擦るのだ。
 日本的な『もったいない』と思うのはバター。すべてのバターが使われる前に残ったバターは廃棄される。それはバターに限らず台所にあるコーヒーメーカーなども機械にセットすると簡単に美味しいコーヒーがいただける。その分、セットするプラスチックの部品が使い捨てで廃棄される。
 テーブルに置いてある粒コショウの入れ物、岩塩の入った入れ物。日本なら手動で“ガリガリ”やるものだが、アメリカではそれですらモーターが入っている。おまけに出口にランプもあって、料理上にどのくらい調味料が入ったか見易くなっている。「便利」と言われれば便利だが、『そこまで、、、』という気がしてならない。
 以前、アメリカで環境整備のためにガソリン代が上がることになった。ところが国民は『値上げした分、働かなきゃ』との考えだそうだ。つまり“節約”という発想が無い。
 1997年の“京都議定書(気候変動枠組条約締約国会議)”にアメリカが乗って来ないのは、こういったアメリカ人気質だと思われる。彼らにとっては“節約”より“稼いで寄付をする”を取るのだ。“便利”を追求し、大量消費をする。電気自動車でさえ“パワー(力)”がなければダメなのだ。早かれ遅かれ日本もそうなると思う。こう言っている私でさえ、アメリカの便利にお世話になっているのだ。だいいち、お土産にコーンピックを選んでいる。。。。。

Img_0972
ゴルフ場を眺めながらのパーティ

 時間が来て、ニックがショッピングモールへお迎えに来てくれる。そこからニックは私を連れて彼の友だちの家へ行く。その友だちとは4年前、当時ニックの家のご近所で、大きなジャグジーがあった家だ。今はゴルフ場の隣に住んでいて、大きなゴルフ場を眺めながら暮らしている。久しぶりに会うココの奥さんは私を覚えてくれていた。
 そこで再びパーティ。メンツはニックの親戚で変わり無し。でも私にとって最後のデンバーの夜なので心行くまで楽しんだ。特にゴルフ場が見えるデッキではスマホと最近流行りの“小さいが音質の良いアンプ付きスピーカ”がステキな音楽を流している。ご主人はリクエストを受け付けて、古き良き時代のアメリカ音楽をビールと一緒に楽しんだ。

<おまけ>
 翌朝、ホテルからタクシーでデンバー空港へ。タクシー料金を支払うとものの見事にUSドルは使い切った。『いや~、上手くドルを使い切れたな』と思い、出国手続きをして搭乗口へ行く。するとお腹が“グ~~~~”。。。。。
 『ドルは無いし、困ったなぁ~、腹減ったし、、、朝飯喰ってない。。。』と思いながらバッグの中のドルの財布を奥に入れて円の財布を手前に出した。
 『何だ円がある。。。』と思いながら空港内の両替所へ。『パンとコーヒーくらいだから1,000円も替えれば良いか。。。』と思い、替えてからパンやコーヒーが売っているショップへ。いちおう足りないと困るのでサンドイッチと水を手にしてレジへ行くと、レジ係のおばさんが「足りない」と言う。『えええええ、一つのパンと一本の水が1,000円以上するのぉ~~』と思い、水を返そうとすると、後ろに並んだアジア系のご婦人が私の足りない分を出してくれた。
 何だかとてもみじめな気分だが、「ありがとう」と言って水とパンを手に入れた。するとレジ係のおばさん、「ラッキーだね」と言いながらポテトチップスを私に渡した。『だったらポテトチップスではなく、水をくれればいいのにぃ~』と思いながら「ありがとう」と言ってポテトチップスも手に入れた。
 搭乗口前の待合所でパンとポテトチップスを水で胃袋に流し込む。腹はやや満足。そして機内へ。機内では日本へ着く前に機内食が2回出る。もちろん完食。
 5月18日(月)午前10時頃、デンバー発の便で成田へ。翌19日(火)午後3時頃、成田着。何だか一日損した気になる。
 税関を出て外に出ると眼の前にショップがある。デンバーで買おうとした同レベルのパン(サンドイッチ)と水が630円。それでも“安い”とは思わないが、デンバーは高過ぎる!!!!!

« 5月15日 ニックの結婚式(パーティ三昧パート1) | トップページ | 6月6日 ライヴ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/61751301

この記事へのトラックバック一覧です: 5月15日 ニックの結婚式(パーティ三昧パート2):

« 5月15日 ニックの結婚式(パーティ三昧パート1) | トップページ | 6月6日 ライヴ »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV