無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« ドーバー泳ガイド(2015)その7.「チェックリストを作ろう」 | トップページ | ドーバー泳ガイド(2015)その9.「ドーバー海峡の泳ぎ方②」 »

ドーバー泳ガイド(2015)その8.「ドーバー海峡の泳ぎ方①」

 何回かこのブログで言っていることですが、ドーバー泳はルールのいずれかを破る場合、あなたのスイムは失格となります。ルールの詳細はCSACS&PFのホームページから確認して欲しいのですが、早い話「何でも有り」ではないということです。

<スタートは>
 イギリスの天気は日本に比べてその変化は激しく、天気予報の的中率は日本よりも遥かに低いです。それは観測技術が低いのではなく、天気の予測が日本より遥かに難しいということです。
 ドーバーを泳ぐのは原則的に小潮の期間ですが、その期間の中で天気の良い日を選ばなければなりません。基本的には“ビューフォート風力階級表”による「風力4」未満であれば泳ぎます。しかしイギリスで正確に5日以上先の天候を予測することは不可能です。時折、2日先の予測が正確に出来ることはありますが、それはごく稀で、一般には泳ぐ24時間前にパイロットから連絡があり、初めて泳ぐことになるのです。
 つまり「明日泳ぐ。○×時にドーバーマリーナ集合」といきなり連絡があり、その指示にスイマーは従わなければならないので、スイマーに泳ぐ日を決める決定権は無いのです。しかし少しの知識があれば、ある程度予想することは出来ます。例えば“ビューフォート風力階級”を知ったように。
 ただ小潮期間で無風、パイロットに指定された時間に集合して、それでも泳げない時があります。それは霧。濃霧の場合は泳げません。基本的に視界は10km以上です。霧で泳げない例はドーバーで少なくありません。時に泳ぎ始めて10分後に「今日は良くないからやめよう」なんてことも経験しました。それはすべてパイロットの判断です。

<<満潮時にスタート>>
 海は普通、約6時間毎に満潮と干潮を繰り返しています。当ブログ、右上に「北海道函館の潮汐」(ブログパーツ)を埋め込んでおきましたのでご覧ください。グラフの山が満潮で谷が干潮で、それぞれに時刻と(海面の)高さが表示されています。ちなみに函館では大潮での海面の昇降は最大でも1m未満です。ところがドーバーでは大潮で約7m、小潮でも約3mの昇降があります。ですからグラフで表すと、こんなになります。つまり「潮流は速い」ということです。
 さて、あなたは「2015年9月5日から11日までの小潮期間で泳ぐポジションが“1番”で予約が出来た」と仮定します。2015年9月の潮汐は“こちら”をご覧ください。
 天気が良ければあなたは9月5日の午前4時22分頃のスタートとなります。それは9月
6日なら午前5時27分頃、
7日なら午前6時45分頃、
8日なら午前8時04分頃、
9日なら午前9時19分頃、
10日なら午前10時18分頃、
11日なら午前11時02分頃と、
日々約50分ずつ遅れてのスタートとなります。

<ボートは>
 ボートパイロットへは事前に会っておくことをお勧めします。同時にボートを見る機会があれば、スイマーもサポーターもイメージを掴むことが出来ます。その時に泳ぐ当日、あなたとパイロットが落ち合う地点も確認しておいた方が良いでしょう。何故ならばCS&PFのボートは大部分がドーバーマリーナに停泊しています。しかしもしあなたがCSAで泳ぐなら、そのボートの大部分が停泊しているフォルクストンのハーバーまで行かなければなりません。
 あなたが宿泊している宿とあなたのボートパイロットと落ち合う地点まで、移動方法や移動時間は確認しておいた方が良いでしょう。荷物もたくさんあることですから。
※注意:ボートの中ではボートクルーの指示に従ってください。ボートにはトイレやキッチンの設備がありますが、使い放題ではありません。特にトイレは使用後の水の流し方があります。スイマーに並走している間はエンジンの回転数も上げられないので使用できる電源に制限があります。詳細はパイロットに聞いてください。

<荷造り>
 泳ぐための器財、サポーターの器財、荷物はチェックリストを見て確認してください。そしてバッグ(容器)は巨大なものに何でもかんでも入れておくのは扱いづらくてよくありません。より良いのは中型の箱に目的別に分類しておくことです。特にスイマー用の小物(スイムキャップやスイムゴーグルなど)は急を要することがあるので私は家で使っているような「手紙挿し」を使用し、スイマー側のボートデッキに下げておきます。
 いずれにせよ目的別、2~3個のキットに分けておくと扱いやすいです。
 とにかく、ボートはドーバー海峡でとてもよく揺れます。船内での作業は足を開いて踏ん張って、何かに掴まりでもしながらじゃなければ出来ないと思ってください。
 例えば水。5リットルの大きなボトルが売っていますが、扱いやすいのは1.5リットルとか2リットルのボトルです。

<補給>
 補給品にはその形状が“個体”、“ジェル状”、“液体”とありますが、個体は噛まなければならないのであまりお勧めしません。ただバナナとかブドウとか、噛まずに呑み込めるフルーツのようなものなら構わないでしょう。
 補給はスイマーがどうやって採るか、時間や内容、量はスイマーが決めてください。時に「Aの場合はこうやって、Bの場合はああやって、Cの場合はこのようにする」とか注文の多いスイマーもいます。これはスイマーとサポーターのチームプレイになりますから事前に練習をしておくべきです。
 いずれにせよ1回の補給に掛かる時間は長くても1分。出来れば10秒以内に終えるよう練習してください。
 尚、間隔としては長くとも1時間以内に1回以上の補給をお勧めします。これはスタッフにも言えるのですが、途中、何が起こるかわかりません。「ゆっくり食事を楽しむ」ではなく、スイマー同様こまめに口にすることをお勧めします。
 とにかくボートはよく揺れ動くので、スタッフの食事も手掴みで食べられるサンドイッチなどが良いでしょう。
 ちなみに夜間航行中のボートは船内をあまり明るくすることが出来ません。暗く揺れ動く船内でテキパキと作業するには整理整頓が重要です。記録を記入する意味からもヘッドランプなどは必要になってきます。
 同時にボートにはキッチンの設備もありますが、利用するのは主にボートクルーです。必ずボートクルーに断ってから使うように注意して下さい。

<痛み止め>
 解熱鎮痛剤に“イブプロフェン(日本名:ブルフェン)”があります。日本でもテレビCMなどを観ていると“イブプロフェン”の名前が出て来ます。イギリスでは日本より頻繁に使われているように思える医薬品であり、市販薬として入手可能です。錠剤で100mg錠と200mg錠が存在し、用量としては日本では大人が「200mg」となっているものの、イギリスでは「400mg」となっているので『半分』と思っていた方が良いかもしれません。
 採るタイミングは食後30分以内です。一日3回(4~6時間毎)、一日の最大投与量は800~1200mgです。
 尚、イブプロフェンはドーピングに引っ掛かりません。

P9010199
2010年9月1日 スタート直前のニック(アメリカ)、狭いボートの中でニックの父親がワセリンを塗っている。

<スタート地点>
 スタート地点はドーバーマリーナの隣にあるシェークスピアビーチか、ドーバーとフォルクストンの間にあるサムファイヤホーになります。ボートでドーバーマリーナからシェークスピアビーチまでは約15分(フォルクストンのハーバーからだと約45分)、ドーバーマリーナからサムファイヤホーまでなら35~40分(フォルクストンのハーバーからなら約45分)です。
 この移動時間中にオブザーバーはあなたへ簡単なルールの説明といろいろな質問をして来るでしょう。中身は氏名、生年月日、年齢、国籍などなど。そして最後にあなたはそのルールに同意し、書類にサインをしなければなりません。
 その後あなたは泳ぐための準備に入ります。水着に着替え、グリース(ワセリン、ラノリンなど脂類)を塗り、耳栓、ゴーグル、夜間ならライト類を装着します。
 ボートがスタート地点の前(約20m)に到着すると、ボートを沖に向けて留めるでしょう。あなたはオブザーバーの指示に従って入水したら、岸まで泳いで行って身体のすべてが水から出た場所まで歩いて行って、そこで船に向かって手を挙げ、合図を送ってください。ボートはホーンなどでスタートの合図を出しますので、ゆっくりと入水したら静かに泳いでください。
 時にドーバー泳のボートが多数いる場合があります。他のボートも同じように合図をしていますので間違えないようにしましょう。

« ドーバー泳ガイド(2015)その7.「チェックリストを作ろう」 | トップページ | ドーバー泳ガイド(2015)その9.「ドーバー海峡の泳ぎ方②」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/61543177

この記事へのトラックバック一覧です: ドーバー泳ガイド(2015)その8.「ドーバー海峡の泳ぎ方①」:

« ドーバー泳ガイド(2015)その7.「チェックリストを作ろう」 | トップページ | ドーバー泳ガイド(2015)その9.「ドーバー海峡の泳ぎ方②」 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV