無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« ドーバー泳ガイド(2015)その9.「ドーバー海峡の泳ぎ方②」 | トップページ | ドーバー泳ガイド(2015)その11.「ドーバーのお勧め小旅行」 »

ドーバー泳ガイド(2015)その10.「ドーバー知っ徳情報」

 ドーバー海峡を泳いでいて、知っておくと余裕のできる情報があります。そんなあれこれをちらりほらり。。。。。。

<フェリー>
 ドーバーハーバーのビーチで練習していると、フェリー埠頭から引っ切り無しにフェリーの往来が見えるでしょう。それは主にイギリス(ドーバー)とフランス(カレー、ダンケルク)を結ぶフェリーで、一日辺り最大50便の運航があります。そのうちの約半分(23便)がドーバーとカレーの間を行き来しています。(約1時間毎に1便)
 あなたがシェークスピアビーチをスタートして、間もなくこのドーバー⇔カレー間の航路を横断して行きます。つまり「必ず」と言っても良いくらいに航行中のフェリーと接近遭遇するわけです。
 それはおそらくあなたが泳ぎ始めて3~4時間後に遭遇し始め、3~4時間は続きます。しかし全体の後半はドーバー⇔カレー航路からボートが離れるので、フェリーと遭遇することはありません。言い換えると『近くにフェリーが見えなくなったら後半に入った』と思って差し支えありません。よほど遅いスイマーじゃなければ。。。。。

<水深と航路>
 ドーバー海峡の水深は比較的浅く、最大でも40mほどです。すると喫水(水面から船底までの鉛直距離)の深い巨大船(全長200m超)はあまり航行しないことになります。しかしながら大型船(総トン数20トン以上)は3万トンクラスのタンカーや貨物船がけっこう航行しています。

P7230184
2008年7月23日 ボートの眼の前を大型船が通過する

※ 注意:3万トンクラスのタンカーは満載喫水が約10mありますが、(大型)旅客船は10万トンクラスでも喫水は8mほど。従ってドーバーハーバーにはけっこう大きな旅客船が停泊しています。ただ巨大船でも30万トンクラスのタンカーになると満載喫水が20mを超すので、ドーバー海峡のような浅い海域には入って来ません。
 いずれにせよドーバー海峡を航行する大型タンカーや貨物船の船乗りから見れば、ドーバー海峡は“浅い”、“狭い”の難所なわけです。しかも縦断方向へ航海しているところへ、横断方向へ航海しているフェリー(ドーバー⇔カレー)があります。その交差点の海域付近にスイマーと並走する小さなボートがノロノロしているわけですから、スイマーは「危険な行為をしている」と自覚してください。

<<ハーフポイント>>
 さて、ドーバー海峡の海図をご覧ください。

P8060155t
海図

 楕円で囲まれた部分(色の濃い部分)は特に浅い海域です。ちょうどイギリスとフランスを分ける“塀(へい)”のようになっています。この塀から任意に線を曳き(太線)、右側通行で航路が出来ています。
 では現在(リアルタイム)のドーバー海峡、船舶交通をご覧いただきましょう。この“Ship AIS”は、AIS(Automatic Identification System:船舶自動識別装置)によってインターネット上で閲覧できるリアルタイムの船舶交通状況です。どうですか? 思ったより頻繁に船が航行していると思いませんか?
 いずれにせよスタートして航路上に入る(大型船が眼の前を通る)と全体の4分の1を泳いだことになります。初めは左から右へ通っています。それが逆に右から左へ大型船が航行するようになると「半分を越した」ということになります。
 海峡中央部、つまり道路と言う「センターライン」。すなわち船舶の右側通行を保持させるためのヴイ(浮標:航路標識)が約5海里(約9km)毎に浮いています。これをチャネルスイマーは「ハーフポイント」と呼んでいます。視界が良ければボートから見ることが出来ます。このハーフポイントを普通の泳速ならばスタート後、約7時間で通過することでしょう。

<<魔物の住む海域>>
 普通のスイマーならスタート後約12時間で大型船の航路を通過する頃です。しかしその時点から潮流は転流し、進み具合が極端に悪くなる頃です。ただ大型船は付近を航行しません。むしろフランスのものであろうヨットなどが付近を航海しています。時としてヨットがあなたを観に来たり。。。。。
 しかしドーバー海峡では横断泳のスイマーが数多くいるので、ヨットは遠目に視るだけで側に寄ってくることはないでしょう。むしろ近くにあるヴイが強い潮流を切って傾いでいることや、あなたがほぼ真横に流されていることに驚くことでしょう。
 しかしそれに慌てることはありません。確かに間近に見えるフランス(最短距離)に泳ぎ着くことは不可能ですが、ボートパイロットはどう回避したらよいか知っています。あなたは前を見ないで(ボートだけ見て)泳ぎ進むのみです。

« ドーバー泳ガイド(2015)その9.「ドーバー海峡の泳ぎ方②」 | トップページ | ドーバー泳ガイド(2015)その11.「ドーバーのお勧め小旅行」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/61560687

この記事へのトラックバック一覧です: ドーバー泳ガイド(2015)その10.「ドーバー知っ徳情報」:

« ドーバー泳ガイド(2015)その9.「ドーバー海峡の泳ぎ方②」 | トップページ | ドーバー泳ガイド(2015)その11.「ドーバーのお勧め小旅行」 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV