無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« チャネル・睡夢(スイム)<後編> | トップページ | キッキング・エイジ(Kicking Age) »

チャネル・睡夢(スイム)<おまけ>

 これは我々親父バンドが毎年一回だけライヴをやっておりまして、次回は来年の6月6日に予定しています。その中で余興として“落語をやろう”ということになりまして、今年(2014年)の遠泳報告を落語風に作りました。皆様には「もっとこうした方が良い」とか「ああした方が良い」などのご意見を伺いたく公開することにしました。

 さて、このような報告をすると訊かれる「よくある質問」にお答えしておきましょう。

  1. 身体に塗る脂
    これは擦れ予防で保温のためではありません。海水はプールのような淡水と違ってベタベタしています。その中で長距離を泳ぐと、腋とか首とかが擦れちゃうんですね。そこでワセリンとかラノリンなどの脂類の塗るわけです。ワセリンは石油を精製して作ります。ラノリンは羊毛から抽出して精製した脂です。どちらも薬品や化粧品の基材として使われていますから、ここにいらっしゃる皆さんで「使ったことはない」と言う方は居ないと思います。
  2. サメやクラゲ対策は
    サメ避けには「赤フン伝説」が有名ですな。まあいろいろ諸説あるのですが、どれも「ホントかなぁ」と心配になるものばかりで、本当のことはサメに訊いてみなけりゃわかりませんね。
    実は「シャーク・シールド」と呼ばれる機械があって、これはサメに不快感を与えるよう三次元電波を放射する設計になっています。確かに私の知り合いにも持っている者もいますが、私は持っていません。ただ海上自衛隊が水中訓練で使用する「サメ避け剤」というものは持っています。これは悪臭を放つようで、サメはおろかいかなる魚類も近寄らなくなります。メーカーからは「漁業権の問題が発生する恐れがあるため、試には使わないように」と注意されていますので使ったことはありません。ま、お札替わりです。
    しかし基本的にはサメが現れたら「その遠泳は中止」が正しいと思います。したがって私には必要ありません。ただ海の危険生物はサメばかりではなく、クラゲなども挙げられます。これはよほどのことではない限り我慢して泳ぎます。
  3. 夜間泳は
    コンサートなどで「ケミカルライト」と呼ぶスティック状のライトを観客が持って振ることがありますよね。あれをスイマーが背中につけたり後頭部にフラッシュライトをつけたりして泳ぎます。船から見るとホタルのように“ボーッ”と明かりを点けて泳いでいます。
    実は光に反応して突進する性質があるダツの仲間がいます。えー、サヨリを大きくしたような口先が尖った魚ですな。これは夜にライトで照らすと突進してくるので直接ライトでスイマーに照らすような行為はご法度です。
  4. 赤フンで泳いだら公認できる?
    ドーバー泳のルールによると「一枚または二枚(セパレーツ)からできる一つの水着で、肩より外に出ない、膝より下に出ない、伸縮性のある生地で出来ていること」と規定しています。したがって赤フンは認められません。

« チャネル・睡夢(スイム)<後編> | トップページ | キッキング・エイジ(Kicking Age) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/60782081

この記事へのトラックバック一覧です: チャネル・睡夢(スイム)<おまけ>:

« チャネル・睡夢(スイム)<後編> | トップページ | キッキング・エイジ(Kicking Age) »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV