無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« シリーズ「人と決まり」 2.救急法(好意と方法とその結果) | トップページ | シリーズ「人と決まり」 4.海上保安部(監視船) »

シリーズ「人と決まり」 3. ドイツとシンガポール(自由と規制)

 1973(昭和48)年10月、トラジオンスイミングクラブは生まれた。当初、身体障害児に海を泳ぐこと(遠泳)を目的にした。「将来、社会に出た時に出会うであろう困難を乗り切る精神を養う」とお題目を置いた。
 しかし、社会に出て困難に出会うであろうことは障害の有無に関係がない。そこで健常児を受け入れるようになって、知的障害も受け入れるようになった。つまり入会希望者に制約をつけなくなるまでそれほどの時間はかからなかった。
 そんなある日の健常児(小学生)との会話(問答)である。
私「“ドイツ”という国があるんだ。ドイツには「アウトバーン」という高速道路があってね。そこでは制限速度が無いんだ。つまりいくらでもスピードを出していいんだよ。200kmでも300kmでもOK!
 ところがね、“交通事故”となるとちょっとの接触事故、日本ではたいした事にならないような事故でもドイツでは死亡事故になっちゃうんだ。それは最近、ドイツでも大きな社会問題になっているんだよ。
 でもね、そういうドイツだからクルマは性能が良いんだ。ポルシェとかベンツとかBMWとかアウディとかフォルクスワーゲンとか、、、聞いたことあるでしょう? スピードが出るように設計されているんだ。
 さてもう一つの国はシンガポール。この国はとても綺麗なんだ。ゴミひとつ落ちていないんだよ。とても綺麗なんだけど、そうするために法律がスゴク厳しくなっているんだ。例えばガムを噛むことも禁止なんだよ。噛み終わった後、道に“ペッ”と捨てるかもしれないからね。もちろん“立ちション(立小便)”なんかしたら大変。罰金ものになっちゃうんだよ。このようにとても厳しく取り締まっているから、とにかく街はとても綺麗なんだ。
 さて、厳しく取り締まれるけど綺麗なシンガポールと、いくらでもスピードは出せるけど、交通事故だと死んじゃうかもしれないドイツと、皆だったらどちらが良いと思う?」
小学校低学年の意見「シンガポール。だって街が綺麗な方が良いと思う。ドイツのアウトバーンは危ないと思う。そんな国には行きたくない」
小学校高学年の意見「ドイツ。だってさ、学校のクラスの先生ってひどいんだよ。何か問題が起こるとすぐに決まりを作っちゃってさ。“あれはダメ”、“これはダメ”って。何も出来なくなっちゃう。そんなシンガポールのような国は面白そうじゃないし、ドイツのクルマはお互いが注意すればいいんだよ」

 まあ小学生でも高学年となると学校の不平・不満が鬱積しているようで、でもさすが自立心が出てきているなぁ~と感心する。
 さて、皆さんはドイツとシンガポール、どちらが良いですか?

 “決まりを作り、決まりを守る”これは重要なことだが、決まりを作る理由、決まりを守る理由を明確にすることは同様に重要なことだ。
 決まりには必ずリスクが生じる。そしてその決まりに当てはまらない人が生まれ、その区別が差別へと繋がって行く。
 増してや「決まりを守っていれば安全」という考えにも誤りがある。この辺の言いたいことは山ほどあるのだが、それらはこれからボチボチと書いていくことにする。

« シリーズ「人と決まり」 2.救急法(好意と方法とその結果) | トップページ | シリーズ「人と決まり」 4.海上保安部(監視船) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/60875707

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ「人と決まり」 3. ドイツとシンガポール(自由と規制):

« シリーズ「人と決まり」 2.救急法(好意と方法とその結果) | トップページ | シリーズ「人と決まり」 4.海上保安部(監視船) »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV