無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 落語 | トップページ | 海が見たくて »

「OWS」の名前と意味

 “OWS”とは“Open Water Swimming”の頭文字を取って名付けたものです。直訳すると「開かれた水の水泳」となりますが、意味合いとしてはプールのように閉ざされた水ではなく、自然界の水、つまり海、河川、湖、沼、池など、開かれた水の中を泳ぐ水泳のようです。
 しかし元々水泳はプールから生まれたものではなく、狩猟採取のために生まれ、戦いの手段として発達しました。そして競泳が生まれてからプールが出来た順番です。ですから「本来の形に戻った」といった方が正しいと思うのですが、それは私だけでしょうか。
 2008年の北京五輪から水泳の正式競技として採用されたのでご存知の方も多いことでしょう。ただ一般には「長距離の水泳競技」と解釈されているようで、勝敗目的ではない、いわゆる“遠泳”のように完了目的とした場合はOWSと言わないようです。
 それが気に入らないので今回の投稿です。

 ところで“OWS”という名前はいつ頃から言われるようになったのでしょうか。ネット検索によると1991年から国際水泳連盟(FINA)が世界水泳選手権の正式種目として承認したのだそうで、それからするとその以前にもあったのかもしれません。
 しかし海の泳ぎを私が始めた1973年ころにはOWS何て聞いたことはありませんでした。むしろ「遠泳」と聞くと大勢で隊列を組んで「エーンヤコラ」とか叫びながら顔上げ平泳ぎで泳ぐ水泳を思い浮かべがちなので、クロールで泳ぐ海峡横断泳などは『英語でカッコよく言うには何としたらいいのかなぁ~』と考えたものです。
 この頃の海を泳ぐ競泳は、今も老舗になっている静岡県熱海市主催の「初島~熱海団体泳」以外に私は知りません。これでさえ“OWS”とか“遠泳”とかいった言葉を使わないで、“初島~熱海”と名前だけで表現しているようです。
 OWSは、おそらくトライアスロンが認知され始めた1980年代に生まれた名前だと思われます。何故ならばトライアスロンでもスイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(走)と、OWS何て何処にも書かれていません。バイクやランが独立した競技があると同じように、スイムも独立させた競技としてOWSと名付けたのではなかろうかと想像します。
 ただここで少し疑問になるのは、マラソンもトライアスロンもその生まれたルーツです。初めから競技だったわけではありません。それこそ“完了目的”が始めです。それは今も多くの市民ランナーやトライアスリートがそうであるように、勝敗を目的とした競技としてではなく、完了を目的としたアスリートの方が絶対多数なわけです。
 自分の可能性を試したくて参加するスイマーはOWSとは言わない???
 ネット検索によると「競技では選手同士の身体接触や駆け引きが多くみられ、生物など外部からのさまざまな影響を受けやすいため、危機管理も含めて自然の中で泳ぐための知識や経験も必要とされる。」となっています。
 ところが実際はどうでしょう。北京五輪を見てみると「OWSの会場となったのは、ボート・カヌー競技と同じ人工貯水池の順義オリンピック水上公園。カヌー競技フラットウォーター種目が行われるだけあって、水面は全く波のない極めてフラットな状態。」となっています。これがOWS???
 このことについてFINAは「今後オリンピックと世界選手権に限っては自然環境を泳ぐことにこだわらず、集客が見込めてスポンサーメリットの高い会場での開催を示唆した。トライアスロンにアイアンマンレースやオリンピック・ディスタンスなど複数のスタンダードがあるように、これからはOWSも自然環境を泳ぐ「従来型OWS」と、“競技を見せること”に特化した「劇場型OWS」のダブルスタンダードが並立していくものと思われる。(「2006年8月の国際OWSセミナー」より)」と言っています。
 『何だつまらない』と思うのは私だけでしょうか? 一般に「水面」は二次元の世界ですが、少なからず“波”のある三次元の水面、“流れ”のある生きた水、その中をどうやって泳いで行くかがOWSの醍醐味のような気がします。商業主義に走ってプールにちょっと毛の生えたような水面でOWS? ちょっと言っていることとやっていることが違うんじゃないかなぁ~。
 更にFINAの定義によると、「OWSのうち、最長10km以下の距離を泳ぐものをロングディスタンススイミングと呼び、これに対して10kmを超えるものをマラソンスイミングという。」となっています。
 つまり距離だけを重視しているだけですね。更によくわからないのがこの“マラソンスイミング”。元々“マラソン”とは「陸上競技の長距離走のひとつで、42.195kmの公道コースを走り、順位や時間を競う種目である。」となっています。すると「マラソンスイミング? それは走るの? 泳ぐの?」と言いたくなってしまいます。まあ感覚としては分からないこともないのですが、へそ曲がりの私なんぞは『やはりおかしい』と思ってしまいます。

 ちょっと長くなってしまいました。続きはまた近日中に。

« 落語 | トップページ | 海が見たくて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/60698903

この記事へのトラックバック一覧です: 「OWS」の名前と意味:

« 落語 | トップページ | 海が見たくて »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV