無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 新遠泳(海峡横断泳など)入門 (2014年改訂版)その2/3. | トップページ | 離岸流 »

新遠泳(海峡横断泳など)入門 (2014年改訂版)その3/3.

第三ステップ <協力者を得る>

 地元の役所、関係する個人または団体、マスコミ等に届けて必要な協力者を求める。
 以前に同じ海域を泳ぐなど、同等の企画を行なった個人若しくは団体がいたら、そこからの情報を得よう。それは生きた情報源だ。それが見付からなかったらトラジオンに聞け。お金は無いが、toraはニコニコしながら協力するだろう。
 例えば中々首を縦に振らない海上保安部も、鶴の一声ではないが有力者の一声でスーッと話が通ってしまうことがある。思わぬ余禄が手に入ることさえある。ただし協力者が現れても頼ってはいけない。あくまでも補助程度に留め、「自分でやるぞ」という心構えが必要不可欠だ。時として協力者やマスコミに振り回される危険性もあるので充分注意しなければならない。そして、大きな声で「NO」と言える勇気も必要だ。
 一つのことを成し遂げるのにたくさん協力者が必要だが、協力者はあなたと同じ『感動を味わいたい』と思っている。それに応えるのは“前向きの努力のみ”と知ること。
 ここまで終えればその遠泳の「90パーセントは完了」と言って過言ではない。あとは実際のトライに望むばかりだ。だが遠泳は時の運。結果の善し悪しや思わぬ方向へ行ってしまうことも、神のみぞ知るというものだ。しかしこれが遠泳。大自然の中へハダカ一貫で飛び込んで、全て計画通りになったら面白くない。何が起るか分からないところに期待、不安のハラハラ、ドキドキ、ワクワクがある。
 遠泳の出発とは、終着駅のあやふやな列車の見込み発車みたいなものだ。『百里歩む者は、九十九里をもって半ばとす』。100パーセントしか信用出来ない者は遠泳などおやめなさい。成功への90から99パーセントの間に遠泳の醍醐味がある。

« 新遠泳(海峡横断泳など)入門 (2014年改訂版)その2/3. | トップページ | 離岸流 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/60552240

この記事へのトラックバック一覧です: 新遠泳(海峡横断泳など)入門 (2014年改訂版)その3/3.:

« 新遠泳(海峡横断泳など)入門 (2014年改訂版)その2/3. | トップページ | 離岸流 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV