無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の記事

9月8日シャーロットのドーバー海峡 1-way solo swim (E/F)

 8日(月)、私たちは明日、帰国する。昨日までビーチボランティアをしていたので濡れた服なども、洗って乾かして持って帰りたい。天気も良かったので朝から洗濯、荷物のパッキングなど、帰国準備に忙しい。ちなみに自慢だが、食材から洗濯洗剤、その他イギリスで消費するモノはすべて本日中で綺麗サッパリ使い切る。まあ使い捨てカイロ一袋(10個)が残ったが、それは宿の主人であるアラステアと彼の奥さんであるベッティに「使ってください」と置いて行った。
 ちなみにアラステアの息子、ロバートは、マキさんと呼ぶ日本人女性と結婚して今は日本の鎌倉に住んでいる。湘南の主さんお住いの藤沢とは隣同士。だから「カイロについて詳しくはロバートに聞いてくれ」と言い残して。。。。。そういえばアラステアは金魚を飼っている。宿の中も日本風なインテリアがたくさんあるし、夜は日本の香を焚いている。それは変な日本文化の真似事ではなく、うまく“和風”を取り入れている感じだった。
 そうそう、“ドーバー泳の母”と呼ばれているフリーダの自宅へ行くと、庭は日本風で池があり、そこには鯉が泳いでいた。“ガーデニング”はイギリスでは盛んに行われている。その中で「日本庭園」の評判は世界的に見ても高い。

 ドーバーのビーチ近くにアウトレットがあり、湘南の主さんが「日本に持って帰るお土産が欲しい」と言うので出かけてみた。しかし元々アウトレットはお土産屋さんではない。たいしたものが見つからずにビーチや街中を散歩した。ビーチでスイマーが何名か泳いでいる姿を見たが、どれもロジャーたちではなかった。
 噂話も南アフリカのオットーが73歳の世界最高齢記録を更新したせいか、他の、特に70歳でドーバー泳を試みたであろう日本人スイマー、トミーの噂は煙のようになくなってしまった。そしてロジャーが引き入るアメリカの“最年少トリプルクラウン(アメリカが提唱するカタリーナ、マンハッタン、ドーバーの完泳者に与えられる称号)”を狙う16歳のシャーロットはどうしたか。気にはなっていたが情報はなかった。
 奇遇ではあったがシャーロットの父親、スティーブンは去年、泳ぐドクターO(オー)先生、湘南の主さん、キンちゃんらがリレーでマンハッタンを泳いだ日本チームのカヤッカーをやってくれた人だ。それがロジャーとの知り合いでもあり、スイマーがその娘。何だか“他人事”のような感じはしなかった。

089
スティーブン(左)と湘南の主さん(右)

 しかし後日、「8日、シャーロットはドーバー泳に成功した」と連絡が入ってきた。しかし1-wayの完泳時間が何と20時間以上も掛かっている。『えっ、73歳のオットーが12時間53分なのに16歳のシャーロットが20時間以上??』、それは誰もがそう思うだろう。実際、16歳の現役高校生スイマー。体格は身長180cmくらい、体重はどう見ても80kg以上はある。経験だって今までにマンハッタンやカタリーナを泳いできている。それを考えれば誰もが不思議がって当然だろう。海練習でもゆっくり泳ぐオットーに比べてバリバリの現役である。ピッチも上げて練習していた。
 ところが後から発表されたホームページのデータを見れば、それは“壮絶”を予想するに充分な内容だった。さっそくそれを紹介しよう。

087
左からシャーロット、スティーブン、ロジャー、湘南の主さん

  • スイマー:シャーロット・サミュエルス(Charlotte Samuels)アメリカ(16歳:女性)
  • スタート:(イギリス)サンファイヤホービーチ(Samphire hoe)19時00分
  • ゴール:(フランス)オードゥレスル(Audresselles):ゴール時間:(翌9日)15時44分27秒
  • 遠泳時間:20時間44分27秒
  • 詳細:こちら
  • 航跡図:こちら
  • 船名:アナスタシア(Anastasia)
  • ボートパイロット:エディ・スペリング(Eddie Spelling)

 スタート時間が午後7時。夜中をずっと泳いで行かなければならない。そして平均風速約7m/secの風が吹いている。まさに湘南の主さんが泳いだドーバーの状態に似ている。そう、“セーフティガイドライン”でいう「イエローゾーン」の状態。しかも航跡図を見ると南西に向かう潮がかなり速い。
 9月8日はもう大潮になっている。ところが最近、CS&PFにドーバー泳を申し込むスイマーが多いことと、「大潮でも泳ぐのに都合が良い日がある」という理由で“期間外”でも受け入れるようになった。まあ確率は低くなるのでせいぜい予約を受け入れるのは一人くらいだが。。。。。
 それでも泳ぎ抜いたことが素晴らしい。やはりロジャーが撮影した動画だが、ここに埋め込んでおこう。

charlotte's last 5k

 更にシャーロットは報告を書いている。少し長いので翻訳は勘弁していただきたいが、16歳の“少女らしい”内容なのでコピペして終わらせていただく。

I guess I should start at the beginning because it all really is a whole picture and not just the English Channel itself. On August 23, 2014, my mom, my dad and I boarded a Virgin Atlantic flight headed to Heathrow airport. I guess it's safe to say that none of us ever expected we would ever get THAT far. Only a week ago we had truly decided that we were going to head to England in very high hopes of even GETTING a spot to attempt a swim across the English Channel. For those of you who don't know, the English Channel is the busiest shipping lane in the world and the swimmers' equivalent to climbing Mt. Everest... Except you get no gear at all-just a little suit one cap and one pair of goggles. Also for those of you not yet informed, right now the English Channel is booked up until 2017. So quite TECHNICALLY there are no spots. A swimmer books a tide within the summer and within the tide they are given a number. It is sort of first come first serve and there are literally no guarantees. You can be first in line for a tide and the week of your tide will go by and no swimmers will be able to swim. Then you will have to wait around until another tide where even if you were first in line for the last tide you will be placed all the way at the end after that tides' last swimmer. As the weeks go by and there is bad weather the people stack up and many leave because they haven't booked their hotel rooms for so many weeks of just waiting. So technically I never should have been able to swim. We went to England on an absolute limb because we had spoken to a boat captain and he told us that if we were willing to come and "sit" waiting for 3 weeks then I SHOULD have a chance to be able to make an attempt. Extreme NO guarantees. But because I have really rad parents who want me to chase after my dreams at full speed we booked 3 tickets and headed to England. There were so many things that could have gone wrong. I could have all bad weather and more and more swimmers stacked up and never get to go, I could just never get to go, or I could (very little chance) have a chance to go and even smaller chance get to complete a crossing.

The first week we were there it rained non stop and no swimmers went out. I went each morning to train in the harbor and came out cold and scared of the future. Whenever I was scared I talked to my friend Mariel on the phone and she reassured me and helped me get acclimated to the water. Finally come a couple days later, my South African friend Roger Finch arrived with his friend Otto Thaning who was also hoping to make an attempt. Roger and I had met last year at the Ederle Swim and we kept in touch ever since. Roger was also good friends with Dave Barra, one of my long time swimming friends who helped us so so much to set up our trip and get in touch with a great boat captain from Channel Swimming and Piloting Federation named Paul Foreman. Dave and Roger are both Triple Crowners and wonderful people. Dave told Roger I was coming and it worked out perfectly because Roger was coming and meeting his friend Tracy Clark later in the trip to crew for Otto. Within minutes of meeting Otto we were instant friends and Roger and I picked up right where we had started off.

Each day we had a routine- we woke up, met Roger and Otto for breakfast and the Dover Marina Best Western, swam in the harbor, had warm drinks and Starbucks, and then went for an exciting trip to different towns in Kent. Everything was absolutely wonderful. However we all had the little thought in the back of our heads about when we were going to swim. The trips and routine distracted us but the first week was so hard because we knew that there were so many swimmers left over from no swims being attempted in the bad weather. However after the week passed we got word that a nearby hurricane would actually cast awesome effects on the conditions in the channel. The nearby hurricane brought in an Indian Summer. It barely rained again and boat captains went through swimmers much faster. Each day I felt stronger in the Harbor. But I just wanted to swim! Finally the following Thursday Tracy arrived! Tracy and I became close friends within minutes. Tracy swam the Channel last year in very hard conditions with FORCE 6 winds! She was a tough swimmer with a tough mind and she really inspired me. Tracy left her whole family (as did Roger) in order to come to crew for Otto and me. We met many more swimmers each time we swam in the harbor, people chasing after dreams and people like Graeme and Gary- both dedicated to helping people after their own swims in previous years. One day Gary brought his kids and their friends who were all between the ages of 8-11 and I played with them in the harbor after my swim with Otto. Roger and Gary had a talk which spurred discussion about maybe trying to find another captain who would be willing to take me since Paul was so overbooked. Paul was such a gentleman and helped me find a captain named Eddie Spelling who then agreed to take me on the Sunday following. There was so much excitement in the air! I was finally going to have a chance and my possibility of having an opportunity to make an attempt was greater than ever.

That Saturday I woke up to my parents telling me that Otto would be swimming! I was so elated because after so much waiting we both were going to have this opportunity. We went to see Otto off. That night Otto became the oldest person ever to swim across the English Channel at the age of 73. Now it was my turn. Eddie told us to meet at the Dover Boat Harbor at 5AM the next morning. I woke up at 3AM and lathered lots of sunscreen on and ate a PB&J sandwich (my morning ritual for swims!) I had my suit on and all of our bags and supplies were packed. Finally when I went to see if my parents were up they told me to check the tracking. Anastasia and Eddie Spelling and his crew were with a breaststroker who still had hours to go. My heart was pounding. Would I be able to swim? What time would I start? Would they move my swim to tomorrow? Am I going to lose my spot? Eddie contacted us and told us that we would go when they got back. I got a hold of Roger and Tracy who were staying at Varne Ridge and who were up and ready to go as well. Roger told me not to worry because I was getting a chance and I had to run with it no matter what time of day it came at! He told me to get some rest and I tried to. Eddie later contacted us saying that he wouldn't be able to get back in time for the next tide change and that my swim would be moved to a 7pm start. And boy did I know what that meant. For those of you who do not know, I swam across the Catalina Channel last month- a swim that starts in the pitch black and goes into the morning light. Swimming in the darkness was the scariest most out of body experience I had ever experienced. I felt so deprived of my senses and I felt like I was neither sleeping nor awake during my swim. I immediately started freaking out and because a swim starting at 7PM surely meant a prolonged night swim. I would see the sun set and then rise again. I would be swimming in the pitch black darkness for ELEVEN hours. The anticipation felt so horrible and I never wanted to go back to the fear and hallucinations I had at night in Catalina. However I knew that I had a chance. And all I needed and ever wanted was a chance.

At 6PM we arrived at the Dover Harbor Marina. I sat in the car with my mom as my dad went to get a parking pass. The minutes of this day had been dragging since I got up at 3AM that morning. When I got out of the car I saw the sun hanging low behind the cliffs barely even there before it slipped away. I felt small and scared. Right before I was about to go back to sit in the car, I saw a tall figure walking on the sidewalk towards the Harbor...OTTO! I had to stop myself from running over to him and I walked quickly to his open arms and he gave me a huge hug. I congratulated him on his absolutely terrific swim the day before and he reassured me over and over that I was going to do amazing because I was tough. It was so good to hear it from Otto because he had just swum the channel literally hours before. Later I would learn that my conditions were quite the opposites from what Otto had out there. Otto helped carry supplies down to Anastasia, my support boat that was docked close to where we were with the supplies. I met the crew of Anastasia and soon Roger and Tracy arrived. I met the observer, a very kind and gentle man who asked me questions and filled out his log. I then met Eddie who shook my hand and promised he would do everything in his power to help get me there safely and successfully. Once we were all aboard the beautiful Anastasia we finally left dock and headed for Shakespeare Beach where I would begin my swim. Tracy put Vaseline all over my body in the possible spots that I was likely to have chafing and out of the huge container we had we used more than half! She then helped me secure the blinking light to my goggles and another to the back of my suit. I said my goodbyes to my mom and dad and then to Roger and Tracy and the observer. A deckhand named Paul helped me to climb down a ladder to the bottom of the back of the boat. Right before I jumped in I took one last look at the cotton candy sky and the beautiful white cliffs. I jumped off the back of the boat and swam to Shakespeare beach. It was very quiet with only a few fisherman and a couple with a little kid. I stood up and faced the ocean, everything in the world behind me. All the support of everyone I loved and loved me, on the boat 4 crew members and a whole boatload of people who had only my best interest in mind and wanted me to accomplish my dream. With that I walked into the beautiful blue water. I immediately began swimming instead of walking further out because the rocks hurt my feet to walk on. I felt loose and free. I caught up to the boat and everyone was cheering and taking pictures. With that we carried on out and away from the harbor and out into the first section of the swim- English waters. I made every stroke worthwhile and I was so so happy. I knew that darkness would soon cast over everything so I worshipped the little light that was left. It got darker and darker each breath I took but I was sure that this time the darkness wouldn't be as bad as it was in Catalina. My first feed didn't come until 1 hour later and by then it was already dark. To all the art teachers out there who don't consider black a color-rather a shade- I now understand. It took many shades of black to get to the real black with no light escaping. Out of nowhere I saw them waving light sticks on the boat. I picked up my head to hear Roger yelling to me that if I didn't get closer to the boat then Eddie was going to pull me. Scared and stunned I brought myself closer to the boat-so close I could almost make out their faces even though it was so dark. They switched on the bright lights which lit up the dark water to a green shade beneath me. My entire crew sat on the edge of the boat and cheered. I wondered what kind of conversations they were having. I thought about my family and home and wondered what was happening there at this moment. I quickly learned that my conditions were not like Otto's. Every time I stopped for a feed I drifted very quickly backwards. The swells were big and they pushed me into the boat. After a couple hours my crew told me that I had to move to the other side of the boat (boat on my left) because then the boat could block some of the swells. The swells lessened but I struggled to stay side by side with the boat. The fear of being pulled was very great so I swam as close as I could and changed my breathing pattern so that I breathed more on the left than the right-that way I could angle myself and have a better perception of where I was compared to Anastasia. At 4 hours Roger would jump in and swim with me for one hour. I used that as a point of reference. The rules were that Roger could swim with me for 1 hour segments up to every 2 hours after initial 3 hours as long as he didn't touch me and as long as he stayed behind where my shoulders were. This was very difficult due to the size and strength of the swells. We kept bumping into each other and at one time I accidentally stabbed my finger into his ribs. They had to take Roger out eventually because his blinking light wasn't working. When Roger had gotten in I wasn't allowed to stop even though the boat had stopped. I got mixed messages about whether I should keep going as they were getting him in and eventually I kept going because I knew I would either drift or get cold if I waited. I found myself all alone in front of the boat being pushed further and further to the left-all alone in the middle of the ocean. I swam back because I had seen how big the waves on the other side of the boat were. I soon had seen a light in the water-Roger- and he swam with me. Once Roger was out of the water I was left alone in the darkness once again. I wondered how many hours until sunrise and my whole body hurt from being pushed and pulled into the boat by the swells. A jelly had also stung my arm and it was stinging really badly. I avoided EVER complaining to my crew for fear that they might take it the wrong way and pull me out. I asked for Advil but every time it got lost in the water because of the movement of the swells. It was hard to take any feeds besides the warm Carbo Pro out of squirt bottles. Night was endless and unforgiving. Even though Roger could've gotten in more times they didn't let him because of the rough water. Many people on the boat were getting pushed around due to the repetitive rocking of the boat. I was alone with my own mind which was hard to tame and hard to quiet. The only interactions I had were during my feeds at which I couldn't talk because I was drinking. At this point we were well into the first shipping lane. I wondered if we were near a curve because the tide changes every 6 hours and I figured out with the timing of my feeds that it was probably around 1AM. Some parts of the night felt so lonely and scary that I cried. I cried to make myself realize that it was real life and not some sort of dream land. Sunrise seemed days away yet I knew that if I got to sunrise, I would beat it. I would beat my fears. I would finish the swim. And although so much was ahead I knew that night was the only fear that could grip me. I swam for over 10 hours of darkness. I still cannot grasp how I feel or how I was able to do that. When I felt out of body or scared I told myself that I was getting something very few channel swimmers get- both a sunset and a sunrise. That comforted me. The soothing words if my family and Roger and Tracy during my feeds also brought me back to reality. It wasn't long before they told me that I only had 2 more hours until sunrise.

The sunrise wasn't as beautiful or dramatic as the sunset had been but it was all the same the end of my fear. As the sky began to lighten I thought about Devon and how she had jumped in for the first 30 minutes as the sun came up and I kept her with me through my transition to light here in the Channel. I wished that she was really there. I imagined her matching my stroke and my breaths- smiling and cheering whenever she came up to breath. I thought about my friends back at home in New Jersey- many of them just going to sleep. I thought about how I didn't have to be scared anymore. And I no longer felt alone. I felt awake and alive. Because the sun was now up I could begin to get whiteboard messages. The messages apparently flowed in one after another and my crew struggled to get them all down on whiteboards to show me. We were now out of the separation zone and into the 2nd shipping lane. I wondered if I would be able to see the huge ships now that it was light. I saw some in the distance and many others were traveling on the other side of Anastasia and I couldn't see them. The 2nd shipping lane lasted forever. It was weird that I had already been swimming for almost 12 hours because I felt fresh and strong as ever with the new light of the sun. I had been consistent and strong the whole night even though I had to battle the swells and the loneliness. My stroke rate was higher and better than it had ever been and I never let up. Eventually Roger was able to get in and swim with me again. I missed him so so much! When we swam he looked at me and smiled. A couple days before my swim we were in Deal and we walked by a street festival where a band began to play "Every Breath You Take" by the Police. Roger took my hand and looked me in the eye and told me "Yes Charlie I promise I will". With that he gave me a kiss on my cheek and we listened to the beautiful music. We swam together and it made me feel so loved. Once Roger got out I looked at my crew- my mom, my dad, Tracy and Roger all huddled up on the boat watching me and I thought about how for the rest of my life I would be indebted to them for helping me. I love them all so so much. The sun got brighter in the sky and I knew that I had been in the 2nd shipping lane for a while which meant that the French Waters (the last section) had to be close. Some of the messages I had been getting were making me so teary eyed as were the fact that I no longer that to battle the night. At my next feed I looked in front of me and there it was. Hazy but there all the same-the French coast. The sight of land after a long night and nothing but black brought me hope. Each stroke I took brought me closer and closer to land. A couple feeds later I got word that I was in French waters. As I drank my Carbo Pro, Captain Eddie opened his window from where he was navigating and shouted to me (in a very British accent) "You're doing great love! Keep going like you're going and you'll get there!" I was so happy to hear this because the pilot knows absolutely best- he's seen people fail and succeed and he knows what it takes so I did what he said. I kept swimming strong and steady. The length of time I had been in the channel water didn't phase me. I was enjoying each minute of it since the sun had come up and now I could see France! Every time up until this moment that I had asked for medicine I was unable to take it and it took until then to actually take an Advil successfully. I told myself that it would help me and I think it did. I no longer ached- I just wanted to pull and keep going. I was so happy and I felt so so lucky. I even told myself that if it all ended right now it would be okay because I beat my fear of swimming in the darkness. But I wanted to finish! And I was determined. To keep my spirits up, I wondered what my finish would be like. I pictured everyone on the boat cheering and watching closely as I touched the rocks beneath my feet and stood up and walked out of the water with Roger beside me. I imagined hugging him and crying and then swimming back to the boat and getting lots of hugs and kisses and warmth. I knew that the end wasn't far. At the feed that followed that, Tracy, Roger and my parents told me that I needed to move quickly and push hard to get through the current. I was so close but I knew that the end is always the hardest part of a channel swim. I wondered what Cap Gris Nez looked like and if I was looking at it or if I was going to a different end point in France. There's a saying among Channel swimmers that you train for a swim across the Channel but the swim doesn't actually start until the last 5k. So many swimmers get through the whole swim well and then spend a long time trying to fight a current to get into the Cap. Many swimmers give up in the last 5k. Others that keep swimming miss the Cap all together and have to swim to another beach. Due to the time of the tide I got to the end my captain decided it would be best if I went very far right of Cap Gris Nez. That way since the current was going left, if I aimed right diagonally it would be easier to get to the right and not be fully swept to the left as I would be if I was going in a straight line or just aiming for the shortest distance. During that last 5k Captain Eddie called everyone to put away their cameras and get to my side of the boat and cheer their heads off so that I would be able to have as much encouragement as I could. During that last 5k my life really flashed before my eyes. Every time I looked left I saw these beautiful and loving people all dedicated to my dream. Each with a story and a hope. And in my own mind I saw a little kid, a girl with brown hair and brown eyes, torn down at times but a kid who always loved and lived to be in the water, someone who had persevered through all odds to get here, someone who knew what passion was, someone lucky enough to be able to have a chance to swim and a chance to be brave. And I tried to live through little Charlotte. Little Charlotte who stuck with swimming all these years even though she wasn't the fastest. Little Charlotte who had coaches yell at her and her team ripped apart and the possibility of her passion burn to the ground but yet always kept going back because she knew it was love and it was meant to be. Because all she wanted was to swim and to feel alive like she felt as a little kid playing in the ocean in LBI with her cousins. I felt my body hurting but my mind was on fire and so was my soul. My crew held up whiteboard messages that read "I love you so so much xx" "pain is temporary triple crown is forever" "Devon says this is your swim". Back in California when I did Catalina, the last message Devon wrote me was "this is YOUR swim". It had been 17 long hours of swimming the Catalina Channel when they told me to push to get through the last 5 miles and I had the kind of recollection that I had in the channel. Roger also held one that he wrote that said "you know I would never lie to you. 200 yards to the shallows once you get there you are safe". My eyes filled up with tears. I couldn't contain the raw emotion I was feeling. All these people on the left on the boat cheering and giving everything for me and all over the world more and more people sending me good vibes and love cheering me on even though they were worlds away. For my last 5k in the English Channel, each 10 strokes I dedicated to a different person. I dedicated it to each and every person that came to mind, each and every person who has loved and stood behind me and raised me up to the sky and has helped me in whatever way they could so that I could have the opportunity to chase my dreams. Whether that be getting an A on a test in Chemistry or going after a seemingly impossible goal like becoming the youngest Triple Crowner at the age of 16. I made every stroke worth it because every person who I dedicated the strokes to deserved my full effort and my full heart. As I was swimming I realized that behind me they were removing the dinghy from Anastasia. We must be close. Out of no where I swam into a plastic bottle and as a was drinking it I realized that it was a different feed which meant that it was my last feed. They told me I had to drink fast because the current was so strong and I had to keep making forward progress because I was being pushed really fast to the left and back. During the feed I saw that everyone was crying. They looked so hopeful and that gave me hope. I'm not exactly sure what happened next but there was a lot of miscommunication and the deckhand went onto the dinghy and I followed swimming next to him-I wasn't supposed to. I started swimming completely left and in, the current carrying me. Everyone was screaming but I didn't hear them. I finally picked my head up and the deckhand screamed that I needed to aim to the right towards the colorful houses on land and get closer to Anastasia. I went fast, sprinting. I didn't know it at the time but the national anthem was playing. At this point I was really crying. Eventually the boat dropped away and I was left with the dinghy and the deckhand. I kept going forward thinking about Rogers words. I wondered how far I was from the "shallows". How much longer would it be until I was safe? I wouldn't allow myself to believe I had finished until I had. I asked the deckhand where to aim and he pointed to these flat rocks ahead of me. He told me DO NOT GET OUT JUST TOUCH THEM AND IT WILL COUNT. Finally out of absolutely no where I saw it. Sand! Rocks beneath me! Real life LAND. France. Under my body there were rocks covered with grass and around me there were lobster pots and the current had died down. These were the shallows. I kept going. Enjoying every stroke because my dream was so close to being complete. I almost didn't want it to end. The dinghy was far away and although there were houses nearby, no one was around. A couple little fish and grass were bending in the waves beneath the surface of the water. I was all alone. And for the first time in a long time it was peaceful. In front of me there were flat rocks which when I got to I picked my head up, took my goggles off and looked at the beautiful land called France and then touched the rocks at which the deckhand waved his hands in an "all clear" and I swam back to the dinghy. He helped me on and congratulated me but as I was getting on I realized I didn't have a rock from France! I told him but he said that we didn't have time because the current was getting really strong -strong for even a motored dinghy! Since I had touched to finish I had a different kind of finish from where you get out on a soft beach I was unable to get a rock to bring back with me. He said I could look at the bottom of the sand near the dinghy for a rock if I wanted. I did and I found one all alone in the sand. I grabbed it. I handed it to him to hold for me and got onto the dinghy and we went back to Anastasia. Aboard the boat everyone hugged me and kept me warm and we all cried tears of happiness and relief. We had all accomplished the impossible and at the age of 16 I had become the youngest person ever to achieve the Triple Crown of Open Water Swimming. Plus I had just swum across the English Channel in less than ideal conditions. They all commended my strength. Tracy told me that she had never seen anyone so determined, not even an adult, and she said that I have a heart of steel. My parents hugged me and we were all in shock (and still are) at how everything somehow worked out. Roger kissed my right shoulder and held me close. The observer and deckhands and Eddie congratulated me and everyone helped me get warm. I had started my English Channel swim at sunset, a time almost no one starts and I had finished my English Channel Swim 20 hours 44 minutes and 27 seconds later in a little town called Audresselles, more than 3 miles from the Cap, a place almost no one ever finishes. My experience, my age, and my conditions were all a big shock to lots of people. My swim was fueled by love and passion.

Since obviously I'm small and the goal I set was rather large, I have a LOT of people to thank. First and foremost thank you from the bottom of my heart to my mom and dad. Marathon swimming is very taxing, emotionally, physically and mentally. They put a lot on the line to give my the chance to have these opportunities this summer and more than that they went to England for 3 weeks with absolutely no guarantees. Thanks to you guys for always believing in me and for never giving up on me. Thank you to my dad for his never ending support and for making sure I always had what I needed with my feeds and everything else. Mom, thank you for cheering for me and for being there when I needed you most during the last 5k. I couldn't have done any of this without you both. Thank you to Roger and Tracy. Both of you helped me with no strings attached and you are both in my heart and we are all bonded for life. Thanks to Roger for swimming with me and helping me in the harbor and always making me laugh and cry and smile. Thanks for calming me down whenever I was freaking out and for making every day in England hilarious and awesome. Thanks to Tracy to always believing in me and cheering for me and being there the whole time to tell me exactly what was going on and for handling the social media piece of my Channel swim. Thanks for being such a great friend and for making me laugh and always feel safe and showing me that I was always in good hands. Thank you to Roger's wife Lindsay for lending Roger out to Otto and me to help us both to accomplish our goals. Thank you to Tracy's husband Andy for lending her out and to her two sons Alex and Connor for lending out their super cool mom! Thank you to Otto for training with me every day in the harbor and for always making me feel good about my swimming and making me laugh. Also thanks to Otto for sharing his crew with me! Thank you to Captain Eddie and his deckhands as well as my very kind observer for helping me get to France. Thank you to Paul Foreman for giving us the push we needed to come to England and for helping us find Captain Eddie who had less bookings than he did. Paul is a real gentleman and a really kind guy who wanted me to succeed even if it wasn't with him. Thank you to David Barra for helping so much with logistics in my swim and travel. Thank you to my magnificent little brother who has given up so much (even mom and dad) and started high school on his own with Grammy just so I could come to England. Thank you to my amazing Grammy for making sure everything on Melrose place is going well and for always loving and supporting me and watching Seb and the animals. Thank you to my whole family, all my cousins and aunts and uncles for loving and taking care of me always. Thank you to my Uncle Lawrence for always making me laugh hysterically and for all his help with my swims this summer. Thank you to my family in Cali for always supporting me and being there for me. Thank you to Bergen Barracudas and all my teammates for supporting me so much this summer and this year in all of my dreams and for training with me. Thank you to my church community of USR and CUC for being so welcoming and supportive and always giving me a place to fall back to. Thank you to Ridgewood High School for supporting me in my task to become the youngest swimmer to swim the Triple Crown and for accommodating my missed school work. Thank you to all the people who have supported me for MIMS and Catalina and have helped me get through those swims so that I could get to England. Thank you to all my friends for their support near and far both in NJ and all over the world including people I don't even know for giving me the support I've needed to finish these 3 huge swims. This has been an incredible journey and has truly changed my life. I have discovered so much about myself and how I want to live my life. It's been a great dream and it finally came true. With endless humility, gratitude, salt water, love and infinity, thank you.

9月6日 オットーのドーバー海峡 1-way solo swim (E/F)

 6日(土)7日(日)は「週末の海練習」がある。朝食と同時にお昼のお弁当(サンドイッチ)をせっせと作って私はビーチボランティアになる。湘南の主さんもようやく「ドーバーの泳ぎ収めでもするか」と泳ぐ気になってくれた。それは私にとっても嬉しいことだ。

121
補給品をスイマーに配るビーチボランティアの私(左)

 7月下旬から8月上旬にかけては練習に来るスイマーの数も多く、時に50名を超すこともある。しかし今の時期になると参加スイマーは10名ちょっと。それでも横断泳目的ではなく、練習目的として参加してくる常連スイマーが多く、顔馴染みのスイマーに会えるのが嬉しい。
 週初めは強かった風も、日を追うごとに風の弱い好天になり、特に6日(土)は絶好の日和だった。ただ、日和は良くなっても潮は速くなり始めている。湘南の主さんの泳ぐ期間は9月1日から6日まで。つまり“潮だけ”で見ると9月2日に泳いだ湘南の主さんは“実に良い日”に泳いだことになる。もっと言うと、午前3時30分のスタートはタイミングとして実に良い。15時間で泳ぐとしてゴールは午後6時30分。これは昼間を有効に使えるのでありがたい。何といっても昼と夜では泳ぐのに肉体的にも精神的にもまったく違う。ただただ強かった風を恨むばかりである。
 ちなみに成功しないと何もホームページには出してもらえないので、同じ9月2日に泳いで成功したスイマーのデータを拝借した。すると私の取った疑わしきデータと違う数値が掲載されていた。

  • 私の取った風速データ:3.2〜6.7m/sec(目測では+1m)
  • ホームページのデータ:3.0~12.3m/sec(平均7.2m/sec)

 これはビューフォート風力階級の“風力4”値し、私の言う「セーフティガイドライン」の“イエローゾーン”に当たる。(当ブログ「9月2日 セーフティガイドラインの中にはあるけれど」参照)
 取り敢えず私の風速計は壊れていたようだし、ホームページのデータを見て納得した次第である。風速計、直さなきゃ。。。。。。

090
湘南の主さんとオットー

 この日(6日)、南アフリカのロジャーたちは姿を現さなかった。『どうしたかなぁ~』と気になり聞いてみたら、何と今日、オットーが泳いでいるそうである。『日和は良いが、潮が速くなってきているからなぁ~』と心配になった。しかし後日、ロジャーからの知らせで成功したようである。良かった!
 詳細がホームページに掲載されたのでこのブログにも載せよう。

  • スイマー:オットー・タニング(Otto Thaning)南アフリカ(73歳:男性)
  • スタート:(イギリス)シェークスピアビーチ(Shakespeare)10時00分
  • ゴール:(フランス)ヴィサン(Wissant)22時53分
  • 遠泳時間:12時間53分
  • 詳細:こちら
  • 航跡図:こちら
  • 船名:シーファラーⅡ(Sea Farer II)
  • ボートパイロット:マイケル・オーラム(Mike Oram)
  • サポート:ロジャー・フィンチ(Roger Finch:南アフリカ)

 この日、ホームページのデータによるとスタート直後、ゴール直前に風が約8m/secもあるものの、中間は風がなく最低で1m/sec、平均で5m/secだった。ロジャーの知らせにも「まるで鏡のような海面だった」と書いてある。
 おそらく潮も良かったに違いない。「とてもラッキーだった」と言えるだろう。
 ロジャーの撮影した動画もここに埋め込んでおくことにする。

Roger and Otto Swim in the English Channel

 最後に、先週末のビーチ練習で来た水泳仲間に「今回はキンちゃんではなく、湘南の主さんを連れて来た。彼は70歳になった記念にドーバーを泳ごうとしている」と紹介すると、「あっ、知っている。“トミー”って呼ぶんでしょ」と言う仲間がいた。“トミー”とは湘南の主さんと同じ「70歳になったらドーバーを泳ぎたい」と言う日本人スイマー。「違う、違う。湘南の主さんとトミーは別人」と話しておいたがどうもイギリス人にとっては“日本人”、“70歳”ということで混同しているようだ。
 おそらくトミーも同じ時期にイギリスのドーバー付近(おそらくフォルクストーン)に滞在しているようだ。彼は去年ドーバーを泳いで失敗している。リベンジなのだろう。後になってから聞いた噂だが、どうもリレーで泳いだことのある日本人のご婦人と一緒に来ているらしい。ただ今回お会いしたわけでもないし、イギリス人水泳仲間から噂で聞いただけなのでよくわからない。
 もう一つ。超目立ちたがり屋のトミーだから、成功すれば私の耳にも入って来るだろう。ところが今週末のビーチ練習でオットーや他のスイマーの噂話は出て来るものの、トミーの噂は一切出て来なかった。そして本日(9月29日)、ドーバー泳の成功者リストをホームページでチェックしたが、“トミー”の名前はなかった。やはり今年も失敗したのかな?

9月5日 フランスの日帰り旅行

 かねてから湘南の主さんは「ドーバーに行ったら2006年の時(ソロスイム)に到着したフランスのサンガッタ(Sangatte)とブレリオ海岸(Blériot-Plage)の中間へ行ってみたい」と言っていた。そして今回、フランスのグリ・ネ岬(Cap Gris Nez)を目標として泳いでいたので「グリ・ネ岬や2002年(リレースイム)の時に着くかもしれなかったヴィサン(Wissant)にも行ってみたい」と言い始めた。そこで日帰りでフランスのカレー(Calais)から上記の地点をすべて回る忙しい旅行に行くことにした。

 ここで特筆したいのは、イギリスのドーバーとフランスのカレーを結ぶフェリーの運賃の安さである。大人一人、徒歩(クルマ無し)の往復運賃が日本円で3,000円もしない。ちなみに片道の乗船時間は1時間30分で、ちょうど津軽海峡フェリーの大間(青森)~函館(北海道)間の乗船時間、1時間30分と一致する。その大人一人、徒歩(クルマ無し)の片道運賃は2,260円。往復割引(一割引き)を利用しても4,000円以上。その差1,000円以上。それでいて船内設備や大きさはドーバーの方がはるかにグレードは高い。津軽、というより日本のフェリー会社はもっと考えた方が良い。

 朝、明るくなると同時に歩いてフェリー埠頭へ行く。もちろんパスポートは必要。往復切符を買って、待ち合わせ所で待機していると「バスに乗ってください」と放送が入る。バスに乗るとそのまま二回ほど建物の中で停車して、全員が一回目は荷物検査、二回目は出国審査を受ける。そうしてようやくバスはフェリー乗り場に着くのだ。
 フェリーに乗るとまずは朝食。船内レストランは高級なものから庶民的なものまでいくつもある。もちろん私たちは庶民的な方でイングリッシュ・ブレック・ファーストを食べる。船内に両替所もあって『円貨をユーロに変えよう』と思ったら、「円貨⇒ポンド⇒ユーロに変えるので率が悪い」と窓口のお姉さんに言われた。「それなら」と、ポンドをユーロに替える。だが私は2011年のジブラルタル泳でスペインに行ったときのユーロを少し持っていた。必要以上に替えないよう注意。
 カレーに着くとフランスは時差のためイギリスより1時間早いので午前10時頃になっていた。フェリーターミナルから市内(鉄道駅)行きのバスは11時過ぎ。何とタイミングの悪いバスの運行なのだろうか。日本ならフェリーの運航時間に合わせて動くだろうに。。。。それに日本ならフェリーターミナル前にはタクシー乗り場もあるだろうに、ここにはそれもない。とにかくガッツリ忙しい日帰り旅行だけに待っている時間はもったいなかった。
 湘南の主さんに「待っていてください。タクシー乗り場を探してきます」とターミナル前の広大な駐車場を歩いて行ったがそれらしきものが見つからないので戻ると、「フェリーで一緒だった旅行者は歩いて行ったから、きっと歩いて行けるよ」と言う。「それでは」と歩いて行くことにした。
 目印はカレーの街の中心にあるクロックタワー(時計台:カレー市庁舎)だ。何回かカレーに来ている私はクロックタワーの近くに駅があることを知っている。そして駅の近くにインフォメーションがあるのだ。それにクロックタワーはドーバーを泳いでカレーまで流されたとき、海からも見る事が出来る。フェリーターミナルのインフォメーションで貰った地図を頼りにクロックタワーを目印に私たちは歩く。案の定、クロックタワーは遠くからも確認できた。

P80401952
ピンボケだが2009年にキンちゃんが泳いでカレーまで流されたときに撮ったもの(右側の鉛筆のような建物)

 30分くらい歩いただろうか。クロックタワー近くまで来ると、駅もインフォメーションもわかった。インフォメーションで行きたい場所を言うと、バスはグリ・ネ岬とヴィサンとは同じ系統、サンガッタとブレリオとも同じ系統。だがそれぞれは別系統であることがわかった。しかもバスの時刻表を見ると一日で回るのは難しい。そこでタクシーで行くことにする。回る順番は遠くからグリ・ネ岬⇒ヴィサン⇒サンガッタ⇒ブレリオの順。
 カレー駅前にはタクシー乗り場がある。先頭にいたタクシーの運転手に「グリ・ネ岬までいくらで行く?」と聞くと「40ユーロ」と答えた。「それでは」と乗って行ったのだが料金メーターは“46ユーロ”になっていた。50ユーロ渡して「1時間後にヴィサンまで連れて行ってくれ」と頼むと「予約が入っているのでダメだ」と断られた。損した。ブツブツブツ。。。。その代りその運転手は私に電話番号の書いてある名刺を渡して「この会社に電話してくれればそんなに待たずにタクシーが来るよ」と言って去って行った。

P9051990
グリ・ネ岬に建つ灯台とレーダーアンテナ(目印)

P9051993
ビーチには丸い大きな石がゴロゴロ

P7190065
2006年、キンちゃんはグリ・ネ岬に泳ぎ着いた

 陸からグリ・ネ岬に来るのは初めて。遊歩道があって、ぐるりと回れるようになっている。しかし2006年、キンちゃんがグリ・ネ岬に泳ぎ着いたときは、ビーチ近くまで人が降りて来ていた。海から見ていてだが、『人が降りられるようになっているんだな』と思った。しかし遊歩道には策があって、下に降りるような道は見つからなかった。
 グリ・ネ岬では1時間くらい歩き回っただろうか。タクシーの運転手に貰った名刺の電話番号に電話し、タクシーの配車を依頼する。電話の向こうで「15から20分で行きます」と言っていたが、来たのは25分後だった。ちょっと細かいかなぁ~、私は。。。。。。。。。
 今度の少し太めのタクシー運転手は「ヴィサンの後、何処かを回ってカレーに行くんでしょ」と言う。前の運転手に聞いたのかな? 「50ユーロで最後までお付き合いしますよ」と言う。「それなら」と頼むことにした。

 ヴィサンは遠浅のビーチ、ドーバー海峡の大きな干満差で干潮の時は広大な砂浜が現れる。そこでドーバーを泳いでヴィサンに到着するときは、ボートが岸辺まで寄れないのでカヤックが登場する。2006年の湘南の主さんの時はヴィサンではないが、同じ性質の浜なのでカヤックが岸まで誘導して行った。この時、湘南の主さんとカヤックは、その向こうに輝く月に向かって進んで行った。カヤックと湘南の主さんが作る波紋に月の反射が揺れ、またカヤッカーは胸と背中にウルトラマンのカラータイマーのような点滅するランプを着けて、それは見ている方はとてもハッピーエンドに相応しい光景だった。

P9051996
ヴィサンの広大な砂浜に立つ湘南の主さん。満潮になればもちろんここは海になる。

 ヴィサンには30分くらいいただろうか。今度のタクシー運転手は約束した時間に約束した場所で現れた。今度はサンガッタとブレリオである。時間の関係上、サンガッタのブレリオ寄りでビーチに出た。ビーチは海に向かって杭が何列も並んで立っており、湘南の主さんは「こんなの無かった」と言った。しかし雰囲気は充分に感じ取っている様子だった。

P9052007
「ここに着いたんだ」と指す湘南の主さん

 それからタクシーはカレーに帰った。「駅まで?」とタクシー運転手が聞くので「あなたが知っている美味しいレストランまで」と私が言うと「わかった」と連れて行ってくれたものの、フランスのレストランのほとんどが午後2時から5時まで休みである。ようやく見つけたのが半分バーのような店である。それでもお腹も空いていたので遅い昼食にした。タクシー運転手にはお礼のチップも含めて60ユーロ渡すと、「まだ15ユーロ足りない」と請求してきた。「このぼったくりタクシーめ!」と私は日本語でぼやき、仕方なく15ユーロを払った。

 バーのようなレストランで私はビール、下戸の湘南の主さんはジュース。それにサンドイッチを注文したのだが、それは大きなフランスパンのサンドイッチでとても美味しかった。やっぱりイギリスよりフランスの食事の方が美味しいなぁ~~!!!!

 『帰りは一本早いフェリーで帰れるかな?』と時刻表を見るが、“帯に短し襷に長し”という中途半端な時間。いずれにせよ早いフェリーには乗れないので少しある時間の中でカレー市内を歩いた。何と言ってもクロックタワー。やはりカレーのシンボルなのだろう。周囲には花もたくさん咲いていてとても綺麗だった。

P9052015
ロダン作「カレーの市民(Les Bourgeois de Calais)」とクロックタワー(カレー市庁舎)

 時間があったのでフェリーターミナルまでは歩いて行く。受付カウンターで手続きをしているとき、係りのお姉さんはいろいろ喋ってくれたのだが、お姉さんのデスクに置いてある日本製のティッシュケースが気になってほとんど聞いていなかった。取り敢えず「放送があったら遅れずに出国手続きをしてください」だけは聞き逃していないので大丈夫だろう。それよりは「その日本製のティッシュケース、可愛いね」と言ったら笑っていた。
 私たちはターミナル四階にあるレストランに入り私はビール、下戸の湘南の主さんはジュースを飲んでいた。すると「フェリーにご乗船のお客様は出国手続きをしてください」と放送が入った。ン?? 早くない?? と二人で目を合わせるが、放送が入った以上、慌てて飲んで一階の手続きカウンターに行った。この時「ファイナルコール」と放送で言っている。私たちにとって早く帰れるのはありがたいことだが、時間通りにきた旅客はどうするんだろう。。。。。もしかしたら時刻表に乗っていなかったから臨時便かな??
 確かに行きのフェリーに比べると、帰りのフェリーはガラガラに空いていた。そこでまたレストランに入り夕食を採る。まあ“余ったユーロを全部使おう”という魂胆だが、ユーロで払うとお釣りがポンドで帰ってくる。「ならば」と私はユーロでビールを飲むは飲むは。。。。ところがよくよく考えるとこのビール、小瓶なのに一本3ポンドもする。『しまった』と気付いたときはもう何本も飲んじゃった後で、『後悔、先に立たずだなぁ~』と思った。

 ドーバーのフェリー埠頭からは宿まで歩いて帰った。ちょっと思ったのだがドーバーもカレーも徒歩の旅行者に施設はあまりうまく出来ていない。おそらく“クルマで”が前提だからだろう。昔、ドーバーの埠頭にも歩いて中に入るのが難しく、わざわざドーバーの駅まで行ってバスで埠頭まで行ったものだ。帰りも同様でバスで駅まで行って帰る。そんなことをしている間にバックパッカーが歩いて移動していることを知り、歩いて埠頭に入れることを知った。しかし今でも初めての人は入りづらいと思う。そんな施設だからだ。

 そういえばドーバーの街を歩いていると、明らかに私は外国人。だからなのか、バックパッカーがよく“駅までの道”、“埠頭までの道”を聞いてくる。まあ構わないけど、私が旅行者だったら地元の人に聞くなぁ~。。。。
 そんなこんなで今日はよく歩いた。湘南の主さんがシャワーを浴びている間に私はビールを飲んで、その後でシャワーを浴びたらベッドイン。ああ幸せ。

9月4日 ドーバー博物館、サンファイヤホー

 湘南の主さんの疲れはまだ癒されていなかった。南アフリカのロジャー率いる“チャネルスイム(ドーバー泳)最高齢記録”を狙う南アフリカのオットー(73歳)や“トリプルクラウン(米:カタリーナ、マンハッタン、ドーバーの完泳者)最年少記録”を狙うアメリカのシャーロット(16歳)たちが練習しているであろうが、ビーチに行く気にはなれなかった。
 湘南の主さんは湘南の主さんがスタートした「サンファイヤホーに行きたい」と言う。そこで今日はサンファイヤホーに行くことにした。
 サンファイヤホーはビーチに埋め立てられた人工公園である。1999年だか、クルマで行った覚えがある。ドーバーの隣町、フォルクストーンへ向かう高速道路の途中からビーチ沿いに降りるホワイトクリフのトンネルの向こうにある。歩いて行っても良いのだが、「その後にフォルクストーンへも行きたい」と湘南の主さんが言うのでバスで行くことにした。どのバスに乗ればよいか、インフォメーションへ行って尋ねることにする。
 ドーバーのインフォメーションはドーバー大学の入口にある教会の隣にある。いや、“あった”と言った方が表現は正しい。そこへ行ってみると“移転”の案内が貼ってあって、窓から見える中は真っ暗だった。そばにいた人も「今は移転してドーバー博物館の中にある」と案内と同じことを教えてくれた。
 ドーバー博物館は噴水広場の前、図書館の隣にある。インフォメーションはそんなドーバー博物館の入口にあった。サンファイヤホーには61番(フォルクストーン行)のバスに乗って途中で降りる。それにはまだ時間があるのでドーバー博物館見物をすることにした。そこには“CHANNEL SWIMMERS IN FOCUS(ドーバー完泳者の写真集)”というイベントが2014年4月21日から8月31日まで行われていたパンフレットがあった。「これはもう終わっちゃったね。。。」と受付の係員の前で言うと「写真はまだ貼ってあります」という言葉が返ってきて、それが博物館に入ろうとする後押しになった。

 ドーバー博物館の中に入ると今は「大昔のボート」という特集展示をやっており、石器時代の木彫りの船、鉄器時代の組み立て式ボートの展示があった。いずれもドーバーで発掘されたものらしい。
 日本最古の船は私の生まれ育った近く、東京は北区の西ヶ原で10年位前に発掘された。木彫りのボートだが、今、それは東京の「船の科学館」に展示されている。ただ、年代を見ると1,000年くらいの差がある。日本が木彫りの船を作っていた頃、ドーバーでは鉄器の組み立て式ボートを作っていたということだ。
 それ以外でも1450年頃からのドーバー港の変遷が模型として作られていて、現在に至るまで、どんなふうに変わって来たのか、地形も含めての変化はよくわかって面白かった。

 昔、ドーバー博物館には入ったことがあって、水着だけでドーバーを泳いで渡った偉大なスイマー、マシュー・ウェッブのコーナーがあることは知っていた。ところが写真集となると知っているだけでもガートルード・エーダリ(女性初の完泳者)とかアリソン・ストリーター(世界最多完泳者(43回):ニール(パイロット)の姉。“ドーバー泳の母”と呼ばれるフリーダの娘)とかいろいろだが、最も驚いたのはジョー・スミスの写真があったことだ。

320
1999年ころのジョー・スミス(博物館に展示)

 ジョー・スミス(Joe Smith:英)は1999年(日本の芸能人、ウッちゃんらがリレー泳で成功させた年)の2-wayソロスイムに65歳で成功させ、その年の“最高齢者スイマー”として表彰されていた。そして2001年の我々の2-wayリレーチームのオブザーバーとして、エスコートボート“オーシャン・ブリーズ”(船長:デイブ・ホワイト)に乗ってくれた。今年もビーチでお会いしたが、もう80歳のはず。それでもとってもお元気な様子だった。そのジョーの写真が博物館に貼ってあるとは!!!!!

 61番のバスでサンファイヤホーの近くまで行き、そこからは歩く。高速道路を横断する長い陸橋を渡って、ホワイトクリフを抜ける長いトンネルを抜けるとサンファイヤホーに着く。1999年に来たときはまさに“公園”と言う感じがしたのだが、今回は“自然公園”という感じがして、策があって羊などが飼われていた。記憶違いだろうか??
 ドーバーとフォルクストーンを結ぶ鉄道の、ホワイトクリフをくぐるトンネルと次のホワイトクリフをくぐるトンネルの間にある。
 全体を撮った写真がないので勝手に他人“LoneSwimmer”の写真を使わせてもらう。これでさえ何処かからひっぱって来た写真と思えるからだ。そこに湘南の主さんがスタートした地点も入れておいた。

Samphirehoeサンファイヤホー

湘南の主「何でこんなところにこんな公園を作ったんですかねぇ~?」
私「さあ、、、、鉄道を嵐や塩害から守るためじゃないですかねぇ~」
 こんないい加減な会話をしていたのだが、ホームページ“Samphire Hoe”によると、英仏海峡トンネル(ユーロトンネル)を掘った時に出てきた土石を埋め立てて造ったらしい。『なるほど。。。。。』と思う。
 サンファイヤホーのビーチで湘南の主さんは記念の石を拾う。ここは湘南の主さんばかりではなく、キンちゃんもここからスタートしたことがある。しかし、私はいつも海(ボート)から見るだけでビーチから見たことはない。『ああ、キンちゃんはこんな景色を見ていたんだ』と、改めて知った。

P9041981
サンファイヤホーのスタート地点に立つ湘南の主さん

 帰り、どうも湘南の主さんの胃がまだ不調のようで、トイレに行ったり来たりを繰り返していた。そこでフォルクストーン行きはキャンセル。しかしドーバーまでは「歩いて帰りたい」と言うので歩くことにした。
 ビーチ沿いの道をドーバーに向かって歩いて行くと、もう一つのスタート地点“シェークスピアビーチ”が出てくる。どちらかと言えばサンファイヤホーよりシェークスピアの方がスタートとして利用することが多い。しかしそれをいつも私は沖合から眺めていた。つまりシェークスピアビーチに立ったことがない。そこで2010年にキンちゃんがスタートしたシェークスピアの、ドーバー港寄りの岸壁近くへ行ってみた。『フ~~ン、キンちゃんはこんな景色を見ていたのか。。。。』、改めて『どんな気持ちでスタートして行ったのか』、知らないことが溢れてきた。

P9051986
2010年にキンちゃんがスタートしたシェークスピアのビーチから見た景色

P9030334
2010年、シェークスピアからスタート直前のキンちゃん

 何年もやっているが、まだまだ分からないことだらけである。

9月3日 ホワイトクリフ

 昨夜は何時に帰って来たのか、とにかくニールにタクシーの手配を頼んでタクシーで帰ったのは覚えている。思ったより早く帰る事が出来て、湘南の主さんにシャワーを浴びてもらった。それから私もシャワーを浴びたような記憶があるが、ビールを飲んだのか飲まなかったのか、、、、あまり記憶がない。
 朝になって、湘南の主さんから「消化の良い朝食」とのリクエストがあり、牛乳無し(湘南の主さんは牛乳を飲むと下ってしまうので)のフレンチトーストを作った。もちろん“牛乳大好き”な私は牛乳タップリのフレンチトースト。
 それからまたベッドに潜った。お昼も『消化の良いものを』と思い、湘南の主さんが持って来てくれた素麺を作って食べたような気がするが、ハッキリとは覚えていない。。。。。
 とにかく、外は昨日と打って変わって天気も良く風もない。『昨日が今日だったらなぁ~』と思いつつ、『今日ならフランスがよく見えるかもしれない』と思いついた。ホワイトクリフ(White Cliff)に上がるとフランスが手に取るように見える。場所はフェリー埠頭の裏。それに湘南の主さんは2006年に泳いだ時に上陸した地点、フランスのサンガッタ(Sangatte)とブレリオ海岸(Blériot-Plage)の中間だが、そこに行きたがっていたので“フェリーの時刻表を調べる”という下心もあった。

 ホワイトクリフとはドーバーの海岸にそそり立つ絶壁で「白い壁」の意味。ドーバーの観光名所だが、ちょっと離れた海から見ないと『白い壁だなぁ~』という感じはしない。

P9031970
ドーバーのホワイトクリフ

私「湘南の主さん、2時間くらい歩けますか? ホワイトクリフに上がってフランスを眺めたいんですよ」
湘南の主「ああ、2時間くらいなら歩けますよ」

 ビーチ沿いにフェリー埠頭に向かって歩く。埠頭の裏から細い道を上がって行く。徐々に視界は広がるが、風がなかったのでドーバー海峡はもやっており、残念ながらフランスを見る事は出来なかった。
 おそらくそこは観光名所になっていて、駐車場やらレストランやらお土産屋さんが並んでいた。『以前は駐車場以外、何もなかったのになぁ~』と思いつつ、天気も良くて気持ちが良いので湘南の主さんも『気分転換になっただろう』と思う。
 2001年にリレーでドーバーの2-wayに成功したが、このフランスからの帰り、イギリスの目印はこのホワイトクリフの後ろに立つ二本のアンテナだった。到着した地点はもう少し北側だが、そんな話をしながら眼下のフェリー埠頭、ドーバー海峡を眺めていた。
 帰りにフェリー埠頭に寄る。埠頭の中は工事中で、どうやら施設を建て替えるらしい。それに“シーフランス”と呼ぶフランスのフェリーがなくなって、“P&O”と呼ぶイギリスのフェリーだけになっていた。昔はホバークラフトが轟音を立ててドーバー海峡を渡っていたし、“ハーバースピード”と呼ばれるカタマラン(双胴船)のスピードボートも白波蹴散らして走っていた。それらも今はなく、フランスのフェリーまでなくなった。時代はどんどん変化するものである。

9月2日 湘南の主さんのドーバー海峡 1-way solo swim (E/F)

<結果>

  • スタート地点:イギリス(サンファイヤホー:Samphire hoe):03:10
                  フランスまで残り約7kmの地点でリタイヤ:15:20
         合計=12時間10分

<データ>

  • 天 気:曇り時々晴れまたは小雨
  • 視 界:10海里(1海里=1,852m)
  • 風 向:夜明けまでは主に南から南東 夜明け以降は南南西から南西
  • 風 速:3.2〜6.7m/sec(目測では+1m)
  • 気 温:17.1〜19.7℃
  • 水 温:17.1〜19.0℃(体感では+1℃)
  • 波 高:1.0〜1.5m
  • ピッチ:52〜68回/分(少数は片手クロール)
  • 流 向:南西及び北東
  • 船 名:SUVA
  • パイロット:Neil Streeter
  • クルー:Samantha Jones  Adrian Piddick
  • オブザーバー:Derek Carter
  • コーチ:tora

<詳細>

 今年、エルニーニョの影響か、水温は例年よりドーバーは暖かく、津軽は冷たかった。ドーバーを泳ぐスイマーにとって水温が高いのはラッキーだが、湘南の主さんにとって、泳いだ日は風が強かった。(とは言ってもセーフティガイドラインの中にあることと、同じ日に泳いで成功させたスイマーもいるが、、、)
 夜間は曇っていたが、時折、星が見える。願わくば夜は曇って欲しい。晴れると放射冷却で気温が下がるからだ。空を雲で蓋をしてくれていた方がありがたい。
 昼はもちろん晴れて欲しい。お天道様のありがたさはこんな時によくわかる。しかし明るくなって、時折、雨も降ってくる。スイマーにとって濡れているから雨は関係ないが、暖かくはない。
 前半の6時間は潮と風が逆方向に流れているために、波はそれほど高くはないものの、それこそスキー「モーグル競技」のバーンのようなコブコブな波が次から次へと襲ってくるような状態。エスコートボート“SUVA”の甲板がスイマーの湘南の主さんでも海面から見えるような波と揺れだった。
1970883_687524221325724_350198454_2 この波によって湘南の主さんの大きめなスイミングゴーグルは何度もずれてしまう。それを直すために泳ぎを止めて修正するタイミングが当初1時間に1回くらい、次は30分に1回くらい、次に20分に1回、10分に1回と、徐々に間隔は短くなる。特に栄養補給では補給時間の長さ、ゴーグルの修正、気持ちを整えることと、止まっている時間は1分以上となった。
 湘南の主さんが止まるとSUVAも止まる。ところが湘南の主さんの風上にいるSUVAは風に押されて湘南の主さんを襲う。湘南の主さんは何度もSUVAを蹴っ飛ばして逃げる。そんな状態が何回も続く。
 6時間経過すると潮の向きが180度変わる。つまり潮と風向きが一致すると、波の高さは変わらないものの、それほど攻撃的な波ではなくなるのでSUVAの揺れも波も緩やかになる。この時点で海峡中央部を通過。空は徐々に青空も見えてきた。
 しかしこの時点で湘南の主さんのダメージは大きくなっており、止まる回数は増えていった。そのうち「眼が(海水にやられて)見えない」と言い始めた。ゴーグルを外したところを見ると、眼の周囲が大きく腫れている。
 またピッチが60回(/毎分)以上と増えたので「ピッチを落とすように」指示するが、「呼吸が出来ない」と返事が来た。つまり呼吸のためにピッチを上げているのだ。この時、過去に湘南の主さんが気管支炎になったことがあることを私は思い出す。
 そのうちに“1分泳ぐと1分止まる”という状態が続いた。ピッチは相変わらず早い。
 12時間経過
ニール「スイマーは大丈夫か?」
私「ああ、大丈夫だ(あまり大丈夫ではないが、、、、)
ニール「最短距離(グリ・ネ岬)は7kmだが、これから潮は逆になる。するとまた波が出てスイマーは再び苦しい思いをするだろう。流されるだけになるのでフランスは(岬から離れるので)遠くなる。だがまた6時間経てば波は収まるだろう。おそらく10時間くらい泳げばフランスに着くだろうが、スイマーはあと10時間泳ぎ続けられるか?」
私「ウ~~~~~~~ン・・・・・・」
 2004年、キンちゃんが2回目のドーバー泳だった。。。。。。真夜中にフランスまで残り3kmの地点まで近づく。キンちゃんは大腿部痛のために“ウンウン”うなりながら泳ぎ続けている。しかしそのスピードは時速1kmくらい。。。。。
ニール「このままだと流されてカレー港の前を通過しなければならない。深夜にカレー港の前を通過するのは危険だ。それにこのままのスピードだと6時間以上掛かるだろうし、スイマーは6時間も耐えられると思えない」
 結局、この時はそこでやめたのだが、そんな会話を思い出していた。
 湘南の主さんが止まっているときに私は呼び止めてニールと同じことを話した。
湘南の主「ええ、聞こえない!」
 耳栓をしているからであるが、更に私は大声で湘南の主さんに伝えた。そして、湘南の主さん納得の上でこの遠泳を中止した。スタートして12時間10分後の話である。
 「聞こえない」はキンちゃんの場合も同じで耳栓を使用しているからだが、私からスイマーに意思を伝える方法として課題が残る。『スイマーに“手話”でも出来るように指導するかな。。。。。しかしそれも夜だと問題だな。。。。。今、スイマー用に“骨伝導”で伝えるレシーバーも開発された。それもバッテリーが最大で6時間くらいしか駆動しないらしい。それじゃ短すぎるし、、、、、昼は“手話”、夜は“骨伝導”にするかな。。。。。』
 今はそんなことを考えている。

P9021943
さあスタートだ

P9021944
行ってきます!

 

(前半の6時間はSUVAが揺れて撮影は出来ませんでした。波が落ち着いてからの撮影です)

Isao swam English Channel 2104 No, 1.

P9021953
遠く、フェリーが行く

P9021954
SUVAの操舵室

P9021955
オブザーバーのデレク

P9021956
クルーのサム

Isao swam English Channel 2104 No, 2.

P9021967
力泳は続いたが、、、、、

P9021969
12時間10分でこの遠泳は中止にした。

9月2日 日本のレベル

 タイトルの「日本のレベル」は少しオーバーで、もうちょっと正直に書くと「toraのレベル」が正しいと思います。で、この内容も「栄養補給の方法について」とサブタイトルを付ければ、よりわかりやすくなるでしょう。つまり「toraの補給法レベル」と書けば良いわけですが、、、、、ちょっとカッコを付けさせていただきました。「決して低くはないですよ」と言いたいのです。
 まずは容器ですが、私たちは「プラティパス」と呼ぶソフトボトルの水筒を使用しています。これは柔らかいので“吸う”だけではなく、“絞って”も内容物が出てきます。特にキンちゃんは得意なことですが、“水中で飲む事が出来る”という特徴があります。これはコップやスクイズボトルでは出来ないことです。
 いつだったか、OWSのレースを見ていた時にスイマーがコップで渡された補給品を飲んだ後に、そのコップをポイッと捨てていました。それはマラソンランナーがエイドステーションで捕った補給品を採った後、その容器をポイッと捨てているシーンに似ていました。マラソンの場合はランナーの捨てた容器を後からスタッフが拾っているようですが、OWSの場合はどうなんでしょう? コップ回収用のボートは見なかったように思います。
 やはり“美化”とか“エコ”とかの意味からも、容器は回収して再利用することが原則だと思います。ただし、早く飲むにはコップがベストです。オーストラリアから津軽を泳ぎに来た世界的に有名なスイマー、ペニーはまさにコップ利用で5秒と掛からず飲んでしまいます。ただ多少の海水が中に入ってしまうのは覚悟の上です。もちろんコップは紐で結ばれていて捨てるようなことはしません。
 次にこの回収用の紐(ロープ)ですが、経験上、『30mは必要』と思います。時折、10mくらいしかないロープで補給品を渡しても、ボートは流されてすぐにスイマーから離れて行きます。スイマーはすべての補給品を飲み終わる前にボートが10m以上離れてスイマーの手から容器が離れてしまう光景を見ることがあります。海の10mは“すぐそこ”です。30mでもそんなに遠くありません。
 次にロープワーク(結索)などですが、たまたま小型船舶免許を持っている私はそこそこの結び方を知っています。30mのロープでさえ絡まずに補給品を投げるとスルスルとほどけていく方法で保管しています。つまりロープ一本でだいたいは結ぶ、保管するを完了させています。
 これに対して海外のスイマーたちはすぐに“道具”を利用したがります。補給品を投げる、回収する、保管するも釣り道具でいう“リール”を使います。また補給品とロープを結ぶのも小さなカラビナなどを使っています。そして道具は一本のロープしか持たない私を笑いますが、現場では私がボートに乗れば“tora方式”が採用されます。余計な道具は使わない。シンプル・イズ・ザ・ベストが良いと私は思います。
 次に補給品の過熱ですが、おそらく最も良い温度はスイマーの胃に負担の掛からない、38℃くらいだろうと思われます。しかしドーバーのように20℃以下の水温で長時間泳いでいるスイマーはもう少し暖かいものを欲しがります。かといって熱くて“フー、フー”しないと飲めないような熱さでも困ります。これは経験上、50℃くらいが良いこともわかりました。
 日本の漁船のように“キッチンがない”、“火が使えない”という状況下でどのようにして過熱するか。これには“使い捨てカイロ(貼るタイプ)”を利用しました。補給品の入ったプラティパスに使い捨てカイロでサンドイッチにして保温バッグに入れておきます。使い捨てカイロの説明書によるとだいたいどのメーカーも「最大で48℃、40℃以上を継続する時間は8時間」とあります。この使い捨てカイロでサンドイッチにしたプラティパス内の補給品は、保温バッグの中に大量(10個くらい)入れておくと、ほぼ45℃で保たれることがわかりました。以来、私たちは使い捨てカイロ利用です。
 使い捨てカイロのない外国人スイマーは“その場でお湯を沸かして作る”という方法を取りますが、この場合はキッチンなどのある、火の使えるボート以外では考えられません。しかも海が荒れたらキッチンも使えません。それらを考えても“使い捨てカイロ利用”は良い方法だと思います。
 ちなみに使い捨てカイロを海外に持って出るには、飛行機に乗せる時は要注意です。基本的に飛行機に可燃物(ガス、ガソリンなど)を乗せる事が出来ません。同様に加熱物も“危険物”と判断しています。ところがその検査をする係官が日本人の場合、使い捨てカイロを大目に見ているのか、その決まりを知らないのか、ほとんどパスする事が出来ます。ところが係官が外人で、しかもしつこく検査する性格だとすると、「これは何だ?」と聞かれ、「日本の温めることを目的にしたカイロだ」と答えると「成分は何だ?」としつこく聞かれます。「成分のほとんどは鉄粉で、鉄粉が空気中の酸素と反応し、酸化鉄(水酸化第二鉄)になる化学反応が起こるときに出る熱を有効利用したもの」と答えようものなら「加熱物は飛行機に乗せる事が出来ない」と取り上げられてしまいます。(経験談)

 おおっと、また長くなったので今日はこの辺で。明日こそ湘南の主さんの報告をするぞ!!

9月2日 栄養補給(Feeding)はお早めに

 昔(1970年頃)、遠泳を私が始めた頃に氷砂糖を口の中に入れながら(舐めながら)泳ぎました。ところがクロールで泳ぐので口から落ちちゃうんですよね。そこで歯と頬の間に氷砂糖を入れておくと落ちないなど、いろいろ工夫しました。
 もう少し本格的に泳ぎだした頃、たまたま赤十字のボランティアをしていた私は“非常用炊き出し袋(ハイゼックス)”を知ります。『これは遠泳中の栄養補給に使える』と、シチューなどを作ってはハイゼックスに入れ、それを泳ぎながら食べていました。
 それから栄養補給(Feeding)を私たちはずいぶん研究しました。どのタイミングで、何を、どのくらい採ったら良いのか。今の時代はスポーツ用の補給品がいろいろ開発され、種類も豊富になり、スポーツ専門の栄養士さえ現れる時代になりましたから『良い時代になったものだなぁ』と思います。しかし形状は“固形”、“ジェル”、“液体”といろいろ登場して何を採ったら良いものか。
 固形はモグモグと噛まなければならないだろうし、『水っけがないと呑み込めないだろうなぁ~』と私なんぞは思ってしまいます。たまたまドーバーへ行ったときにイギリスのスイマーたちが使っていて、CS&PFのフリーダも推薦していたものが“マキシム(Maxim)”です。これは日本では手に入らないのですが、粉末で出来ていて、お湯に溶かして使います。内容は炭水化物がほとんど。そしてメーカーの説明では「味がニュートラル」、つまり「味がない」とあります。しかしそのままで飲むと何とも言えない味が。。。。。。
 ただメーカーの説明によりますと、「スープや紅茶などに溶かして使える」とあり、確かに紅茶などに溶かして使うとあの何とも言えない味は紅茶味に隠れて気にならなくなります。つまり自分好みの味を作る事が出来るので、私たちはマキシムを使うようになりました。キンちゃんの場合はマキシムに果糖を加え、それをベースに紅茶味とか日本茶味を作りました。これを300ml、40分毎に飲むのですが、一つの補給で約250kcalが採れます。(小さな御飯茶碗なら軽く一杯分。食パンなら8枚切りを2枚程度)
 この補給で10時間以上泳いでも、泳ぐ前後の体重変化はありませんし、キンちゃん自身、「空腹感は感じない」と言っています。まあこれが経験上のベスト状態。
 今年、ドーバーに行ったらマキシムがプロ(Pro)という商品に変わっていました。しかし内容はマキシム同様、炭水化物が主体の味がニュートラルなもの。補給品は湘南の主さんと“現地調達”と決めていましたので、この“プロ”という商品を使いました。プロに果糖を加え、湘南の主さんの場合は“補給”と割り切っているので味は追及しません。つまりプロ+果糖を30分毎に250ml。

 遠泳中、いかなる場合でも止まることを私は嫌います。それは補給時間でも同様です。“止まる=漂流”は目的地に進むことがありません。いや、初めから“漂流+水泳”で考えた遠泳もあります。日本の歌「椰子の実」(作詞:島崎藤村 作曲:大中寅二)ではありませんが、「椰子の実遠泳」と名付けて1993年、高知県の足摺岬から室戸岬までの120kmを約16時間で泳ぎ切りました。これはうまく黒潮に乗れたからで、平均時速約8km。まさにオリンピック級の速さで泳ぐ事が出来ました。

 同様なことをキンちゃんに津軽海峡の“横断+縦断(120km)”をやったことがあります。つまり日本海から太平洋へ(縦断)+青森から北海道へ(横断)です。しかしこれは途中から悪天候になってしまったため、中止にしました。
 このように“漂流しても目的地へ進む”場合であっても私は泳ぎを止めることを嫌います。何故ならば積極的に成功へと努力していないからです。最大限、成功に向かって努力しているなら問題ないのですが、“負”になるような行為はもってのほか、成功に対して消極的な行為をも嫌います。
 したがってこれは外国人スイマーに多いのですが、泳ぎながらボートに乗船している仲間と延々とおしゃべりしている姿など、最も私がイライラする部分です。
 キンちゃんの場合、「補給は10秒以内」と指導しました。そして彼女はそれを見事にやってのけました。前を見ない。おしゃべりはしない。その他、水泳に意味のない行為をしない。
 ところが湘南の主さんの場合、これは私が最も『失敗したな』と思った部分ですが、一度も“シミュレーション泳”をしなかったことです。それまで私は必ず遠泳場所を意識したシミュレーション泳をしていたのですが、今回はしなかった。。。。。
 湘南の主さんはいつも一人で練習していました。「冬の海練習、10時間泳を二日続けて行った」とおっしゃっていますが、補給は海から上がって陸上で飲んだ。その時間はおそらく“10秒”よりは長く掛かったことでしょう。
 実際、ドーバーを泳いでいるときも約1分は掛かっていました。

 おっとっと、また長くなり過ぎた。例によって湘南の主さんの話はあまりせずに終わろうとしています。乞うご期待????

9月2日 エスコートボートはスイマーの風下にいるのが原則

 風があるとき、海面から大きく船体を出している小型船舶は、身体のほとんどが海中にあるスイマーに比べると影響大なのは船舶の方で、スイマーは風の影響より潮の影響の方がはるかに大きくなります。(数式に表わすと“風の影響=ボート>スイマー”となります)
 普通、ドーバーを泳ごうとするスイマーの泳速は時速3km程度。ちなみに“時速3km=1.62ノット(1ノット=時速1.852km)”ですが、ボート(小型船舶)はエンジンをスロー(アイドリング状態)にしても3ノット(時速5.556km)くらいまでスピードが出てしまいます。
 するとスイマーを抜かして行ってしまうため、エスコートをするボートは断続的にエンジンのクラッチを切って、スイマーの泳速に合わせます。この“クラッチを切った時”、動力を失ったボートは慣性で進むだけで舵取りがまったく効かなくなります。それこそ風があれば“糸の切れた凧状態”で、風に押される一方になります。
 この時、ボートがスイマーの風上にあると、風に押されたボートはスイマーを襲います。まあ“危険状態”になるわけで、普通、風があるときのエスコートボートは風下にいるのが原則です。
 もちろんスイマーが3ノットで泳ぎ続ける能力があるなら別ですが、めったにそんなスイマーは居ないので(ドーバー 1-way solo swimの世界最速記録を更新した“トレント・グリムゼー(オーストラリア)”は2012年9月2日、6時間55分で成功させた。彼はほぼ3ノットで泳ぐ)、パイロットはスイマーの泳速に合わせるため、断続的にクラッチを入れたり抜いたりして行きます。
 残念ながら湘南の主さんは普通のスイマー。ほぼ時速3kmで泳ぎ続ける事が出来ますが、ボートはクラッチを抜く時間が生まれるわけです。

 湘南の主さんのエスコートボート“SUVA”に乗船してパイロットのニールが湘南の主さんに質問したのは
ニール「泳いでいるとき、どちら側に呼吸をしますか?」
湘南の主「左です」
ニール「それではボートの右側を泳いでください。ただ操舵席はボートの左側にあるので、私から見えるよう、ボートから10mくらい離れて泳いでください」
湘南の主「わかりました」
とのことでした。
 この時、『えっ!? いつからニールはそんなに腕を上げたんだろう』と私は思いました。何故ならばキンちゃんの場合は必ずボートの左側。ニールから見やすい位置につけるし、キンちゃん自身もパイロットがよく見える側につきたがりました。もちろんそこにはキンちゃんの“左右呼吸が可能なこと”が大きく手助けとなりましたが、それでも風向きによってボートの右側を泳ぐこともありました。それは“ボートはスイマーの風下”という原則を守っているからです。
 ところが今回はスイマーに“どちらにつくか”を選ばせている。風向きを見れば絶対に“スイマーはボートの左側(風上)”のはずなのに、呼吸の向きで右側(風下)につけようとしている。『不思議だなぁ~、それとも他のスイマーからクレームでもあって、どちらにつけるかはスイマーに判断させるようになったのかなぁ~』と思いました。
 実際、ボートはスイマーの泳速に合わせ、進路のみを目的地に合わせて進みますが、先行きの潮の関係上、素人は時折、『変な方向を向いているなぁ』と思うこともあるはずです。すなわちボートパイロットはスピードのみスイマーに合わせますが、操船については自由に方位を定めたいはずです。
 スイマーから風によって離れた時のボートの対応は簡単ですが、ボートが風によってスイマーに近寄ってしまった場合はプロペラ(スクリュー)を回すのも気を使うし、なかなか難しいのです。それでいて更に方位を決めなければならない。。。。それは至難の業だと思います。

 れれれ、また湘南の主さんの話をあまりしないで終わろうとしています。次回こそ詳しく書きます。乞うご期待!!

9月2日 水着とかスイミングゴーグルとかラノリンとか

 ドーバー泳を公認してもらうのに水着は“標準的な水着”とされている。つまりウェットスーツは禁止されているのだが、湘南の主さんから「膝上までの海水パンツはどうなのか?」と7月に質問があった。このブログを開いていてよくある質問に「赤フンはどうなのか?」という質問もある。ロンドン五輪の時に認可されたレーザーレーサーはどうなのか? これは私の疑問だが、まあ『一般常識としてレーザーレーサーは認められないであろう』と想像は出来た。何故ならば“水着一枚で泳いで渡った第一号、キャプテン・マシュー・ウェッブ”の伝説がそのままルールになったからだ。レーザーレーサーはどう見ても一般的ではない。もちろんスイマーに手助けとなる浮力や推進力を増すような水着は不可である。
 しかし水着の進歩は記録の進歩。今や水着の世界も日進月歩なのだ。そこでCS&PFのエマに聞いてみた。回答は「水着は1枚、または1セット(セパレーツの場合)で出来ていて、肩から外に、また膝下に生地が出ないこと。生地は伸縮性のある繊維で出来ていること」とあった。つまりレーザーレーサーや赤フンは不可。湘南の主さんの言う「膝上までの水着」はOKということだ。

 ちなみに身体に脂を塗ることは許されている。時折「脂は保温効果のため」と聞くことがあるが、これはまったくのデタラメ。脂を塗るのは“擦れ予防”だ。海水はプールのような淡水と違ってけっこうベタベタしている。その中で長時間泳ぐと首とか腋とか、皮膚と皮膚あるいは皮膚と水着など、少しの擦れが蚯蚓腫れ(ミミズバレ)なったりする。特に女性の場合は水着の肩紐の部分とか、男性の場合は10時間以上泳ぐとその間に髭が伸びて、首などが擦れてしまう。こういった“擦れ予防”のために脂を使う。
 脂の名前はワセリン(石油を精製して作った脂)とかラノリン(羊毛から出る脂を精製して作ったもの)とか。。。。。両方とも薬品や化粧品の基剤として使われているので、おそらくこのブログを読んでいる方で使ったことのない方は居ないと思う。いずれにせよワセリンよりラノリンの方が長持ちするが、落とすのが大変なのはラノリンの方。(当たり前か!?)

 余談だが、最新の競泳用水着は脂が着くと生地が伸びる。一度伸びた生地は脂を落としても元には戻らない。したがって脂を使い、それが水着に着く可能性がある場合は新品など使わない方が良い。もっと言うと、よく遠足に行くときに「履き慣れた靴を履いてください」と指導される。それと同様に海を泳ぐ場合は着慣れた水着が男性でも女性でも良い。それこそ『そろそろ廃棄しようかな』と思われるような水着の方が良い。

 ただしスイミングゴーグルにおいては異なる。水がゴーグルの中に入ってこないのはもちろんのこと、長時間着けていてもストレスを感じないものが良い。また“視界が狭い”とか“すぐ曇るような”ゴーグルはNG。で、夜間用のクリヤーとか晴天用の色の濃いものとか曇ったとき用の薄い色のものとか霧用の黄色とか、、、、ある程度種類を持って行かなければならない。これには普段の練習から神経を使う。自分に合ったものが見つかったらまとめ買いが必要かも!!??!!

 ちっとも湘南の主さんの話もしないで終わろうと思っているが、最後に一言。今回、湘南の主さんが着用したスイミングゴーグルはダイビングマスクに近い大き目のもの。もちろん湘南の主さんはゴーグルを選びに選び抜いて決めたものだが、それが吉と出たか凶と出たか、次回を乞うご期待!

2011年9月20日 ペニーの津軽海峡 1-way solo swim (北⇒青)

04:08にペニーが白神(北海道)からスタートしました。
06:11にクリスが佐井(青森)をスタートしました。
両者津軽海峡を泳いでいます。

 そう、この日、ペニーとクリスは同じ日に泳いだのです。。。。。

 オーシャンスイマーでは世界的に有名なペニー(オーストラリア)と、そのご主人であるクリスが津軽海峡横断泳のために来日した。この年の3月11日、東北地方を襲った東日本大震災とその津波、そして福島の原発事故と、日本はトリプルパンチを喰らった後なのでどうなるのか不安だった。実際、ドイツの友人マギーも来日予定だったがキャンセルして来たし、ペニーらがキャンセルしてもまったく不思議なことではなかった。
 しかし日本政府は激減した外国人観光客の復活を躍起になっていたし、私自身も周囲の友人たちとの協力もあって、何とか来日させる方向で動いた。そこにはアメリカにある“WOWSA(ワールド・オープン・ウォーター・スイミング・アソシエーション)”が提唱する“オーシャンズセブン(世界のオーシャンスイマーが泳ぎたがる世界七大海峡)”に津軽海峡が入ったこと、函館市が「安全な日本と津軽海峡の素晴らしさを世界に広めて欲しい」との思いが、彼らが来日する気になる後押しになった。
 当初、この遠泳は奥さんのペニーが2-way、ご主人のクリスは1-wayを希望されていたが、当日、普段は日本海から太平洋に向かって流れる海流が何と逆に流れていたのだ。結果、ペニーが1-wayで、クリスは失敗で終わった。

<結果>

  • 場 所 津軽海峡(北海道:松前半島白神岬 ⇒ 青森:津軽半島今別大泊)
  • 泳 者 ペニー(Penny Palfrey:オーストラリア)
  • 方 法 1-way solo swim
  • 結 果 北海道:白神岬 04:08 ⇒ 青森:今別大泊 18:34
         合計=14時間26分

<データ>

  • 天 気 曇り時々雨
  • 視 界 10海里(1海里=1,852m)
  • 風 向 夜明けまでは主に北、北東 昼は南 夕方から南東
  • 風 速 1.0〜9.0m/sec
  • 気 温 15.8〜18.7℃
  • 水 温 22.9〜26.0℃
  • 波 高 0.5〜1.5m
  • ピッチ 70〜76回/分(少数は片手クロール)
  • 流 向 海流による東流 想定外の南流
  • 流 速 0.5〜1.5kn(1kn: ノット=時速1.852km)

<詳細>

 下記のリンク(当ブログ)をご覧ください。

 クリスの水泳は当ブログ「津軽海峡横断スイム」 じゅんこをご覧ください。

(写真集は一身上の都合によりご勘弁いただいております)

9月2日 五感が狂ったか?

 ここから先は方位を「東西南北」ではなく、「時計」で表現することにする。つまり“12時=北”、“3時=東”、“6時=南”、“9時=西”と、短針で方位を表す。(解り難かったらお知らせください。すぐに訂正します)

1970883_687524221325724_35019845405
湘南の主さんの航跡

 9月2日(火)午前3時30分、イギリスはドーバーにあるサンファイヤホービーチを湘南の主さんはフランス目掛けて泳ぎ始めた。目的地は最短距離であるグリ・ネ岬。方位は4時半。ボートパイロットのニールが操船するSUVAは船首を4時から5時の間に方位を保っている。
 泳ぎ始めてすぐにドーバー海峡を2時の方位に流れる潮流に乗って3時の方位へ流泳する。ドーバー港の沖合を通過するころは2時の方位から吹いて来る風(風は“吹いて来る方向”で表現します。潮は“流れて行く方向”で表現します。ここでは「2時の方位から吹いて来る風」と「2時の方位に流れる潮流」では“まったく逆方向に空気と海水が移動している”ということです。解り難いかもしれませんが、「風(空気)は吹いて来る方向、潮(海水)は流れて行く方向」で覚えてください)で波が出てきた。その波は潮が速くなるに連れ、沖合に出て行くに連れ大きくなっていった。

 湘南の主さんの栄養補給は30分毎である。30分毎に250mlの液体(炭水化物+果糖)を飲む。キンちゃんの場合は40分毎に300mlだから量的にはさほど変わらないように思う。しかし問題は“30分毎”と“40分毎”のその10分の差。
 今まで私は補給の度に記録を取るようにしていた。現在位置、時間、スタートしてからの経過時間、天候、水温、気温、視界、風向、風速、波高、潮の流向、流速、ボートの方位、進行方向、スイマーのピッチ、状態、補給の量、補給時間、写真や動画撮影、その他スイマーへの応援などである。けっこう大忙しなのだ。
 これは“40分毎”だと何とか間に合う。しかし“30分毎”になると押してしまうのだ。まあ「久しぶりにやった」というのもある。ペースをつかむまでの時間もあるのだが、問題はボートの揺れ。1時間も経つとSUVAは木の葉のように揺れ始めた。おそらく湘南の主さんが泳ぐ水面からもSUVAの甲板が見えたのではないかと思うくらい揺れる。(後に湘南の主さんはその通り、「泳いでいてボートの甲板が見えた」とおっしゃっていた)
 どのくらいの揺れかというと、SUVA船内の荷物が移動、または落ちてきてしまうのだ。もちろん固定されている物にそんなことはないのだが、椅子の上に置いた我々の荷物など、揺れる度に右から左から落ちる、あるいは移動するでキャビンの中はてんやわんや。
 それは一度の遠泳で1回や2回は大きな波を食らって荷物が落ちたり移動したりすることはあるが、毎回というのはなかなかない。いずれにせよ“30分毎の記録”は無理なので、湘南の主さんには申し訳ないが“記録は1時間毎”に変えてもらった。
 それともう一つ記録を取っていて気になったこと。それは機械による計測と私の五感から感じる計測との誤差だ。まあ毎日プールに入っているせいか、体感水温は温度計の水温との誤差±1℃以内。風も旗のなびき方などを見て計るのだが、風速計との誤差±1m/sec以内。この辺はかなり鍛えられたと自信を持っていたのだが、水温は五感より温度計は常に1℃くらい低い数値を出していたし、風速は五感より風速計は常に1m/secくらい低い数値を出していた。『久しぶりだから五感が狂ったかな?』、そう思いながら計測の数値は機械の方を記入していった。
 もちろん波高や視界などは目測によるものだが、メジャーとしては自分自身の眼の高さであったりGPSやレーダーの画面で確認したりしているのでそんなに誤差はないと思う。
 ただ、水温と風速においては泳いだ湘南の主さんの五感と私の五感は一致していて、おそらく機械による計測の方が間違っていると信じている。しかし、記録には機械による計測のものを採用している。

9月2日 セーフティガイドラインの中にはあるけれど

 津軽海峡の海流は「津軽暖流」と呼ばれ、主に日本海から太平洋へ流れる“一方通行の流れ”である。(「潮流予測 > 津軽海峡」参照)
 これに対し、ドーバー海峡の潮流は大潮だと7m以上、小潮でも3m以上と大きな潮汐差(干潮と満潮の海面の高さの比)が速い流れを生んでいるが、約6時間毎の“往復流”である。前回でも使ったドーバー泳の航跡写真だが、どの航跡も蛇行しているのは潮流(往復流)によって流されているからだ。
P8060155_2_3 ちょっと余談。この“航跡距離”をよく「泳いだ距離」と表現しているのを見かけるが、それは誤り。“泳いだ距離”はあくまで「“泳いだ時間”ד泳いだスピード”」で、「海だから」という理由で泳いだ距離が伸びてしまうのはおかしい。目的地に向かって横方向への移動距離は流された成分。つまり“航跡距離=泳いだ成分+流された成分”だ。これを私は「流泳」あるいは「流泳距離」と表現しているが、ちっとも普及しない。まあ実際の“遠泳”はこういった“海水の流れ”を利用して泳ぐのでそう単純ではないが、その説明は別な時にしよう。
 さてこういった海水の流れ、津軽海峡は“海流”なので「一方通行の流れ」に対し、ドーバー海峡は“潮流”なので「6時間毎の往復流」という主な特徴を頭に入れながらこの先を読んでいただきたい。

 このブログで「海を泳ぐための安全ガイドライン」のような言葉をいたるところに使っているが、その説明はごくわずかなので基本的なことを説明しておく。
 「ビューフォート風力階級」と呼ぶ表がある。その一部を下に張り付けておく。

Byufoto

ビューフォート風力階級表

 この風力階級における“風力0~3”がガイドラインで言う「セーフティゾーン」。“風力4”になると「風向き」が問題になる。“風力5”になると「風向きと先行きの見通しが良い場合」との条件付きになる。つまり「イエローゾーン」。“風力6~”は「レッドゾーン」。海を泳いではいけない。
 悩むのは「イエローゾーン」の“風力4~5”。その風向きである。
 津軽海峡の場合、海水の流れの主成分は日本海から太平洋へ向かって流れる海流なので、風向きが西、あるいは南西なら海流の向きと一致しているので海は荒れないからグッド。ところが風向きが東から北東になると海流の向きが逆になるので海は荒れて泳ぐにはノーグッドだ。
 さてドーバー海峡ではどうだろう。海水の流れの主成分は6時間毎に向きを180度変える潮流なので、南西あるいは北東の風向きの場合は6時間毎に海が荒れたり静まったりを繰り返すことになる。
 まさに湘南の主さんが泳いだ時はこれで、南西方向へ“風力3~4”の風が吹いていた。つまり「6時間毎に海が荒れたり静まったり」の状態。ただし言っておきたいのは「決して泳げないような海の状態ではない」ということ。同時に「セーフティゾーンとイエローゾーンの狭間であった」ことも。「かなり厳しい状態だった」ということだ。

9月2日 もうちょっと時間通りに動こうぜ!!

 くしくも今から2年前の今日(2012年9月2日)、オーストラリア人スイマー、“トレント・グリムゼー”は6時間55分でドーバー 1-way solo swimを泳ぎ、世界最速記録を更新した。(当ブログ「ドーバー、世界新更新」参照)
 同じ日に泳げることを内心、喜んではいたのだが、、、、、

 9月2日午前1時には眼が覚めていた私。ベッドの中でモゾモゾしていると隣のベッドで寝ている湘南の主さんもモゾモゾしているようだった。睡眠時間は3時間くらいか? それでも「起きましょう」と言って起きた。着替えて荷物の確認をし、いつでも出られるように整える。
 1時50分に外へ出て予約したタクシーの到着を待つが、なかなかやって来ない。ようやく流しのタクシーか予約したタクシーかわからないが、やって来たので乗り込み「マリーナオフィースまで」と言う。
運転手「海岸沿いの道路が工事中だから遠回りしていいですか?」
私「ああ、大丈夫です」
 少しは遠回りをしたようだが2時ほんの少しにはマリーナオフィースの前に到着。そこにはスイマーらしき男が一人立っていただけだった。湘南の主さんに「ちょっと待っていてください」と言い残してマリーナの中を見に行く。小さなボートとドーバー泳のサポート船であろうボートが浮き桟橋に着岸しようとしているところだった。しかしそれは湘南の主さんのボート、“SUVA”ではない。
 キョロキョロとSUVAを探すと対岸の浮き桟橋に接岸されていた。しかし中は電気も消えていて静まり返っている。だが私はSUVAの中にニールたちがいることを知っている。何故ならば昨日はリレーのエスコートで行っているので、仮にリレーだから12時間でフランスまで行けたとしても、ドーバーまでの帰りに3時間は掛かっているはず。まあその前後も入れれば18時間くらいは費やしている。それから今日の湘南の主さん。家に帰っている暇などないはずだ。SUVAのクルー、しばらくはSUVAの中で寝泊まりしているはず。
 『約束は2時だ』とニールを起こすため私は彼に電話を入れた。
ニール「ああ、toraさんか。今、何処にいる?」
私「窓を開けて外を見てみろ。私が立っている」
SUVAの船内に明かりが灯り、カーテンが開けられて外を窺う男の姿が見えた。
私「違う。もっと右だ。右を見れば私が手を振っている」
ニール「ああ、そこか。悪いがクロックタワーの方から回って来てくれ」
 マリーナの目印のこちら側がマリーナオフィース、向こう側が“クロックタワー”と呼ばれる時計台。ちなみにロンドンで有名なビッグベンは大きな時計台だが、クロックタワーは小さな時計台なので我々日本人は「小ベン」と名付けた。まあ品のないダジャレだが。。。。。
 『それなら初めから「クロックタワーだ」と言ってくれりゃいいのに、、、、そうすればタクシーをそちらに止めるのに。。。。』とブツブツ思いながら重い荷物を持ってクロックタワー側へ移動する。
 1ポンド硬貨を入れると借りられる大八車があって、それに重い荷物を入れて浮き桟橋をSUVAのところへ。船内には懐かしいサブパイロットのアドリアンとビーチボランティア兼オブザーバー兼スイマーのサム(サマンサ)がいた。どうやらサムはオブザーバーからサブパイロットになったようだ。そして彼らは眠そうだった。やはりクルーは昨日から誰一人帰っていなかったようである。
 荷物を載せ、我々も乗り込みスタンバイOK!!
ニール「ちょっと待ってくれ。オブザーバーがまだ来ないんだ・・・・」
 待つこと5分。ようやくオブザーバーも乗船して万事準備完了。ボートSUVAがようやく浮き桟橋から離岸したのは午前3時に近かった。『こんなことなら30分ベッドの中で寝ていられた・・・』とブツブツ怒っている私。。。。。

 SUVAがドーバー港内を滑るように走っているとき
湘南の主「スタート地点はシェークスピアビーチですか?」
私:英語にしてサムに訊く。
サム:そのままニールに訊く。
ニール「いや、今日はサンファイヤホーだ」
湘南の主「サンファイヤホーって何処ですか?」
私「シェークスピアよりもう一つ向こうのビーチで、フォルクストーン(ドーバーの隣町)に近い側のビーチです。

Startpont
ドーバー泳の主な航跡(写真をクリックすると拡大します)左上がイギリス、右下がフランス
スイマーは潮流の影響を受けてジグザグ蛇行して泳ぐ。ちなみに一つのサインカーブが約6時間なので、全体として15時間前後で泳いでいることがこの写真からわかる。

 サンファイヤホーのビーチに近づくと、他にも本日スタートするスイマーのボートがSUVAを入れて6隻集まっていた。
ニール「呼吸はどちら側でやりますか?」
湘南の主「左側です」
ニール「それならこのボートの右側を泳いでもらいますが、SUVAの操舵席は左側にあって、あまりボートに近づいて泳ぐとパイロットからスイマーが見えません。少なくとも10mはあけて泳いでください」
湘南の主「わかりました」
 そんな注意を受けてから湘南の主さんがサンファイヤホーまで泳いで行ってSUVAからの出発合図が発生したのは午前3時30分。湘南の主さんがフランスに向かって力泳を開始したのだが、本日泳ぐ6名のスイマーの中では最も遅いスタートだった。
 もうちょっと時間通りに動こうぜ!!

9月1日 泳ぐ日は突然に

 週末の海練習で「ドーバー泳の母」と呼ばれているビーチボランティアのボス、フリーダから「湘南の主さんの泳ぐ日は火曜か水曜」と言われていた。その前にフリーダの息子であり、湘南の主さんのボートパイロットでもあるニールがビーチに表れて、「泳ぐ日はリレーの次、たぶん火曜か水曜になる」と聞いていたので『“火曜か水曜”はほぼ間違いない』と思われた。
 湘南の主さんの予約は9月1日から6日までの潮の二番目。つまりニールのボートでは一番目がそのリレーチームでその次となる。したがって早くとも9月1日は絶対にないわけで、2日以降になることはわかっていた。しかしこの9月1日(月)の天候は風も強く、泳ぐには『どうかなぁ~』と思われるような天候だった。リレーチームは出たのだろうか?
 原則的にドーバー泳ではスタートの24時間前にパイロットから連絡が入ることになっている。この“原則”に従えば2日に泳ぐなら1日には連絡があるはずで、それを私は待っていた。ただし“原則的に24時間前”なので、天候が怪しい場合は連絡が遅れる時もある。それは「成功させよう=良い天候で泳がせたい」という気持ちの表れでもあるから多少遅れても我々の文句の言えるところではない。
 もっと言うと指定された時間に集合しても、その場の判断でその「12時間後になる」とか「中止」になることも珍しくなく、キンちゃんの場合など泳ぎ始めて10分後に「中止」となったことさえあった。これは津軽を泳がせる立場の私にはその「判断の難しさ」はよくわかる。

 この日、湘南の主さんが海練習を始めてからすぐに、ビーチにはロジャーの連れて来た73歳のオットーと16歳のシャーロットが現れた。泳ぎを拝見させていただくとオットーの泳ぎはとてもピッチがゆっくりで、『このピッチでドーバー泳は大丈夫か』とちょっと心配になる。何故ならば水温が16℃の水泳となると、ある程度のピッチを上げて自分自身を発熱させながら泳がないと低体温症になりかねないからだ。おそらくピッチは1分間で40回前後だろう。ちなみに湘南の主さんのピッチは1分間で50回代、キンちゃんは60回代。
 逆にシャーロットはピッチピチの16歳。身長は180cmくらい、体重100kgくらいの巨漢を生かし、更にピッチは60回代でバリバリの現役スイマーのように見えた。これなら問題はないだろう。

 練習を終え、宿に戻って昼食を済ますと買い物に出た。いつ「泳ぐぞ」と連絡があるかわからないのでいつでも出られるように必要な物品を購入するためだ。栄養補給品である粉末の“プロ”はすでにフリーダから購入済み。以前は“マキシム”と呼ぶ商品だったが何故か“プロ”に変わっていた。フリーダに言わせると「マキシムと何ら変わりはない」とのこと。まあ早い話が炭水化物なのだが特徴は“味がない”ということ。普通、この種の商品には“チョコ味”とか“フルーツ味”とか「あまり美味しいとは言えない」味付けけがされているのだが、マキシムには味がないので自分で好みの味を付けることが可能だった。キンちゃんで言えば“紅茶味”とか“日本茶味”とか。。。。。その点、湘南の主さんは“栄養補給”と割り切っていて味付けにこだわりはなかった。
 それにマキシムを大量購入したキンちゃんから一タブを譲り受けていて、普段の練習でもマキシムを愛用していたようだ。
 そういえばドーバーにある健康食品の店にはいつもマキシムが置いてあったのに、何故か今年はなかったな。。。。。。
 この健康食品の店で湘南の主さんは果糖一箱をお買い上げ。まあマキシムはもうないのでプロに変わったし、フリーダが「一つtoraに上げよう」と貰ったので、購入したものと貰ったもので二つのプロが入手できていた。つまり湘南の主さんの栄養補給は果糖味のみ。

 宿に戻って『もう明日(2日:火曜)の可能性はないな』と思いながら夕食の支度につく。ちなみに食事の支度は私の役目だが、後片付けは湘南の主さんの役目。夕食後、湘南の主さんが後片付けをしている最中に私はパソコンの電源を入れてメールなどのチェックをする。すると、、、、、エマ(ビーチボランティア:ニールのボート“SUVA”の受付をしている)から「明日の午前2時、ハーバーへ集合。そのことで至急ニールが連絡を取りたがっているのであなたの電話番号を教えて欲しい」とメールが入っていた。『はぁ~、明日の午前2時かよ。それにしてもおかしいな、ニールは私の電話番号を知っているはずだ。それとも忘れちゃったかな?』と思いつつニールへは私から電話を入れた。
ニール「ああtoraか、明日泳ぐ。明日の午前2時にハーバーへ来てくれ」
私「わかった」
 その時、午後8時。何と6時間前の連絡である。
 慌ててキッチンで洗い物をしている湘南の主さんにそのことを話し、湘南の主さんは栄養補給20時間分(30分毎に250mlの補給をするので10l)の補給品を作った。
 また私は私で明日の午前1時50分に宿の前まで来てくれるようタクシーの手配をし、必要物品をそろえてパッキングした。終了したのは午後10時頃か? とにかく3時間くらいは眠れるが、ニールにはもう少し早く連絡してもらえないだろうか。キンちゃんの時もそうだったがいつもニールの連絡は遅い。

奇遇

 それはおそらく“何百万分の一”とか“何千万分の一”とか、とにかく途方もなく、限りなくありえない確率の中で偶然が発生する出会いを言うのだろう。
 高校生の頃、下校する電車の中で父の仕事関係で知り合いの娘さんに会ったことがある。その娘さん、後に兄のお嫁さんになる。。。。昔(1972年)、マラッカ海峡を泳ぐためにマレーシアはクアラルンプルに滞在していたことがあった。その時に知り合いの日本人に会った。またトラジオンのスキーキャンプで子どもをリフトから降ろす時、(私は後ろ向きで滑りながら子どもを誘導するのだが、)スノーボーダーの女性とぶつかってしまった。「ごめんなさい」と謝りながら子どもを誘導していると、「toraさんじゃない!」とその女性が言うので見てみると、何とその女性は姪っ子(姉の娘)だった。
 思わぬところで思わぬ人との出会い、そんな“奇遇”が今回のドーバーでもあった。
 南アフリカのロジャーとはドーバーで会うことを事前にわかっていた。そしてロジャーが連れてくる73歳のスイマーのことも知っていた。それが成功すれば“世界最高齢記録の更新”になることも。。。。。
 ところがロジャーはそれ以外にアメリカ人親子も連れて来ていた。ドーバーを泳ぐのは娘さんのシャーロット・サミュエルス(Charlotte Samuels:16歳)。そしてお父さんのスティーブン・サミュエルス(Steven Samuels)がその奇遇の人。昨年(2013年)、泳ぐドクターO(オー)先生、湘南の主さん、キンちゃんら4人でニューヨークの「マンハッタン島一周レース」に出たことがある。この時の我がチームサポートカヤッカーがスティーブンその人だったのである。
 たまたま私は他のチーム(アメリカ)のオブザーバーになっていたので詳細はわからないのだが、湘南の主さんにとっては大いなる奇遇になったはず。

10599136_364730927011909_5912181743左からOtto Thaning、Charlotte Samuels、Roger Finch

10614198_366483853503283_7315973266左からCharlotte Samuels、Steven Samuels、Roger Finch、湘南の主さん
(湘南の主さんの身長は170㎝以上あるが、みなさんそれよりデカイ!!)

 ちなみにドーバー泳のルールでは“ソロスイムは16歳以上、リレーは12歳以上”となっている。ロジャーは「オレは世界最高齢と最年少をサポートするんだ」と言うが、実際はこのルールが出来上がる前、つまり年齢制限がなかったころに記録が生まれてしまっている。

  • 最年少:1988年9月6日、トーマス・グレゴリー(Thomas Gregory:11歳と11か月(イギリス)11時間54分)
  • 最年少女:1983年、サマンサ・ドルース(Samantha Druce:12歳と118日(イギリス)15時間27分).

 つまり現在のルールがある限りドーバー泳の最年少記録は更新されないのだが、もしこのアメリカの少女、シャーロットがドーバー泳に成功すると、アメリカのオーシャンスイマーたちが推奨する“トリプルクラウン(ドーバー、マンハッタン、カタリーナの完泳者)”の「最年少記録」にはなる。
 ちなみにロジャーは昨年にトリプルクラウンを達成しており、日本人では未だにトリプルクラウン達成者は私の耳に入ってこない。しかしニューヨーク在住の日本人オーシャンスイマーが来年(2015年)にドーバー泳を計画しており、それが成功すれば“日本人初のトリプルクラウン達成者”になるはず。
 だがまあトリプルクラウンはアメリカのオーシャンスイマーたちが提唱しているだけでアメリカ在住なら問題はないが、日本なら「日本トリプルクラウン」のようなものを作っても良いかと思う。“佐渡、津軽、下田~大島”とか。。。
 まあアメリカのまねをすることもないと思うけどね。。。。。

2012年9月13日 アンナとパット

 2012年9月、アメリカ人女性スイマー“パット”と、スウェーデン女性スイマー“アンナ”が津軽海峡を泳ぎに来ました。当初9月11日に泳いだのですが、ご両人とも失敗に終わってしまいました。このときにサポートとして参加したキンちゃんのレポートを当ブログ「7月11日 遠泳当日(←日付は“9月11日”の誤りです)」をご覧ください。
 またこの二日後、9月13日に再挑戦してお二人とも見事に完泳しました。その時の様子を当ブログ「パットの津軽海峡横断泳」から彼女のホームページにリンクされていますので、そちらからご覧ください。
 尚、詳細や写真集ですが、一身上の都合によりご勘弁いただいております。ご両名に発行した「完泳証」に記録などが掲載されていますので、そちらをご覧いただければ幸いです。

Anna_carin_nordin_2012
Pat_r_g_2012
 更に湘南の主さんがパットのサポートについていただいて、その報告が当ブログ「パットの津軽海峡横断泳」にありますので合わせてご覧ください。

  1. 津軽海峡遠泳協会
  2. 函館行き
  3. 東北新幹線
  4. 青函トンネルに
  5. 全員揃ったのだが?
  6. 北海道の海を初泳ぎ
  7. 海の露天風呂へ
  8. プールで泳ぐ
  9. いよいよ泳げる
  10. 津軽を泳ぐ
  11. 断念
  12. 再チャレンジ
  13. 長~い、長~い一日
  14. 限界を超えた泳ぎに!!
  15. ついに泳ぎ切った!!
  16. 戦い終えて
  17. お別れ

2010年9月13日 泳げませんでした。

本日(9/13)正午頃、ニール(キンちゃんのパイロット)から電話連絡があり、我々が帰る「15日迄に船が出せる可能性は無い」とのことです。
まあテレビの天気予報を我々も見ていますので予想はついていましたが、今年はこのまま帰ります。

それでもキンちゃん、今日も元気でビーチを泳ぎまくっています。
ビーチでは次の潮で泳ぐスイマーが集まり始めています。
オーストラリアのスイマー、アンナのお父さんもスウェーデンから到着しました。
きっと素晴らしい思い出をたくさんドーバー海峡も作ってくれるでしょう。
我々はまた来年です。

ホワイトホース

 海が荒れ、白波が崩れて風に飛沫が飛ばされる様子を日本では「ウサギが飛ぶ」と海の男たちは表現します。これがイギリスでは「ホワイトホースが駆けている」と言います。白馬の白い鬣(たてがみ)が風に揺れるところからそう言われるようになったのでしょう。しかし今回登場するホワイトホースはそんな荒れた海や白馬のことではありません。
 イギリスに行かれたことのある方はお気付きでしょうが、イギリスにはたくさんのパブがあります。もちろんドーバーもその例外ではないのですが、珍しいというか、ドーバーならではのパブがあります。そのパブの名前が“ホワイトホース”。
 名前も中身も外見もほとんどイギリスなら何処にでもあるパブなのですが、一つだけ違うこと。それは「チャネルスイマー(ドーバー完泳者)ならサインを壁にしても良い」ということです。

Img_0740
これは2006年に泳がれた湘南の主さんのもの。でも実は湘南の主さんは下戸。代わりに私が書いちゃいました。来日したこともあるドーバー泳ではイギリスの英雄、ニック・アダムスの下に書いちゃいました。

Img_0742
もちろんキンちゃんのもあります。

 他にもたくさんありますね。

Img_0749
Img_0750
Img_0751

壁のあちらこちらにサインだらけ!

 昨年だったか一昨年だったか、、、、このホワイトホースも経営難になって取り壊されることになったのですが、世界のチャネルスイマーから反対と寄付が集まって何とか再建しました。チャネルスイマーには貴重なパブなのです。
 津軽でもこんなお店があったらいいな。。。。。。。。。

 ちなみにホワイトホースは今回、我々の滞在しているB&B(ベッド&ブレックファースト:朝食付きの民宿のようなもの)から100mほどの距離にあり、ドーバーの滞在とビール好きな私を知っている水泳仲間からは「お前はどうせ毎晩ホワイトホースに通っている」とメールをよこしますが、誓って言います。「今回はブログ取材のため、この撮影したときの一回だけだ」と!!!!!
 そうそう、それにこのB&Bにはキッチンがあって、朝食をとるかキッチンを取るか選択できます。もちろん我々はキッチンを取りましたよ。とは言っても作るのは私だからたいしたものは出来ないし和食になってしまうのですが、あまり美味しくないドーバーのお米も買って鍋でご飯も炊きましたよ。
 素麺とインスタント味噌汁は湘南の主さんが持って来てくれて助かりました。
 ビールはもちろん毎晩飲みましたが、10缶入って一箱£10が二箱だと£16。まあこれだとちょいと足りないので滞在中はもう一箱とちょっとを飲みました。それでもだいたい1パイント(約500ml)で100円ちょっと。日本より安いですね。これがパブに入ると1パイント300~500円。まあ1パイントじゃ済まないし、そんなにパブには通えません!!

オーシャンスイマーの願い

 2011年にオーシャンスイマー界では世界的に有名なオーストラリアのペニーとクリス夫妻が津軽を泳ぎに来たとき、夜な夜な“今後のオーシャンスイマーについて”話した。やはり多くのトップスイマーは自分が泳ぐことはもちろんのこと、今後のオーシャンスイムの発展に寄与することを願っている。そこにはそこそこその国々のお国事情もあるだろうし、簡単なことではないこともわかっている。
 今年、南アフリカのロジャーが津軽にやって来た時もそんな話をした。そこで今年、70歳になる湘南の主さんがドーバーを泳ぐことも話したし、ロジャーも73歳になる南アフリカのスイマーを連れてドーバーに行くことも聞いた。すなわち自分だけが泳ぐのではなく、自分の国のオーシャンスイムに寄与するために活躍しているのだ。だからドーバーでロジャーとバッティングすることはわかっていた。
 やはりドーバーはオーシャンスイムのメッカ、オーシャンスイマーのあこがれの的、海峡横断泳のスーパースターなのだと思う。その証拠に「ドーバー海峡を泳いで渡った」と言えばスイマーではない人でも「凄いですね」と答えてくる。ドーバー海峡が何処にある海峡か知らなくとも“ドーバー”という名前は知っているからである。それは野球を知らなくとも“ミスター長嶋茂雄”の名前くらいは知っているように、それは伝説として語り継がれていくのだ。
 ドーバーでは1875年にキャプテン・マシュー・ウェッブが水着のみで泳いで渡った第一号となり、この伝説が現在のルールになっている。したがって今でもウェットスーツ着用では公認されないのだ。(当ブログ「ドーバー海峡横断泳の歴史」参照)

P9082029
今もドーバーハーバーのビーチを見守るマシュー・ウェッブの像

 これがもし“何でも有り”になったとしたら、これほどまでにドーバー泳が世界のオーシャンスイマーのスーパースターにはなっていなかったであろう。実際、世界のどの国に行ってもドーバー泳は知られているし、「ドーバーを泳いで渡った」と言えば「それは凄い!」と帰ってくる。
 ちなみに「キンちゃん」の名前が日本ではあまり有名ではないが、ドーバーのスイマーたちには「日本のチャネルクィーン(リレー1回、ソロ8回、合計9回泳いで日本人最多)」として世界的に有名であることが今回のドーバー滞在でもよくわかった。ちなみに津軽でもソロを4回泳いでいるので世界最多。
 やはり津軽泳の普及には伝説となるスーパースターが必要なのだと私は思う。
 いずれにせよ世界のオーシャンスイマーのトップたちは自分が泳ぐと同様に今後の水泳界を眺め、それぞれに努力している。
 そして現在、世界のスーパースターとして君臨しているドーバーでさえ、今後の動きに紆余曲折している。何処の国でも簡単なことではないのだ。

時間(とき)

 家の近くを歩いていて時折ご近所さんと久しぶりに会うことがある。「あらお久しぶり~。お元気ぃ?」なんて挨拶代わりの会話をしたりする。ドーバーに到着した翌日の金曜日(8月29日)、街中を歩いていてまさにこんな状態が生まれた。
ミッシェルのお母さん「あらtoraさん、お久しぶり~、お元気だった?」
私「これはミッシェルのお母さん、ご無沙汰しておりました。お蔭様で元気にやっています。
ミッシェルのお母さん「何年ぶり~? キンちゃんは元気?」
私「はい。2年ぶりです。キンちゃんは相変わらずまだ家を出る事が出来ません。でも元気で暮らしています」
ミッシェルのお母さん「そう・・・それは残念ね。ミッシェルからあなたを通してキンちゃんのことは聞いているけど、大変ね。早く家を出られるようになると良いわね」
私「はい。私もそう願っています」
 ミッシェルとはビーチボランティア。よくパソコンを通して事務処理をやっているので私ともメールのやり取りをやっている。そしてミッシェルのお母さんは銀行員。よく両替で銀行に出掛けていたので窓口を通してよく話した。
 こんな偶然の出会いは何もミッシェルのお母さんだけではない。この日の夕方スーパーへ買い物に行くと後ろから誰かが私をずっと突っついてくる。『誰か』と思ったら知り合いのご主人。まあ奇遇が重なること。。。。。
 奇遇と言うか、偶然の出会いだが、何だか故郷に帰ってきた感じがして嬉しい。

 翌30日(土)朝、週末の練習でドーバーハーバーのビーチへ行く。相変わらずバリーが面白い恰好をしていた。フリーダを代表とするビーチボランティアたちが「久しぶりだな。元気だったか?」と声をかけて来てくれた。
私「やあ、2年ぶりだよ。元気だ」
と、ミッシェルのお母さん同様に答えていると、、、、、、
バリー「いや、2年ぶりじゃない。3年ぶりだ。オレはお前たちの荷物を2011年に預かったんだ。それから3年、ずっと倉庫に入れてある」
指折り数えると確かに私たちは2011年に来て以来だ。バリーが正しい。
私「そっか、3年ぶりか。。。。。そういえばバリー、預かった荷物を引き取るから明日、持って来てよ」
バリー「わかった」
 とにかくビーチでは誰もがキンちゃんの復活を願ってくれていた。

P8301935
このお尻は誰でしょう??

P8301936
面白い恰好で周囲を楽しませるバリーでした。

 初めてドーバーに来たのは1994年と記憶している。数えるとそれから20年。。。。。2回目は97年、それから99年、2001年、02年(このときに泳ぐドクターO(オー)先生、湘南の主さん、キンちゃんら6名のリレーで渡っている)、04年以降11年までキンちゃんと私の夢、ドーバー 2-way solo swimに向けて毎年通っていた。
 またドーバー泳を公認する団体も1999年に内部分裂があって、2000年から今までのCSA、新しく立ち上がったCS&PFと別れるようになった。2004年からは私たちもCS&PFに移行し、その頃からCS&PFのボランティアスタッフと仲良くなり始めた。そこにはあの屈託のないキンちゃんの笑顔と明るい性格が大きく役立ったといえよう。つまりもう10年になる。
 その中であの“ドーバー泳の母”と呼ばれたフリーダが現在は76歳。バリーだって71歳だ。フリーダは足腰が弱ってきたようで、歩くのに杖を使うようになった。3年間のお休みだったが『高齢化が進んでいる』と思った。
 そればかりではない。以前からの水泳仲間、スティーブ・ペイン(オーストラリアはシドニーの消防士)とも久々に会った。2009年に彼は家族でドーバーに訪れていた。その時のマイキーが今はスティーブの肩ほどまでに身長が伸びたと言う。

P8301940
ミッシェル(左)とスティーブ(右)

 また日本にも時折やって来て湘南の主さんやキンちゃんとも淡島~大瀬崎間で泳いでいるジェームス・セルター(イギリスはオックスフォードに住む外交員)が「今度は息子とリレーさ」と言って息子さんを紹介してくれた。その息子さんはすでにジェームスより大きい。

P8301937
息子の方が身長は高くなったジェームス親子

 時の流れとともに周囲は少しずつ変化している。もちろん私もその中の一員であることは間違いないのだが、子どもの成長と高齢化、嬉しさと寂しさの同居を感ずる一日だった。

11時間半

 8月26日朝4時に起きる。昨日の漁師のAさんに言わせると「この雨は明日の朝までに止む」なので、荷物の移動で荷物を濡らせたくなかったので朝にやることにしていたのだ。ところが雨はまだジャンジャン降っている。
 朝7時40分の青森行きフェリーに乗るには7時までに埠頭についていなければならない。そのためには6時にムーイを出発。“雨が止むまで待つ”なんてことは出来なかったので傘を駆使しての荷物運搬。
 6時にムーイを出て函館フェリーターミナルへ向かう途中で雲の合間からお天道様が顔を出した。虹が出て来て綺麗だったが、さっきまでの苦労は、、、、何てこった。。。。。。
 11時20分に青森に到着する。それからは東京に向かって東北道をひた走るのだが、眠くならないよういお茶やコーヒーをガブガブ飲んだらトイレの回数が増えること、増えること!!! 約100kmおきにトイレに通っていた。
 東北道の天気は雨が降ったり止んだり、、、、何だか私の気持ちと一緒だな。。。。

Img_0736
フェリーから見た津軽海峡と函館。今日も荒れていた。。。。。

 青森から東京の我が家までは何と11時間半も掛かって帰ってきた。それでも何とか“今日中”には我が家へ到着。

 本来ならもう少し早く帰って(日にちが)湘南の主さんへ“ドーバーへ行くための旅程表”などを作って送るべきところだが、湘南の主さんの方から“荷物表”が届いて確認メールが届いていた。申し訳ない。本来は私がやるべきところを湘南の主さんにやっていただいている。
 8月27日は早々に津軽の荷物を片付け、ドーバーの荷物と取り換え仕事を終わらせる。とにかく明日からはドーバー行きなのだ。しかし何だか、、、、荷物が少ない。。。。。。。
 遠泳機材、いつも一式を持って行ったのだが今年は違う。ロジャーもリズも湘南の主さんも皆さん持参してくれる。だからなのか? とにかく荷物が少なくて楽チン。まあ楽が出来ればそれに越したことはない。

 8月28日は午前11時20分羽田発ヒースロー行きの便。『午前9時までに空港へ到着すればいいだろう』と逆算するが、普通にJR(電車)とモノレールを使って行ったのでは朝のラッシュアワーとバッティングする。荷物は軽くなってもスーツケースの大きさは変わらない。大きなスーツケースをゴロゴロとしながら満員の電車に乗るのは気が引ける。
 調べるとちょいと我が家から離れた場所からリムジンバスが羽田まで出ている。その場所までは我が家の近くのバス停から一本で行けるのだ。しかも逆方向なのでバスは空いているはず。少し遠回りで費用もかさむが乗り換えをしなくても良いし何と言っても必ず座れる。
 ところがである。ここから先は普段、自分のクルマでしか移動しないので公共交通機関に疎い私の悪い癖が出てしまった。
 まず我が家に近いバス停からはTバスに乗らなければいけないのにそれを知らない私は間違えてKバスに乗ってしまったのである。景色を見ながら『どうもおかしい』と気付いたのは後の祭り。到着したのはまったく羽田には近づいていない他の場所。しかも7時に家を出て別な場所に到着したのは8時である。嗚呼、何たる1時間の無駄遣い。
 仕方なしにタクシーを拾う。
私「羽田空港国際ターミナルまで」
運「ちょっと待ってくださいね。今、本部へ電話してどうやって行ったら速いか調べてもらいますから」
 どうやら交通状況がそのタクシー会社にはわかるらしく、最短時間で行けるコースを選んでくれた。こんなことなら家からタクシーで行けば良かった。。。
 9時10分前に湘南の主さんから「羽田に着いた」との連絡有り。9時10分過ぎにタクシーは羽田に到着。何とか間に合った。しかし1万円の出費。これはちと痛いぞ!!

 ロンドンまでの11時間半は青森から東京までの11時間半と違って“眠らないように”ではなく“寝るように”なのだ。ビールやワイン、ウィスキーをしこたま飲み、映画を見た。機内の映画は昨今評判の「アナと雪の女王?(ディズニー映画)」なのだが、何と言っても途中で寝てしまうので何回も見る羽目になる。しかし、残念ながら私には何処が面白いのかまったくわからなかった。
 そして取り敢えずドーバーには到着したよ。

Img_0739
ドーバーハーバー

ドーバー、世界最高齢記録の更新

 南アフリカの脳外科医、オットー・タニング(Otto Thaning:73歳)が9月6日、ドーバー泳を成功させました。これは世界最高齢記録の更新です。尚、泳いだ時間は13時間弱です(未公認記録)。
 この水泳に今年、津軽を泳ぎに来たロジャーがサポートしていて、ロジャーは本日(9月7日)、アメリカの少女、シャーロット・サミュエルス(Charlotte Samuels:16歳)をサポートしてドーバーを渡る予定です。
 ドーバー泳のルールでは“ソロスイムは16歳以上”となっていますので文字通り「オレは世界最高齢と最年少をサポートするんだ」とロジャーの言う通りです。
 ちなみにこのアメリカの少女、シャーロットのお父さんは昨年、私たちがマンハッタンを泳いだリレーチーム「津軽海峡水泳倶楽部」のカヤッカー、スティーブンです。
 ホントに奇遇です。こんなこともあるんですね。
 取り敢えずシャーロットには成功していただけませんと。。。。。

2007年9月6日 キンちゃんの津軽海峡 1-way solo swim (青⇒北)

 この遠泳はキンちゃんに自信をつけさせるために、“100㎞を超す距離”としてtoraが企画したものです。つまり津軽海峡の斜め横断。言い換えると「“青森⇒北海道”+“日本海⇒太平洋”=120㎞」というものでした。
 しかし結果的には悪天候のために泳げずに終わっています。

  • 場所・方法:津軽縦横断・1-way ソロ(青⇒北)
  • 出発時間:
  • 出発地点:津軽半島小泊岬権現崎
  • 到着時間:
  • 到着地点:函館市戸井浜町
  • 記録: 時間 分
  • 公認:海峡横断泳実行委員会
  • 船名:第61栄幸丸
  • パイロット:安宅  勉

 コメント:この遠泳は100kmを越す移動距離があり、キンちゃんもtoraコーチも最も楽しみにしていた企画だった。
 9月5日に北海道の戸井から青森の小泊まで移動し、6日に泳ぐ予定だったが、台風9号の接近による風波の影響で、断念することにした。

 2007年のドーバーと津軽の報告と写真は、当ブログ

をご覧ください。

2011年9月3日 キンちゃんのドーバー海峡 2-way solo swim (E/F/E)

 まだ我が家のパソコンは故障中です。今回の記事も詳細を乗せることができません。リンク先でご勘弁願います。

 この記事は泳ぎたくとも泳げなかった日の記事です。「またもや」をご覧ください。

 尚、宜しければこの泳げなかった日の前後の様子をご覧いただけると様子がいっそうお分かりいただけると思います。

2010年9月3日 キンちゃんのドーバー海峡 1-way solo swim (E/F)

 現在、我が家のパソコンが故障中のため、詳細データなどを掲載することができません。ただリンク先をご紹介するだけの更新となりますことをご勘弁ください。

 この遠泳は「キンちゃん日記/9月3日(金曜日)」よりご覧ください。

2006年9月4日 キンちゃんの津軽海峡 3-way solo swim 3rd leg (青⇒北)

2006年8月31日~9月04日 津軽海峡3-way   37時間24分

  1. 1st leg 2006年8月31日 11時間43分(青→北)
  2. 2nd leg 2006年9月02日 15時間28分(北→青)
  3. 3rd leg 2006年9月04日 10時間13分(青→北)

 詳細と写真は「2006年 キンちゃんの津軽海峡 3-way solo swim(ウンの付き)3rd leg」をご覧ください。

  • 場所・方法:津軽西口・3-way(3rd leg) ソロ(青⇒北)
  • 出発時間:04:50
  • 出発地点:下北半島佐井村佐井港
  • 到着時間:15:03
  • 到着地点:函館市戸井汐首岬
  • 記録:10時間13分
  • 公認:海峡横断泳実行委員会
  • 船名:第31栄幸丸
  • パイロット:安宅  勉

コメント:汐首から太平洋側は波が高いため、浜町到着はあきらめて汐首に到着した。
 汐首を挟んで東側と西側は、驚くほど気象も海象も違う。

2006年9月2日 キンちゃんの津軽海峡 3-way solo swim (2nd leg: 北⇒青)

2006年8月31日~9月04日 津軽海峡3-way   37時間24分

  • 1st leg 2006年8月31日 11時間43分(青→北)
  • 2nd leg 2006年9月02日 15時間28分(北→青)
  • 3rd leg 2006年9月04日 10時間13分(青→北)

 詳細と写真は「2006年 キンちゃんの津軽海峡 3-way solo swim(ウンの付き)2nd leg」をご覧ください。

  • 場所・方法:津軽中央・3-way(2nd leg) ソロ(北⇒青)
  • 出発時間:04:15
  • 出発地点:松前半島福島町浦和
  • 到着時間:19:43
  • 到着地点:下北半島佐井村佐井港
  • 記録:13時間03分
  • 公認:海峡横断泳実行委員会
  • 船名:藤   丸
  • パイロット:福士  敏嗣

コメント:佐井の沖合3kmの地点で逆潮に会い、約3時間進めなかった。
 佐井の沖合にはマグロが飛び跳ねている。さすがにマグロの名所だ。

残念ながら

 本年9月2日午前3時10分(イギリス時間)、イギリスからフランスに向かってドーバー海峡を湘南の主さんが泳ぎ始めました。 しかし残念ながら12時間10分泳いでフランスまで残り7㎞の地点でこの遠泳を中止しました、

 詳細は後程、このブログへの

2010年9月1日 ニックのドーバー海峡 1-way solo swim (E/F)

 アメリカはデンバー在住のスイミングコーチ、“ニック(Nicholas Levine)”のドーバー泳です。

<データ>
 こちらをご覧ください。

<詳細>
 現在、私はドーバーに滞在していてパソコンが壊れています。写真や詳細を引き出すことができません。帰国後、パソコンの修理を終えてからの掲載になります。申し訳ありません。
 尚、キンちゃん日記/9月1日(水曜日)をご覧ください。

いよいよ

 イギリス時間9月2日午前2時頃(日本時間同日10時ころ)、湘南の主さんがイギリスからフランスに向かって泳ぐ予定です。

 現在位置はこちらをクリックして“SUVA”にチェックを入れ、ご覧ください。

2012年8月31日 クレイグの津軽海峡 1-way solo swim

 アメリカはコロラドに住むオーシャンスイマー、クレイグが津軽海峡横断泳(北⇒青)に成功させました。 しかし、この時期になって私のパソコンが壊れました。電源スイッチの不良だと思われるのでデータが失われるこちはないと思うのですが、取り敢えず今回は詳細も写真もありません。
 それらはパソコンが直り次第アップすることにします。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BV

  • BV