無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2011年9月20日 ペニーの津軽海峡 1-way solo swim (北⇒青) | トップページ | 9月2日 エスコートボートはスイマーの風下にいるのが原則 »

9月2日 水着とかスイミングゴーグルとかラノリンとか

 ドーバー泳を公認してもらうのに水着は“標準的な水着”とされている。つまりウェットスーツは禁止されているのだが、湘南の主さんから「膝上までの海水パンツはどうなのか?」と7月に質問があった。このブログを開いていてよくある質問に「赤フンはどうなのか?」という質問もある。ロンドン五輪の時に認可されたレーザーレーサーはどうなのか? これは私の疑問だが、まあ『一般常識としてレーザーレーサーは認められないであろう』と想像は出来た。何故ならば“水着一枚で泳いで渡った第一号、キャプテン・マシュー・ウェッブ”の伝説がそのままルールになったからだ。レーザーレーサーはどう見ても一般的ではない。もちろんスイマーに手助けとなる浮力や推進力を増すような水着は不可である。
 しかし水着の進歩は記録の進歩。今や水着の世界も日進月歩なのだ。そこでCS&PFのエマに聞いてみた。回答は「水着は1枚、または1セット(セパレーツの場合)で出来ていて、肩から外に、また膝下に生地が出ないこと。生地は伸縮性のある繊維で出来ていること」とあった。つまりレーザーレーサーや赤フンは不可。湘南の主さんの言う「膝上までの水着」はOKということだ。

 ちなみに身体に脂を塗ることは許されている。時折「脂は保温効果のため」と聞くことがあるが、これはまったくのデタラメ。脂を塗るのは“擦れ予防”だ。海水はプールのような淡水と違ってけっこうベタベタしている。その中で長時間泳ぐと首とか腋とか、皮膚と皮膚あるいは皮膚と水着など、少しの擦れが蚯蚓腫れ(ミミズバレ)なったりする。特に女性の場合は水着の肩紐の部分とか、男性の場合は10時間以上泳ぐとその間に髭が伸びて、首などが擦れてしまう。こういった“擦れ予防”のために脂を使う。
 脂の名前はワセリン(石油を精製して作った脂)とかラノリン(羊毛から出る脂を精製して作ったもの)とか。。。。。両方とも薬品や化粧品の基剤として使われているので、おそらくこのブログを読んでいる方で使ったことのない方は居ないと思う。いずれにせよワセリンよりラノリンの方が長持ちするが、落とすのが大変なのはラノリンの方。(当たり前か!?)

 余談だが、最新の競泳用水着は脂が着くと生地が伸びる。一度伸びた生地は脂を落としても元には戻らない。したがって脂を使い、それが水着に着く可能性がある場合は新品など使わない方が良い。もっと言うと、よく遠足に行くときに「履き慣れた靴を履いてください」と指導される。それと同様に海を泳ぐ場合は着慣れた水着が男性でも女性でも良い。それこそ『そろそろ廃棄しようかな』と思われるような水着の方が良い。

 ただしスイミングゴーグルにおいては異なる。水がゴーグルの中に入ってこないのはもちろんのこと、長時間着けていてもストレスを感じないものが良い。また“視界が狭い”とか“すぐ曇るような”ゴーグルはNG。で、夜間用のクリヤーとか晴天用の色の濃いものとか曇ったとき用の薄い色のものとか霧用の黄色とか、、、、ある程度種類を持って行かなければならない。これには普段の練習から神経を使う。自分に合ったものが見つかったらまとめ買いが必要かも!!??!!

 ちっとも湘南の主さんの話もしないで終わろうと思っているが、最後に一言。今回、湘南の主さんが着用したスイミングゴーグルはダイビングマスクに近い大き目のもの。もちろん湘南の主さんはゴーグルを選びに選び抜いて決めたものだが、それが吉と出たか凶と出たか、次回を乞うご期待!

« 2011年9月20日 ペニーの津軽海峡 1-way solo swim (北⇒青) | トップページ | 9月2日 エスコートボートはスイマーの風下にいるのが原則 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

体に脂を塗るのは 保温の為なのかな~と思っていました。
知識が1つ 増えましたね。scissors
縁のない水泳の世界が分かって面白いですね。heart02
所で toraさんは 泳がないんですか?

マーチャン、いらっしゃいませ!!
最近はあまり泳いでいませんが、昔は子どもらと泳ぎましたよ。
津軽とか佐渡とか。。。。。
最近は去年、このブログによく登場するロジャーや湘南の主さんとニューヨークのリバティ島(自由の女神像が立っている島)一周くらいですかね。
その他は日本だと葉山のOWS、海外だとパラオのOWS。
1年に1回くらい、、、、いや2年に1回くらいかなぁ~・・・・。
もっぱら“勝つ”ではなく“楽しむ”で泳いでいます。

役立つ情報満載で嬉しいです。
明日、プールですが、新しく入手したゴーグルを試してみます。
(ビオンデイタイプではなく、クッション付きです。)

合えばまとめ買いですね。

たけちゃんマン、いらっしゃいませ~♪
スイミングゴーグルはモデルチェンジが早いので、合うゴーグルは“まとめ買い”が原則です。
ただ合うならビオンディタイプでも大丈夫です。
「シンプル イズ ザ ベスト」と考える私にはむしろビオンディタイプは良いかなと。。。。
このブログが役立つなら、今度「耳栓の話」でもするかな。。。。。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/60348172

この記事へのトラックバック一覧です: 9月2日 水着とかスイミングゴーグルとかラノリンとか:

« 2011年9月20日 ペニーの津軽海峡 1-way solo swim (北⇒青) | トップページ | 9月2日 エスコートボートはスイマーの風下にいるのが原則 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV