無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 奇遇 | トップページ | 9月2日 もうちょっと時間通りに動こうぜ!! »

9月1日 泳ぐ日は突然に

 週末の海練習で「ドーバー泳の母」と呼ばれているビーチボランティアのボス、フリーダから「湘南の主さんの泳ぐ日は火曜か水曜」と言われていた。その前にフリーダの息子であり、湘南の主さんのボートパイロットでもあるニールがビーチに表れて、「泳ぐ日はリレーの次、たぶん火曜か水曜になる」と聞いていたので『“火曜か水曜”はほぼ間違いない』と思われた。
 湘南の主さんの予約は9月1日から6日までの潮の二番目。つまりニールのボートでは一番目がそのリレーチームでその次となる。したがって早くとも9月1日は絶対にないわけで、2日以降になることはわかっていた。しかしこの9月1日(月)の天候は風も強く、泳ぐには『どうかなぁ~』と思われるような天候だった。リレーチームは出たのだろうか?
 原則的にドーバー泳ではスタートの24時間前にパイロットから連絡が入ることになっている。この“原則”に従えば2日に泳ぐなら1日には連絡があるはずで、それを私は待っていた。ただし“原則的に24時間前”なので、天候が怪しい場合は連絡が遅れる時もある。それは「成功させよう=良い天候で泳がせたい」という気持ちの表れでもあるから多少遅れても我々の文句の言えるところではない。
 もっと言うと指定された時間に集合しても、その場の判断でその「12時間後になる」とか「中止」になることも珍しくなく、キンちゃんの場合など泳ぎ始めて10分後に「中止」となったことさえあった。これは津軽を泳がせる立場の私にはその「判断の難しさ」はよくわかる。

 この日、湘南の主さんが海練習を始めてからすぐに、ビーチにはロジャーの連れて来た73歳のオットーと16歳のシャーロットが現れた。泳ぎを拝見させていただくとオットーの泳ぎはとてもピッチがゆっくりで、『このピッチでドーバー泳は大丈夫か』とちょっと心配になる。何故ならば水温が16℃の水泳となると、ある程度のピッチを上げて自分自身を発熱させながら泳がないと低体温症になりかねないからだ。おそらくピッチは1分間で40回前後だろう。ちなみに湘南の主さんのピッチは1分間で50回代、キンちゃんは60回代。
 逆にシャーロットはピッチピチの16歳。身長は180cmくらい、体重100kgくらいの巨漢を生かし、更にピッチは60回代でバリバリの現役スイマーのように見えた。これなら問題はないだろう。

 練習を終え、宿に戻って昼食を済ますと買い物に出た。いつ「泳ぐぞ」と連絡があるかわからないのでいつでも出られるように必要な物品を購入するためだ。栄養補給品である粉末の“プロ”はすでにフリーダから購入済み。以前は“マキシム”と呼ぶ商品だったが何故か“プロ”に変わっていた。フリーダに言わせると「マキシムと何ら変わりはない」とのこと。まあ早い話が炭水化物なのだが特徴は“味がない”ということ。普通、この種の商品には“チョコ味”とか“フルーツ味”とか「あまり美味しいとは言えない」味付けけがされているのだが、マキシムには味がないので自分で好みの味を付けることが可能だった。キンちゃんで言えば“紅茶味”とか“日本茶味”とか。。。。。その点、湘南の主さんは“栄養補給”と割り切っていて味付けにこだわりはなかった。
 それにマキシムを大量購入したキンちゃんから一タブを譲り受けていて、普段の練習でもマキシムを愛用していたようだ。
 そういえばドーバーにある健康食品の店にはいつもマキシムが置いてあったのに、何故か今年はなかったな。。。。。。
 この健康食品の店で湘南の主さんは果糖一箱をお買い上げ。まあマキシムはもうないのでプロに変わったし、フリーダが「一つtoraに上げよう」と貰ったので、購入したものと貰ったもので二つのプロが入手できていた。つまり湘南の主さんの栄養補給は果糖味のみ。

 宿に戻って『もう明日(2日:火曜)の可能性はないな』と思いながら夕食の支度につく。ちなみに食事の支度は私の役目だが、後片付けは湘南の主さんの役目。夕食後、湘南の主さんが後片付けをしている最中に私はパソコンの電源を入れてメールなどのチェックをする。すると、、、、、エマ(ビーチボランティア:ニールのボート“SUVA”の受付をしている)から「明日の午前2時、ハーバーへ集合。そのことで至急ニールが連絡を取りたがっているのであなたの電話番号を教えて欲しい」とメールが入っていた。『はぁ~、明日の午前2時かよ。それにしてもおかしいな、ニールは私の電話番号を知っているはずだ。それとも忘れちゃったかな?』と思いつつニールへは私から電話を入れた。
ニール「ああtoraか、明日泳ぐ。明日の午前2時にハーバーへ来てくれ」
私「わかった」
 その時、午後8時。何と6時間前の連絡である。
 慌ててキッチンで洗い物をしている湘南の主さんにそのことを話し、湘南の主さんは栄養補給20時間分(30分毎に250mlの補給をするので10l)の補給品を作った。
 また私は私で明日の午前1時50分に宿の前まで来てくれるようタクシーの手配をし、必要物品をそろえてパッキングした。終了したのは午後10時頃か? とにかく3時間くらいは眠れるが、ニールにはもう少し早く連絡してもらえないだろうか。キンちゃんの時もそうだったがいつもニールの連絡は遅い。

« 奇遇 | トップページ | 9月2日 もうちょっと時間通りに動こうぜ!! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/60322637

この記事へのトラックバック一覧です: 9月1日 泳ぐ日は突然に:

« 奇遇 | トップページ | 9月2日 もうちょっと時間通りに動こうぜ!! »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BV

  • BV