無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 7月13日 やっぱり東京観光は下町に限る!?(その2/2) | トップページ | 2010年7月21日 キンちゃんの津軽海峡 1-way solo swim »

7月14日 ロジャーの大瀬崎⇒淡島 1-way swim のはずが??

Pc230113_2_2

2010年12月23日撮影 当ブログ「キンちゃんが行くVol.41」より

 この写真を見て、ロジャーは「オレも富士山の見える海で泳ぎたい」と言ってきた。「冬なら綺麗に富士山も見えるが、夏は難しいかもしれない」と言うと、「それでも良い」と言う。『それなら1-wayくらい泳がすか』と準備を進めたのだが、来日して「距離はどのくらい?」と聞くので「1-wayは10km」と答えた。すると「津軽を泳ぐ前に10kmも泳ぎたくない」と言ってきた。「最大で1時間も泳げばいいんだよ」と。。。。。
 何だかんだでルイスも参加するし、「ルイスは泳ぎが遅いんだ・・・」とロジャーがぼやく。『自分が薦めたくせに!』と思いながらも「ルイスは真っ直ぐ泳いでその横をロジャーはジグザグに泳げばいい」と私が言った。
 昨夜、東京駅に近いレストランでルイスと話した時も「私は2マイルも泳がなくていい」と言っていたし、取り敢えず最大でも1時間、2マイル(約3.3km)で終わらせればいいのだ。至急でいつもキンちゃんが泳ぐときにお世話になっている船頭さんに予定変更の知らせを入れる。

 朝6時に我が家を出ると約束の7時にはロジャーの滞在するホテルを出発する事が出来た。そして三島のルイスたちが滞在するホテルに約束の9時ジャストに到着。身体の大きな外人たちと私、計6人を乗せた愛車VOXYは重そうに船頭さんの家へ向かう。何と予定通りの10時ジャストに船頭さんの家に着くと『何とオレは運転が上手いのだろう。JRも顔負けの正確さで運転している』と自画自賛する。
 準備を整え、10時半に乗船。淡島沖30m位のところまで行って泳ぎ始めた。水温は24~25℃。温室育ちのスイマー(温水プールしか泳がないスイマー)にとっては冷たく感じるかもしれないが、オーシャンスイマーにとっては暖かすぎる温度だ。上空は晴れているものの富士山方面は雲でよく見えない。しかし富士山の上空に出来る傘雲が二重にもなっていたので「あの傘雲の下が富士山だ」と説明は出来たので方角はわかってもらえたようだ。すると雲の合間からちょこっと富士山が。。。。。今日はこれで精一杯かな???

P7141668
ルイス(手前)と彼女のご主人(奥)

P7141669
リンゼーさん(ロジャーの奥さん)

P7141675
FUN

P7141677
雲の合間から富士山がちょっと、、、、

P7141680
ロジャー

P7141682
ルイス

P7141683

P7141688
ルイス

P7141690
ルイス

P7141691
ロジャー

P7141693
ロジャー

P7141694
ルイス

P7141697
ルイスの息子さんのマックス君

P7141698
ルイスの息子さんのマックス君

P7141709
ルイス

P7141711
ルイス

P7141712
ロジャーのスイムレッスン始まる

P7141716
ロジャーのスイムレッスン

P7141719
レッスン中。。。

P7141727
更にレッスンは続く。。。。

P7141735
お疲れ様でした。

 泳ぎ始めるとやはりロジャーは先に行ってしまう。すると前の方でルイスが来るまで待っていて再スタート。だがすぐにまたルイスを置行堀(おいてけぼり)にしてしまう。ロジャーは「ボートの周りをグルグル回りながら泳いでいいか」と私に聞いてきたので船頭さんに説明してOKを貰った。それから船頭さんはルイスにスピードを合わせてロジャーは船の周りをグルグル回りながら進んで行った。
 そのうちロジャーは痺れを切らせたのかルイスに水泳指導が始まった。「あーやって泳ぐんだ」とか「こーやって泳ぐんだ」とか。。。。。
 またそのうちに「ボクも泳いでいいかな」とルイスの息子さん、マックス君が言い始めてOK!!
 賑やかな水泳になって港にある浮き桟橋まで戻って来た。合計50分くらいの水泳かな?? 浮き桟橋には水道の設備があって泳いだ人は水を被る事が出来た。

 さてこれからがランチ。三島ではラーメン屋さんとか和食の食堂は多く見つけるのだが、まだ日本に来て間もない皆さんを和食の食堂に連れて行くのは抵抗があった。特にロジャーは津軽を泳ぐ前なので食事には気を使っているようだった。
 ようやくファミレスを発見。ここなら和洋揃っている。そこに入ると日本には宮城県で暮らしているルイスの息子さん、マックス君だ「グッド チョイス」と言ってくれた。

 食文化の違いだろうが、ロジャーはカレーライスをナイフとフォークで器用に食べていた。リンゼーさんはステーキを注文し、付け合せのライスは一口も食べることはなかった。マックス君はマグロ丼を頼んでルイスに「それ、生で食べるの?」と聞かれ、「そうだよ」と答えるとおもむろにルイスは嫌な顔をした。それでも「美味しいよ」とマックス君は答えていた。
 それからの話が長い。『よくあんなに喋ることがあるなぁ~』と感心するくらい長い。その中でルイスが問い合わせていた熱海(網代)のOWS(Open Water Swimming)は最後まで返事はなかったそうである。紹介したのは私なのに!!! まあOWSをやる人ならそこの代表者であり“英語も堪能”といえば「ああ」とわかり、「返事がなかった」と聞いても「ああ」と納得されるだろう。早く言えばいい加減で有名な担当者なのだ。「まったくもう!」と私が怒ると「まあ、まあ」とルイスたちからなだめられた。
 そのうちにマックス君の父親が顔面蒼白になった。とは言っても初めから肌の色は白いのだが、、、、、、、
 「気持ち悪い」と言ってトイレに駆け込んで行った。それからしばらくは出て来ない。マックス君に聞くと「朝食と昼食の食べ合わせが悪いんじゃないか」と言う。どうにも彼らが泊まった三島のホテルは“ホテル”とは名前がついているが、日本式のホテルなのだ。朝食はハムとか食べたらしい。おそらく食中りではないかと思う。
 彼らの予定は三島からバスに乗って河口湖まで行くらしい。富士登山のため河口湖畔で宿を取ったらしい。しかしこの様子では三島でもう一泊した方が良いかもしれない。
 三島へ向かうクルマの中で「薬屋に寄ろうか?」とマックス君に聞くと薬は持って来ているらしい。
 取り敢えず三島のホテルに彼らの荷物はあるのでホテルまで送って行って別れた。ちなみにその後のマックス君の報告では無事に富士登山を終えたらしい。「ご来光を眺めて綺麗だった」とか。。。。良かった、良かった。

 その後、ロジャーたちのホテルへ行って彼らの重い荷物を我が愛車に積み込む。慣れない日本でも彼らの行動が、荷物が減ることにより早くなるからだ。明朝、彼らは新幹線で新青森、函館へと行く。
 それから帰って遠泳機材と私の荷物を積んで、帰宅したのは午前様だった。これで明日の津軽海峡を渡るフェリーは18時発の予約が取ってある。独りクルマで行く自分、、、、、はたして間に合うのだろうか???

« 7月13日 やっぱり東京観光は下町に限る!?(その2/2) | トップページ | 2010年7月21日 キンちゃんの津軽海峡 1-way solo swim »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

外国からの友人をお世話するって大変ですね~。
逆に toraさんたちがあちらに行くと接待されるんでしょう。
give & take ・・・。
世界に友達がいるって良いですね。heart02
それにやる事があって外国に行くって理想的です。
観光のみの旅にはない・・・充実感がありますね。
羨ましい。note

マーチャンさん、おはようございます。
コメントをありがとうございます。
キンちゃんや湘南の主さんたちと外国へ泳ぎに行くと、ほとんど毎日泳いでいます。
(たまたま昨年のニューヨークでは泳ぐビーチがなかったので観光をしましたが、、、)
“観光は泳ぎ終わってから”が基本です。
でもキンちゃんは泳ぎ終わっても泳いでいます。
例えばドーバーを泳ぎ終わった翌日から次のドーバーへ向けて泳ぎます。
『たまに観光でもしたいなぁ~』と思う私ですが、ほとんど観光などありません。
ただ確かに私たちが外国へ行くと友人たちがよく面倒を見てくれます。
まあ泳がせておけば良いのだから簡単ではありますが、、、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/59948051

この記事へのトラックバック一覧です: 7月14日 ロジャーの大瀬崎⇒淡島 1-way swim のはずが??:

« 7月13日 やっぱり東京観光は下町に限る!?(その2/2) | トップページ | 2010年7月21日 キンちゃんの津軽海峡 1-way solo swim »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BV

  • BV