無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2005年5月17日 キンちゃんのウェット着用海練習 | トップページ | 2009年5月19日 キンちゃんの淡島~大瀬崎間 3-way solo swim »

湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(36/38)

36・最後のニューヨークを

 8月18日(月)夜中に目が覚めた。その時急に思い出したのである。今朝、ロジャー氏のスタートを応援のためバッテリーパークへ行くことにしていたが、バッテリーパークからはスタート出来ない。もしかしたらピア25の船着き場かも知れない。折角応援に行っても会えなくては淋しいし、申し訳ないと思い、今朝5時起床となっていたが、その時に石井先生に調べてもらおう思った。

P8180178 ロジャー氏が参加するペアスイムの大会本部テント

 又、一寝入りして目を覚ますと午前4時を回っていた。石井先生も目を覚まして携帯をいじっていたので、スタート地点について私の考えを説明した。石井先生も「そうですね、それでは先ず調べましょう」とパソコンを開きチェックしたが、やはりスタート地点はバッテリーパークだった。が、集合場所はピア25の少し手前のクルーザーなどが停泊しているノースコールのハーバーだった。

P8181214 石井先生とロジャー氏

 スタートが“7時”と言われていたのが集合は“5時15分”となっている。急いで仕度をしてアパートを出たのが4時半過ぎ、地下鉄は休日と早朝が重なり本数が極端に少なくてかなり待たされた。ウォール駅で下車、西に向かって歩く。何度か歩いたことのある大通りに出たのでそのままハドソンリバーまで行き、少し北へ歩くとハーバーが見えてきた。薄暗い街灯の中に人々が集まっている。5時20分だった。

P8181215 地下鉄のホームに変わったベンチが?

 ロジャー氏は直ぐに分かった。石井先生が日本のオープンウォーターレースに参加した際の参加賞のTシャツをロジャー氏にプレゼント。ロジャー氏はとても喜んでいた。そしてこれは「メイドイン・チャイナか?」とジョークを飛ばしていた。今日の参加チームは21チームと立札が並んでいた。
 この大会はバッテリーパークからスタートして、そのまま南下して約20km先にある島までのペアスイムだそうである。詳細はよく分からないが楽しそうなレース、ボートもカヤックもサポートで着くそうだ。
 『NYCは色々な大会を企画・実行している団体だなあ』と思ったが、運営がイマイチだ。今日は7時にスタート出来るのだろうか??
 今日は私たちも10時にはアパートを出なければならないので、ロジャー氏のスタートを見届ける事が出来ない。彼に別れを告げて元来た道を辿り地下鉄に乗る。ニューヨークの地下鉄は24時間営業なので、早朝の車内は夜勤帰りと思われる人々が多く乗っている。
 私たちが住んでいる125 ST駅周辺にはいつも黒人系、スパニッシュ系の人たちがたむろしているが、早朝は少ない。でも路上で寝ている人があちらこちらに見える。まさしくスラム街だ。小学生くらいと思われる年齢の子どもが何人もたむろしている所もあった。
 アパートに戻り、ここでの最後の食事を食べる。残らないようにと全てを食べ尽くしたが、調味料の塩、醤油が残り、アパートのオーナーであるりょう君に渡した。

185 アパートでの最後の朝食メニュー

 日本への帰りの便はJFK空港を19時10分発なので、空港には2~3時間前の午後4時ごろまでに着けば良い。それまでの4~5時間はまだ余裕がある。もう一か所くらい見学出来る筈と、石井先生がパソコンでニューヨークのお勧めスポットを検索した。すると一か所だけ行っていない所があった。「ロックフェラー・タワー」だった。それではとそこへ行くことにした。
 大きなトランクを持っての移動は大変なので、$10出してトランクをアパートに置かせてもらえることになり、とても助かった。確か空港でもトランクを預かってくれる所はあったが、一個$28位したと思った。

197 賑やかで観光客の多いマジソン・スクウェアーガーデン

 身軽になって地下鉄に乗り南下してニューヨークの繁華街へ向かった。東京でいうと渋谷辺りだろうか? ロックフェラー・ビルの場所は事前に調べておいたはずなのに、どうしたことか中々ビルが見つからない。道路の両側は高層ビルなので見上げても中々どのビルか分からない。が、突然ロックフェラー・ビルが現れた。ビルの中へ入ると非常に格調の高い感じがした。

P8181219 格調高いロックフェラー・ビルの入り口

 チケット売り場が分からず中をウロウロ歩き回る。係員に尋ねると「地下にある」とのこと。石井先生は既にチケットを持っているので私の分チケット$25を払って買った。
 エンパイヤー・ビルと同じように先ずは持ち物検査とボディーチェック。そしてビルの中をグルグル歩き回されてやっとこさっとこエレベーターの前に到着。このエレベーターの天井は透明で、見上げるとエレベーター塔内部に点々と青く光るライトが見えてとても綺麗だった。

211 エンパイヤー・ビルをワシ掴みに

 ロックフェラー・ビルの展望台は76階。しかもエンパイヤー・ビルと同じように外へ出られるのである。更に階段を昇り、79階まで昇ったら屋上である。本当にビルのテッペンまで昇ることが出来た。360度の視界、直ぐ傍にエンパイヤー・ビルも見える。でもあちらの展望台の方がはるかに高い。だが景色はこちらの方がよく分かる。眼下にはセントラルパーク、ハドソンリバー、イーストリバー、そしてはるか彼方の地平線。日本のように山は見えない。
 今朝バッテリーパークからスタートしたロジャー氏の姿が見えないかと大きな双眼鏡で覗いたが分からなかった。大きな橋の間から島が見えた。多分あの島までのレースだったのかも知れない。まぁ~予定通りスタートをしていれば既にゴールしている時間ではあったが。

218 ロックフェラー・ビルはてっぺんまで昇れる

 最上階の展望台で日本人の二組のご夫婦連れにお会いしてお話をしたが、私と同年齢位だろうか? 9日間の観光旅行はツアーではなく、自分たちで計画して来たとか。私たちはマンハッタン島一周スイムレース、リバティー島一周スイムレースに参加したこと、今住んでいるアパートがハーレム街にある事などを話して大いに盛り上がった。
 ビルから降りる時、石井先生が急に「トイレへ行きたくなった」と言ってエレベーターに乗って降りて行った。待つことしばし、又エレベーターに乗って戻って来た。聞くとトイレは1階下にあるそうだ。「76階、そこでうんこをしてきた」と自慢している。こんな高い所でするなんてめったにないことだ。ロックフェラー・ビルは流石、トイレも非常に綺麗だったそうである。

 昼食はこのビルを探しているときに見つけた“すし”の看板が出ていた店へ行ったが、“すし”は休みのようだった。そこで近くにあった他の店に行くと、店内はバイキング形式で食べる物が色々並んでいた。それをパックに入れての計り売りである。あれもこれもと私はパックに一杯詰め込んでしまったが、何と$20分も詰め込んでいた。
 石井先生はピザと煮物を少々とペプシ・コーラを買っていた。しかしこのペプシが「とても薬臭くて飲めない」とギブアップしていた。コーラはやっぱり「コカ・コーラ」でしょ!! 食事を終え、地下鉄でアパートに戻り、トランクを受け取って今度はJFK空港へ行く。

« 2005年5月17日 キンちゃんのウェット着用海練習 | トップページ | 2009年5月19日 キンちゃんの淡島~大瀬崎間 3-way solo swim »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/59527392

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(36/38):

« 2005年5月17日 キンちゃんのウェット着用海練習 | トップページ | 2009年5月19日 キンちゃんの淡島~大瀬崎間 3-way solo swim »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV