無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2009年4月14日 キンちゃんの淡島~大瀬埼間 2-way solo swim | トップページ | 春のスキーキャンプ2014 in 妙高(4/6) »

湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(29/38)

29・ニューヨークを散策

 8月13日(水)昨夜は比較的良く眠れたようだが、でも眠たい。身体の疲れがピークのようだ。外はポツリ、ポツリと雨が降り始めてきた。今日の予定は週末に予定されている「リバティー・スイム」に参加するための現地集合場所行のシミュレーション。

P8130034
9・11の跡地、グランド・ゼロには今も多くに人々が訪れて来ている

P8130030

 アパートから2ブロック先に地下鉄のE 125ST駅があるので、そこから4・5番の地下鉄に乗るとバッテリーパーク近くまで行けるはず。地下鉄駅まで行く間のストリートには黒人たちが大勢たむろしている。特に駅入り口周辺には人が多く、何となく不気味な感じがする。アパートを出る頃には雨は上がっていたが、用心のため傘を持って出掛ける。地下鉄の4番と5番の違いは急行と各駅停車の違い。来た電車に乗ったのが4番で、急行だったから速いこと速いこと、目的地近くの駅「ウォール・ストリート駅」まで30分で到着した。地上に出ると又雨が降っていた。先ずはリバティー島行のフェリー発着場探し。雨の中を探し回りやっと見つける事ができた。これで一安心。雨はかなり強く降っており、観光客は傘を差したりビニールのカッパを着たりと、雨対策をしながら観光地を歩いている。

P8110546 ニューヨークで一番賑やかな(?)ストリートを散策

 この近くに例の9.11の「グランド0」、貿易センタービル(ツインタワー)崩壊の跡地が有ると言うので行くことにした。激しく降る雨の中を「グランド0」を目指す観光客が周辺をウロウロしているので、道路がとても混雑していた。その後について歩いて行ったので直ぐに分かった。
 「グランド0」は工事用の鉄板で囲われて中を見るとこは出来ないが、工事用車両が出入りしており、新しいビルの建設がかなり進んでいるようにも見えた。アメリカ人の誰もが心に刻まれた、忘れることが出来ないあの9.11の出来事。近くに展示館があり、中へ入って見た。本が色々出されていた。写真集も沢山あった。館を出たが、雨は一段と激しく降っている。あまりにも激しい降りなので、『昼食でも』と思い歩くが、ホテルが立ち並ぶ通りなので、どの店も値段が高いのでやめた。丁度地下鉄の入り口が目に入り、取りあえず避難のため階段を降りた。ラッキーだったのはその地下鉄はA・B・E路線でE線に乗ればLex・AV 53stへ行ける。地下鉄に乗り、慣れたことに感謝だ。

P8110534 マジソンスクエウアーガーデン

 53stで下車して地上に出たら雨はやんでいた。さっきまで激しく降っていたのが嘘のようだ。雲も薄くなり、陽射しもあるではないか? ニューヨークの中でもこの辺りが一番賑やかで、ビジネス街、商店が多く建ち並んでいる。『昼食』と思い探すが中々見つからない。やっと見つけたレストランとは言えない、サンドウィッチを主とする食べ物屋で何やら色々とトッピングするらしい。これは私に無理な所。石井先生が「ここで良いですか」と聞いて来たが、「ここは駄目」と私は言って店を出た。しばらく歩くと又同じようなサンドウィッチの店があった。でもこの店は日本で言う「マック」の様な感じで、サンドウィッチが棚に色々並んでいる。自分の食べたい物をレジカウンターへ持って行き精算するようになっている。これなら私でも問題なく注文できそうなので店に入る。雨に濡れて身体が冷え、小用を模様してしたのでレジの人に「トイレ」と聞くと、奥を指さして教えてくれた、良かった。ここにはトイレがあったのだ。
 ニューヨークの街には公衆トイレが殆どない。地下鉄の駅にも、コンビニにも、スーパーマーケットにも無い。ニューヨークの人はどうしているのか不思議だ。その点、日本は駅には必ずあるし、公園にもある。トイレの心配は殆どしなくて済んでいたのだが・・・・・・
 トマト、野菜の挟んであるサンドとヨーグルト、オレンジジュースを私は買った。$15もした。ニューヨークは物価が高い。
 150ccのヨーグルトが$5、500ccのペットボトルは3ドル近くもする。私の食べたサンドウィッチは$7.5もした。でもトイレも済ませたし、お腹もほどほどに膨れて来たので『まぁ~いいか』って感じだ。

P8130039 ニューヨークのど真ん中にある広大な公園セントラル・パーク

 石井先生はエンパイヤ・ビルを見学した時に市内観光のチケットを$100位で買っていた。しかし使ったのはエンパイヤ・ビルだけなので「何処かへ行きますか?」と聞いたら、セントラル・パークを歩いてみたいとのことだったので、そちらへ行くことにした。ここからはさほど遠くない所にある。5 AVから西の59stから8 AVの間、110stまでの南北に長い公園。13ブロックで約1kmだそうなので。約8km弱の広い公園。

P8130045 公園内でシャボン玉のパフォーマンスが!!

 公園内に入った途端、あのニューヨークの喧騒が嘘のように静寂になった。ここは本当にニューヨークなの?? 何処か山の森林浴に来ているのではないかと思わせる所だ。しかし鳥の鳴く声は殆ど聞こえない。そして公園内の歩道は曲がりくねっているので、時々方向を確認しないと元来た方向へ行ってしまうのである。公園内にある案内板を見ると私たちは北へ向かうとアパートに近くなるので、そちらを目指して歩くが、時々南方向へ歩いていたりする。石井先生がスマホの方位磁石で方位の確認をしながら歩く。それほど広く、自然が豊かに守られており、アメリカの誇れる場所の一つではないだろうか。公園内の手入れも行き届いている。しかし残念なのは歩く所が舗装されているのと、その道の脇には何故か鉄の柵。ここでの鉄の柵は不要に思えるのだが・・

P8130067 緑豊かな公園内と古風な建物がマッチしている

 時折、木立の間から高い建物が見える。でもその建物は最新の建築物だけではなく、年代物の建物も見え隠れしている。それはこのセントラル・パークの森の景色とマッチして実に素晴らしい。
 この公園があまりにも広いので、公園を散策している人は多いと思うのだが、日本の公園のようにゾロゾロと繋がって歩くことは無い。広場に来ると人々が集まってはいるが、一歩散歩道に入ると行きかう人は余りいない。そうそう、ジョキング、ランニングをしている人も結構見かける。
 何時間歩いたのか分からなくなったが、公園の北側に出た。近くに地下鉄の110st駅があり、地下鉄に乗り、私たちが泊まっているアパートの125st駅まで帰る。アパートへ帰る途中

P8130049 園内には大きな噴水池があり憩いの場所

でスーパーへ寄り、食料を買って部屋へ戻った。今日はかなりあるいた為か、とても眠たいほど疲れてしまったようだ。夕食はパスタを食べた。石井先生は大好きなビールを買って来たが、小瓶だったので直ぐ飲み干してしまい、8時過ぎに又ビールを買いに走った。今度は少し大きめの瓶になっていた。ハーレム街なので「夜、街中を歩くのは危ない」と言われていたが、「この格好なら全然大丈夫だ」と言っている。確かに地元の人と変わらない格好だとは思うのだが・・・・。そのビールも朝には3本に減っている。石井先生は本当にビールが好きなんだなぁ~。アル中かも知れな??

P8140095 アパート近くの公園内にプールが

 インターネットに「今回のレース結果が発表されている」と教えてくれた。我々のチームの正式タイムは8時間43分35秒。4人リレーの部では10番、総合では11番。しかし18チーム出場のはずなのに、タイムが出ているのは16チームだけ。一番速いチームは7時間50分02秒でラストチームは9時間21分45秒。1チームは選手の体調不良で途中棄権して、選手は救急車で病院へ搬送されたと聞いた、後の1チームはどうしたのだろうか? タイムオーバーだったのか??? 出場選手の中で私は2番目に高齢者。1番は何と82歳、82歳でマンハッタンを泳ぐとは、凄いスイマーだ!!!

« 2009年4月14日 キンちゃんの淡島~大瀬埼間 2-way solo swim | トップページ | 春のスキーキャンプ2014 in 妙高(4/6) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/59411892

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(29/38):

« 2009年4月14日 キンちゃんの淡島~大瀬埼間 2-way solo swim | トップページ | 春のスキーキャンプ2014 in 妙高(4/6) »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV