無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 大雪のレジェンド(その6.) | トップページ | 大雪のレジェンド(その7.終) »

湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(16/38)

16.ボートに乗れる、乗れない、スイムの順番???

 8月2日、石井先生から次のようなメールが届いた。我々リレーチームのボートが決まったとのこと。ボートキャプテンは「トウマ・ヒロユキ」という日系人だということ。
 これは大会事務局からチームキャプテンにしか送られていなかったようだ。このトウマさんは石井先生と一緒に働いていた塚田さんが、このマンハッタン島1周ソロレースを泳いだ時にサポートしてくれたボートのようで、トウマさんは日本語がしゃべれないそうだ。
 陽子さんに「このボートにチームキャプテンの石井が乗ることは可能かどうか?」トウマさんに英文で確認してほしいとも言っていた。それから我がチームのリレーの順番が変更になったと言うこと。1番目が私、2番目はキンちゃん、3番目がオー先生、ラストが陽子さんなりましたということ。
 まぁ~リレーの順番としてはスイムのスピードの速い順が順当なところだが、キンちゃんも私もさほど変わりは無いようには思うが・・・・

P8101051 我々をサポートしてくれたボート「TAZ」

 そして陽子さんのご協力により、「トウマさんのボートに石井は乗ることが出来ることになった」ともあった。トウマさんは沖縄出身の日系三世だそうで、ニューヨークで生まれ育った方だとも書かれていた。
 しかしこの後、どうしたことか石井先生が我チームボートに乗れなくなってしまったのである。これは一大事、多分、石井先生も長い、長い、オーシャンスイム歴の中で自分が携わっていて、その現場に立ち会えないと言うことは無かったのではないだろうか? いったい何が起きたのか???

 7月26日にキンちゃんから封書が届いた。開けて見ると、マンハッタン島の地図が入っていた。キンちゃんが陽子さんの住んでいるメイン州へ遊びに行った際、「日本の皆さまに渡して下さい」と預かったそうだ。縦長の地図で上手くコピー出来なかったので、取りあえず私の所へ送ったそうである。早速コンビニへ行き、カラーコピーして貼り合わせて石井先生、オー先生に郵送した。この地図はマンハッタン島レースにはもってこいのとても見やすい地図である。

« 大雪のレジェンド(その6.) | トップページ | 大雪のレジェンド(その7.終) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/59181483

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(16/38):

« 大雪のレジェンド(その6.) | トップページ | 大雪のレジェンド(その7.終) »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV