無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 3月16日 そそっかしい⇒変わりゆく東京の下町 | トップページ | 3月18日 病は気から?⇒マナーが無くなりつつある高級(?)レストラン »

湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(22/38)

22.プールへ泳ぎに行く

 8月8日(木)、未だ時差ボケが解消出来ず、私としては珍しく昨夜は11時過ぎまで起きていた。この時間でも石井先生は相変わらずパソコンに向かって何やらやっている。遅くまで起きていた為か、昨夜はシッカリと睡眠が取れたようで、朝の目覚めは割合とスッキリしていた。
 今日はプールへ行くことになっている。昨日の残りのパンなどで朝食を済ませ9時30分過ぎにアパートを出た。タクシーで地下鉄駅まで行き、地下鉄を利用して目的地の137 ST駅まで行くことにした。ご存知の方も多いとは思いますが、マンハッタン島は南北に細長く、東西はイーストリバー、ハドソンリバーに挟まれて狭い。この島の中を碁盤の目のように十文字に道路が走っており、縦方向の道路は比較的広くAV(アベニュー)と命名され、マンハッタン島の東側(イースト)から1 AV,その東側はAV・A~AV・Dとなっている。1 AVから西方向へは2、3、レキシントンAV、パークAV、マジソンAV、と命名されていて、有名な5番街は5 AVと命名されている。横方向の道路はST(ストリート)と呼ばれており、南側から1 STで始まり、北部まで215 STの名称がついている。但しSOHO駅から南側の道路は碁盤の目のようにはなっておらず、とても分かり辛い。どうしてそうなってしまったのかは分からないが・・・・・・。

P1010278 ニューヨーク市警のポリスに道を尋ねる石井先生

 タクシーに乗ると運転手は必ず行先の住所を聞いてくる。道路が碁盤の目のようになっているので、住所を言うと直ぐ分かるようだ。最初はそれが分からずに、道路に立って「ヘイ・タクシー」と声をかけていた。しかし、何処へ行きたいのか予め調べておき、タクシーを捕まえる時、行先に向かって走る道路で捕まえると、すんなりと目的地まで運んでくれて料金もそれなりで済む。オー先生は足が悪いのでタクシーを利用することが多く、予めマンハッタン島の地図をしっかりチェックして覚えてしまったようだ。大きな通りに出てタクシーを拾おうとするが、通過、通過で中々捕まらない。30分ぐらいは待っただろうか? 運よく直ぐ側で降りた客がいて、やっと乗れた。

P8140106 チャイナタウンで日本食品を売っている東京市場の店

 地下鉄駅に近い番地を言うと、ほぼ直線で目的の地下鉄駅の近くまで走ってくれた。上手くいった。「やった~」という感じである。地下鉄はメトロカードを利用するのだが、先日買った石井先生のカードは未だ残金があるはずなのに、エラーアラームが点灯して入場出来ない。そこで又、新しくカードを購入。オー先生は駅構内に係員のいる事務所の様な所で現金で購入されていた。日本の鉄道では駅名と同時に前後の駅名も必ず表示されているが、このニューヨークの地下鉄ではそこの駅名だけで前後の駅の表示は一切ない。でも駅名はST名が駅名なのでとても分かり易いかもしれない。

P1010307 プールの最寄り駅137 ST駅

 地下鉄はイースト側にある①番線の地下鉄で137 ST駅下車。ここまで北上すると、「ここもニューヨーク?」と思わせるほどのんびりとした街の風景で、何処かの田舎町といった感じがした。でもここは間違いなくニューヨーク、摩天楼が一つも無いし高台になるようだ。かなりきつい坂道を下り、ハドソンリバーへ向かう。プールのある場所は、公園というよりスポーツ設備の整った総合グランドだった。アンツーカーの立派な陸上競技場ではちびっこランナーたちが走っている。プールはそのグランドの横にあった50mの室内と屋外の25mプールだと思っていたら、屋外は25ヤードだそうである。プールへ入るにはロッカーの鍵が必要と言われた。「何故??」ロッカーには鍵が無いので各自が用意するそうだ。入口で鍵も売っていたのである。これには我々全員「?????」。おまけにロッカーの小さいこと、小さいこと。その中に3人分の持ち物を無理やり押し込んだ。

P1010308 ニューヨークとは思えないのどかな街並み

 オー先生がネットで調べたとところによると、室内の50mプールで泳げることになっていたのだが、実際には真ん中で仕切られており、50mは泳げなかった。泳ぎ出して直ぐ12時の休憩時間になってしまいプールから上がる。休憩時間内にコースロープが外されてしまいフリーコースとなって、外のプールで遊んでいた子どもたちがドドッと入り込んで来て遊びだした。多分外のプールは寒かったのだろう。止む無く我々は外プールで泳ぐ事にした。水温は24℃、外気温も同じくらいだろうか? 外プールでも何人かの子どもたちが遊んでいたが、構わずガンガン泳ぎ出す。水温が低いので汗も出ず、とても気持ちよく泳げる。

P1010312 プールのある総合グランド

 石井先生が「このプールは25mも無い」と言っていたが、私はあまり感じなかった。オー先生が監視の人に聞いたら「25ヤードだ」と言っていたそうである。
 1時間ほどで2,500ヤード泳いだ。ロッカールームに戻り、鍵がうまく開かずに監視の人を呼んで開けてもらった。石井先生はこの鍵がえらく気に入って「どうしてももう一つ欲しい」と探したが、中々見つからなかった。しかし、ハーレムの方のアパートに移った時にやっと手に入れた。私も記念に一つ買った。
 昼食を駅前のレストランで食べた。私はチキン定食を注文したのだが、チキンの大きいこと。ご飯はいわゆる外米でポソポソしており美味しくないが、腹一杯になった。

P1010315 プールの帰りに寄ったレストラン

 帰りに又「チャイナタウンへ行こう」とオー先生が言い出したので、地下鉄で向かう途中、乗ってくる人が雨に濡れているのを見て止めることにした。
 地下鉄を降りてアパートまでタクシーを使ったが今度もうまく安く帰れた。
 雨は既に上がっていた。行き掛けに頼んでおいた洗濯物を受け取りに行き、更に、明日の食料品を購入してアパートに戻った。
 夜は軽く素麺で済ませる。食後に私は明日の野菜サラダ用の野菜、果物、ヨーグルトを買いにスーパーまで買いに行った。夜8時過ぎだというのに未だかなり明るいのである。
 石井先生とテーブルで話していたが、今話していたと思ったら、もういびきをかいて眠ってしまった。最速睡魔~だ!! 石井先生の奥さまにもよく言われるそうだが、全くその通りでビックリ仰天、フル回転の驚きだった。
 今日の昼間、泳いだので疲れが出たのか、オー先生も8時過ぎには横になってしまった。
 ハプニング? 私が9時過ぎに風呂に入っていたら、石井先生がトイレに来た。「アッ!」と先生はビックリした様子だったが、私が「どうぞ」と言ってカーテンを閉めて浴槽に入っていた。が、しばらくすると先生のいびきが「スーハ―・スーハ―」と聞こえてきた。便器に座ったまま眠ってしまったようだ。15分くらいすると「ウウゥゥ~~ン」と言って目が覚めたのか、水を流して出て行った。よほどお疲れのようだなぁ~~と思った。
 今夜の寝床のローテーションは、石井先生がベッド、オー先生が簡易ベッド、私はソファー。でもオー先生は「簡易ベッドの幅が狭い」と言って、マットレスを床に敷いて寝ていた。確かにその方が腰の部分は安定するかもしれない。
 翌朝、オー先生に「具合はどうでしたか?」と尋ねたら、やはりマットレスが薄いので「身体が痛かった」と言っておられた。やはりベッドを組み立てて寝た方が良さそうである。
 昨夜はオー先生が「あまり良く眠れなかった」と言っていた。私は夜中1時ごろに目覚めてトイレへ言った時、テーブルで何やら書き物をしていた。陽子さんからのメールで明日、レースのスタート地点の確認と、ルートを調べて欲しいのこと。それから「昼食をレストランで一緒に食べましょう」と連絡が有ったので、アイパッドを使って「調べている所だ」と言っていた。更に4時ごろ目覚めると、今度は石井先生がパソコンを開いて何やらキーを叩いていた。二人とも眠れなかったのかな? 石井先生は速攻睡魔だから多分、2度寝ぐらいしているから大丈夫だとは思うのだが? オー先生が少々心配かな?

Img_0483 プールで購入したダイヤル式の鍵

« 3月16日 そそっかしい⇒変わりゆく東京の下町 | トップページ | 3月18日 病は気から?⇒マナーが無くなりつつある高級(?)レストラン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/59316187

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(22/38):

« 3月16日 そそっかしい⇒変わりゆく東京の下町 | トップページ | 3月18日 病は気から?⇒マナーが無くなりつつある高級(?)レストラン »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV