無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 大雪のレジェンド(その1.) | トップページ | 大雪のレジェンド(その2.) »

湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(11/38)

11.突然のキャンセル

 ニューヨーク行の内容がほぼ固まり、4月16日に2回目の予防接種も終え、各自が練習に励んでいるとき、キンちゃんから1通のメールが届いたその内容は「マンハッタンはチョット行けれそうにもなくなりました。石井先生申し訳ありませんが代わりに泳いで下さい。破傷風の注射は昨日打ちました。申し訳ありません。ごめんなさい」
 キンちゃんの突然のキャンセル、行けなくなった理由・説明は一切なく、一方的な不参加表明。早速、石井先生に連絡して真意を確かめたが、石井先生にも一切の説明はないとのこと。確かに万が一の事を考えて石井先生を補欠として登録したが、あくまでも万が一の時のことであって、予想外の事態が発生した。

P8070979 ニューヨーク・マンハッタン島の摩天楼群

 今までの経過の中でもキンちゃんの発言はあまりなかったが、リバティー島スイムにも参加すると張り切っていたように私には感じていた。
 頭に来た私はかなり強い口調でキンちゃんの不参加発言についての真意を確認したくてメールを送ったが、それに対する返事は全く来なかった。日本の“ドーバークイーン”と呼ばれ、世界中のスイマーから注目を浴びている人なのに何たることか、私の怒りは収まらなかった。
 後日、石井先生から“あくまでも推測”と注釈付きでの説明があった。どうも家庭内のゴタゴタらしい。それは以前から私も感じてはいたが、ついに爆発したかなと思った。
 キンちゃんから以前聞いた話だが、ドーバー海峡横断泳を何度も成功させて、日本のドーバークイーンとも言われているが、その為の練習で毎月1回は遠泳練習で家を空ける。ドーバーへ行くと1カ月近くは家を空ける。彼女もそれを意識して、家に居る時は人の2倍、3倍働くと言っていたが、それは彼女の言い分であって、残された人に負担が掛かるのは当然。ましてや病気持ちの実の母親を抱えていては尚更のことだと思う。
 オーシャンスイムを理解しない人には、海峡横断泳は遊びとしか見えないかも知れない。

Img_2504 マンハッタン島の南端バッテリーパーク付近

 ドーバーの報告書を従業員に配っても、ゴミ箱に捨てられていたという話も聞いた。
 時間はかかるかもしれないが、自分の周囲の人々、身内をしっかり固めておかないと、いざと言う時にこのような事態が起きるのだと思う。キンちゃんはそれを怠ったと思う。所詮ひとりの力は微々たるもの、周りの人々の助けを借りないとこのようなことは絶対に無理。特に身内の人の理解と協力は絶対に欠かせないと思う。彼女はそこのところをどこまで詰めてきていたのか疑問が残る。

P9080381 すっかり体系が元に戻ってしまったキンちゃん

 石井先生は3月初めに交通事故に遭い、右手中指骨折、それとは別に左肩亜脱臼と体調が万全ではないので非常に心配。泳ぎもあまり泳いではいないらしいがこれからは頑張って練習に励んで頂くしかない。それにしてもキンちゃんはもう少し、大人の付き合いが出来る人間かと思ったが、がっかりというより情けない人だと、私から一気にキンちゃんは離れて行ってしまったように思う。数少ない私の友人の1人ではあるが、もう、どうでもいい人になった。

« 大雪のレジェンド(その1.) | トップページ | 大雪のレジェンド(その2.) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/59162253

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の主さんの「アメリカ・ニューヨーク、マンハッタン島を泳ぎました。ついでにリバティー島も泳ぎました。」(11/38):

« 大雪のレジェンド(その1.) | トップページ | 大雪のレジェンド(その2.) »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV