無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2006年 「月に向かって泳げ!」(2/5) | トップページ | 2006年 「月に向かって泳げ!」(4/5) »

2006年 「月に向かって泳げ!」(3/5)

~サポーター(トラ)から見たドーバー~

3.出発
 8月6日(日)05:30起床。眞壁さんは日本から持参した「しゃぶしゃぶ餅」を、熱い味噌汁に入れてしゃぶしゃぶしながら食べた。私は我々が宿泊するメゾン・デュー・ゲスト・ハウスの女将、ダイアンが昨晩作ってくれた朝食の弁当をリュックに詰める。準備を整え06:45のタクシーでクロック・タワーに向かう。そこで他のパイロット、デイブ・ホワイトに会った。そこで昨日、ホワイトの船で泳いだはずの今年ドーバーで知り合った友達、イゴのことを聞いた。11時間台で泳いだそうである。良かった。彼は藤田さんがいたときから一緒に練習していた。これで私もモチベーションが上がる。

P7140001_2
左から:南アフリカの女性スイマー、レシミ(インド)、インド人男性スイマー、キンちゃん、イゴ(ウクライナ)

 ホワイトは彼の船「オーシャン・ブリーズ」で2001年2wayリレーのときにお世話になった。この時クリス・オズモンドは「クルー」として乗っていた。この時の会話で「今度オレも船を買ったから次回の指名はオレにして欲しい」と私に頼んでいたのだ。そこで翌年(2002)1wayリレーの時はクリスの船「シー・ファーラー」に依頼した。この時は眞壁さんも参加しているので船は知っているはず。しかし眞壁さんも私も共通認識として以前のシー・ファーラーではなかった。ちょっと小さくなった気がした。
 藤田さんのときに使用したニールの船「スバ」から比べると1.5倍くらい小さく、材質もスバの「鉄」に比べて「FRP」と軽い。まあ元々はクルーザーなのでおしなべて軽く造っているのであろう。エンジンをアイドリング状態にしてもクラッチをつなげばスイマーより速い。増してや軽い船は風に流される。そこでシー・アンカーやコーンを流して抵抗を増しているが、それでもクラッチを切らないと眞壁さんは置いていかれる。
 そんな船の乗組員はパイロットのクリス、クルーのトニー、オブザーバーのサイモンと私。またトニーとサイモンは親子でサイモンは17歳になる若者だ。
 07:20に出港。07:46シェイクスピア・ビーチから眞壁さんがスタートした。おそらくこの日、最初に泳ぎ出したスイマーだと思う。ドーバーの港から続々とスイマーを乗せた船が出てくる。天気は晴れ、波はない。滞在中ずっと吹き荒れていた風がいっさい無いのだ!水温は19℃。これなら行けるだろうと思った。
 順調に(?)流されてドーバー港の前を通過する。そして徐々にドーバーとカレーを結ぶフェリー航路上の中に入って行く。頻繁に通るフェリーの波に翻弄されるがそれ以外の波は無い。後から出発したホワイトの船が、テキサスのリレーチームを泳がせて追い越して行った。
 GPSが7月18日に13時間35分で泳いだ藤田さんの航跡を残しているが、まさにその航跡と平行して眞壁さんは進んで行った。そこで藤田さんの到着したグリネ岬を目的地にナビをさせた。ナビはグリネ岬を右にほぼ90°の角度で示している。ナビ上では目的地と90゜に進んでいるため、距離は縮まっていない(進んでいない)が、転流すればグリネ岬など一気に近づき、通り越してしまうかもしれないのだ。
 水温はシー・ファーラーに付いている水温計では18℃、眞壁さん持参の水温計では19℃を示していた。気温は朝が19℃。天気が良かったのでじきに気温は20℃を越した。風もなく、穏やかな日和だったので最高気温は23℃くらいである。
 操船はクリスとトニーの交替制。クリスの操船は比較的スイマーを船体の横に付けてくれるが、スイマーの前に出たがる傾向がある。これがトニーの操船になるとスイマーの眞壁さんをはるかにおいて先に行ってしまう。
私「トニー、スイマーを船の横に付けてくれ!」
トニー「横に付けると操船の邪魔なんだ!」
 お陰で眞壁さんはヘッドアップして船を確認しなければならない。長距離スイマーには余計な労力になるのだ。証拠にヘッドアップを怠ると眞壁さんは船に引かれているシー・アンカーにぶつかりそうになるくらい船尾に回ってしまう。
 「トニー、スイマーを船の横に付けてくれ!」と何回お願いしたことか!

« 2006年 「月に向かって泳げ!」(2/5) | トップページ | 2006年 「月に向かって泳げ!」(4/5) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/57902477

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 「月に向かって泳げ!」(3/5):

« 2006年 「月に向かって泳げ!」(2/5) | トップページ | 2006年 「月に向かって泳げ!」(4/5) »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BV

  • BV