無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2006年8月6日 「神は微笑んでくれた」(ドーバー海峡単独横断泳成功)湘南の主(5/7) | トップページ | 2006年8月6日 「神は微笑んでくれた」(ドーバー海峡単独横断泳成功)湘南の主(7/7) »

2006年8月6日 「神は微笑んでくれた」(ドーバー海峡単独横断泳成功)湘南の主(6/7)

6.やりましたよ~!
 シー・ファーラーから下ろされたトニーのゴムボートに先導され、無事フランスに午後11時34分ゴール出来、フランスの地に自分の足で立ち上がり、フランスの砂を持ち帰る事が出来て本当に良かった。トニーの待つボートまでたどり着き、ボートに引き上げてもらった。トニーが盛んに何かしゃべっているが、私には全く判らない。でも「やったぁ~、やったぁ~、ありがとう!」と彼の手を握り締めた。石井先生の待つシー・ファーラーに戻って、「やったぁ~、やったぁ~!」と両手を挙げ先生と抱擁した。パイロットのクリスも、オブザーバーのサイモンも、「おめでとう!」と握手を求めてきた。
 防寒着を身にまとい、キャビンの長椅子に横になっていると先生が携帯電話を持ってきて、「眞壁さん、家に繋がっていますよ。」と渡してくれた。先生には予めお願いしていた。「成功する、しないにかかわらず、一番先に家内に結果を連絡したいので、他の方には一切連絡しないで下さい。」と。
私「もしもし私です。やったよ、泳ぎきったよ。」
家内「ほんと、良かったねぇ、よく頑張ったね。」
 家内の声が聞こえてきた途端、急に涙が溢れ出た。
私「とても苦しかった時、『祐子、助けてくれ!』、『泳がせてくれ!』と、何度も、何度も、心の中で叫んでいたんだよ。」
家内「そう、私も、祈っていましたよ。」
と電話の向こうで泣いているのが分かった。
家内「目はどう?」
私「そういえば、ゴーグルを着けてから一回も外さなかった。今まで全く気がつかなかったが、目は大丈夫。腫れてはいない。」
 不思議だ。あれだけゴーグルに悩まされていたのに、本番では一回も外さず16時間あまり装着したまま泳ぎ続けていた。これもドーバーの神様のなせる業なのだろうか?
 家内は「目のことが一番心配だった。」と言っていた。今までの練習ではうっ血して、腫上がり、目が塞がってしまう事が多く、こうなると多分泳げなくなるのではないかと思っていた。
家内「誰に連絡する?」
私「子供達に知られてくれ、あとは義姉たちに。」
家内「それだけで良いの?」
私「いいよ。」
 家内が「石井先生と話がしたい。」と言うので先生と電話を変わった。
 泳ぎきれたという満足感で身体中が溢れ、ゴールした瞬間を思い出す度に涙が溢れて止まらない。今までの人生の中でこんな感動に出会った事がない。思い出す度に涙が溢れて止まらない。人に話をする事も出来ない。場面、場面を思い出すと涙が溢れてくる。ドーバー海峡単独横断成功は、こんなに素晴らしい感動を私に与えてくれた。

061_2
海図(航跡)

P8070049
号泣して家に電話する

P8090050
お世話になったメゾン・デュー・ゲスト・ハウスの皆さんと

« 2006年8月6日 「神は微笑んでくれた」(ドーバー海峡単独横断泳成功)湘南の主(5/7) | トップページ | 2006年8月6日 「神は微笑んでくれた」(ドーバー海峡単独横断泳成功)湘南の主(7/7) »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/57900830

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年8月6日 「神は微笑んでくれた」(ドーバー海峡単独横断泳成功)湘南の主(6/7):

« 2006年8月6日 「神は微笑んでくれた」(ドーバー海峡単独横断泳成功)湘南の主(5/7) | トップページ | 2006年8月6日 「神は微笑んでくれた」(ドーバー海峡単独横断泳成功)湘南の主(7/7) »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BV

  • BV