無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2月17日 食事、掃除、練習だじ!

 朝練はお休みです。

130217_201144

 生のホルモンが手に入ったので張り切って土手を作っていました。生なので3回は湯がきます。
 そしてニンニク、生姜、黒砂糖、赤味噌などを弱火でグツグツと煮込みますが、手で千切った悪抜きコンニャクも一緒に入れますよ!
 朝7時半にマサラップがお休みだったので、久しぶりに朝ご飯を食べに来ました。土手が出来ていたから喜んで食べていましたよ。

130217_201359

 食事が終わり、お掃除の時間。
 エアコンの掃除から布団を干して、部屋の上の部分を集中的に掃除し、最後に掃除機をかけましたが、マサラップが几帳面で、「ここ。次はここ!」と、自分だったらすでに終わっているのに、色々な物を退かしては手伝ってくれて助かりました。
 刈谷市に住んでいる父親が石垣島で買ってきた時計を壁に掛けてくれて、カッコ良くなりました。マンタですね。
 お店屋さんに入って5分で決めました、早業です。私のお気に入りです。

130217_201446

 有効期限が2月28日までのお風呂屋さんの券があったので、姪のさやかを連れて四人で「楽の湯」に行き、恒例の「大漁亭」でお昼を頂きました。
 ですがまだ皆はお腹が膨れずに、さやかを送り届けた後、「横綱」というラーメン屋さんでギョーザとラーメンを頂きました。
 まあ私たち、ハシゴをよくやります。

 さあ忙しいです。4時から安城マスターズの練習!
 200メートル×3本=3分35秒イーブン。
 100メートル×10本、休憩10秒。
 始めの5本はキック。次はプルを1分45秒イーブン。
 50メートル×5本=4セット。70秒、65秒、60秒と、サークル間隔を縮め、最後はイージー&ハードです。
 だいたい47~48秒イーブン。
 横で杉浦師匠が泳いでいる時は負けずに泳ぐから、45秒が出ていましたね!
 とっても楽しいです。
 最後は400メートルを流して、合計3,000メートル泳ぎました。
 昼を食べた分のカロリーは消費出来たかな?
 お風呂から上がった体重は58.5キロでした。

2月16日 ジャッキー、美容院へ

 朝練よりミッチリ1時間のストレッチ、バランスボールなど使った後、7時より1時間泳ぎました。

 そしてジャッキーを美容院に連れて行き、「丸坊主にして下さいね!」とリクエストしたら、美容師さんが「やだぁ~」と、信じてくれたのか?
 顔は少し長いですが、短くカットをしてくれ、さっぱりしました。
 よく見るとユキと同様、尻尾が長いです。

 12時半より竜城で1,500メートル泳ぎ、刈谷市の総合グランドで筋トレをして、軽く泳ぎました。
 結構道路が混んでいたのにはビックリしましたね!

 まだまだ身体が動きます。ウズウズしています。

 来週はパソコン教室に力を入れなくてはいけません。
 トレーニングが疎かになっちゃうかな?
130216_210951

2月15日 バタフライ集中練習

 バタフライをちょっと練習したくて、初めはクロールで1,000メートルを55秒イーブンで泳ぎ、バタフライ200メートルを3本で2分の休憩。
 始めの1本目は“ドボン、ドボン”と2回キックで3分52秒。
 2本目は手を入水して浅い位置でかいたら3分50秒。
 3本目は“ドボン、ドボン”を「ゆっくり大きく」でイメージしたら3分55秒でした。
 次は100メートルを5本で休憩は1分。だいたい1分50~52秒。
 やはり手を入水して浅い位置でかくと泳ぎは速くなります。
 次は50メートル×10本=90秒サークル。
 “手のかきは浅い位置で”をモットーに25メートルは飛ばしました。50秒イーブンです。
 25メートル×5本=1分サークルは22秒イーブン。
 まあまあの出来だったです。集中しました。
 こんなにもバタフライを泳いだのは久しぶりで、気持ち良かったです。
Dsc_0618

2月14日 バレンタインデーに水素水のボトル

 「バレンタインデー」と言っても胸がときめかない寂しい女性のキンちゃんです。
 昨日の分までトレーニングをして、ロイヤルで18時頃に体重を計ったら57.7キロでしたよ。
 ロイヤルにある水素水は「特定のボトルでないと効果がない」と、インターネットで安く仕入れて1リットル入るやつが1,470円です。
 でもコロナの湯で200円で売っているペットボトルみたいなやつで、一回入れるごとに100円掛かるらしい。何だかボトルで金儲けしているのか?
 怪しいなぁ~。「若返る」っていうからロイヤルの方はほとんど飲んでいるよ。
 ちょっと調べようっと。。。。。。。
130215_082018

2月13日 綺麗になろう♪

 ゆっくり6時まで寝ていました。
 9時に美容院の予約をしていたので、バッサリと髪を切り、ピンク系に染めてみました。
 毎日プールに2回も入っていると、直ぐに金髪になってしまい、白髪も目立ってきますね。トホホホホ・・・・。歳には勝てないよ。
 終わり次第クルマをコーティングに出しました。アハハハハ!!!
 クルマもキンも一段と綺麗になります。

 綺麗になったキンとクルマはイオンに行って買い物です。「スポーツブラ」とやらを初めて購入。ロイヤルの女性の方たちが結構つけているから、トライアスリートの女性に聞いて“CX”というメーカーのを購入して来ました。

 帰ると取り敢えず主人が休みなので、「ワンピース」と言うビデオを借りて来て飲みながら鑑賞。ノンビリしていました。
130206_175846_2

2月12日 弁当作りとクロール

 朝から弁当作りに張り切っていました。竜城の先生たちの分、四人分も差し入れで作りました。料理、大好きです。

130212_083527_2
 そして筋トレ、スタンダードエアロ、竜城に行きました。
 柴田先生が英語で「ホワット、カインド?」とか言ってきたから、「バタフライしかない」って言ったら、「バタフライ以外」と言われ、キャサリンが「クロール」と言ったのでクロールの練習です。
 キックから始めましたが、何故だかお尻が上に出過ぎ、柴田先生がビート板で私のお尻をすけています。
 両手を前に出してキック10回ぐらいしてから手を回したり、手はクロール、足はバタフライ、手はクロールで足は平泳ぎとか、手を伸ばす練習をしたりしました。
 今日のクロールは「50メートルを43秒で泳ぎなさい」と言われ、一生懸命泳いだけど「44秒!」と言われ、ショックでした。スタートがキャサリンより遅いみたいです。
 そしてアクアダンスに張り切りました。踊っている私の後ろでたまにキャサリンが笑っています。受けを狙って踊っているのがわかったかな?
 そしてロイヤルに戻り、1時間ローラー台で歩き、プールでバタフライの練習。
 25メートル10本、1分サークル22秒イーブン。ちょっと速くなりました。
 入水した手の位置と息継ぎを意識しましたよ!

2月11日 バースデーに可愛い水着

 今日は亡くなった私の父親の誕生日です。朝、散歩をしながら♪ハッピーバースデー、父さん♪と歌いながら歩いていました。

 今日の練習はオフです。
 味ご飯を作って、豚汁を作って、豚のスペアリブをワインで煮ました。美味ですよ。

 午後より買い物。西尾の熊味町に「マルス」と言う食料品の安いお店屋さんがオープンしたことを聞いて行ったら休みだったので、幡豆の「ビッグママ」に行ってきました。ところがアルトバイエルンのソーセージが売ってなくてショックだったけど、お肉をたくさん買いましたよ!
 13,000円も使っちゃたよ。毎日作るお弁当の材料をけっこう使うからね!

 ちょっと私、気がついたんだけど、竜城の選手コースの子どもたちってスッゴク可愛い水着を着ていて、「あ~、私もあのハートマークがたくさんついているピンクの水着が欲しい」と思い、パッと横を見たら年輩の方が色違い(赤)のハートマークの水着を着ていました。でも残念ながらちっとも『可愛い!』と思いません。やっぱり若い方が身につけていたから可愛かったのかな?
 子どもたちがミッキーマウスの水着を着ていて可愛かったから私も着ているけど、ネズミが豚に変身しているかもしれないな!
P2060036
2007年2月6日、駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

2月10日 昨日の分を

 神社当番でお掃除やらお茶出しやらをしたりして、最後にお神酒を飲んで帰ったら10時で、味ご飯を作ったり、大根を煮たり、豚汁を作ったりして竜城へ泳ぎに行きました。
 築山先生は私の中学の時の後輩ですが、バタフライが得意種目です。
 色々聞きましたが、“キックの体重移動をすること”と“顔が上がり過ぎ”と言うこと。もう一度じっくり泳ごうと・・・。

 築山先生の言葉って何だかやる気を起こさせる感じで、指導の仕方が好きです。
 合計1,500メートル泳ぎました。
 よっしゃー! 夕方、安城マスターズの練習で頑張ります。

 合計3キロ泳ぎましたが、リズムに乗れて泳げ、楽しかったです。
 皆さんと一緒にいると負けずに泳いじゃうよ。ありがとうね!

 17時頃、妹ファミリーが「ユキちゃんを見に来る」と言い、来ていました。
 一緒にカレーを食べに行きましたよ。
130210_193406
130210_193453
130210_194824
130210_194926

2月9日 大きいお尻とバタフライ

 朝練に参加。
 「バタフライのキックで膝が曲がり過ぎ」と指示がありました。ちょっと考えます。
 最後、(50メートル×10本)=60秒サークルで52~53秒でした。
 「速く泳がなくていいからフォームを考えて泳ぐことを意識しなさい」と言われました。
 イーブンで泳げる私だけれど、皆さん必死に付いて来たと思います。きっと速くなるよ。

 10時半より簡単エアロ、筋トレ、そして、竜城へ。

 柴田コーチに「何がいい?」と聞かれ、試合が近い私は「バタフライ!」と答ました。
 キャサリンに「キャサリン、今日は何を泳ぐと思う? バタフライだと私は思うけど、当たったらジュースおごってね」
 「いいよ。私はクロールだと思うよ」だって!
 案の定バタフライでしたが、最後には暴露しましたよ。
 バタフライって、ロングとショートと泳ぎ方が違うことを教えてもらい、“ちょっと潜り過ぎ”と“お尻が出過ぎ”と言われました。
 お尻、大きいからなぁ~、私!! 難しい。
 (50メートル×4本)=90秒サークルで、バタフライが51秒でした。
 ちょっと悪いけど25メートルは22秒だったから速かったです。

 ロイヤルに戻り、足心ヨガ、ボディヒーリングをやって本を読んでいたら、「自転車漕ぎをやろまい(やろう)」と誘われて、30分漕いで200キロカロリーを消費。乗馬に乗ってユラユラ運動して帰りました。
 体重は57.9キロでした。

 明日も朝練に行く予定でしたが、神社当番が朝8時からで、行けられなくて残念でしたよ。
P2080087
2005年2月8日、駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

2月8日 充実

 朝からお洗濯を4回し、お布団を干して、お掃除をして、、、忙しかったです。
 10時半ぐらいにロイヤルに行き、簡単エアロ、CX-WORX、生活筋力トレーニングをやってから竜城に行きました。

 東京の友だちが「4キロ泳いだ」ことを聞き、真似して久々にロングを泳ぎました。
 いつもいらっしゃる伊藤さんに「今日はロングの練習をするからお喋りしないからね。1時間泳ぐから淋しいかもしれんけど頑張ってね」と、いつもあんまり喋らず黙々と泳いでいる伊藤さんにジョークを交わしました。
 隣で泳ぐ人に伝えることで自分も途中で止められないから、自分にも気合いを入れました。

  • 1キロ泳いで18分45秒(56.25秒イーブン)
  • 2キロで36分45秒
  • 3キロで55分50秒(55.8秒イーブン)
  • 3,250メートルで1時間35秒
  • 4キロで1時間13分10秒(54.8秒イーブン)

 最後は頑張りましたね。
 初めはキックを打たない泳ぎでしたが、段々打ち始め、リズムに乗りながら泳ぎ、「私なら出来る(I can do it!)」と、1時間の予定でしたが時間があったので後1キロを追加しました。
 久しぶりに時計が友だちになってくれました。
 疲れたけど楽しかったです。

 そしてシーツやら、毛布やら、布団を片付けに家に戻り、買い物しに出掛けました。
 充実した1日でした。
P2080078
2005年2月8日、駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

2月7日 トレーニング三昧

 昨日のウダウダしていた分、トレーニングに励みました。
 エアロビをやるつもりはなかったのですが、筋トレしていたら「今日はやらないのですか?」と始まる寸前にイントラに誘われたので踊りました。やっぱり楽しいですね。
 終わってから再び筋トレし、竜城に行きました。

 個メ(個人メドレー)の練習。最後には2個メ(200m個メ)。
 先生にクロールを観てもらいましたが、「右手を伸ばして息継ぎをしている時に右手が流れてかいている」と言われました。
 今後はちょっとそこに気を付けて練習します。

 そしてロイヤルに戻り、残りの筋トレ。そしてローラー台で元気よく腕を振って1時間歩き、簡単エアロに参加。
 そしてモルジブでダイビングしてきた方が自転車を漕いでいたので、隣で喋りながら30分漕いで帰りました。
 何でもモルジブでマンタを13枚も見てきたそうで、「また行きたい」と言っていました。
 70本のダイビング経験をお持ちの方ですが、「皆に迷惑かけてはいけない」と、日々運動をしています。
 たいしたものですよ。気持ちが大切ですね。
P2080073
2005年2月8日、駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

2月6日 クルクル寿司(回転寿司)

 今日は朝から雨でした。
 母親を病院へ連れて行き、その間“楽の湯”と言うお風呂屋さんに行き、主人の身体の疲れを取って来ましたよ!
 お風呂から上がって体重を計ったら、、、、、、、、、体重、忘れました。
 朝は食べてないし、サウナに入ったし、減ったと思いますが、今日は妹とユウスケ(甥)と幸田町の“魚魚丸(ととまる)”と言うクルクル寿司に食べに行くので、ビールが美味しいだろうな!
 母親を迎えに行き、家でビールを1本飲んでから出掛けました。
 ここは漁師汁が無料です。魅力的ですね。
 でも私って御寿司屋さんに来ているのに、ポテトフライを頼むオオバカです。でも大好きなんです。
 メヒカリ(魚)のフライも食べました。
 う~、御寿司? もちろん色々と頂きました。
 安城店より美味しい!
 ネタも大きいよ!

 最近、大漁亭の御寿司、ネタが小さくなったよ!
 週に1回は行くから比較しちゃうね。

 帰りは“憩いの農園”で買い物して帰りましたよ。
130206_120739

2月5日 ユキちゃん

 ジャッキーの赤ちゃん“ユキ”が我が家に戻って来ました。
 そしてサチカ(姪)からメールが来ました。
 ユキは幸せだったね。
 今日からはキンが幸せにします。任せて下さい。
 少しの間、面倒をみてくれて有り難う。
 妹ファミリー
--------------
ちゃんと最後まで飼えなくてごめんなさいbearing
ユキをよろしくねdog
また、会いに行きます。
Img_0253
※ストーブの前が大好きだよsleepysmile
Img_9830

バレンタインスイム(Swim for your Heart 2013 in Japan)

 2月14日(木)、湘南の片瀬西浜で「バレンタインスイム(Swim for your Heart 2013 in Japan)」を行いました。

 このイベントはアメリカはメイン州にお住いのパット(看護師)が「世界の心臓病撲滅運動」のPR活動として、世界に広めようと世界中で行われているイベントです。

 今年、日本からは5名のスイマーが参加してくれました。

P1030453
 ご協力、ありがとうございました。

 このイベントの様子をWebアルバムに掲載しましたので、御用とお急ぎでない方は是非ご覧ください。

 パスワードは“heart”です。

2月5日 アホな私のトレーニング

 午前中に筋トレ。回数を増やしましたよ。
 “(1セット=15種)×3セット“をやりますが、時間が掛かります。
 1時間では終わりません。
 スタンダードエアロをやってからも残りの筋トレをやりました。

 午後より竜城マスターズでクロールの練習。
 
 25メートル×4本。
 これは4回に1回、3回に1回、2回に1回、1回に1回と、息継ぎを一本ずつ変えていくけど(数えながらやったけど)、途中で狂い、分からなくなったよ。
 キックも4本やったけど、“サイドキック”の意味が分からなくてビート板を横に持って身体も横にしてやろうと思ったら、ビート板に手を乗せて身体を横にしてキックするんだって!
 自分のアホさに笑けてきたよ。

 そして次はアクアダンス。

 ロイヤルに戻り、プチハードのレッスンに参加。
 二階に行き1時間歩き、家に戻りました。

 さあ妹たちがユキちゃんを返しにきますよ。
 また寝られない日が続くのかな?
P2080062
2005年2月8日 駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

2月4日 油断大敵

 みつ、キンちゃん、マサラップが揃うと油断禁物です。
 石垣島での運転疲れが出たのか、帰りの飛行機の中でマサラップが爆睡していました。
 その隙にキン肉マンの顔を思い出し、
キン「よし、みつ君ペンちょうだい」
と、まずは“人”を書き、次も“人”を書き、後は“肉”を仕上げました。
 笑けて笑けて声が出そうで堪えるのが必死で、少しずつですが、完成しました。
 通り過ぎるキャビンアテンダント(客室乗務員:スチュワーデス)さんも爆笑!
 笑いを堪えるのに必死だったみたいですよ。
 皆さん、キンには用心した方が良いですよ。
Dsc_0773
Dsc_0777

2月4日 食っとけ!!

 ダイビングをし、泡盛を飲んだせいか、爆睡し、朝6時に起床。
 朝食バイキンクに足を運び、たらふく頂きました。恒例の「昼の分まで食っとけ!!」状態です。
 大好きなゴーヤはサラダに入ったり、酢の物に入ったり、炒め物に入ったりで最高でした。
 これで私の料理のレパートリーが増え、勉強になりましたね。

 それから9時オープンのJAへ買い物。
 安いこと、安いこと!!
 アホな私は岡崎より安い胡瓜を買いました。
 暖かいから野菜が安いよ。
 だって今日の気温27℃で、汗が出てくるからね!
 後は島らっきょうも買い、家で塩漬けします。
 海ぶどうも買え、満足しました。

 石垣島観光をして、岡崎に戻ります。
 また行きたい所が増えました。
 案の定、昼御飯を食べる所が無く、朝たくさん食べといて良かったです。
Dsc_0748
Dsc_0759
Dsc_0762
Dsc_0765
Dsc_0768
Dsc_0769

オーシャンスイマーの泳ぎ擦れ(?)

 履きなれない靴、足に合わない靴を履いて長時間歩くと靴擦れを経験することがある。
 これは皮膚と靴の摩擦が原因。
 長時間走るマラソンランナーやトライアスリートは太腿の内側や腋が擦れることがある。
 これは皮膚と皮膚との摩擦が原因。
 同様なことが海を泳ぐオーシャンスイマーに起こることがある。
 海水はプール水(淡水)に比べてベタベタしており、長距離を泳ぐオーシャンスイマーのほとんどがクロールで泳ぐため、首などに皮膚と皮膚が摩擦する泳ぎ擦れ(?)が発生する。
P5130083
2004年5月13日、駿河湾横断泳(清水市三保⇒沼津市戸田)後のキンちゃん

P7270032
2004年7月27日、ドーバー海峡横断泳(イギリス⇒フランス)後のアリソン

 キンちゃんやアリソン(Alison Streeter)は“日本の海峡横断泳の女王”、“世界の海峡横断泳の女王”と呼ばれるベテランスイマーでも泳ぎ擦れをやっている。
 これを防ぐため、“ワセリン(Vaseline)”や“ラノリン(Lanoline)”と呼ばれる脂(グリース)を塗る。
 ちなみにこれらは擦れ予防であって保温目的ではない。(保温効果はない)
 どちらが良いかは当ブログ「地球の泳ぎ方」の“チャネルグリース(CHANNEL GREASE)の作り方”をご覧いただきたい。
 特に当方としてはラノリンをお勧めしたい。
 ラノリンは水を吸収する性質があって、医療では患部の膿汁を吸い取るなどで使用されているようだ。
 写真をご覧いただきたい。
P2060003
ビフォー
 ラノリンは薄黄色で塗ると色はあまり感じない。しかし、
P2060046
アフター
泳ぎ終わると水分を吸って白色に変色する。
 効果はワセリンより持続するが、取り難いのも事実。
 また塗るときはゴム手袋などで、素手に着かないよう注意が必要になる。(手に付着するとベタベタになる)
 楽しく快適に海を泳いでいただきたい。 
P2060001
2007年2月28日 駿河湾(淡島~大瀬崎間)海練習

2月3日 石垣島のダイビングと観光と夕食と酔っ払いは

 ダイビングをするつもりは無かったのですが、2ダイブだけ“カマンタダイビングショップ”さんのお世話になりました。
130203_124248
 石垣島のダイビングは初めてで、軽い気持ちでやりましたが風邪を引いており、潜降するのに難儀をしました。
130203_090752
 ゆっくりと皆さんより上でダイビングをして、少しずつですが下へ、下がって行きました。
 と、マンタがいるじゃありませんか!
130203_110226
 大物が1枚ずつ現れて、合計3枚も見ることが出来ました。
 最高ですが、自分一人でも遊んでいました。
130203_123716
 2ダイブ目はまあ普通のダイブですが、イントラが色々な魚を説明してくれているのに、私たちはそっちのけで遊んでいましたね。やりたい放題でした。
 水温20℃。5ミリのウエットですが、全然寒くなかったですよ。

 後は有名な川平湾へ。綺麗でした。
130203_123727
 観音崎も眺めは良かったです。

 夜は石垣牛のステーキを食べに焼肉屋さんへ。そして居酒屋さんへ。
 有名な海ぶどう島らっきょう八重山そば、なかなか手に入らない一合2,000円もする泡盛、“泡波”を飲んで酔っ払いになりましたよ!
 甘くて飲みやすかったです。
130203_183342
130203_193133
130203_200628
130203_201624

2月2日 石垣島へ

 主人の冬休みを利用して、マサラップを連れて石垣島へ行って来ました。
130202_153918
 セントレアから直行便が出ていますが、3時間掛かります。
 飛行機から見た海は、サイパンの方が青色、緑色と見えるのに、こちらは藍色というか暗い紺色というか、『日本の海だなぁ~』って見ていました。
 でも石垣島の岸部はメッチャ綺麗で感動しました。遠浅ですね。
 やぁ~、こんな綺麗なところでダイビングをしたいですね!

 空港は小さいですが、荷物が出てくるのは早く、「ABCレンタカー」でクルマを借りていざ竹富島へ。
 港まで行き、船のチケット(往復一人2,300円。牛車観光付き)を選びましたよ。
 船の出航まで時間があったので軽いお昼ご飯。
 こちらで有名な蒲鉾にご飯が入っているのと、サイパンで売っているスパムのおにぎり、サンドイッチに、オリオンビールです。
 海を見ながら味わっていました。
130202_135917
130202_140930
130202_142407
130202_140203
 竹富島では水牛が曳くリヤカーみたいなものに乗り、村をガイドさんの奏でる三味線と歌声を聴きながら散策しました。
130202_150145
130202_152737
 こちらのお墓ってちょっと変わった作りですね。
130202_154739
 途中、水牛がオシッコしたりウンコをしたり、、、、、直ぐにバケツを出してガイドが取っていました。
130202_151401
 自然っていいですね!
130202_145451

1月28日 牡蠣食べ放題

 急遽決まり、水泳仲間の瀬戸くんと小林夫妻と四人で三重県の海の博物館の隣の谷川水産(牡蠣食べ放題)に行って来ました。
 90分で2,500円。牡蠣食べ放題と牡蠣の味噌汁と牡蠣のおにぎりがついてきます。
 最初の一口目は「旨い!」と、ビールを飲むのも忘れるぐらい夢中に食べていました。
 お皿に絶えず焼きたての牡蠣を載せてくれて、もうビックリです!!
 こんなに高級な牡蠣を死ぬほど食べられるなんて。。。。。シアワセheart01
 大根おろし、ポン酢、醤油、レモン汁、ニンニク、もみじおろし、ネギ等を私たちは用意したのですが、そのままでも凄く美味しく、「ちょっと飽きたら違う味で」と言うことで、皆の意見は「ニンニクと醤油は牡蠣に合う」と、チューブのニンニクが無くなるまで使い果たしました。
 一人100個近く食べて、殻入れに用意してくれたバケツも二つ目を使っていました。
 平日だと言うのに満員で、若い女性グループも結構いたし、子どもを連れていたファミリーもいましたね。
 90分でもう充分お腹一杯になりましたよ。
 その後は恒例の伊勢神宮に寄りましたが、人、人、人で一杯がビックリ!!!
 またそこで焼き牡蠣一つ150円で売っていましたが、「たけぇ~」と悲鳴をあげ、もう見たくありませんでしたよ。
130128_111100
130128_113446
130128_120825
130128_123347
130128_131840
130128_152507

1月27日 発見 スイミングイヤー

 何故か直ぐに水が入る私の耳。。。。頭を洗うだけでも直ぐにね。
 だからプールに入ったりお風呂に入ったりしても直ぐに入るんだよ。
 それでもって耳に入った水が全然取れないの。。。。綿棒じゃ効き目無し。
 寝ている間に取れるんだけど、入っている間は聞き取りにくいんだ。
 金曜日の夜も『寝ている間に取れるかな?』と思いきや、オシッコで起きたときに耳がゴロゴロと。。。。
 前に石井先生に貰ったスイミングイヤーを差そうとしたけれど、それは車の中に置きっぱなしで、そのまま気にしながら寝ました。
 次の日の朝練の後、昨夜の嫌な思いをしたからスイミングイヤーを使い、耳の中の水を取りました。
 そして昼、竜城マスターズの練習で泳ぎましたが、耳の中に一回も水が入らず快適に、コーチの声もよく聞こえて泳げました。
 図に乗って三回目のプールを夕方に入りましたが、一回も耳の中に水が入らずに、快適でした。
 これが私の発見です。耳スッキリですね。

 ちなみにスイミングイヤーの成分はほとんどがアルコール。
 消毒用アルコールで充分に代用できそうです。

海練習の時の耳栓 シリコンで出来ていて、耳をふさぐように張るタイプ。
100_0014
2007年3月13日、駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習にて

バレンタインスイムのお誘い

2月14日(木)に「バレンタインスイム」を行います。

このイベントはアメリカ(メイン州)にお住まいで、昨年津軽海峡を泳いだパット(看護師)が、「世界の心臓病を撲滅させるためのPR活動」として行っています。

「日本でも広めて欲しい」と一昨年から2月14日に泳いでいます。

  1. 日付:2月14日(木)
  2. 場所:湘南海岸
  3. 内容:30分くらい泳ぎます。(ウェット着用可)
  4. 費用:無料(自己責任でご参加ください)
  5. 定員:10名
  6. 申込:コメント欄にお名前・連絡先などを記入してください。(公開されません)
  7. 問合せ:お問い合わせも気軽にコメント欄に入れてください。
  8. その他:コメントをいただいた方に直接詳細をお知らせします。

バレンタインスイムのホームページ"Valentine's Day..Swim for your Heart."で、下記の日本人の写真が表紙を飾っています。

P2141246

1月26日 高橋コーチと苦手な平泳ぎと

 弁当六個を作り、洗濯し、洗い物して、朝練に参加しました。
 いつも思うけど、泳ぐ度にいつも念入りに指導してくれる高橋コーチには頭が下がります。
 スッゴク一生懸命に教えてくれて、なかなか言うことを聞いてくれない身体が歯がゆいです。
 もっともっと綺麗に泳ぎたいですね。
 下手くそキンちゃん、頑張ります。

 そして母親を病院に連れて行き、竜城マスターズに参加しました。
 平泳ぎです。
 ビート板持って25メートル×4本。
 一本目、普通のキック。
 二本目、右側向いてキック。
 三本目、上向きキック。
 四本目、左側向いてキック。
 非常に難しかったです。
 次はプルブイを挟んでの平泳ぎ。
 次は上を向いての平泳ぎ。
 次は浅い所で平泳ぎ。
 次はコースロープを真ん中に、右、左と潜り抜けながらの平泳ぎ。
 まだまだ泳いだけど、お陰様で腿の内側が痛いです。

 そう言えば朝泳いだ後、スイミングイヤー使って耳の中の水を出して、竜城で泳いでいるときは1回も水が入らなかったよ。
 何か関係があるのかな?
 しょっちゅう水が入って捕り難いんだよ、私。。。。
130126_112611

1月25日 トレーニング後の団子とビール

 エアロビクス、CX、生活筋力トレーニング、筋トレ、1時間ウオーキングしていたら、泳ぐ時間が30分しか無くなりました。
 友だちに団子をもらったので、今日のビールのつまみですよ。
 柔らかくて美味しかったです。
130125_190414
130125_190435
130125_190449

1月24日 普段の1日

 ジャッキーを散歩に連れて行ったものの、昨日雨が降ったせいか道が凍っており、滑る、滑る。
 珍しくランナーに会い、「凍っていて滑るから気を付けてね!」と声を掛けたものの、自分が滑ってしまい、笑けてしまいました。
 こういう時にジャッキーが走るから大変なんですよ。
 うちのジャッキーはわんぱくなんです。

 そして一人、雇用保険に加入する方がおり、ハローワークに行って手続きをし、11時より竜城マスターズに参加しました。
 今日は、普段あまりやらないバタフライでしたが、キックを速く打つ練習から始まり、最後はそのキックのピッチで手を回すバタフライを泳ぎました。
 いつもノンビリ泳いでいるので大変でした。

 午後よりパソコン教室3時間。
 USBメモリーのやり方を覚えましたよ。
 知らなかったです。
 やり始めて知らないことばかりで面白いですが、忘れないようにしなくては!
Dcf_0001
2006年1月10日、淡島~大瀬崎間の海練習

パットの津軽海峡横断泳(17/17)

   17. お別れ

 9月15日(土)アンナは「午前10時の飛行機で名古屋へ向かう」と言うので、宿を午前8時過ぎに出て行った。私たちは昼の12時30分発なのでかなり時間はあったが、アンナを見送るために同じ時間に宿を出て、アンナの見送りをした。アンナは名古屋でキンちゃんと再会する予定になっているそうだ。陽気なアンナだった。
 私たちの時間はタップリあるので狭い空港ロビーだったが、私としては珍しく土産物屋を覘いたり、食事をしたりして時間を潰す。石井先生はその間パソコンを持ち込んで何かの仕事を片付けていた。
 石井先生は空港内で、朝食、昼食を摂っていた。食欲旺盛、活動エネルギーの注入、だからお元気なのだろう。
 飛行機の出発を待つ間、パットに「今回の私のオブザーバーとしての仕事ぶりはどうだったか?」を陽子さんに聞いてもらった。「パーフェクト」と言ってくれた。「何処が良かったのか」再度確認すると、パットは「泳いでいる私を常に見守っていてくれた。書類もきちんと船に積み込んであり、適切な指示を出してくれた」と世界的に有名なスイマーからお褒めの言葉を頂き大変うれしかった。やはり誠意を込めて応対したことを分かっていてくれたのだ。
 飛行機は定刻通りに函館空港を飛び立った。来るときは新幹線、特急を乗り継いで約6時間も掛ったのだが、帰りは1時間半。午後2時には羽田空港に到着。パットたちは石井先生の紹介で今日は日暮里駅近くのホテルに一泊し、明日、成田からアメリカへ飛び立つ段取りになっているそうだ。
 パットたちは大きなトランクを持って来ていたので、結局、陽子さんと私は日暮里駅まで同行して荷物を運んであげることになった。陽子さんは静岡県出身で、「家で病気のお母さんが待っているので早く帰りたい」と言っていたのだが、パットのために寄り道をして帰る事になった。私は5時過ぎに家に辿り着いた。

P1010192
函館湾の夜景

 函館に居た時は気持ちも高ぶり、気が張っていたこともあったので疲れはあまり感じなかったが、家に帰ってから物凄く疲れを感じた。やはりかなり緊張していたのだろう。
 でも無事大役を果たせて私としては非常に満足できた今回の津軽海峡横断泳のサポートだったと思っている。

 石井先生、キンちゃん、潤子さん、陽子さん本当にお疲れ様でした。

169
空港内で左からパット・私・パット
168
歓談するパットと陽子さん
P1010174
左からパット・私・アンナ
P1010155
日浦海岸の景勝地
P1010011
夕日に沈む津軽海峡
P1010162
日浦海岸にある柱状溶岩?の跡

1月23日 五平餅と赤ちゃんの里帰り

 今日は休みだと言うのに、4時には目が覚め、散歩に行って来て、母親を病院に連れて行きました。
 待っている間に昨日、テレビで見た「道の駅藤川宿」に行って、五平餅を買いましたよ。

130123_101840

130124_080846
 新鮮な野菜やらお肉やら、花やら、何でも揃っており、「ふれあいドーム岡崎」に似ていましたね。

 それからは赤ちゃんが売れたので、犬屋さんに現金を頂きに行きました。
 これは旅費に消えてしまいます。
 ジャッキー、御苦労様でした。

 妹の家に一匹連れて行った赤ちゃんが里帰りで遊びに来ました。
 ジャッキーとじゃれていますよ。
130123_142246
130123_142247
130123_142338

パットの津軽海峡横断泳(16/17)

   16. 戦い終えて

 9月14日(金)午前3時過ぎに寝たと言うのに6時過ぎに目が覚めてしまった。多分物凄く深い眠りだったのだろう、寝不足という感じでなく、眠くはない。朝食を摂る。カップ麺、納豆、めかぶ、もずく、そしてヨーグルト。食事の後、横になりながらテレビを見て体を休める。
 8時過ぎに石井先生の部屋へ行き、昨日泳いだコースのデータを元にチャートへ書き込んでみた。スタートの青森側竜飛岬から北海道の白神岬を狙ってスタートしたのだが、船の進路はものの見事に津軽海峡の海流に乗って、西から東へと津軽海峡を斜めに横断して函館山の手前の函館湾へ向かい、湾内でやっと北上している航跡が描かれた。アンナの船も私たちと同じようなコースを辿り、ほぼ同じところでゴールしているではないか。
 泳いだ距離は33シーマイル(約61km)。チャートに航跡を書き終えたところで陽子さんが顔を出した。「昨日泳いだ航跡だよ」とチャートを見せると、「凄い、凄い」と言って「コピーを取りたいので貸して」とチャートを持って行った。私は部屋へ戻り、昨日の出来事を忘れないうちにと書き留めた。
 昼ごろ陽子さんが素麺を茹でてくれたので、石井先生と三人で鱈腹食べた。その後、隣の温泉へ行く。昼間なのでとても空いており、のんびりと1時間ほど入っていた。
 明日帰るので、荷物を整理してまとめておいた。石井先生が「荷物を宅配便で送る」と言うので一緒に送ることにした。
 夕方、門脇キャプテンの家の近く、日浦の町の宅配便受付へ行き、荷物を送る手続きをした。これで帰りが随分と楽になった。その帰りに門脇キャプテンの家に寄り、今回の追加の船代費用を支払った。
 門脇キャプテンから「今回の横断泳は時間も掛かり、走った距離も多く油代が相当掛かっている」と言われた。今年の津軽海峡横断泳の計画では、スタートは青森側の下北半島佐井村の予定であったが、三回失敗したのでスタート地点の計画が狂ってしまい、かなり遠くからのスタートとなり、支援船には相当な負担を掛けてしまったことは大きな反省点である。
 門脇キャプテンも言っていたが、「例年この時期だと水温は22~23℃くらいなのに、未だ26℃もあり異常だ。日本海の温かい海流が入り込んでいるからだ」とのこと。「取りあえず少なくて申し訳ありませんが、又、後で送金します」と言って失礼した。帰りは海岸沿いの旧道を通ったが素晴らしい景色を堪能。車を停めて思わず写真を撮った。その間、石井先生は安宅キャプテンのお母さんが亡くなったと言うので香典袋を買いに走った。そんなこんなで夜を迎えた。
P1010181
戸井支所長から記念品を受け取るアンナ

 今日は夜7時から函館市内の赤レンガ倉庫のビヤホールで戸井支所長、以下戸井支所の皆さんが今回の津軽海峡横断泳成功のお祝いをしてくれることになった。但し会費制ではあるが。ムーイの支配人、中村さんもこの日を待ちわびていたとか、「今日は着物姿で参加します」と張り切っていた。
P1010183
記念品を受け取るパット

 車で函館市内の赤レンガ倉庫まで行き、近くの駐車場に止めてビヤホールへ行ったが、満席状態だった。しかし予約されていたので安心して席に着けた。パットとアンナは食べるものに色々と注文を付けていた。戸井支所長から函館市からの贈り物として函館市の夜景のパネルに時計が埋め込まれた大きな額がプレゼントされた。そのほかにイカの絵の入ったバンダナ、ボールペンなどが贈られた。サポートのパットさんや陽子さんにもプレゼントがあった。食べる物が色々と出てきた。皆さんで少しずつ味を楽しみながら大いに飲んで騒いだ。
P1010189
サポートのパットさんにもプレゼントが

  9時を過ぎて「函館山からの夜景を見に行こう」と話がまとまり、危なっかしい私の運転で函館山のロープウェイの発着場所へ行く。時間が遅かったので観光客は少なかった。2~3日前に荒川さんと昼間、函館山へ来たが、その時『夜景も見て観たい』と思っていたので良かった。支所長は「もう少し時間が早いと町の明かりがもっと綺麗なのに」と残念がっていた。でも素晴らしかった。
 皆さん夜景をカメラに収めているが、うまく撮れていない。コンパクトカメラでの夜景撮影は難しいのだが、写真撮影を勉強している私には丁度良い題材でバッチリ撮影できた。
P1010194
函館山から眺める市内の100万ドルの夜景

 帰りの車の中で写真をチェックしていたら、アンナが「その写真のデータを欲しい」と言っていた。宿へ戻り、体を拭いて横になるが、今日は1日中眠たい感じがしていた。やはり疲れが出ているのだろう。
 まあ、ともかく横断泳が成功して本当に良かったし、安堵できた。これで気持ち良く家に帰る事が出来ると思った。

1月22日 赤ちゃん

 今、19時だけど、犬屋さんから電話がないので四匹全部売れたみたいです。
 日曜日に赤ちゃんたちが居なくなってホットしたのと、今日のオークションで売れなかったら、また戻ってくるという期待? 楽しみだったのか? 寂しくて仕方がありません。
 赤ちゃんが居なくなってから、夜はグッスリ寝られるし、ウンコもシッコもティシュ片手に歩かんでいいし、かじられなくていいし、楽チンのはずが、ちょっと気が抜けたのか、ガックリきています。
 その分、ジャッキーと散歩に行ったりじゃれあったりしていますが。。。。

 妹の所に一匹行きましたが、妹の子供が犬アレルギーみたいで、戻ってくるかも知れません。
 一番小さくて可愛くて、メスなんですけどスッゴクやんちゃなんです。
 それが頭ぎしなんですが、戻ってきたらもう一匹飼おうかな?
 そしたら余計、遊びに行けれなくなるな!
 頭が痛いとこですね!

P1090080
2007年1月10日 駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

パットの津軽海峡横断泳(15/17)

   15. ついに泳ぎ切った!!

 やっと終わった。時計は0時46分。実に19時間36分。門脇キャプテンから「泳いだ距離は約33シーマイル(約61km)だよ」と告げられた。言葉では言い表せないくらい物凄く頑張った泳ぎだと思う。しかしその後、パットが船に上がるのがとても大変だった。船に設置されている梯子は少々短めなので、海から梯子へ足を掛けるだけでも疲れ切ったパットの体ではかなり大変なことだった。門脇ブラザーズ二人掛かりで何とか船に引っ張り上げてくれたのだが、後でパットがその時、「胸をかなり強く打って息が出来ないくらい痛かった。多分あばら骨を痛めた」と言っていた。事実、国へ戻り医者で診察を受けたら骨折していたそうである。
 船から上がったパットは喜びを爆発させて大喜びしていた。陽子さんと熱い抱擁。私はパットと握手をして「おめでとう」を言った。

P1010144
泳ぎ終えて満足な表情のパットと介抱する陽子さん

 泳ぎ終えてひとしきり喜びを分かち合い、パットは横になった。船はフルスロットルで港へ戻るが、それでも1時間半くらい掛かった。パットは最初船首側で横になっていたが、バウンドが激しいので船尾に移ってきた。陽子さんが着るものをパットの上に沢山掛けて温めている。泳ぎ終わったパットの表情は満足感に溢れてとても素敵な横顔だった。

P1010131
GPSに映し出された航跡

 私は大役を果たせて肩の荷が下りホッとした。いかに成功に導くか、又、本人が納得するかを考えた時、今回の決断は“正しい”と思っている。
 船の中は長時間の挑戦での疲労と完泳出来たという喜びとで全員複雑な気持ちだった。フルスロットルで暗闇の海を走る船上から遠くに見える町の明かりをボーっとしながら見つめていた。疲れがドッと出てきたようだった。
 所々に漁をしている漁船の明るい光が目に入る。午前2時ごろだったが、何の漁をしているのだろう? 港に近くなると更に出漁する船に何隻も出会う。漁師さんの朝は本当に早い。港へ入り定位置に着くと、岸壁で待ち構えている人がいた。船から投げられたロープを素早くもやい掛けに繋ぐ。船のエンジンが切られた。
 やっと終わったなという実感がわいてきた。20時間以上船上に居たのだが、今回は波が小さかったので体の揺れが感じられないで、陸に上がってもフワフワした感じはなかった。荷物を下ろし、車に乗せ換えて、門脇ブラザーズのお礼を言って宿へ戻る。午前3時近くなっていた。長~い、長~い1日だったが終わった。

パットのホームページPat's Channel Swimの「津軽の報告(Japan Tsugaru Strait Swim 2012)」より

1月22日 パソコン教室の経過報告

 午前中にパソコン教室を3時間やりました。
 基本をやっていますが、忘れていることが多いです。
 何事も復習が必要ですね。
 記号って目に見えなくて、隠れているやつが何処を押したらわからなくて、先生は「覚えるしかない」って言うし、いろいろ頭がこんがらっているけれど、とにかく基本さえ頭に入れようと努力しています。
P1090078
2007年1月10日 駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

パットの津軽海峡横断泳(14/17)

   14. 限界を超えた泳ぎに!!

 門脇キャプテンが「ここは潮が押しているので函館山前の湾へ入るから」と言った。先行する安宅さんの船から「別当港が良いのではないか」との情報でやっとゴールが見えたように思えた。しかし期待した潮は弱く、スピードは相変わらず上がらず、泳者のスピードである1~1.5ノットで進んでいる。辺りはすっかり暗闇に包まれ、遠くに町の明かりがきれいに見える。『今の位置からすると何処へ着いても同じくらいの距離かな』と思われる。
 泳ぎ出してから16時間が過ぎた辺りからパットの泳ぎに変化が見えだした。明らかに疲労が激しくなってきている。盛んに前方を気にしだしてヘッドアップを繰り返す。そして陽子さんに「ともかく一番近い陸地へゴールしたい」とアピールを繰り返す。だが「今泳いでいる位置からはこれから向かう当別港が一番近いから」と説明するが、本人は納得していないようだ。気力、体力が既に限界を超えているようにも見える。
 更に泳ぎがおかしくなってきた。左右に大きく蛇行したり、船にぶつかりそうになったり、半ば意識が朦朧としているように見えた。私は非常に危険を感じた。もしかしたらこのまま動かなくなって、沈んでしまうのではないだろうか? 直ぐさま石井先生へ連絡を取り、「パットの泳ぎが非常に危険な状態になってきた。最悪の時は途中で泳ぎを中止させるかもしれないと考えています」と伝えた。先生も非常に驚かれた様子が電話先でも分かった。判断は私に一任するとのことだった。その旨を陽子さんに伝えると、やはり非常に驚かれていたのと同時に、「今、私にはそんなこととてもパットに言えません」と非常に困った様子だった。そこでサポートのパットに話をしてもらい、「パットは未だ泳げるのか、私の見る限りでは非常に危険な状態だが、どうするか?」を確認してもらった。泳いでいるパットは当然、“止める”とは言わないとは思ったが!!!
 やはりパットの答えは「泳ぎ続ける」であった。ゴールまでは残り3.6マイル。今のスピードからすると、後3~4時間は掛かる計算になる。それまで泳ぎ続けられるように私には思えなかったが・・・
 でもここからが凄かった。今まで栄養補給品を作って、後は船尾にドッカと座っていたパットが、泳いでいるパットの横にピタリと着いて常に声を掛けて励まし続けたこと。これには陽子さんもビックリの様子だった。石井先生にはパットが頑張るからと伝えた。

P1010142_2
暗闇の海の力泳を続ける

 先行するアンナの船は「約1マイル先に居るが、港へ入れない」との連絡が入った。「港の周辺に養殖施設が設置されており、昼間なら確認出来るが、夜で、しかも満潮のため施設が沈んで何処に在るか確認出来ない。そして泳者のスピードに合わせて動いていると、潮に流されて船が施設に接触してしまう恐れがある」とのこと。だから「別当港を諦めて、函館港に向かう」とのこと。これは困った。後5~6マイルはある。時間にして5時間以上は掛かりそうだ。再度私は石井先生に連絡して、「パットはとてもそこまで泳ぎ続けられない。私としてはその施設の一部にタッチしたことでゴールとしたい」と告げた。
 泳ぎ出してから18時間経過。時計は23時10分を回っていた。別当港まで残り2.9マイルもある。石井先生と協議して、「残り2マイルを切ったらゴールとして完泳を認める」と言うことになった。それ以上近づくことは危険であると判断したのである。
 パットに「後1マイルだから」と告げると、少し元気が出てきたような泳ぎに変わった。門脇キャプテンもGPSのデータを見ながら「後少し」、「後少し」と励ましている。
 1時間で0.5マイルぐらいしか進まない。非常に厳しい泳ぎではあるが、何とか前に進んでいる。時計の針が午前0時を回った。泳ぎ始めてから19時間以上が過ぎた。門脇キャプテンから「残り0.2マイル!」の声が飛んだ。GPSのデータが2マイルを切ったところで私は思い切りフォーンを2回吹いた。パットが分かり泳ぎを止めた。両手を挙げて大喜びのしぐさをしている。先生に連絡を入れたら、アンナも同じようにゴールしていたようで、私たちの船の右舷に来ていた。肉声で聞こえるくらいの近場に位置していたが、全く気付かなかった。

1月22日 トレーニング

 午後より竜城に行きました。
 今日は平泳ぎ。
 一番苦手ですが、柴田先生は私が平泳ぎが苦手なのを知っているから、わざと「今日は平泳ぎをやります。」と、私の方を見て言った感じ。
 「え~」と言う言葉を待っていたかも知れませんが、それの反対に平静を保っていました。
 始めはお腹を上に向けて、平泳ぎのキックですが、進みません。
 スカーリングを3回して、平泳ぎのキック1回は何となく出来た感じ。
 キックでバッタのキックを1回やって、平泳ぎのキック1回。
 次は平泳ぎの手を引き寄せた時に、手をグーにするとか、後は何をやったんだったかな?
 まあいろいろ指導してもらいましたよ!
 顎を引くこと。手を上の方で開いて、水を掴みながら水着が見えるぐらいまで身体を上げるとか、ちょっと勉強になりました。
 キックも足首が硬く、欠点だらけです。
 でも最高タイムは50メートルで63秒が出ましたよ。
 アハハハハ~

 次はアクアダンス。
 結構キツイですよ。
 でも楽しみの一つです。

 は~い、次はロイヤルでプチハードに参加です。
 プチハードに私が参加して良い顔をする人がたくさんいます。
 その「良い顔」には深~い意味がありますが、今日は30分で950メートル泳ぎました。
 案の定、「藤田さんが居るからね」と言われました。
 3月3日に岡崎マスターズの試合があるから、皆さんを盛り上げながら、一緒に練習しました。
 私はバタフライを交えながらです。
 皆さん、頑張りましたね!

 は~い、次は1時間歩きました。
 その中で15分走りましたよ!
 これは初めてです。
 300カロリーは消費しました。
 体重を計ったら58.1キロでした。

 は~い、お次はダウンがてらにプールに行ったものの、500メートルちょっと考えながら泳いで、今日の竜城の練習の復習をしてバタフライ25メートルを1分サークルで10本インターバルです。
 23秒イーブン。
 まずまずの出来かな?
 50メートルの1本が48秒。
 まずまずかな?
 と、最後に体重計ったら、57.7キロ。
 『泳いでも体重は変わらない』と思ったけど、減りましたね!

 家に着いたのは19時ぐらい。
 主人は可愛そうです。
 つまみはトマトスライスと焼き餅です。
 アハハハハ~
P1090044
2007年1月10日 駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

パットの津軽海峡横断泳(13/17)

   13. 長~い、長~い一日

 9月13日(木)午前0時少し前に目が覚める。外を見ると各部屋には既に明かりが灯っていた。駐車場に午前0時45分集合。少し早めに行くがもう揃っていた。途中でコンビニへ寄り、陽子さんが買いものをした。門脇キャプテンの船は安宅さんの東戸井漁港より東方向の日浦漁港に停泊している。門脇ブラザーズは船に泊まっていたようで、私たちが車から荷物を降ろしている時に船から顔を出し、素早く準備を整えて午前1時15分ごろには出港すること出来た。
 今日は青森側の竜飛岬からスタートする。門脇ブラザーズは「竜飛へは夜明けぐらいに到着するようスピードをコントロールして走る」と言っていた。陽子さんと私は又、船の前にある船倉に潜り込んで横になり一眠りした。海はとても静かで船の揺れも少なく快適に眠れたようだ。目を覚ますと時計は午前4時を回っていた。2~3時間は眠れたようだ。これから始まる長い、長い一日になるとは思いもよらぬ目覚めだった。
 船倉から抜け出し周囲を見渡す。進行方向左側に町の明かりが見えている。キャプテンに聞くと「青森側の町明かりだ」と言う。東の空が白み始めてきた。前方に灯台の点滅する光が見える。竜飛岬にある小さな漁港だった。その漁港の中へ入って行った。空は一段と明るくなり、周囲の状況が良く見える。港の前方のスロープに向かって泳ぐように指示する。アンナは既にスロープの端に立っている。パットも水から上がる姿が確認できた。二人からスタートスタンバイの合図が出る。私は思い切りフォーンを二回吹く。石井先生の合図の音も聞こえた。午前5時10分スタート。いよいよこれから2回目の津軽海峡横断泳の挑戦が始まる。今回は何としても成功に導きたい思いが強い。港を出て船は北海道の白神岬へ船首を向けて進んで行く。しかし思いとは裏腹に舳先を白神岬へ向けたまま、船は東へ東へと流されている。
 海況は風弱く、波も穏やかで泳ぐにはベストコンディションのように思われたが、これが後々大変なことになるとはつゆ知らず。

P1010098
竜飛岬港に入る安宅キャプテンの船第61栄光丸

 やっぱり「私は晴れ男」だと思った。キンちゃんは「嵐を呼ぶ女」石井先生は「トラブルを呼ぶ男」と私たち三人の間では呼ばれている。先日の横断泳はキンちゃんがサポートしていたからだろう。

P1010099
スタート前のパットと陽子さん

 今日の陽子さんは大声を出すこともなく静かに、しかしずっとパットの見える位置に陣取り見守っている。
 船もスイマーの横へピタリとつけてサポートしてくれている。パットの栄養補給は最初1時間15分で、次からは30分に一回とかなり忙しい補給。しかも補給品はマキシム3スクープ(専用のスプーン)のトリプルマキシム+粉末紅茶のレモン味1カップか、マキシム2スクープのダブルマキシム+やはり粉末紅茶のレモン味。それを200ccぐらいの水に溶かして渡している。かなり中身の濃い飲み物だ、甘味はつけていないようだ。とても私には飲めそうにない。
 補給担当はもう一人のパットさんで、ドッカと船尾に腰を下ろし、時間になるとおもむろに補給品を作り出す。陽子さんは常にパットの見える位置の船縁に座り見守って時々声を掛けている。
 陽子さんが「補給の時間だ」と補給担当のパットに告げると、パットは「よっこらしょ」と言わんばかりに動きだし、おもむろに補給品の作業開始。陽子さんが取っ手のついた牛乳かオレンジの1リットル容器のようなもので、ねじ蓋がついた容器を泳者のパットへ手渡している。ねじ蓋を外さないと飲めないので不便のように思うのだが・・・・・。今日は海が穏やかだから良いが、荒れた海の場合はどうするのだろうか? 補給品を飲むとき、パットは背泳ぎスタイルになりバタ足をしながら仰向けで飲んでいる。飲む時間も30秒以上掛かっているように思う。
 最初の一口は口の中をゆすぎ、吐き出す。そして二口目から飲んでいた。でも大体は全部飲み切れずに残っていた。又、マキシムが濃いからだろうか、溶け切れずに残っている状態も多かったように見えた。今日は海が穏やかなのでほとんどが手渡しで補給品の受け渡しを行っていた。
 同時スタートしたアンナは若さとスピードで常に先行している。海峡の本流に入るとパットは強い潮の流れに流されて東へ東へと進んで行く。アンナは頑張っているようで、我々の左前方2マイル辺りを泳いでいる。船の舳先は相変わらず白神岬を向いているのだが、進む方向は東へと進んでいる。いつしか北海道の白神岬ははるか彼方へと離れてしまった。

P1010106
竜飛岬を後にして力泳するパット

 船に設置されているGPSで確認すると、スタートした竜飛岬から函館山か汐首岬方向へ流されている。津軽海峡横断泳で一番長い距離のコース上を泳いでいることになるではないか?
 水温はスタートからずっと26℃、気温は25℃前後と安定している。風は1m/sec~5m/secと弱く、波高も0.5m前後と、ベストコンディションではあるがいかんせん、潮の流れが悪くスピードは泳者のスピードそのままで潮の流れの恩恵は全くない時速約2マイル前後の速度で推移している。海はこれ以上穏やかな海は無いと思われるほど静かな海でベタ凪状態である。この調子だといつ北海道の地に着けるのか見当もつかない。30分毎の補給、1時間毎のデータ取りと、時間だけがどんどんと過ぎていくが、海流が弱く、スタートした竜飛岬と函館山を結んだライン上を絵に描いたように進んでいる。

P1010124
船からの補給を受けているパットさん

 船上で繰り返される単調な作業。黙々とひたすら泳ぎ続けるスイマー。操船する門脇ブラザーズも交代で舵を取り、船の中で日陰を探しながら交代で横になり休んでいる。
 気が付けばいつの間にやらアンナの船が我々の前方にいるではないか? 「アンナは頑張って北海道側に10kmぐらいまで近づいたが、いくら頑張ってもそれ以上は近づくことが出来なくて、潮の良いところを探しながら泳いでいる」との情報が入った。
 12時間経過。そろそろ夕暮れで、西の空が夕焼けに染まってきた。しかし北海道の陸地にはまだまだ遠い。相変わらず東へと流されて行く。函館山が島のように右前方に大きく見える。国際航路はクリヤー出来たので、これからは多少時間が掛かっても許されそうだが、それにしても、いつゴール出来るのやら。
P9130653
津軽の夕陽

1月21日 まあこんなもんかな?

 胃腸風邪も治り、今日は赤ちゃんが居ないことだし、朝からジャッキーの散歩に行き、喜びのあまりに走る、走る。着いて行くのに必死でしたよ!
 50日ぶりにお風呂に入れてあげて、とっても綺麗になりましたよ!

 1時間パソコン教室。ロイヤルに行きスタンダードエアロ。そして新しいマシーンで筋トレを久々にやりました。
 新しくなったから、使い勝手が分からず聞きながらです。
 慣れるまで覚えなければいけません。
 ストップウォッチが1台1台に付いており、「1分筋トレして1分休憩を1セットとして、3セットやれば数えなくていいよ」と言われましたが、1分が10回以上になってしまいます。
 いつも私は10回で1セットを3セットやっていました。
 まあボチボチやろう。

 それからは竜城に行って個人練習です。
 合計3,000メートルを目指し、いろいろ泳ぎました。
 中にはクロール50メートル×10本を1分サークルで50秒イーブン。
 200メートルバタフライは3分48秒といまいちのタイムでちょっとショックを受け、ロイヤルに戻り、55分歩きました。
 瀬戸さんと一緒に歩いたから、すぐに時間が経ちましたよ。汗もたくさん出ました。

 次はプールで一緒に100メートルクロールを10本、2分サークルで1分42秒から45秒イーブンでした。
 まあこんなもんかな?
 体重は57.9キロでした。
P1090058
2007年1月10日 駿河湾(淡島~大瀬崎間)の海練習

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV