無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 1月22日 赤ちゃん | トップページ | 1月23日 五平餅と赤ちゃんの里帰り »

パットの津軽海峡横断泳(16/17)

   16. 戦い終えて

 9月14日(金)午前3時過ぎに寝たと言うのに6時過ぎに目が覚めてしまった。多分物凄く深い眠りだったのだろう、寝不足という感じでなく、眠くはない。朝食を摂る。カップ麺、納豆、めかぶ、もずく、そしてヨーグルト。食事の後、横になりながらテレビを見て体を休める。
 8時過ぎに石井先生の部屋へ行き、昨日泳いだコースのデータを元にチャートへ書き込んでみた。スタートの青森側竜飛岬から北海道の白神岬を狙ってスタートしたのだが、船の進路はものの見事に津軽海峡の海流に乗って、西から東へと津軽海峡を斜めに横断して函館山の手前の函館湾へ向かい、湾内でやっと北上している航跡が描かれた。アンナの船も私たちと同じようなコースを辿り、ほぼ同じところでゴールしているではないか。
 泳いだ距離は33シーマイル(約61km)。チャートに航跡を書き終えたところで陽子さんが顔を出した。「昨日泳いだ航跡だよ」とチャートを見せると、「凄い、凄い」と言って「コピーを取りたいので貸して」とチャートを持って行った。私は部屋へ戻り、昨日の出来事を忘れないうちにと書き留めた。
 昼ごろ陽子さんが素麺を茹でてくれたので、石井先生と三人で鱈腹食べた。その後、隣の温泉へ行く。昼間なのでとても空いており、のんびりと1時間ほど入っていた。
 明日帰るので、荷物を整理してまとめておいた。石井先生が「荷物を宅配便で送る」と言うので一緒に送ることにした。
 夕方、門脇キャプテンの家の近く、日浦の町の宅配便受付へ行き、荷物を送る手続きをした。これで帰りが随分と楽になった。その帰りに門脇キャプテンの家に寄り、今回の追加の船代費用を支払った。
 門脇キャプテンから「今回の横断泳は時間も掛かり、走った距離も多く油代が相当掛かっている」と言われた。今年の津軽海峡横断泳の計画では、スタートは青森側の下北半島佐井村の予定であったが、三回失敗したのでスタート地点の計画が狂ってしまい、かなり遠くからのスタートとなり、支援船には相当な負担を掛けてしまったことは大きな反省点である。
 門脇キャプテンも言っていたが、「例年この時期だと水温は22~23℃くらいなのに、未だ26℃もあり異常だ。日本海の温かい海流が入り込んでいるからだ」とのこと。「取りあえず少なくて申し訳ありませんが、又、後で送金します」と言って失礼した。帰りは海岸沿いの旧道を通ったが素晴らしい景色を堪能。車を停めて思わず写真を撮った。その間、石井先生は安宅キャプテンのお母さんが亡くなったと言うので香典袋を買いに走った。そんなこんなで夜を迎えた。
P1010181
戸井支所長から記念品を受け取るアンナ

 今日は夜7時から函館市内の赤レンガ倉庫のビヤホールで戸井支所長、以下戸井支所の皆さんが今回の津軽海峡横断泳成功のお祝いをしてくれることになった。但し会費制ではあるが。ムーイの支配人、中村さんもこの日を待ちわびていたとか、「今日は着物姿で参加します」と張り切っていた。
P1010183
記念品を受け取るパット

 車で函館市内の赤レンガ倉庫まで行き、近くの駐車場に止めてビヤホールへ行ったが、満席状態だった。しかし予約されていたので安心して席に着けた。パットとアンナは食べるものに色々と注文を付けていた。戸井支所長から函館市からの贈り物として函館市の夜景のパネルに時計が埋め込まれた大きな額がプレゼントされた。そのほかにイカの絵の入ったバンダナ、ボールペンなどが贈られた。サポートのパットさんや陽子さんにもプレゼントがあった。食べる物が色々と出てきた。皆さんで少しずつ味を楽しみながら大いに飲んで騒いだ。
P1010189
サポートのパットさんにもプレゼントが

  9時を過ぎて「函館山からの夜景を見に行こう」と話がまとまり、危なっかしい私の運転で函館山のロープウェイの発着場所へ行く。時間が遅かったので観光客は少なかった。2~3日前に荒川さんと昼間、函館山へ来たが、その時『夜景も見て観たい』と思っていたので良かった。支所長は「もう少し時間が早いと町の明かりがもっと綺麗なのに」と残念がっていた。でも素晴らしかった。
 皆さん夜景をカメラに収めているが、うまく撮れていない。コンパクトカメラでの夜景撮影は難しいのだが、写真撮影を勉強している私には丁度良い題材でバッチリ撮影できた。
P1010194
函館山から眺める市内の100万ドルの夜景

 帰りの車の中で写真をチェックしていたら、アンナが「その写真のデータを欲しい」と言っていた。宿へ戻り、体を拭いて横になるが、今日は1日中眠たい感じがしていた。やはり疲れが出ているのだろう。
 まあ、ともかく横断泳が成功して本当に良かったし、安堵できた。これで気持ち良く家に帰る事が出来ると思った。

« 1月22日 赤ちゃん | トップページ | 1月23日 五平餅と赤ちゃんの里帰り »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/56627256

この記事へのトラックバック一覧です: パットの津軽海峡横断泳(16/17):

« 1月22日 赤ちゃん | トップページ | 1月23日 五平餅と赤ちゃんの里帰り »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV