無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

10月19日 ジャッキー・リーンと散歩

 昨日は雨が降っており、散歩行けなかった分、朝からジャッキーがうるさいこと、うるさいこと。私が歩く度に着いてくる。
 最近、明るくなるのが遅くて、朝の仕事の順番が変わり、洗濯、弁当作りをやってから散歩に行きます。
 大体5時50分ぐらいかな?
 段々寒くなり、今日は東の風が吹いており、散歩している方々の服装は長袖長ズボン、オマケに冬用のエプロンしている方もいました。
 「あんた~、寒くないのか? 若いと違うね~」と言われたり、「ぎゃ~、大丈夫??」とか言われたりする。
 「デブだから暑いよ!」と、未だに半袖半ズボンの私は答えている。
 いつまで続くか分からないけれど、風邪をひかないようにしよっと!

10月18日 ブタもおだてりゃ木に登る

 16日、平泳ぎをビート板挟んで泳いだら柴田コーチに誉められ、「その感覚をイメージして平泳ぎをすれば速くなるんじゃないか?」と、とにかくキックが嫌いなんです。
 今日はエアロビクス、筋トレ、竜城でプールトレーニング、そして飛び込みの練習。
 続いてロイヤルに戻り、ニコニコステップ、またもや、エアロビクスをやり、念願の平泳ぎの練習をしました。
 毎日、平泳ぎの練習に取り組めば、50メートル67秒から脱皮出来ると思います。
 9時から18時までトレーニング出来ましたよ。

10月16日 竜城練習

 久しぶりに竜城SCに復帰し、1時間ほど練習して来ました。
 キックが多くて久しぶりに筋肉痛になり、次の日、再び竜城で泳いだのですがが、柴田コーチは「今日は平泳ぎをやります」だって。
 筋肉痛の私、「マジカイ!?」と思いながら一生懸命泳ぎましたよ。
 だって平泳ぎは大っ嫌いだからね!!
 プルブイを挟んで平泳ぎをしました。
 でも実は、私だけ誉められたから、、、、単純なブタは電柱に登り、上機嫌。
 いろんな方法で平泳ぎの練習をしましたが、楽しい日でしたね。
 今日はロイヤルが休みでしたので、復習が出来なかったのが残念ですが、先生の一言って、こんなにも生徒さんの心を揺らがすんですよね。
 偉大です!!

10月15日 ジャッキー・リーン、、やったみたい

121014_190210
 も~、心配で、心配で仕方がありません。
 ジャッキー、うまく出来たかな?
 2日に生理になって、何とか雄犬が見つかって、15日に交配しました。
 ウエスト・アイランド・ホワイト・テリアです。
 「他県からワンちゃんを取り寄せる」って言うことで、40,000円もしました。
 噂で聞きましたが、雌犬は赤ちゃんを産まないと子宮がんになるとか。。。。
 そんなことにならないようにしましたが、大丈夫か心配で。。。。
 『だけど、赤ちゃんが産まれたら一匹ぐらい置いとこうかな?』と、夢を膨らましています。
 元気な赤ちゃんを産んで欲しいです。

母親病院巡り

121013_124129
 今日は二件の病院へ行きましたが、最後の一件は受付番号が13番目で、1時間30分も待ちました。
 母親は「喉が乾いた。お茶を買って来ておくれ」と言いますが、「飲むとオシッコが出るよ」と。。。。
 当たり前の話しですが、トイレまで歩くのも凄く大変なんです。。。。
 でもこの日は一人で歩いて行けました。
 さっきの病院も結構一人で歩けたから調子が良いのかな?
 先生の前でも「薬を減らして下さい」と自分から言い、先生もびっくりしていました。
 今までは薬を「増やしてくれ、増やしてくれ」と、薬物依存性みたいでお願いしていたほうだからね。
 家族が「薬を減らして欲しい」と言っても、今までは減らしてくれませんでした。でも本人が言うと違いますね。
 薬を貰うのも30分ぐらい待ちました。
 顔馴染みの薬屋さん、「薬が減ったから間違えないようにね」って言われました。
 何故なら前は、朝と夕方の薬が一緒だったからです。
 「朝の薬を一粒減らしますか?」と先生が言ったところ、「もう少し減らして下さい」と母親が言ったから二粒減りましたよ。
 こんな風に母親が変わってきてくれて、嬉しくて今日も涙が出て来ました。
 ちなみに朝は6粒、昼は4粒、夕方は8粒、寝る前は8粒。凄く多いでしょ!
 一変に減らすといけないから、体調をみながら徐々に減らせたら良いと思います。

ジャッキーの子ども

121013_145514_2
 ジャッキーがバリ島に行く前に生理になりました。
 帰ってから交配しようとペットショップ二件に電話をしましたが、「オス犬がいない」、「いても県外になる」と言う話で、「無理だ」と言われてしまいました。
 メス犬が子どもをずっと産まないと子宮癌になると聞いているので、私は必死で探しまくり、やっと一件みつかりましたが、やはり他県です。
 が、出来そうなので、15日に交配します。
 無事に上手く出来ますように。
 可愛い赤ちゃんを見たいです。

胃腸風邪

 10月9日の火曜日から身体の調子が悪く、夜中に15回ぐらいトイレに行き、笛を♪ピーヒャラ、ピーヒャラ~♪と音が出そうな。。。。
 コーンを食べたせいか、プチプチプチプチッとどんちゃん騒ぎをしていました。
 違う、違う! 便器と友達になり、ウン○をしていました。(お食事中の方、ごめんなさい!)
 ウン○っていうと硬い感じしますが、私のは♪時の流れに身を任せ~♪、違う! 違う!
 (替え歌で)♪水の流れにお尻を任せ~、ウン○とコーンが一緒に~♪と、そのまま出るウン○です。
 ちっとも寝られずに、お腹(胃?)が痛くて苦しんでいました。

 モー治るか、モー治るか? という日々が過ぎ、やっと金曜日に病院に行きました。
 胃腸風邪と診断され薬を貰いましたが、いろんな検査で、血圧の上が150、下が91、脈拍は51と、脈拍以外の血圧が高めでした。
 あんまり病院に行ったことのない私。血圧を含めて少しは身体のメンテナンスをしようと、インフルエンザの予防接種の予約もしてきました。
 だから今週は犬の散歩ぐらいで運動はしていません。
 散歩も途中でお腹が痛くなって、ウン○が出そうになったら怖いですよね。

バリ島に行って来ました。(その10. バリ島? 最終回)

121007_103535

 今まで私、観光とかのんびりとかしたことのない人で、ダイビングとか水泳練習とかで、目的を持って行動していました。

121007_123839

 そう、ドーバーで1ヶ月滞在していても、観光なんかしていなく、毎日毎日泳いでいました。

121007_123844_2

 でも、いろんな場所に行って感じることが沢山あり、日本との違いも楽しみながら、智恵もつけてきたと思います。

121007_135012

 バリ島では良いホテルに泊まったせいか、外に出られなかったせいか、贅沢な話しですが、何か私スタイルとは違う旅行でした。

121007_150002

 「バリ島はどうだった?」と聞かれた時に「クルマとバイクが多かった!」、「朝食のバイキングが最高だった!」、「ヨガ、ジム、エアロビクスが楽しかった!!」と、ありふれた文句しか出てこない。

121007_151919

 苦しくて、辛くて、悲しかった後の「楽しかった」が、私の“楽しかった”と言えるのであろう。

121007_152941

 だから、観光旅行へ行っても、何か消化していない。

バリ島に行って来ました。(その9. 10月8日 キンの選択 観光)

 名前が私好みだった「キンタマーニウブド観光ツアー」に行きました。
 相変わらずクルマとバイクが道に溢れて、案の定、観光バス4台が玉突き事故をやっていましたよ。お陰様で大渋滞です。

 日本語がペラペラなガイドさんで満喫は出来、有難うございました。

 夜中の1時20分発のフライトで私たちは日本に戻りました。

バリ島に行って来ました。(その8. いろいろ)

 今日は、というか、朝からバイキングで皆さんと大食い。

121006_074803

 『昼ご飯の分まで食べとけ!』って感じです。
121006_074755

 朝食はのんびり頂いて、プライベートビーチに泳ぎに行きました。
 レッドゾーンとイエローゾーンの旗がビラビラと音を立てていました。
 イエローゾーンの方に行き、波の周期を数え、4回に1回が静かになる時があり、その時を狙って海に入って行きました。
 魚はいないのですが、綺麗な海ですよ。
 ライフセーバーは主人に「スイマーですか?」と聞いたらしく、「フェーマス・スイマー(有名なスイマーです)」と答えたらしい!
 段々と満ちて来て、出るのに難儀したよ。
 ここ、ドンブカで足が届かないよ。

 昼一の主人はプールでのんびり。
 マサラップと私は散歩しながらビラの方にあるプールを見に行きました。
 こちらはプールで寝そびれるベッドのクッションが違うし、枕が付いているし、広いし、金持ちが泊まるビラのプールはちょっと違うね。
 プールの作りもおしゃれだし、早速、主人を呼びに行き、水中写真を撮ったり、日向ぼっこをしたりしていました。
 15時からはティータイムを頂きに紅茶とケーキ。
 16時からは私だけ筋トレとエアロビクスをやりに行きましたよ。
 何せ、じっとしているのが好きじゃない私。身体を動かしたいんですよね。
 ジムにはスポーツトレーナーがおり、マシーンの使い方、例えば12回やったらストレッチなどと、いろいろ教えてくれました。
 まんべんなく別のマシーンやった後は、さっきとは違うストレッチ。
 と、ストレッチの姿勢を直しながらゆっくりやってくれたり、マシーンの使い方も懇切丁寧に教えてくれたり、尽くせりでしたよ。
 その後はエアロビクス。
 踊るだけだと思ったら、、、、ステップ台を使ったり、コアをやったり、、、、スッゴイ汗だく!
 スッゴク楽しくて、『ああここのホテル、いいじゃん!』、『毎日運動したい』と思いました。
 最後のストレッチ、寝ているだけでトレーナーが手やら足やらを動かしてくれましたが、結構痛い? キツイ? ですよ。
 あんだけ運動したのに、トレーナーのストレッチのお陰で筋肉痛にはなりませんでした。
 絶対に痩せますよ。
 晩ご飯はチャリティーのディナーに行きましたが、場違いだったような、、、、疲れました。

バリ島に行って来ました。(その7.10月6日 ホテルでのんびりヨガ教室)

 6時30分よりヨガをやってきました。

 主人は初め「行かない」の一点張りでしたが、渋々着いて来ましたよ。

 ロイヤルでヨガは私も何回もやっているからそんなイメージで参加したところ、大間違い。
 結構えらくて、“ヒ~、ハ~、フ~!”、“死ぬ~!”、“イタ~イ!”と叫びそうでしたよ。
 ゆっくりで、その姿勢をじっと保って、姿勢がずれるとヨガの先生が直してくれて、またもや“ヒ~!”ですよ。

 ヨガの先生はデブで筋肉質で、おまけにお腹も出ているのに、身体が軟らかいんだ。凄いよ!

 も~、汗だく、タラタラ、他の皆さんも、『ヨガって真剣にやると結構えらいもんだ!』と思ったと思う。

 きれいな海が見え、良い空気を吸い、満足でした。

バリ島に行ってきました。(その6.直接船乗り場へ)

121004_102526
 バリ島でダイビングするの初めてで、ショップによっていろいろやり方があります。
 私たちは直接ビーチの船着き場まで行き、書類を書いて直ぐにダイビング用のボートで出発しました。
 大潮で干潮でしたので、干いてる、干いてる!
 岸際まで50メートルぐらい歩き、遠浅なのでボートが止まっている所まで小さな船で移動。それからはボートに乗り換え出発です。
 予約はヌサプニダ島で三本です。

ヌサペニダクリスタルベイ 水深20m

 普通なら四本はダイビングをしますが、水温が25℃らしいです。だから「寒いので身体がもたない」と言われました。(25℃もあれば大丈夫と思うけど・・・)
 一本目はマンタを見に行きましたが、影しかわかりません。プランクトンが多く、暗い海に感じました。うねりがあり、身を任せながらユラリユラリと進み、良い感じですね。気持ち良いです。

76887_414992581889544_820005764_n

 二本目はマンボウを見に行き、潜行した瞬間から見られたし、近くまで来たし、言うことありません。エイの群れも見れて感動していましたよ。

311201_414989585223177_1402798717_n マンボウ

 三本目はメチャクチャ綺麗でダイビングをしているみたいでした。ああ、ダイビングしてるじゃん!

404103_414989808556488_755632162_n オオモンカエルアンコウ

 テレビで視た世界をそのまま見せてくれた感じ。
 いきなりウミヘビの長くて太いの。指を指して皆に教えてあげたよ。
 いろいろな魚、たくさんの群れ、『あぁ~、来て良かった!』です。
 ダイビングが終わってからは、やっとホテルの外に出れたので私たちはビールを買ってホテルに戻りました。
 そして「氷が欲しいと、たくさん欲しい」と言ったら、クーラーボックスに満タン入れて来てくれたのにはビックリ!
 至れり尽せりでした。

バリ島に行ってきました。(その5.10月5日 主人の選択、ダイビングへ)

 バリ島のダイビングショップ“パパスダイブセンター”のお迎えと共に、初めてホテルの外へ出ました。

121006_061730
 空港からホテルに来た時は夜中で道は空いていましたが、もぉ~、ビックリ!
 昼間はバイクの多いこと、多いこと。
 少しでも車間距離が空いていようものならバイクが横切り、二車線なんだか、三車線なんだか、四車線なのかわからないぐらいにグチャグチャ!
 クルマスレスレにバイクが通る。それも二人乗り、三人乗りはザラである。
 いつ事故おきてもおかしくない光景を見てしまった。
 田舎者の私はこんな所では怖くて住めないし、それより運転が出来ないだろうし、『ホテルでノンビリするか、ツァーに入るしかない所かな?』って思いました。

121004_102020 ホテルの庭:ここなら安心?

バリ島に行って来ました。(その4. 夜景)

 「ロックバー」と言う所へ行きましたが、正装でなければ入れません。
 主人はアリーナの半ズボンだったので帰され、着替えて来ましたよ。
 夕日が綺麗でカクテルが最高に美味しかったです。

121004_173500_2
121004_173740
121004_180741

バリ島に行って来ました。(その3. 10月4日 マサラップの選択日)

 朝御飯はバイキングで食べ放題!

121006_074803

 和食、タイ食、中華、アメリカンと何かいろいろありました。
 パンコーナー、果物コーナー、生ジュースのコーナー、ちょっと感激しすぎて、美味しくて、みんなには「昼ご飯の分まで食べておくように!」と言っときましたよ。

121006_083743

 午前中はプールでまったり。私は1時間歩きました。
 景色がとても良く、流石リゾートですね!

 14時からエステの予約。
 竹を熱く熱し、身体をゴロゴロ。身体にはオイルたっぷりです。
 最近、日本でトレーニング三昧でしたので、無茶苦茶身体が凝っていたので気持ち良かったです。
 特に背中はコリコリと音がしていましたね。
 男性の方々、気持ち良くて寝ていたそうです。
 随分身体が楽になった私は別のプールに行きました。
 海水プールでまたもや見張らしが良く、遊んでいましたが、カップルなんてキスしちゃって羨ましかったですね!

バリ島に行って来ました。(その2. アヤナホテル)

 旅行雑誌「るるぶ」の“バリ島”を買って来て、3ページをめくると2ページに渡って
アヤナホテル」の写真が載っており、直ぐにホテルは主人が決めてしまいました。
 施設は不自由なく、何でもそろっており、エステ、スパ、ヨガ、エアロビクス、ジムトレーニングと退屈しません。
 欲を言えば、ホテルにコンビニが欲しいです。
 まあ何でも揃っていますが、ホテルの敷地が広すぎて、ロビーからホテルの入口まで歩いて30分はかかるし、途中、検問らしきものもあるし、出るのにも大変です。
 やっとの思いで外へ出ても、ホテル外でお店屋さんはないし、缶詰め状態でした。

バリ島に行って来ました。(その1. バリへ)

121005_062353

 初めて乗る大韓航空。初めて乗り換えをする韓国の仁川空港。そこを経由して初めて行くバリ島。興味津々で10月3日から8日まで行って来ました。
 いつもならこの時期はサイパンに行きますが、長老のマサラップが「バリ島に行きたい」と言い出し、余命幾ばくもない人の意見ん尊重し、いつものメンバー(マサラップ、主人、私)の三人で行きました。
 いつもなら毎日ダイビングを4本していますが、マサラップが「のんびりしたい」と言うことで、「では中4日あるから、一人1日ずつ好きなことをやろまい(やろう)」と、マサラップはスパエステ、主人はダイビング、私は観光に決まりました。
 セントレアを13時発のフライトで、ホテルに着いたのは夜中の12時。
 持って行った1.8リットルのワインを飲んでぐっすり寝ました。

9月16日 ブドウ狩り

 朝早くから弁当作りに必至。ブドウ狩りに行きました。

P1030131

 巨峰でしたが一房食べるのがやっと。で、二房目は何とか・・・です。元が取れない状態・・・。
 ここでも偶然にうちで働いているパートさんにお会いしましたよ。
 16時から(愛知県)碧南(市)にある油ヶ淵のプールへ行き、安城マスターズのメンバーと一緒に泳ぎました。
 アンナは満足していましたよ。

P1030134_3
 夜は“さようならパーティ”。アンナはワインを2本も開けてしまいました。

P1030135

 日本人の私たちに囲まれ、片言の英語で話し、溶け込んでくれたアンナ、有難う!!

9月15日 味噌煮込みうどん

 マッサージが終わり、岡崎城見学、八丁味噌見学、そこでトライアスロンをやっている塩ピーにお会いしました。

120705_110845

 家族で来ているみたいで、まさかこんな所で会うとは!
 2回ばかり寺部海岸で一緒に泳いだ仲間です。
 伊良湖のレースに出て、「良い成績残した」と聞きましたよ。

 あまりもの暑さに珈琲所「コメダ珈琲店」に行き、かき氷を食べ、100円ショップの「ダイソー」に行き、晩御飯はオープン・ウォーター・スイマーの友達が経営している瀬戸さんちの食彩館「麺工房」でうどんを頂きました。
 アンナはベジタリアンなので肉無しの味噌煮込みうどんを食べましたよ。

120915_192548

 そして特別にキムチとキュウリを挟んで、お寿司を作ってもらいました。

120915_190920

 瀬戸さん、有難うございました。

ロジャー・フィンチ、“トリプル・クラウン”達成

ロジャー(Roger Finch)は南アフリカの陽気なオープン・ウォーター・スイマーです。

P8300650 キンちゃん手作りの和食を箸で楽しむロジャー(2011年ドーバーにて)

2011年にドーバー泳を成功して以来(詳細はロジャーのホームページ“The swim”を参照)、“トリプル・クラウン”を目指しました。

“トリプル・クラウン”とは、ドーバー海峡(イギリス~フランス)、マンハッタン一周(USA)、カタリーナ海峡(USA)を成功させたスイマーに贈られる称号です。

もちろん、“オーシャンズ・セブン”も目指しているようです。

今年、津軽を泳いだパット(Pat Gallant-Charette)とも友達で、来年、津軽にやってくる予定です。

地元、南アフリカのケープ・タウンで“ケープ・長距離泳協会(Cape Long Distance Swimming Association)”の手伝いもやっているようです。

今から来年を楽しみにしている私です。

ドーバーのパブ「ホワイトホース」が閉鎖へ

Image001 ドーバーのパブ「ホワイトホース」

今年でドーバーのパブ「ホワイトホース」が閉鎖になることになりました。

ホワイトホースはチャネルスイマー(ドーバー泳完泳者)が店内の壁にサインできるところで、歴代のスイマーたちのサインが書かれています。

もちろんキンちゃんも!!

P7250220 (2008年撮影)

地元ドーバーのスイマーたちは、この貴重な壁を残そうと、いろいろ働きかけています。

</p>

今年泳いだスイマーのサインもありますが、、、、

遠い日本からは何も出来ませんが、はたしてどうなることでしょう・・・。

ドーバー、世界新更新

トレント・グリムぜー(Trent Grimsey:24歳:オーストラリア:FINAオープン・ウォーター・スイマー上位ランキング)は、ドーバー・ソロ・スイムの世界記録を更新しました。

イギリス時間9月2日、06:43、シェークスピア・ビーチ(イギリス)をスタート。
イギリス時間同日、13:38、グリ・ネ岬(フランス)の先端に到着。
時間:6時間55分。

Photo4

この記録は2007年8月24日に出したペトラ・ストイチョフ(Petar Stoychev:ブルガリア)の6時間57分50秒(詳細は「ドーバー、世界新!」を参照)を2分50秒縮めたもの。

<トレントの声明>
「この達成は長い間の私の夢であり、私とオーストラリアのオープンウォータースイミングのために、絶対に“達成する”と強い思いで泳ぎました。
それに私は偉大なサポート・クルーの助けなしではこれができなかったでしょう。
ロウトン・スイム・クラブ(Lawnton Swim Club:彼の通うスイム・クラブ)とボート・パイロットのマイケル・オラム、私のコーチのハーレー・コノリー、他、皆さんの協力の賜物です。」

またまたスゴイ人が現れたものだ!

パットの津軽海峡横断泳

9月14日、パット(Pat Gallant-Charette:USA)が津軽海峡横断泳に成功しました。

これは彼女のホームページ“Pat's Channel Swim”に紹介されています。

ホームページも素晴らしいのですが、あまりにも素敵なのでここでも動画を紹介します。

また、パットと同行された青島さん(USA:メイン州在住)が、彼女のブログ「ファルマウスミー」でも連載される予定です。
あわせてどうぞお楽しみに!!

9月15日 やごと治療院

 函館からアンナは無事にセントレアに戻り、またしばらく岡崎に滞在です。
 私の行き付けのマッサージ屋さん、昭和町の「やごと治療院」に連れて行き、マッサージをお願いしました。
 先生は「アンナの身体は太い筋肉がついており、細い筋肉もある。」と、「モミがいがあった」そうです。
 結構しっかりやってくれるので痛いですが、後が楽になります。
 アンナは“マッサージが大好きだ”と私はと知っています。
 早く疲れが取れること祈っています。

120915_135204

9月12日 最終日

 次の遠泳は13日となり、皆さんの今日はのんびりしながら、潤子私は10時の飛行機で函館を発ちます。
 あんまり役に立てませんでしたが、頑張って泳ぎ切ってくださいね。

 翌日、「アンナとパットは19時間掛けて泳ぎ切った」と連絡入りました。
 お疲れ様です。
 皆さんのチームワークが素晴らしいと痛感しました。
 おめでとうございます。

P9140662 成功して函館市戸井支所長の齊藤さんより記念の「函館夜景」の時計を貰う。

7月11日 遠泳当日

 真っ暗の中、暖かい格好をして港へ。
 安宅さんの船は3時間半ぐらい掛かってスタート地点の白神崎へ。
 船の上では寝ていたものの、寒くて、寒くてスイミングコートが必要でしたね。
 雨は降っているし、やっぱり私って「嵐を呼ぶ女かな?」
 ポンチョを着ながらのサポートです。

P9110618
 大雨。船はドンブラコ、ドンブラコと右左に傾き、落ちそうになるし、サポートも大変です。
 こんな揺れの中で栄養補給作るなんて、潤子も私も気持ち悪くなりましたよ。
 下を見ちゃいかん、下を見ちゃいかん、と潤子と私の共同作業です。
 補給物も上手くいかず、良い場所に投げられないんだよね。
 途中、水の入ったボトルを投げたら割れちゃったし。散々な目にアンナあっているだろうな!?
 可愛そう・・・。

P9110626
 いつも泳いでばかりいる私だが、サポートも『スッゴク大変だなぁ~』と感じました。
 スッゴイ波の中を一生懸命泳いでいるアンナ。
 でも青森までは着けず、流されて函館まで行ってしまうから上がらせようと、梯子を下に降ろしたとき、
アンナ「私は上がらない! まだ泳ぐ!」
スタッフ「このまま泳いでも、青森には着かないぞ! 函館まで行くんだぞ!」
アンナ「私はもう二度と日本には来られない! 泳ぎたいんだ!」
と、一向に船には上がって来ない。
アンナ「天気はずっと悪くて泳げないんだろ!」
と、荒波の中を泳ぎ続けた。
 6時間経った時の出来事でした。
キン「アンナは“泳ぎたい”と言っています。天気が悪いから、もう日本で泳げないかもしれないから、函館まで泳ぎたいそうです」
と、パイロットの安宅さんに告げました。
 安宅さんも承諾して遠泳を継続しました。
 『アンナの泳ぐ気持ちって、私にはないものが満ち溢れている』と確信しました。
 1時間経ったところで朗報が入りました。
 明日の方が天気は良いから、明日もう一度泳ごうと。
 安宅さんへ連絡が入り、アンナに告げると、やっと船に上がって来ました。
 7時間泳いだのに、凄く元気なアンナ。
 でも力強く泳いでいたせいか、右手の甲が赤く晴れ上がっており、明日泳げるか心配でした。
 ムーイに戻ってからバンテリンを塗ってあげましたが、『手の甲が腫れる泳ぎって、何なんだろう?』、『こんなところも腫れるんだ』と思いました。
 だけどサポートってスッゴク大変だと痛感し、泳いでいた方が私には合っていると思いました。

花束

10月1日月曜日、いつものように仕事でプールへ向かう。
クルマを運転する道すがら、何人かの小学生に出会う。
「ん? 今頃の時間・・・、昨日が運動会だったかな? それとも今日が“都民の日”だからか?」
「“都民の日”と言えば昔はカッパのバッジがよく売られていたな。そのカッパのバッジをつけていると都営の施設はタダになったり・・・。昔はそれでよく出掛けたりしたな・・・」
などなどと思い出していた。

いつものように仕事を終え、帰宅する道すがら、、、
「そうだ、今日はトラジオンの39回目の誕生日だ」
と思い出した。

そうすると私の頭の中の“プラスの私”と“マイナスの私”が激論を交わし始める。
マイナスの私「去年の10月1日から今年の9月30日まで、良いことは何一つ無かった。信じていたものは失うし、この39年で最悪の年だ。点数をつければ百点満点で30点の年だな。合格点は60点以上。少なくとも70点は取らなければ・・・。」
プラスの私「確かに39年の中では最悪の年だし30点の年かもしれない。しかし+30点。-(マイナス)の点数は取っていないよね。それにこの“30点”と言う数字は反省する素材がいかに多いかを教えてくれているよ。もし70点も取っていたら反省はしなかっただろう・・・。」

そんなこんなのうちにもう一つのニュートラルな自分が現れる。
ニュートラルな私「そんな激論より今日はトラジオンの誕生日だよ。お祝いをしなくちゃ・・・。でも誰も“おめでとう”なんて言ってこないよね。だって誰にも“今日はトラジオンの誕生日です”なんて言っていないし、自分だってさっきまで忘れていたんだから・・・。」

帰りにスーパーに寄り一人祝いのお寿司と、ビールをいつもより1本多く買う。
家に戻ると、、、、小包の花束が届いている。。。。。。。
「オオー!」と開けてみると、、、、それはAkiさんからだった。

Akiさんはお孫さんもいるやさしいおばあちゃんで、、、、それでも山を走り、海を泳ぎ、、、、それはそれはスーパーおばあちゃんなのだ!!!
(詳しくはAkiさんのブログ「Akiの思い出」をご覧いただきたい)

Akiさんは昨年の当ブログのきわめて短い記事「誕生日」を覚えていてくれたのだ。

Pa010718 花束

これは嬉しい。きわめて嬉しい!!!
普段、私の中の“マイナスの私”はあまり出てこないのに、今年はやけに出てきた。
とりわけ、今年ほど思うようにいかなかった年も無かっただけに、“マイナスの私”がハバを利かせて、少し考える時間というか、心に愁いというか、憂いというか、とにかく身も心も(特に心は)ボロボロだったので、人の温もり、優しさが欲しかった。

この点でAkiさんからのサプライズプレゼントは最高だった。

テレビがあまり好きではない私がラジオを聴きながらビールを飲み、寿司をパクつく。
するとラジオから「人生、いつだってこれから。朝はかならずやってくる」と謳う“百歳の詩人・柴田トヨ”さんの「くじけないで」が流れてきた。
あまりにも素晴らしいので動画でも紹介しよう。(CMのつもりはありません)

いずれにせよ過去は戻らない。未来へ、未来へと私は進むだけである。そして、“10周年”や“20周年”、“30周年”のときもそうだったように、来年の今頃は“40周年”として前向きな原稿の一つでも紹介していることだろう。

7月10日 泳ぐ前日に

 やはり朝早くに目が覚めてしまい、先生を叩きお越して朝5時からビールをフロントで飲みました。
 その間、先生は洗濯です。
 みっちりお説教を3時間。
 ビールを3本も飲んでしまいましたよ。

 そう、それから安宅さんから電話が入り、「明日泳ぐ」と。
 またまたバタバタ状態になりました。
 次の日に泳ぐと言うのにアンナが「海で泳ぎたい!」と。
 やることはたくさんありましたが海へ。
 アンナは本当に元気です。

P9080579

この時期、函館の海は“昆布採り”が盛んです。その昆布を拾って意気揚々と帰ってくるアンナ

 昼御飯は韓国冷麺。
 初めて食べましたが美味しいですね!
 その後は明日の準備でオニギリを作ったり、泳いだ後、直ぐに食事出来るように、肉無しのシチュー作ったり、そうこうしているうちに晩御飯になったりと、昼寝する時間もなく20時過ぎ。
 あんまり寝られずに24時30分の集合時間になってしまいました。

アンナも彼女のブログ「ANNA-CARIN NORDIN」でこの“水無海浜温泉”の入浴を“Gänget i hot spring”や“Hot spring”に紹介しています。(スウェーデン語)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV