無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の記事

7月9日 またもや

P1010034

 主人が帰る日の朝4時に起き、またもや水無海浜温泉へ行きました。
 主人はスッゴク気に入った模様です。
 天気はあまりよくありません。
 流石にこんな朝からは誰もいませんでしたが、一人来て、二人来て、家族連れが来てと、増えてきました。
 でも2時間も入っていたのは私たちだけでした。
 と、丁度雨が降りだしました。
 8時の朝御飯に間に合うように帰り、朝食を済ませ、主人と私はドライブがてら午後からの飛行機に間に合うように函館空港まで主人を送り、他の皆さんは函館の50メートルの市民プールへ泳ぎに行きました。
 どしゃ降りだった雨も3時過ぎには小雨になったようで、皆さんと合流し、買い物をしてムーイに戻りました。
 アルコール切れの私は機嫌が悪く、ムーイに着くなりビールを入れて元気になり、アンナの晩御飯、キノコパスタを作りました。
 今日の私たち日本人四人は晩御飯を安宅さん家でいただく予定だったので、アンナとは一緒に食事出来なかったのです。
 ベジタリアンでなければ一緒に行ったのですが、何せ一緒に行っても食べられないし、日本語が通じないし、可愛そうだからね。
 安宅さん家のメニューは肉から魚から野菜から果物からありとあらゆるものが出て来て、それでも全部食べてしまった私たちです。
 昨日はムーイの中村さんが、今日は安宅さんの奥様が作ってくれましたが、カボチャの天ぷらがメチャクチャ美味しいですよ。
 北海道のカボチャって甘いです。
 あんまり「美味しい、美味しい!」って言ったら、奥様がカボチャを一玉お土産にくれました。
 結構小ぶりです。
 明日、煮よう!

水無海浜温泉

 補給練習が終わり、アメリカから来られたら方たちと合流し、海で1時間泳ぎ、恵山にある海の温泉“水無海浜温泉”へ行きました。
 2時間ほどゆっくりしましたが、お互いに打ち解け、仲良くなりました。
 私のアホぶりは天然なんでしようか?
 皆さんに受けていました。

P1010029

 それからはミーティングをし、お風呂に行き、ムーイのバーベキューで盛り上がりました。
 いつも思いますが、ムーイのお肉はメチャクチャ美味しいですよ。
 主人も大喜びでした。

 アンナのブログ“Ohaio = godmorgon!(たぶんこれは“Ohayo〔おはよう〕 = godmorgon!”)
”、“Hakodate”にも今朝泳いだ補給練習や函館の様子が紹介されています。

9月8日 バタバタ状態の日

 もう次の朝からバタバタ状態。
 朝6時から栄養補給の練習で港に行きました。
 潤子と私はアンナのサポートで栄養補給係りでしたがなかなか上手くいかず、難しいですね!
 クラゲがわんさか見えましたよ。
 オレンジの玉が細い刺がついている紐上の形のやつ。
 津軽海峡を泳ぐ時はよく目につきます。

 うちの主人、初めて一緒に船に乗り、こんな風に泳いでいる姿、どう感じたでしょうか?

P9080456

9月7日 函館へ

 セントレアから午後の便で函館へ。
 その前にアンナはスーツケースを受け取り大喜び。
 セントレアでお風呂に入る組と買い物組と別れました。

 宿泊先のムーイ(戸井ウォーターパーク)でアメリカから来られたパットたちと石井先生、眞壁さんと合流。
 初めてパットたちと会いましたが、今一ギクシャクしていましたね。
 そうそう、咽か渇いていたのでフロントでビールを飲んでいたら、支配人の中村さんが主人にビールおごってくれました。有難うございます。

 晩ごはんは眞壁さんリクエストのうどんです。ベジタリアンのアンナも食べられるので安心です。
 そう、ここ最近、アンナに合わせて、肉、魚、エビ、イカなど食べていないので、痩せたかも知れません。
 それにもう一つ発見!
 アンナはキムチが大好きでした。

P9070425

9月7日 散歩

 朝6時よりマサラップ家周辺、碧南(愛知県碧南市)の畑やら神社やらを見学がてら、散歩1時間。
 スウェーデンは寒い国なので、いろんな野菜畑がないのか?
 アンナはナスやらゴーヤやら、おくら、イチジクなど、ひっきりなしに写真を撮りまくっていました。
 勿論東京から見えた潤子も「ヘェ~、こんな風になるんだ~」と真剣に野菜畑を観察していました。
 神社や鳥居、石像、建物など、写真を撮っていましたよ。
 連れて来て良かったです。
 畑のおば様たちは、この団体をどう感じたでしょうか?

P9070408

9月6日 寺部海岸

 海に行く支度をして、寺部海岸へ行きました。
 30分ぐらい泳いで日向ぼっこ。
 前日、雨が降ったせいか、海は汚かったです。
 安の上ジェット(水上バイク)はいましたが、スイマー3人いれば強いですよ。
 蟹は少なかったし、釣りをしている人も釣れていないみたい。
 だって魚の群れが見当たらないからね。

Dsc_0530

 その後は岡崎(愛知県岡崎市)の石工団地の石像やらお墓やらを見せたり、アンナのリクエストで造園屋さんの“盆栽”を見せに連れて行ったりしましたよ。

宿泊先

 潤子とアンナが宿泊する場所は、私の水泳友だち“マサラップの家”です。
 マサラップは独身で、二階建ての家で一人で住んでいるし、私の家からクルマで20分と近いし、絶好の宿泊先ですが、良からぬことが。
 7日から一緒に函館に行く予定だったのが、マサラップのお母さまが危篤ということで行けれなく(行かれなく)なったのです。
 土曜日に肺炎になったことは聞いていましたが、残念です。
120610_102258

お風呂

 アンナと無事に会え、飛行機での疲れを取ってもあおうと西尾(愛知県西尾市)のシャオの前のお風呂に連れて行きました。
 が、裸になってかけ湯をした途端にアンナの右上腕にあるタトゥーが・・・。
 腕にほんの少し入れてあるだけで出されました。
 アンナの分のお金は返却されましたが、潤子と私、二人分は返してもらえませんでした。
 外人がお風呂に入るのを見て後をついて来て、タトゥーを見つけて直ぐに「出て下さい!」は卑怯なやり方ですね。
 ちゃんと説明しました。
私「飛行機会社がストライキを起こし、いろいろ経由してやっと日本に着き、疲れを取ってもらうために連れてきたのです。せめてシャワーだけでも浴びさせて下さい。そしたら直ぐに出ます」
と、何を言っても
風呂係「タトゥーが入っている方は直ぐに出て行って下さい。敷地内にいるのは勿論、入場も無理です」
だって!
 決まりを知らなかった私たちも悪いですが、人は心で“融通”というものが利かないいのか!
と、腹立たしかったです。
 日本に来たなり、『非常に嫌な気分にさせて申し訳なかったなぁ~』と反省しております。
 それからはいっさいお風呂に入らなかったアンナでした。

120915_190911

アンナ、セントレア到着

 『9月に入って何を過ごしていたのだろう?』と考えていましたが、スウェーデンから来られるアンナの支度、函館に行く支度などで、時間を費やしていました。
 アンナとは一昨年ドーバーで逢い(「キンちゃん日記/9月14日(火曜日)」参照)、英語も話せない私と何故か友達になり、その翌年の4月にゴゾ島のスイムトレックに「ミユキも参加しないか?」と誘われ、2週間一緒に過ごしました。(「「ドーバー、今年の報告」(キン)」参照)
 そして今回は津軽海峡横断泳のため日本に来ました。何故かと言うと、アンナが住むスウェーデンのストックホルムから北海道の函館まで、効率良く(短時間で)来るには次のようになります。

  • 2012年9月4日(スカンジナビア航空:SAS 635便)
     ストックホルム09:10発⇒フランクフルト11:25着
  • 2012年9月4日(ルフトハンザ航空:LH 736便)
     フランクフルト14:10発⇒名古屋(中部)翌5日08:35着
  • 2012年9月5日(全日空:NH 393便)
     名古屋(中部)13:15発⇒函館14:45着

 この旅程をアンナが石井先生に知らせたところ、
石井「名古屋にミユキが住んでいるから、ミユキと一緒に函館へ来れば」
アンナ「OK! そうする」
 と言うことになって、アンナは我町、岡崎に来ることになりました。

 ところが9月5日朝8時40分にセントレア(中部国際空港)へ迎えに行ったものの、ルフトハンザ航空は従業員がストライキを起こしていたのです。
 もちろんアンナは現れず、直ぐさま石井先生と連絡を取り、次のように変更になったことを知りました。

  • ストックホルム(スウェーデン)
     ↓ ↓ ↓
  • コペンハーゲン(デンマーク)
     ↓ ↓ ↓
  • 上海(中国)
     ↓ ↓ ↓
  • 名古屋(中部)

 上海から来る便は9月5日、ANA(NH) 940便で、名古屋(セントレア)には16:40着。

 セントレアでルフトハンザのカウンター係員に聞きましたが、「個人情報なのでお答え出来ません」とあっけない返事。どうするすべもなかったです。
 でも何で石井先生はアンナがどうやってセントレアまで来るすべを知りえたのだろう?? セントレアのルフトハンザでは教えてくれなかったのに・・・。

 そういえば思い出します。昨年、ゴゾのスイムトレックに私たちが参加したとき・・・。
 成田空港からスイス航空でチューリッヒ経由、マルタまで行く手はずでした。
 もちろんアンナとはマルタ空港で待ち会う約束。
 ところが出発2日前、3月11日の地震による福島原発事故で、風評被害がスイス航空の乗務員に発生。
 つまりスイスから来る予定の飛行機がやって来ないのです。
 で、どうしたかと言うと、スイス航空は最も早くマルタまで行けるエアラインを見つけ、それに変更してくれたのです。
 もちろんスイス航空で行くより早いわけがありません。
 次に早くマルタまで行く方法は、ルフトハンザ航空でフランクフルト経由。
 もともとスイス航空で行ってもアンナには40分マルタで待ってもらうことになっていました。
 それがルフトハンザ航空で行くと、アンナの待ち時間は2時間。
 待っていられる限度ギリギリの線かな・・・?(「マルタに行ってきます!」および「ゴゾに着きました。」参照)
 ルフトハンザ航空ではスイス航空のような風評被害は無いのかな? と思いきや・・・・・。
 ルフトハンザでは全日空と共同運航便で飛ばしており、結局は全日空でフランクフルトへ。
 何だかもう、わけのわからない状態・・・。

 昨年の航空機トラブルはゴゾばかりではありません。
 デンバーからの帰りもそうでした。(「デンバーの思い出(とんでもなく世界一周)」参照)
 デンバーからアメリカン航空でロサンゼルス経由、成田便で帰るはずだったのです。
 デンバー空港ではチェックインも終わり、出発ゲートで待っていると突然放送が入り、飛行機故障で今日は飛ばないと・・・。
 そこから出発カウンターまで戻され、延々7時間待って、ようやくルフトハンザ航空でフランクフルト経由、成田便で帰れることになりました。
 帰国日は遅れること1日。行きはダラス経由でデンバーまで。帰りはフランクフルト経由で成田まで。世界を一周したことになります。

 そんな昨年は2回もルフトハンザ航空、フランクフルトでお世話になっているのに、今回はそのルフトハンザがストライキを起こしている。
 石井先生にアンナがどうやってセントレアに来るか調べてもらっている間、去年のこんな飛行機トラブルを思い出していました。

 アンナが“16:40着”と分かったらこちらもスケジュール変更。
 アンナの通訳として東京の潤子に頼んでいたので、10時30分、JR三河安城駅(新幹線乗り場)へ迎えに行きました。
 「こちらでは、珍しいんじゃないかな?」と思う味噌がついている五平餅、釜飯、味噌田楽、ドテなど、三河湖の「やまびこ」へ潤子と食事に行きました。
 そして良い時間にセントレアに行き、無事にアンナと会うことが出来ましたが、今度は「アンナのスーツケースが何処にあるか分からない」と言われ、見つかるまで連絡待ちになりました。
 結局はスーツケースだけフランクフルトに行っちゃって、そのスーツケースはルフトハンザのストライキが終了次第、日本まで送ってくれることになりました。
 一難去ってまた一難。無事に函館まで行けるでしょうか?

120905_165628
 ちなみにアンナのブログ「Anna-Carin Nordin」には、我が家や岡崎での滞在が紹介されています。(ただしスウェーデン語)

今年の夏

 今年の夏はドーバーに行かなかった分、いろんな方達といろんな海で遊びました。
 初の蟹取りも非常に夢中にさせてもらい、人との出会いもありました。
 8月が終わり、寺部海岸の駐車場の叔父様達も勤務終了。行く度にジョーダンを言いとても仲良くなりました。
 これからは海水浴場ではなく、皆さんが使える寺部海岸になり、ジェット(水上オートバイ)が現れるだろうと思うと泳ぎ辛くなりますね。
 まだまだ暑いです。まだ蟹は取れるかな?

120829_111739

 写真は渡り蟹です。(一匹だけだけど・・・)

120902_112421

 後はモガニで一杯です。ニシも取りましたよ。

120902_112430

湘南の10キロレース(二)

 泳ぐコース説明は泳ぐ前に聞いたものの耳が遠いのを兼ねて聞き取りにくく、松崎さんと一緒に泳いだ時に江ノ島近くの白い建物二つを目掛けて行きました。
 でも後から聞くと、コース説明をした係りの方も原稿を棒読みで、ほとんどのスイマーが“分かり難い”と感じていたようです。
 とりあえずスタートをして、たまにオレンジのブイを見つけたり船を見つけたりするとホッとしますが、白い建物を目標にしていると船ずいぶん沖にいます。

120825_074548

 栄養補給の船も自分が泳いでいるコースより沖にあり、そちらまで行くのが時間のロスだと思い、水分補給はしませんでした。
 泳ぐ前に湘南の主さんに「水着の中にジェル(栄養補給品)でも入れておくと良いよ」と言われた意味がよく分かりました。
 まあドーバーの海練習では3時間水分補給なしでも大丈夫だったので、何も持たずに泳いでいました。
 途中、岸に寄り過ぎだからもっと沖を泳ぐように言われましたが、私には意味不明!
 とりあえず船の方に向かいましたがやはり納得出来ず、白い建物を目掛けたらゴール近くになり、カヤッカーが「沖のオレンジのブイまで行ってからゴールしなさい」と言われ、とりあえず行き、戻ってきたら今度はカヤッカーが「オレンジのブイを回ってきたか?」と言われ、またオレンジまで戻り、もう一度ブイを回ってゴールまで泳ぎました。

120825_080101

 岸辺では荒波が待っており、2回転してスイミングゴーグルが半分取れ、スイミングキャップも半分取れ、また沖に流され、そして『今度こそ脱出!』と思いきや、またもや波にもまれ、3回目で無事に脱出しました。
 この波の脱出の仕方が下手くそでしたね。
 恥ずかしいやら何やら・・・、ゴール地点では主人がカメラを持って待っていましたよ。

120825_080105

 そして守谷さんが握手をしてくれました。
 無事に完泳出来、ホッとし、潤子が来るのを待ちました。
 潤子も頑張りましたよ。
 この日のために潤子は猛特訓したそうです。
 目標があるっていいことですね。
 潤子おめでとうございます。

湘南レース(一)

120824_160629

 8月25日(土)、神奈川県湘南で行われた「チャリティ湘南オープンウォータースイミング2012」に“10km(逗子海岸⇒片瀬東浜)”で参加してきました。
 結果は完泳。記録は3時間30分55秒。
 制限時間の“3時間30分”がわずかに切れず、石井先生にこっぴどく叱られました。

 逗子からスタートしましたが、見慣れている風景で「う~ん、もしかして、ここって松崎祐子さんと一緒に泳いでスタートしたところ?」と湘南の主さんに聞いたら、「そうだよ。同じようなコースを泳ぐんたよ」と言われ、頭の中に前に泳いだことコース取りをインプットしました。
 主人とマサラップが応援で逗子から江ノ島まで歩いて、潤子は一緒に泳いで参加しました。
 レース前日、藤沢でエントリーだったので、仲が良かった増田さんに会い、藤沢から腰越(予約していた民宿)まで歩いて行きました。
 増田さんとは何年ぶりかの再会です。何でも明日から中国へパンダを見に行くとか!? スゴイ人ですよ。
 そう、レース前に昔懐かしい、牧島さん、山田さんに、徳世さん、後、後、たくさんのオープンウォーターの友だちに会うことが出来て嬉しかったです。
 一番後からスタートして、『「お前達泳ぐ気あるのか?」と言われないかしら』と思うぐらい余裕はありました。
 だって、それでもバトルの中で大変だったんですよ。
 初めは湾内一周して沖に泳ぎ出しましたが、所々の船が見難いですね。

8月23日 追われ、追われて

 朝から銀行関係で追われ、家の片付けで追われ、明日からの湘南への支度で追われ、洗濯物で追われ、あっという間に時が過ぎました。
 そういえば散歩の時間が5時から行っていますが、今日は30分遅れたらいつもは「おはよう」としか挨拶しない方が、「今日は遅いですね」と声が掛かりました。
 皆さん見ていらっしゃいますね。

8月22日 朝の散歩

海は流れているのではない
海は怒ってなんかいない
盛んに白牡丹の花を
咲かせては散らし
花弁をたべているのだ
永遠なものはそんなふうに
儚さの中で遊ぶのが好きなのだ
   藤原定(ふじわらさだむ)

120822_055610
散歩していたら見つけました。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV