無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の記事

うらやましいビデオ(2本)

水陸両用車

このクルマ(ボート)を日本で運用する場合、自動車免許と船舶免許を取得していなければなりません。
しかし遠泳のサポートにはいいなぁ~!!

アザラシとキス

こちらは“癒し系”のビデオです。
ウ~ン、癒されます。

ラストダイビング <その4.>

 今日は熟睡したが、5時には目が覚め、忘れないうちに下書きを携帯に打ち込んでいた。
 7時30分ショップ集合。午前中にボートダイビング(テニアン)二本。午後ビーチダイビング(ラウラウ)二本。

110127_115907

 昼ご飯はアメリカのマクドナルドでしか売っていないアンガスバーガーセット(8ドル)を買って、移動中にクルマの中で食べる。時間節約だね!
 まあダイビングに関してはエーストマトのホームページを見れば載っている。
 その後は中国式マッサージに行き、「アグライ」で晩御飯でした。

二日目 <その3.>

 肩が重たく、石が乗っているみたい。全然寝むれなかった。
 旦那さんは予定通り2時に帰って来たよ。前日に私が残しておいた弁当を食べ、一人で喋って寝たけど、やはり肩が重たく寝むれなかった。
 こんなに肩が重たくて寝むれないのは久しぶりだ。
 いつもならビール飲んで寝るんだけど、まだ泳がないかんし、心も重たい状態でマリアナへ出掛けた。
 今日はタクシーがなかなか来なくて着くのが遅く、スタートしたのは6時35分。
 肩が重いながらの出だしは『悪い』と思ったが、段々調子が出てきて昨日より速いタイムが出たのにはビックリした。
 45分で2100m。
 だいたい泳ぐ距離がわかってきて、休憩プラス泳ぐ時間で一時間を一サイクルで回していった。
 2100mから2200m。最後の方は2400mまで上がり、ピッチも落ちずに安定している。
 まあ少ない距離の時は写真を撮ったり、お金を払ったり、日焼け止めを塗ったりしていたが、とても順調に昨日より疲れはなく泳げたみたいだ。また明日一日泳ぎたい気分だった。
 多分、次の日がないから安心して余裕があったと思う。旦那さんたちもダイビングの通りがかりで応援してくれた。アメリカ人の方も応援してくれた。

110125_114221

 泳いでいる私の姿をライフガードはわかってきて、「次の休憩はこの時間だよ」と言うと、コップに栄養補給が入って直ぐに飲める状態を作ってくれる。

110126_091146

 後、何分泳げば良いかな? と時計を見ると、上からライフガードのシャム(SHYAM:ネパール人)が人差し指を立てて「後一回」と 教えてくれる。
 時計は、私のが秒が大きく見えるように設定されており、時間は小さく設定してあるので見にくいからだ。
 合計28600m。昨日とは泳いだ距離が雲泥の差だったね。
 段々一人で泳ぐコツがわかってきたよ。皆さんの応援の元で無事に二日間を泳ぐことができた。ありがとございます。
 プールサイドでは昨日お会いしたダイビングショップ“Aqua SEOUL”の秋丸さんの奥様が子供さんを迎えに来ていた。いろいろ話したが、「全然疲れてない」とビックリしていたよ。
 そう昨日よりは肩が重たくないし、調子が良いし、いうことない。帰りはガーリーに送ってもらった。

110126_091653

 さあ夕食だ。泳ぎながら楽しみにして何食べようか考えていた。今日は中華料理「大華飯店」に皆で食べに行った。
 どちらかというと私は辛党で、山椒大好き。まあ皆さんがいるからいろいろ頼んだが、お腹が空いている私はがっつりいった。

サイパン12 時間泳 <その2.>

 朝5時に起床。夢は泳いでいる夢ばかり。緊張しているのか? 何せ久しぶりの一人スイムだからである。
 トイレで四回も目が覚めた。旦那さんが帰ってきたのは2時。ドアを開けなくてはいけない。また起きてしまう。後、起きるまで3時間あるが、ぐっすりは寝むれなかった。
 用意は前日に荷造りしていたから日焼け止め塗るぐらいだけど、寝る。
 フロントに預けておいた栄養補給品をもらい、タクシーを警備員に頼むと「さっき、あなたの旦那さん帰って来たよ。友達の白い車乗って、酔っ払って、ここ歩いていたよ」と教えてくれる。
 「ああ、2時頃でしょ! わかったの? 家の旦那さん」、「知ってるよ」
 よく見てるよ、この人。流石、警備員だね。
 タクシーが来て荷物を積みマリアナリゾートホテルのプールへ。
 タクシーでマリアナリゾートのプールまで22.25ドルだが、25ドル払っておいた。
 45分に着いたけど、まだ誰もおらず電灯の下で待っていると、6時ピッタリにライフガードのロイが現れ、やっとプールに入れた。

110126_130608

 ロイはもう何回も会っているから顔馴染みである。塗れなかった背中に日焼け止め塗って貰ったよ。
 用意は簡単。プールサイドに栄養補給品とコップと曇り止めと日焼け止めをと記録する道具を置いて時計をぶら下げるだけだ。

110126_091215

 6時20分にはスタートすることが出来た。
 久しぶりのプール練習。仕事が忙しくて最近一週間に一回しか泳いでいない。さて、どうなるだろう?初めの一本目は100メートル2分10秒。先生は、1分50秒で設定したが、とても遠かった。
 最近スピードが落ちているから、こんなもんだろう。
 ちなみにここは50mプールである。8時過ぎか? 友達のガーリーが現れ、私のサポートをしてくれるようになった。
 休憩時間になれば300mlの栄養補給がコップに入っているのである。そして書くものも横に置いてくれる。
 「いくつ泳いだ?」と関心も持ってくれている。

110126_091538

 そう、サイパンは暖かい国なので紫外線が日本の六倍。下手すれと火傷しかねない。2時間に一回は全身の日焼け止めを塗り替えた。結構時間がかかってしまう。
 始めの入りは40分で1500m泳いだ。かなり予定より少ないが、今の実力で泳ごうと思った。合計25200m。あんまりにも余裕がなく、手探り状態で終わった感じだった。まあまあかな?

110125_090556

 泳ぎ終わって顔見知りの友達に挨拶をする。ダイビングのイントラ二人に会う。どうもスクールをやっていた子供さんのお迎えらしい。こんな所で会うとは・・・。
 4時から2時間、“ツナミ”と言うチームと“サイパンスイミングクラブ”というスクールが二つ入って、子供たちを教えているのである。
 水が汚いから、『ああ横で泳いでいるな』というぐらいしか見えない。
 このプールは海水をろ過したプールで塩素もきつい。私の目はウサギちゃんみたいにまっかっか。プールの水がゴーグルに入ったら、日焼け止めも塗っているのでどえらい痛い!!
 天気が良いと、眩しいのでゴーグルを黒に変えたが、最近使っていなかったか? 老化現象か? 水が入って、入って、どうしようも我慢出来なく、クリアーに変え、目を閉じて泳いでいたね! 時たま水の中で開けるけどね!
 こんなそんなで無事に一日目が終わった。

110125_180852

サイパントレーニング <その1.>

 今回のやろうと思ったきっかけは、1月の末にダイビングで仲の良い阿津坂夫妻(横浜支部)が「サイパンで一緒にダイビングしよまい(しましょう)」と誘われたのがきっかけで、本当は旦那さんが一人で行く予定だったが、「一緒にいこまい(行こう)」と私を誘う。「自分の練習が送れているから行かない」と断ったが、「サイパンで泳いでいて良いなら一緒に行ってもいい」と交換条件を出し、行くことにした。
 どうせ行くなら12時間泳を2日間泳ごうと、昔に戻って一人でやろうと思った。
  一日目(1月24日)は横浜支部の阿津坂夫妻と4ダイブ。
 夜は「アグライ」と言う多国籍料理屋さんで食事をしましたが、『やはり泳ぐ前日はパスタ(グリコーゲン)かな?』と、名古屋風イタリアパスタを頼んだら「こんなの見たことない!」と阿津坂夫妻は写真を撮りまくり。

110124_204058

 ただ鉄板にケチャップ味のパスタが、薄く焼かれた卵の上に乗っているだけなんだけど、私たちの方はこれが普通なんだよな・・・。
 そう、前にも言われた。喫茶店のモーニングを頼むと、小倉トースト? うどん? 卵? サラダ? ヤクルト? タコ焼き? フルーツ? まあ店によってサービスで付くのは様々だが、これが普通だ。
 こちらは結婚式も“派手”というが、モーニングも“派手”かもしれない。

 次の日が早い私は旦那さんを置いて、阿津坂夫妻と帰ることにした。帰り際、ダイビングショップのボスが「頑張れよ」と応援してくれた言葉が印象的だった。そう、始めから2-wayを目指すきっかけを作ったのは、このダイビングショップ「エーストマト」のボスなんだから。

110127_080109

季節の違い

季節の違い
季節の違い
 前に来た時は6月でした。
 少し寒く、ハンテンを着て餅搗きに参加したことを覚えています。
 ただその時はたくさんの露天風呂に感動し、「入浴中」の札を出しとけば誰も入ってこないので、主人と一緒に入ってのんびりと川景色を楽しんでいました。

 松坂牛もすき焼きではなく、ステーキでした。
 今回はただ単に「一月」ということで雪のことは頭に入れず、前のイメージ感覚で計画をしました。
 でもこんなにも雪が降ったり、積もったりしているなんて予想外の収穫でした。

 まあクルマはスタッドレスを履いているし、主人は雪道の運転に慣れているので不安はありません。
 槍見館に着くや否や私は手袋をはめ、回りの皆に雪をかけまくって遊び出し、朝は4時から新雪を掻き分けビールを持って露天風呂にレッツゴー。
 浴衣なんて雪でびちゃびちゃです。
 次から次へと吹雪の中を歩き、温泉に入り、その街灯に写る雪が風のなびく方向でダンスをしているような風景を観察していました。
 それを湯に浸かりながら眺めて楽しんでいました。
 これは子供たちにも味わせなくてはと、呼びに行き第二段の始まりです。
 こんな経験はめったに出来ません。
 いつしか温泉に入っても雪合戦が始まり、30cm積もった雪は所かまわず雪玉製作の原料に困ることはありません。
 気温は−13℃。
 寒くなったら頭まで温泉に浸かれば良いのです。
 最後は桶を持っての掛け合いですが、私はただ単に楽に入れる温泉より、雪を掻き分けて道を作り温泉まで行く方が好きです。
 雪合戦も楽しかったです。
 そう、飛騨牛のすき焼きも美味しかったです。
 また私は雪が降って積もっている時に、二泊ぐらいで行きたいです。
 マスターズの皆さんは「僕は、幸せだぁ」と喜んでくれましたよ。
 幹事をやらさせて頂き、皆さんの協力の上で新年会が無事に終わりホッとしました。
 残念なことは、肝心な安城マスターズの会長が参加できなかったことでした。
 いつもご苦労様です。
 また、一緒に行きましょう。

餅搗き

餅搗き
 ここは毎日9時から餅搗きが始まります。
 お客様にも搗かさせてくださいます。
 そして最後には黄な粉餅と大根おろしで搗きたてのお餅を食べさせてくれます。
 凄く伸びて美味しかったですよ!
 フランス人の夫婦がいらして、ペッタンコ、ペッタンコ。
 楽しかったです。

 11時にチェックアウトなので、それまで部屋の露天風呂に入り、私たちの部屋の露天風呂VS隣の部屋の露天風呂で雪合戦とお湯の掛け合いが始まりました。
 境はもちろんありましが、上が少し空いており、その隙間から雪玉を投げたり、オケでお湯を掬い投げたり、もう無茶苦茶やりたい放題やっています。
 最後の最後まで楽しい温泉旅行でした。

朝御飯

朝御飯
 おかずが美味しくて、皆さん五杯は御飯を頂いておりました。
 キンは一杯だけです。

1月16日 朝露天風呂(気温−13度)

1月16日 朝露天風呂
 どうも夜遅くまで起きているのが苦手な私は、昨晩8時過ぎには寝てしまいました。
 でも今朝は4時からビール片手に張り切って部屋についている露天風呂へ。
 ビールを飲みながらの朝湯は、まだ暗くても「雪明かり」で景色を眺めることが出来ます。
 昨晩からの降雪は30cm以上。
 見事な雪景色は、心を新たにしてくれますね。

 寝ている場合ではない! と私はボアンを叩き起こし、
「帰りのクルマで寝れば良いから、露天風呂へ行こう!」
と誘い、一緒に行きました。
 まだ誰も起きていません。パンツ、ブラジャーは無し、浴衣とハンテンをはおってビール二本持って、長靴を履いて外へ出ました。
 まだ誰も足跡をつけていない新雪を掻き分けて歩くのです。
 でも浴衣が邪魔で捲り上げ、観音様の下ギリギリで縛りました。
 坂を下るのですが、階段も埋もれて見えず、感を働かして昨日入っていない露天風呂へと歩きました。
 途中、滑って尻餅ついたり、木の枝の雪が降ってきたり、まるでアドベンチャーです。
 温泉に浸かりながらビールを雪にくすげ、冷やかしました。
 ブランコや滑り台がある露天風呂。
 泡の出るでる露天風呂。
 いろいろあります。
 もちろん浴衣を入れるカゴなんて雪がついており使えません。
 持って行ったカゴに入れ、お風呂の近くで長靴を脱ぎます。
 そう出るときはタオルで拭かずそのまま長靴の中に足を入れ、そのまま浴衣を着ます。
 寒くて拭いている場合じゃないし、浴衣は雪がついて凍っているし、細かいことは気にしていられません。

 そうお風呂に入って雪が風に乗って方向性を変えながら吹雪になっています。
 その姿はまるで魚の群れに見えましたよ。
 凄く綺麗でした。

 二人で見ているだけではもったいないと、子供たちを起こして再び露天風呂へ。
 足跡を私たちが作っておいたので歩くには先程より楽でした。
 子供たちの中にはそんな所を歩くのが初めての子もいて、ビビっていましたよ。
 さあ子供たちが集まれば雪合戦です。
 昨日とは雲泥の差の雪をかき集め、裸で雪合戦は、投げては温泉に潜り逃げ、作っている間に、雪がゴツンと当たり、必死の戦いが1時間にかけて行われました。
 子供たちは疲れを知りません。
 ボアンとキンの負けですね!
 8時からの朝御飯までしっかり遊びました。
 お陰で私の体重は60.8kgです。
 少ないですね!

晩御飯

晩御飯
 めちゃくちゃ美味しいですよ!
 特に飛騨牛のすき焼きは食べ切れないぐらいだし、家ではこんな高級なお肉を食べられない!
 最高でした。
 大葉の上で漬物とバターと味噌をすき焼きが終わったコンロで焼きました。
 上手い!
 御飯の上につけて食べましたよ。
 イグアナの土瓶蒸し、美味い!
 も〜、幸せです。

うちぶろ

うちぶろ
 露天風呂の後は家風呂に入り、髪を洗ったり身体を洗ったり、檜風呂につかり、のんびりしました。
 部屋に戻ると一時間はお風呂に入ってたみたいで、夕食まで残り一時間は男性の方たちとこたつに入り、ビールを飲みました。

露天風呂 夕方

露天風呂 夕方
 雪合戦で1時間遊び、いざ露天風呂へ。
 雪景色を見ながらのんびりと混浴に入っていたら、若い男性の方が入ってきたのにはビックリ!
 ボアンと稲垣家の子供たち三人と私は、隅っこに引越し!
「私たちが入っているのが見えなかったのかね!?」
「見たよ! あの人が男性の着替える部屋に入る時、目があったよ」
と静かに噂をし、
「早く出んかね、私たち出れんじゃん!」
と笑いを堪えながら、スゴスゴと私たちは出ていきました。
 あれ以上入っていたら、のぼせてしまいます。
 相手の男性も後ろ向きになり、私たちを見ようとはしませんでしたよ。

着いてから

着いてから
 「槍見館」に着いてから積もっている雪を集めて雪合戦です。
 子供に戻りました。
 あげくの果てには雪の積もった木の下でザンゲをし、その雪を被るという何とも冷たいシーン。
 お蔭様で雪はサラサラなので直ぐに落ちますが、雪が長靴に入ったり、首から入ったり、往生こきました。

安城マスターズ新年会(1月15日)

 毎年毎年、安城マスターズの新年会は、ここ5年ぐらい幹事を私がやっていて、知多郡のフグやタコで有名な島「篠島」の民宿「一栄」で行っていました。
 近いので昼から出て行き、一泊して次の日の昼頃解散というパターンでした。
 でも今年は嗜好を変え、前に市場(フジタヤでも出店している)の若い衆10人ぐらいで行った温泉がもう一度行きたくなり、少し遠いですが岐阜県の新穂高温泉「槍見館(やりみかん)」へ行くことにしました。
 ここは露天風呂が8個ぐらいあり、内風呂は檜風呂が二つあり、炭酸水素ナトリウムが入っております。
 そして部屋にも露天風呂がついており、少しお風呂に関しては贅沢出来る所であります。

 午前9時フジタヤ集合。
 雪の心配もあり、早めに出掛けましたよ。
 三回休憩して槍見館についたのは14時少し過ぎ。
 チェックインが14時なのでスムーズでした。
 まあ途中、雪道でのんびりゆっくり運転していましたが!

1st leg

1st leg
1st leg
キンちゃん、1st legは3時間05分でした。
10時10分に大瀬崎を折り返しましたが、そのまま乗船しました。
つまり1-wayで3時間05分です。
現在、帰港中です。

風
現在、キンちゃんが淡島をスタートして2時間が経過しました。
GPSでは残り1時間。順調に進んでいます。
水温は相変わらず15℃。天候は曇り空です。
変わったのは、朝の時点で風が無かったのに、今は北風が4.6mで吹き始めました。
気温は朝が2℃、途中、5℃まで上がったのですが、北風小僧が出てきてから1.4℃まで下がりました。
体感温度ではマイナスです。
思わず歌っちゃいます。
♪北風小僧の寒太郎〜
今年も山からやって来た〜
ヒュルルン、ヒュルルン、ヒュルルルンンルンルン、寒うござんす、ヒュルルルルン〜♪

そういえばFINA(国際水連)では今まで曖昧だったOWSレースの水温を「16〜32℃」と定めてきましたね。
まあ日水連も右へ習え!で同じになるのでしょうが、気温はまだ定まっていないようです。
いずれにせよその規程より低い温度でキンちゃんが泳いでいるのは事実ですが・・・。

予定は3-way

予定は3-way
おはようございます。
キンちゃん、本日は3-wayの予定です。
天候は曇り。水温15℃。風は無く、遠泳日和です。
菊地さん(船頭さん)から「朝は寒いから、明るくなってからスタートした方が良いのでは・・・」とのことで、07:05に淡島をスタートしました。
確かに明るくなってからの方が楽です。

本日の概況は次の通りです。

内浦三津
北緯 35度01.0分
東経138度54.0分

2011/01/11(火)
日出 06:52
日入 16:51
月出 10:15
月入 23:19
月齢 6.7
潮名 小潮
干潮 02:47 0.52m
満潮 09:23 1.42m
干潮 15:48 0.65m
満潮 21:29 1.16m

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
仕事が年末年始は書き入れ時の私は、朝から晩までとても忙しかったです。
お蔭様で体重が60kgになりましたよ。
今も製造が忙しくて目が回りそう。
そんな中、海練習を行うため静岡に足を運んでいます。
プールでは二週間ぶりに5日、高橋さん達と竜城で朝練習。
9日はミキティと一緒に練習しました。
最近マジで忙しくて泳いでいません。
とっても焦っています。

HAPPY BIRTHDAY!

1月10日はキンちゃんのお誕生日。
えっ!? 何回目の誕生日か? って?
イギリスでは「18回」でも通用したな。
日本では「28回」と言っても信じる人がいたな・・・。
でも実際は・・・。
明日はバースデースイムをします!
寒い〓かな??

「富士山の話をしよう。」

 毎日(月~金)、13時から東京のTBSラジオで放送されている「小島慶子キラ☆キラ」という番組があります。
 番組コンセプトとしては“「くだらない」「どうでもいい」一見そんな風に見えるテーマを日替わりでお出ししております。でも、あ~ら不思議!くだらなく見えたことを、みんなでああだこうだ言ってるうちに、意外な発見が立体視のように浮かび上がって来ます!午後のひととき、そんなキラキラしたラジオ体験を「小島慶子キラ☆キラ」でしてみませんか?”というものです。
 1月6日(木)のテーマは「富士山の話をしよう。」
 パートナーは「ピエール瀧」。

 キンちゃんの富士山をバックに写した海練習の写真をつけて投稿してみました。

<<メッセージ>>
ラジオネーム:トラ
富士山、1年を通じて駿河湾で泳いでいます。
そこから眺める景色は綺麗ですよ。
Pc230153_2以前、富士山をバックに泳いでいる写真がグランプリになりました。

 これが採用されました。
小島「ウワ~、スゴイ!!」
瀧「オオ、これは本格的ですねぇ~。水辺でパチャパチャやっている水泳ではない。駿河湾でもそうとう沖に行って泳いでいますね」
小島「この“トラさん”って、何をしている人だろう?」
瀧「きっとトライアスロンかなんかやっている人じゃないですか? だから“トラさん”」
云々

 番組としては
番組中、自分が住んでいる所で富士山が見える!という方の情報を募集。「富士山はどこまで見えるのか?調査」を実施!
富士山とその場所の距離を測るため、手作りの定規を製作。しかし定規のメモリぜんぜん違う!スタジオは大混乱。
が盛り上がっていましたが、「富士額」について小島さん、瀧さんともどもあまりご存じないことに私はビックリ!!
 「富士額」は死語になりつつあるのでしょうか?? と心配になりました。
 すると「富士額」の投稿がたくさんあって、一番盛り上がったのは沖縄の“富士額ネコ”でした。

 TBSラジオがお聞きになれない地域の皆さんにはパソコンから「ラジコ(radiko)」で“TBSラジオ”を選ぶと聴くことができると思います。

低体温症

 もしこれから「冬の海練習をやってみようかな」と思われた方がいましたら、短い時間から始めることをお勧めします。
 この「短い時間」とは、水温が16℃で30分くらいです。もちろん水温が下がればより短い時間になり、水温が上がれば少しくらいは長く泳ぐことも可能ですが、20℃未満なら1時間を限度と考える方が無難でしょう。
 ちなみに一般公開する公共のプールでは、水温が23℃以上で気温の℃数との和が50℃以上でなければなりません。つまり水温が23℃なら気温は27℃以上なければ一般公開は出来ないことになっています。
 最近の室内プールの場合、水温も気温も30℃以上(水温30℃以上+気温30℃以上=60℃以上)に設定されていますから、それに慣れている温室育ちスイマーの皆さんにとって、23℃はかなり冷たく感じるでしょう。
 少し表っぽく表現してみましょう。(温度=気温+水温)
    a. 温度60℃:屋内プール
    b. 温度50℃:一般公開可能
    c. 温度40℃:中学生以上の水泳部などが活動開始
    d. 温度30℃:ドーバー海峡など泳ぐ場合
    e. 温度20℃:特殊なスイマーのみ
    (ほぼ水温と気温の温度は一致している)
 “c.(水温20℃)”くらいで、1時間程度を泳ぐことから始めるのがお勧めです。確かにドーバー海峡を泳ごうとするスイマーは「16℃以下の水温で6時間以上泳いだ証明」が必要になります。だからと言っていきなり16℃の水温で体力の限り泳ぎ続けるのは危険です。
 低体温症(ていたいおんしょう:Hypothermia)とは、低温環境下におかれた生体の低体温化による生体機能の障害を言います。ひどい場合は死に至り、これを「凍死」と呼びます。特に低水温の場合は意識が低下してきます。こうなる前に泳ぐことをやめるべきです。
 寒さに強くなるには太った方が良いようでが、一昨年、昨年とドーバーで友だちになったスウェーデン人スイマーたちは、それほど太っていない(標準的な体型)のに寒さには強かったですね。もちろんスウェーデン人全員が寒さに強いわけでもないでしょうが、友だちになったスイマーたちはかなり寒さに強かったですよ。
 逆にメキシコなど、暖かい国からやって来たスイマーはゴリラのようなマッチョ体型でしたが、多くのスイマーがこの低体温症で失敗していました。(もちろん暖かい国から来たスイマーでも成功者はたくさんいますが・・・)
 このような傾向はおそらく今まで練習してきた水泳場(環境)の違いだと思われます。実際、寒い国に住む人々と、暖かい国に住む人々では汗腺の数も違うそうで、寒さ暑さに対する体温調整の機能が各々に適応されているようです。
 もともと人々には“適応力”があって、トレーニングすることによって適応されていきます。低水温には時間をかけてゆっくりトレーニングしてください。
 いきなりキンちゃんや湘南の主さんの真似はしないようにしましょう!!

Egao  いつも練習は笑顔で終わるようにさせたいものですね。

上には上が!!

 世界のいろいろな国や地域から“2011年、初泳ぎ”の知らせが舞い込んでいます。カナダでは気温が2℃、水温が10℃のビーチに約700名の人たちが水着で初泳ぎを楽しんだそうです。
 イギリスでは7.5℃の海水で泳いでいるそうです。(写真)
 もちろん南半球のオーストラリアや南アフリカでは今が夏ですから普通の海練習ですが・・・。
 日本でもそろそろ寒中水泳の声が聞こえてくるでしょう。

166859_10150369004860571_599785570_

 さて、以前にこのブログで“私の通うプールでの最高齢は女性が84歳、男性が81歳”と紹介した記憶があるのですが、最近、その誤りに気付きました。
 男性の最高齢は現在89歳、今年5月で90歳を迎えるAさんです。
 見た目、肌艶も良いので『70歳代だろう』と思っていたのですが、お年を伺ってビックリ!!
 Aさんは“マラソン界”では「知る人ぞ知る」名物ランナーで、何と還暦を越してからマラソンを始められたそうです。
 次の霞ヶ浦のマラソン大会で完走すれば“世界記録”になるとか!!??!!
 水泳もよく泳がれていて、マスターズの大会にもよく出られています。それも200m個人メドレーとか!!??!!
 ホントにビックリしました。
 これを知ったとき、“100歳現役”を目指されている湘南の主さんを思い起こしました。
 もうすぐ還暦で、“もう年だ・・・”なんて考えている私が恥ずかしい・・・。
 もう少し現役で楽しもうと思いました。
 これを今年の目標にします!!

謹賀新年

Photo 明けましておめでとうございます。すでに地球上はすべて2011年になったはずです。

何処の国でも新年を迎えるときは派手なようです。

イギリス(ロンドン)を見てみましょう。

London Fireworks on New Year's Day 2011 - New Year Live - BBC One

ところで昨今、ヨーロッパでもアメリカでも猛烈な寒波が来襲しているようです。

コロラド(アメリカ)では道路凍結によるスリップ事故が!!!

20 Car Pile up on South Carefree and Powers Colorado Springs Part 1

日本でも昨年暮れから今年にかけて、降雪によりトラックや自動車が動かなくなったとか・・・。

その割りに新潟県のスキー場ではまだ雪不足とか・・・。

いずれにせよ今年も良い年になりますよう、宜しくお願いいたします。

病気、事故や怪我などありませんように!!

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BV

  • BV