無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

7月3日(tora)

到着

 成田をブリティッシュの6便は予想通り(?)30分遅れて出発になった。さすが“嵐を呼ぶ女”キンちゃんである。「遅れた理由は“テロ”なんかではありませんよね?」と私は係りの人に確認をしたくらいだった。係りの人は笑って「テロではありません」と教えてくれたが、過去にロンドンテロの真っ只中でキンちゃんと私は到着したことがある。まあ話せば長くなるので避けるが、普通に飛行機に乗れるのが珍しいくらい我々には“何か”があった。

 それでもようやく成田で飛行機に乗って、11時間30分後にロンドン、ヒースロー空港へ着いた。ヒースローの上空で何回か旋回したが、それはテロへの警戒ではなく、単なる着陸の順番待ちだったらしい。空港は去年まで作っていた「ターミナル5」が完成していて、初めてターミナル5に降り立った。感想は何だか成田みたいだ。近代的だがヒースローらしさは何処にもなかった。

 空港からはチューブ(地下鉄)「ピカデリーライン」で“サウスケンジントン”にて「サークルライン」に乗り換え、ヴィクトリア駅へ。ヴィクトリア駅からはイギリス国営鉄道にてドーバーへ。ドーバーの駅から宿まではタクシーで。

 メールで宿の主人には「午後7時頃到着します」と送ったが、実際に宿に着いたのは午後8時を回っていた。

P70700162 宿は去年と同じところだが、去年は1階。今年は3階、最上階である。しかもリビングルーム(約10坪)、シャワー&トイレルーム(3坪)、ダイニング&キッチンルーム(約5坪)、物置部屋(約1坪)、階段を上がって屋根裏部屋にベッドルームが2部屋(約6坪+約5坪)。まあ二人で生活するにはもったいないくらいの大きさである。おそらく4人が楽々と暮らせる大きさであろう。

 そして何よりも嬉しかったのは洗濯機があったことだ。キンちゃんは「こんな小さな洗濯機、洗うのに何回も回さなきゃならん。」と少々ご不満なようだが、私にしてみればこれで洗濯代が浮かせる。今まではコインランドリーに行っていたからである。他には大きな冷蔵庫。フリーザーが付いてまあかなりの量を買い置きできる。これはキンちゃんが喜んだ。もちろん家具や食器はほとんどが揃っている。またハウスキーパーがほぼ週に2回くらいやって来て、ゴミ処理やシーツ&タオル交換もやってくれる。

 これだけの施設・設備とサービスがあって1週間の賃貸料は日本円で約3万円。ドーバーの安いB&B(朝食付きの民宿みたいなところ)が1人1泊5,000円くらい。2名なら1泊10,000円で、1週間なら70,000円。まあ何回もドーバーに来ているからであるが、かなりリーズナブルな宿と言えるだろう。

 しかし我々は長旅で疲れきっていて、荷物を置くとさっそく近くのコンビニ(オールディズ)に行き、ビールと簡単な夕食(フィッシュ&チップス)を買い込んで帰ると、食事をしてシャワーも浴びずにそのままベッドに潜り込んで寝てしまった。

7月2日(tora)

出発

 この日、「朝練習に参加してから家を出たい」とキンちゃんから連絡は入っていた。まあ出発日まで練習するなんて、さすがと言うか、余裕と言うか・・・。

 とりあえずお昼の12時過ぎに東京駅で待ち合わせをした。そんな折、「今から新幹線に乗る」キンちゃんから連絡が入った。さらに「このまま乗り換え無しで新幹線に乗って行けば良いんだよね!?」と聞いてきた。ああキンちゃんらしい・・・。旅程表を全然読んでいない。まあ「わからないときは私に聞けば良い」と言う見え見えの魂胆なのだが、「豊橋で乗り換える! 豊橋で!!」と大声で伝えた。「わかった、わかった」と簡単に答えてくるが、ホントにちゃんとわかっているのか!?

 まあ一応はこちらの指示した新幹線でキンちゃんは現れた。東京駅で昼食を取り、日暮里から京成線で成田へ。空港では翌朝に我々が乗るブリティッシュ・エァーのカウンターを確認してホテルに向かった。そう、実際の出発は翌朝なのである。

 成田のホテルでチェックインが終わると、我々は夕食と翌日の朝食を買いに近くのコンビニまで行く。そう、キンちゃんはあまり外食が好きではないようだ。食材をホテルの部屋の冷蔵庫に入れると、ホテルにある宅配便を計量する秤を借りてきて我々の荷物を調整した。そう、キンちゃんの荷物も私の荷物もギリギリで23kgを越さないように。

7月1日(tora)

仲間

 今年の4月にキンちゃんの“80km泳”でサイパンに行った帰りの飛行機。手荒い扱いでスーツケースを壊された。まあ保険で直そうと思ったら、修理屋さんから「修理不能」との返事。やむを得ず買った額面の半額が保険から戻るとの事(古いから)。仕方なくそれでスーツケースを買うことにした。

 スキー仲間のダイちゃんは「大野カバン店」で働いている。ダイちゃんに頼んで壊れにくいスーツケースを新調することにした。

 で、6月のキンちゃんの海練習、「2日で6-way」のとき、記録用紙が忽然と姿を消した。おそらく海に落ちたのだと思うが、とにかく風速を計測するため風速計を風にかざしてその記録を記入しようと思ったら記録用紙がなくなっていた。海に落ちれば音もするだろうし、第一、菊地さんが私のすぐ後ろで操船している。その菊地さんがまったく気付いていない。それはあたかも異次元空間に行ってしまったように、ホントに「忽然と姿を消す」と言う表現がピッタリの無くなり方だったのだ。

 まあどんな無くし方にせよ、無くなったのは事実で、何よりもショックだったのは、その記録用紙はノートになっていて、そのノートごと、つまり過去の記録もすべて失ってしまったことだ、まあ概略は帰ってからパソコンに打ち込んであるが、リアルタイムで詳細な記録は無くなってしまった。

 そこでダイちゃんに電話した。今までの記録用紙はバインダーのついたバインダーに挟んで使っていたが、ドーバーのビーチでフリーダたちが使っているバインダーをイメージして、さらに私のわがままを言った。すると「それは画板のついたカバンと言うか、カバンのついた画板と言うか・・・。とりあえず作ってみますね。」と作ってくれた。

Dcf_01792 その受け渡しが今夜なのだ。まあ「壮行会」と言うわけでもないが、あべさんやウリちゃんも集まってくれた。話は盛り上がって楽しくて美味しいビールだった。

 トラジオンの事務所整理とドーバーへの荷作りはキンちゃんの荷物表もあってか順調に終わっていた。もちろんエコノミーで行く私たちには飛行機の預け入れ手荷物や機内持ち込み手荷物には厳重に重さや大きさに制限があって、さらにはキンちゃんから「重量制限の23kgを少し越した」との連絡も入っていた。まあ宿泊先がウィークリーマンション。自炊式だが日常生活品は“現地調達、現地廃棄”にしていたし、まあ3週間はいるわけだが観光旅行と違って“一都市滞在型”だから、思いのほか荷物は少ない。

 とは言っても機材があるので簡単に制限の重量、23kgは越してしまう。服を減らし、機材は必要最低限に抑える。それでようやく20kg。残りの3kgはキンちゃんがオーバーした荷物が入る。

6月30日(tora)

準備

 今年、ドーバーに行くに当たって事務上の手続き(CS&PFへの申込書、診断書、誓約書、6時間泳の証明書、航空機の往復チケット、宿の手配等)は、4月いっぱいの段階でほぼ終了していた。だが6月いっぱいまでは多忙で、旅程表や予算書を作るのが精一杯。ドーバー行きの荷物準備などはまったく出来ていなかった。キンちゃんは「あと下着くらい入れれば全て終わり!」との連絡が入っていて、まあ、キンちゃんからの荷物表も届いているし、初めて行く場所でもないし、そこそこの要領は得ているつもりでいた。

 それにしても何も出来ていない。今日、イギリスで着る予定の服を洗濯したのがやっと程度で、ホントにこれで明後日に行けるのだろうか!? とりあえずトラジオンの仕事は7月から夏休みにした。明日は久しぶりのお休み。明日に集中して準備とトラジオン事務所の整理を終わらせるのだ!!

ただいま!

ただいま!
無事に帰国しました!
皆さんの声援を感謝します!

キンちゃんのコメント

キンちゃんのコメント
始めにお断りしておきます。写真はフランスへ力泳中のキンちゃんですが、画像がこちらで方向を変えることが出来ません。
皆さんの方で向きを直して下さい。

14時間02分で無事に1-wayを成功しました。
イギリスとフランスの付近は波がありましたが、他は凪でした。
水温は16〜17℃、気温15〜21℃。
泳ぎ初めて2時間くらいで足が痛くなり始め、バランスを整えながら腰の位置を変えたりして泳いでいました。
最後は4時間ダッシュです。潮が速くて速くて、パイロットのニールが「ミユキに30分ダッシュをさせるぞ!」と船に置いていかれ、必死に泳ぎました。この時は不思議と足のことはすっかり忘れ、それが幸いでした。
今思えば、泳いでいた場面を思い出し、楽しかったです。
ニールは、「ミユキ、2-wayじゃなくてもいいのか?」と、何回かコーチに聞いたそうです。
船に上がっても元気なキンは、ニールに同じことを言われました。
やはり日本の海練習が答を出してくれました。
手もかじかまず、震えもなく、身体は調子良かったです。
皆さん、応援ありがとうございました。キンはまたもややりましたよ。
ドーバーでも今回泳ぐのに皆さんから応援メールやご支援をいただき、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました。
尚、この日、イギリスからフランスに向けて5隻のボートがほぼ同時に出ましたが、その中でキンは断トツ1位になりました。ニールも鼻が高いでしょう。

完泳

完泳
キンちゃんが14時間02分でフランスに到着しました!

10時間泳ぎました。

10時間泳ぎました。
フランスまでの最短距離は約8kmです。でも目的地までは約15km。
つまりこれから流されて行くわけです。
更に“魔のフランス手前3km”が残っています。
まだまだどうなるかわかりません。
スタート時の気温が18℃だったのに、明け方は15℃まで下がり寒かったです。
船のラジオの天気予報では「ドーバーの最高気温は25℃」と言っていたのが「嘘!」と思うほど曇って17℃くらいまでしか上がらない寒い日でした。
しかし午後から晴れて今は20℃を越しました。かなり楽です。
水温は16℃台。波高は1.0〜2.0mくらい。
潮は速いですが、待っただけあって、風速は2〜3m。
このまま上手く行けるように努力します。
写真はフランスに向かって力泳するキンちゃん。
写真の向こうにフランスが見えますか?

スタート

スタート
キンちゃん、イギリス時間01:36にスタートしました。
水温17.1℃、気温17.7℃。他にもいくつかの船がスイマーをスタートさせました!
写真、暗くて見えるでしょうか?

Nothing Great Is Easy

Nothing Great Is Easy
“Nothing Great Is Easy”「偉大なことで簡単なことは何もない。」(キャプテン・マシュー・ウェッブ)
写真は今もドーバーの海を見つめるマシュー・ウェッブの像とキンちゃんです。
ウェッブがチャネルスイマー第1号であり、彼の「水着以外に何も付けない」という伝説が、今もドーバーを泳ぐ人たちの間で生きているのです。
キンちゃんのコメントです。

バレーボール、上手くいくことを祈っています。
三浦雄一郎さんのテレビ、私も見たかったですね。尊敬する方です。誰かビデオに録画していないでしょうか?
目標を持ち、それを更に継続するということは大変なことだと思いますが、そういった方達の違いを、今年のビーチでつくづく感じました。
ドーバーでの出来事、ハプニングをお話したいです。いつも私は感じでいるからです。
日本に戻ったら、今年のドーバーで何が起きたか、少しずつこのブログに掲載されるでしよう。

キン

No go home.

No go home.
何からどのように話したら良いかわかりませんが、話は二転三転してキンちゃんの週末は普段通りにボランティアに勤しんでいました。
まだキンちゃんはドーバーを泳いでいません。
また泳ぐ予定は今週の水曜日で、1回しか泳ぎません。
また2日間ほど滞在期間を延長しての挑戦になります。
他のボランティアやスイマーから“No go home.(帰らないで)”と言われています。
そのキンちゃんのコメントです。

いつ泳ぐのか? いつ泳ぐのか? とわからないまま、もう17日間も愛の修行的日々が過ぎました。
もう大潮でしょうか?
23日、ドーバーを去る予定でしたが、何とか天候が良い日に泳ぎたいと願い、帰りを2日間延ばしました。
今日は日曜日です。本来なら今日が泳ぐ予定でしたが、「波がサーフィンが出来るほどの波高だ!」と言われ、やめました。
アリソンの話しだと「天候は回復していく。」とのことで、火曜日と水曜日に泳ぐことになりました。これが最後のチャンスです。日本に戻り次第、山ほど、やることが待っているのです。もう少し滞在出来れば次の潮を待ち、良い条件で泳げたかもしれません。
まあ、この先どうなるか分かりませんが、帰る日まで良い天気を待ちます。
毎日の体調管理、精神状態、ドーバーの天候、コンディション維持に忙しいです。
先程、ニール、アリソン、フリーダと会い、「月曜日と水曜日はどうだ?」と、また、変更を言われましたが、私は、金曜日の夜から考え事が多く、あまり睡眠が出来ていません。
火曜日、水曜日と言われていたので、体調管理をそちらの方に持っていました。
月曜日に泳ぐ予定なら朝1時スタートになります。
体調管理以外はベストですが、日曜日、ずっとボランティアをやっており、その後に聞いた話しなので、もう私には無理です。
風も強いです。和えて今年のドーバーは、予定ですが1-wayを一回チャレンジすることに変更しました。
天候は日に日に良くなるみたいです。それを信じて水曜日の朝のスタートを待つばかりです。

イギリスの天気

イギリスの天気
キンちゃんは毎日ドーバーハーバーでは泳いでいるものの、ドーバー海峡はまだ今回、一度も泳いでいません。
アイスランドの大男、ベンディは16時間で念願のチャネルスイマーになったようです。「一緒に泳げなかったことが残念だ!」と言ってくれました。
現在、イギリス上空には大きな低気圧が停滞し、そこから伸びる前線が大きな「人」の字を作っています。
明日(土曜日)にその温暖前線がドーバー海峡を通過するようです。
通過後は大西洋高気圧が張り出して、天気は快復するそうですが、潮はどんどん早くなる一方です。
キンちゃんのスタートは日曜日になりそうですが、スタート時間は午前1時頃になる見込みです。
それが終わるとすぐに2回目を泳ぎ、水曜日には帰国する予定です。
ハァ〜〜〜

写真はいつも明るく、よく面倒を見てくれるボランティア“サム”と。

ドーバーの風

ドーバーの風
今日は7月15日。朝から曇りで風が強く、今日泳ぐ予定のベンディ(アイスランド人男性)は「今日はこの天気で泳げなかった。」とビーチで会った。
昨日は天気が良かったので、3名の2-wayインド人女性リレーチームが泳いだが、3〜4mの波で1人1時間泳を3ローテーション、つまり「9時間泳いだところでピリオドを打った」と言っていた。1-wayも終わったいなかった。
昨日は1-wayソロスイムに挑戦し、2名のアメリカ人男性スイマーが10時間台と言う好記録で成功した朗報を聞いたばかりなのに、今日はあまり良くない知らせばかりだ。
気分一新して奇遇な話をすれば、ベンディは昨年キンちゃんと一緒にシェークスピアビーチをスタートした仲なのだ。
お互いに握手をし、「フランスまで泳ごう!」と約束したのに、ベンディは5時間でリタイヤした。
お国がアイスランドと言う寒いところ。寒さは問題ないのだが、波が高過ぎた。
この日、フランスまで泳げたのはキンちゃんだけだった。
偶然、明日また同時スタートになりそうだが、こんなこともあるのだと神様のいたずらには驚かされるばかり。
写真はビーチから見えるドーバー城。城の上には旗がひらめいており、今もドーバーを航海する船乗りの良い風情報を提供していると言う。
ケータイ写真なので見えるかな?

応援して下さっている皆さんへ

応援して下さっている皆さんへ
応援ありがとうございます。
ドーバーの天気は相変わらず不安定で、今だに泳いでいません。
今日は朝から物凄く良い天気で、スイミングコートはハウスに置いてきたものの、10時ぐらいから曇り空。風が出て来てボランティアしている時はとても寒かったです。
でも晴れると暑くて半袖になります。
水温は15℃と冷たかったですが、7時間泳ぐ人がいるので栄養補給を渡しています。
2時間を私は泳ぎました。
気温は18℃です。
アリソンが来て「ミユキ、多分水曜日に泳ぐよ!」と言われましたが、早く泳ぐ日が来ないと潮が速くなるばかりです。
まあ2ウェイを目指しているので何時間でも泳ぐのが当たり前の世界ですが、モチベーションをそのように持っていきます。
写真はアイリーンとボランティアしているところです。
日本は物凄く暑いみたいですね。
イギリスにいると感覚が鈍いです。
外にでるときは帽子を被って、たくさん水分を取るように。身体に気をつけて下さいね!
キンは、頑張るから〓〓

ドーバー、週末の海練習

ドーバー、週末の海練習
本日のドーバーは水温15℃、最高気温18℃、とても寒いです。
それでも約60名のスイマーが集まり、最長で7時間まで泳いで帰って行きました。
2時間泳までの人は黄色のスイムキャップ。それ以上、7時間泳までの人は赤色のスイムキャップです。
スイムキャップにはそれぞれナンバリングがしてあり、泳ぎ出す前に名簿が作られています。
黄色のスイムキャップの人は黄色の旗、赤色スイムキャップの人は赤色の旗のところに自分の履物を置いて泳ぎに行きます。(写真参照)
履物は潮の満ち干きによって最適な場所に移動されます。(干満の差が3m以上あるため)
ちなみに真ん中に置いてある袋は6時間泳以上のスイマー専用。
本日の人数の内訳は、約20名が黄色のスイムキャップ、残り40名が赤色のスイムキャップ、内、10名が6時間泳以上でした。
人数が多いので、このように管理しないと面倒が見きれません。
で、今日はフランスが見えます。ドーバー港の出入口の向こうにフランスが見えています。写真ではわからないと思いますが、写っているはずです。まあ想像でお楽しみ下さい。
そうそう、キンちゃんは今週の水曜日に泳ぎそうです。
しかしもし仮に水曜日に泳ぎ出すとするなら、潮汐表から出発時間は午前10時過ぎになります。
仮にそうなった場合、約15時間で完泳すると仮定して、フランス到着は深夜、翌日の午前1時です。
潮も早くなってきているし、水温も低いのでかなり辛そうですが、まあそれでも来年の2-wayを目指すキンちゃんは、そこそこにモチベーションを上げています。
きっと上手くいくでしょう。

ドーバーの天候

ドーバーの天候
7月10日現在、ドーバーの天気は悪く、毎日が雨か曇りです。
風は7〜8mと強く、キンちゃんがドーバーを泳げるのは来週です。
ビーチでの水温は16℃。ドーバーでの最高気温は20℃に手が届いたり届かなかったり。
先週の土曜日までフランスが見えていたのですが、それ以降は見えません。
とりあえず天候の快復を祈るばかりです。

追伸
イギリスのBBCでも日本の北海道、洞爺湖のサミット、G8はトップニュースで報じられています。
そういえば去年は新潟の地震で安部さんが映っていましたが、今は福田さんです。
何か一年が早いなぁ〜。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV