無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 肩痛 | トップページ | 泳いでいるモノは »

経過






7月18日、水曜日。ドーバーの天候は相変わらず風が強く、晴れたり、曇ったり、雨が降ったりの忙しい天気が続く。

テレビニュースではイギリスの地方によって水災害が出ているようだ。日本でも「床下浸水」とか「床上浸水」とかマスコミを賑わしている時季だと思うが、今年はどうなのだろう。

キンちゃんは「完治まで後30%。」と言うが、どう見ても首は回らないし肩も痛そうにしている。まあ快復度50%かな。

午前中に再び両替、買い物がてらにビーチまで散歩した。ビーチでは小さなお子さんを連れたスイマーと、そのご両親らしきお二人の計4名がいた。おそらくこのご両親は孫の面倒を見るためにここまで来たのだろう。娘さんはどうしてもチャネルスイマーになりたくて、ご両親を旅行がてらドーバーに連れて来て、孫の面倒を見てもらっている。おそらくそう見てもらって100%間違いない。キンちゃんはそのカワイイお孫さんに♪ゲンコツ山のタヌキさん、オッパイ飲んで寝んねして〜♪と日本語で歌いながら踊っている。これでまたこの子にウケルのだから面白い。

日本人から見たらこのご一家の光景をどう捕らえるだろ。「羨ましい!」だけだろうか?

大なり小なり彼女は自分がチャネルスイマーになるためのあらゆる努力をして来ているのだと思う。それが実を結び現実化している。それだけのような気がするのだが、皆さんはどう感じられるだろうか。えっ、「何が言いたいのか?」ですって…?



キンちゃん曰く

「ドーバーに来るために私は様々な努力をしています。もちろん応援してくれる人もいますが、批判する人の方が数は上回っています。しかし時折私は学校に頼まれて“夢を追う素晴らしさ”などをテーマに講演させていただいています。“子供に夢を持たせ、実現させる。”ところが実際の大人の社会では夢を追うとパッシングが多くなる。まるで“夢は夢で終わらせるから夢なんだ!”と言わんばかりに…。」

夢を実現させるには、かなりのエネルギーとモチベーションを必要とする。確かに「やりたくとも出来なかった方」は存在するし、否定はしない。だが本当に「やりたくとも出来なかった方」は、そのようなでも自分に言い訳する前に「出来るチャンスを大事にしろ!」と応援してくれる。批判的な方の多くは自分に甘く、他人に厳しい。

ドーバーに来るようになって多くの欧米人と知り合うようになったが、彼らは1〜2ヶ月も平気でバケーション休暇を取る。「1〜2ヶ月も休んだところで何をしてよいのか分からない。」という族には仕事をすれば良いが、それがあたかも「貴い」と思うのは大間違いだ。単に「夢のない寂しい方々」としか私には言えない。同時に私は欧米並みの生活水準を日本の中に溶け込ませようと思っているが、多くの場合仕事しか知らない“仕事人間”に潰されてしまう。仕事が大事であることを否定しているのではない。仕事同様に「夢追い」も大事であることを提唱しているのである。



愚痴はこの辺にしてドーバービーチの話に戻ろう。

しばらくすると昨日のオーストラリア人2名がやって来て、このママと3名で泳ぎ始めた。昨日まで見ていた3人組のスイマーはこの3名だったのだ。しかし1時間も泳ぐと上がって来てしまい、程なくやって来たホワイトと話していた。

ビーチには他に女性リレーチームだと思われるメンバーが泳ぎに行ったが、ものの20〜30分で帰って来てしまった。

キンちゃんとしては明日から泳ぐ仲間を物色している模様。盛んに自分の泳ぐスピードに合うスイマーを探していた。

午後になってクリニックへ。クリニックのマッサージ師は、明日からなら1時間まで泳いで良いと言ってくれたので、練習解禁となった。まずはやれやれ。



写真はキンちゃんとビーチにある水泳のモニュメント。バックにはドーバー城も見える。

« 肩痛 | トップページ | 泳いでいるモノは »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/15823048

この記事へのトラックバック一覧です: 経過:

« 肩痛 | トップページ | 泳いでいるモノは »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

BV

  • BV