無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 「キンちゃんが行く」Vol.8 | トップページ | フレッド・ハモンド »

「夢×挑戦ブログ挑戦報告(6月)」

1. ロンドンテロ

 まず「6月の報告」をする前に、今月出発するイギリス行きに当たって、昨今マスコミを賑わしている「ロンドンテロ」について「心配メール」や「心配電話」をたくさん頂戴している。
 まあ一昨年はテロがあった日にロンドンへ到着した。地下鉄もバスも動いていない。そんな最中を潜り抜けて、何とかロンドン経由でドーバーまで行った。その時見たロンドン市内の光景は、やはり尋常ではなかった。
 我々は目的地がドーバーなので、ロンドンは経由地だったからまだ良かったが、目的地をロンドンとしていた人たちは、さぞかし大変な思いをしたであろう。それほどロンドン市内は雑然としていたのでP7210081_3_2 ある。
 ドーバーの名所、丘の上に立つ“ドーバー城”は1番高いところにいつも旗を翻しているが、それからしばらくは「半旗」の状態になっていた。大勢の人々が犠牲になり、イギリスの新聞はしばらくこの「爆弾テロ事件」がトップ記事になっていた。
 このドーバー城に翻す旗は、今でもドーバー海峡横断泳をサポートする水先案内船のパイロットが海峡の風を占う参考にしているし、我々も天気を予測する“観天望気”として毎日眺めている。
 去年、ちょうど成田に到着した日にヒースローでやはり「爆弾テロ未遂事件」があった。つまり我々がヒースローを出発した翌日にこの事件が起きたのである。だがこの帰国する日でも、ヒースローでは防弾チョッキに自動小銃を持った大男の警察官(?)がうろうろしていて緊張感が溢れていた。
 以来液体もチューブに入ったネリ状の物も制限が加わった。持物に関しては機内に持ち込む荷物も預ける荷物も厳しい検査が行われるようになった。事実、今回も厳しい荷物検査の規制の上で渡航しなければならない。早く地球全体が、人類が平和な生活が送れるよう希望してやまない。
 ちなみに持って生まれた星の元なのか、私が飛行機に乗るとこういったトラブルが多い。オーバーブッキングなんて数え切れないほどあるし、飛行機が故障して飛ばないときや、飛んでいる最中に毀れてしまったことすらある。
 お蔭様で予定外の国で観光が出来たこともあるし、24時間監視に付かれたこともある。まあ普通はなかなか経験できないことなので、「よし」ということにしているが、これは「そう考える方が気楽」という結論に達したからである。それは、その結論に達するまでの試練がある。出来るならストレスのないスムースな旅を楽しみたい。本音は誰でもそうであろう。
 こう書くと「それは飛行機に乗る回数が多いから」と言われがちだが、決してそのようなことはない。確率から言っても多いから私の知人は心配するのである。まあきっと今まで無事であるから、これからも無事であろうと思う。
 自分の意図とは無関係にこのような経験が豊富になったので、まあ何とか無事に帰って来る。とにかく、私と同行する人には、こういった“星の元に生まれた”ことを非常に気にするが、“嵐を呼ぶ女”キンちゃんとの同行なので気にすることはない。

2. 異常気象?

 昨今、イタリアでは“ラニーニョ現象”か、40℃を越す猛暑で死者が続出しているとのことである。そういった被害に会われた方には申し訳ないが、ドーバーの海水温が高いのなら、泳ぐ我々にはラッキーである。
 しかしドーバー泳を公認する団体から「ここのところ天気が良くないので、泳ぐ日程の変更を希望する者は、水先案内船の船頭に相談するように」と、異例な通知メールが舞い込んできた。
 やはり“嵐を呼ぶ女(キンちゃん)”の仕業か?
 隣国のヨーロッパ諸国、あるいは地元イギリスならまだ知れず、遠く日本から行くとなると“飛行機のチケット”、“宿の予約”などからそう簡単に日程の変更は出来ない。まあ日程には少し余裕を持っているのでそれを頼みにするしかない。
P61200412 いずれにせよシリーズ「キンちゃんが行く」をお読みいただいた方にはお気付きだと思うが、とにかく嵐を呼ぶキンちゃんである。俗に「雨女」などの言葉は時折聞くが、“雨”程度なら我々は泳ぐ。濡れるのは一緒なのだから・・・。
 ところが“雨”程度では収まらない。秘密を明かすと淡島~大瀬崎間がホームゲレンデになる数年前は、初島~熱海間が“マイゲレンデ”だったのだ。ところが初島が嵐に弱いこと。=せっかく手間隙掛けて泳ぎに行ったのに、泳げずに帰ることが多い。=時間もお金も無駄になることが多い。=少しの嵐でも練習が出来るところへの変更希望。の理由で場所を変更したのである。
 ちなみに駿河湾で停泊している大型船舶は、台風が接近すると淡島付近に避難してくる。そんな避難した大型船舶の近くを泳いでいると、当直の船乗りたちが泳いでいるキンちゃんをみにデッキまで出て来る。中には操舵室から双眼鏡で覗いている者すらいるのである。
 お蔭様で風波のため短縮した遠泳練習はあったものの、中止に至るまでの荒れた海にはならなかった。これは我々の英知の結晶だと思っている。
 こんな“トラブルを呼ぶ男”と“嵐を呼ぶ女”の「名(迷?)コンビ」で近々ドーバーに出発する。もしかしたらその報告は、「飛行機のトラブルでドーバーに行くのもヨレヨレ状態、海は嵐でドンブラコ状態、我々はヨロヨロ状態での帰国」となるかもしれない。笑えない予想である。

3. 6月の報告

P61900462_1 今年のドーバー、津軽に向っては、最終練習になった。

  3-1.淡島~大瀬崎2way

  • 日付:2007年6月12日(火)
  • 方法:2wayソロ
  • 記録:1st leg: 淡島07:46 ⇒ 大瀬10:45 2時間59分
       2nd leg: 大瀬10:45 ⇒ 淡島13:54 3時間09分
        2-way合計: 6時間08分(ベストタイム)
  • 天候:曇りのち晴れ
  • 水温:19.5~21.8℃
  • 気温:21.4~26.4℃
  • 波高:0.5~1.0m
  • 風向:主に午前中は南、午後は西
  • 風速:1.2~5.4m/sec
  • 潮:流向(流速):主に午前中は東(0.4kn)、午後は南(0.3kn)
  • 泳法:クロール(左右呼吸=3ストローク1ブレッシング)
  • ピッチ:62~74回/min
  • 栄養補給:40分毎 炭水化物+果糖+茶類

  3-2.アイランドスイム(江ノ島~城ヶ島間:約22.5km)2way

  • 日付:2007年06月19日(火)
  • 場所:神奈川県三浦半島西岸(相模湾)
  • 泳者:キンちゃん
  • 方法:2-way solo swim
  • 記録:17時間46分
         1st leg: 04:14片瀬西浜⇒14:04城ヶ島着 9時間50分
           2nd leg: 14:04城ヶ島⇒22:00残り7.5km地点でリタイヤ 7時間56分
  • 天候:曇りのち晴れ
  • 気温:22.3~24.6℃
  • 水温:20.0~22.0℃
  • 波高:0.5~2.5m
  • 風速:0.7~6.8m/sec
  • 風向:午前中主に北、午後は南西
  • 流向:午前中主に西向0.5kn、午後は北東向0.3~0.6kn
  • ピッチ:58~68回/min
  • 補給品:炭水化物、果糖、お茶類

4. 今後の予定

  1. 7月:ドーバー1way
  2. 8月:ドーバー2way
  3. 9月:津軽縦横断1way

以上である。

P9040075_3_1

« 「キンちゃんが行く」Vol.8 | トップページ | フレッド・ハモンド »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191997/15632889

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢×挑戦ブログ挑戦報告(6月)」:

« 「キンちゃんが行く」Vol.8 | トップページ | フレッド・ハモンド »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BV

  • BV