無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • メモ

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

わくわく、どきどき、台風の目。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の記事

サイパン30時間泳の報告

Pb140006_1  2006年11月14日午前9時から翌15日午後3時まで、サイパンマリアナリゾート屋外プール(50m)にて、キンちゃんが30時間70km泳に挑戦し、無事、完泳しました。この時の模様をキンちゃんがレポートしてくれました。

 ドーバー海峡は最短距離が約34kmである。来年、ここを私は往復泳(2way)したいと考えている。もちろん最短距離で行けるわけ無いが、最低でも30時間で70kmを泳ぐ能力を持っていなければならない。この「30時間」と言う数字はドーバーを完泳した人の、片道(1way)の平均時間が15時間程度から算出している。もちろん2wayは1wayの倍以上時間が掛かるとわかっているが、「最低ライン」と言うことで「30時間70km」を算出した。ちなみに私の過去3回ドーバーの1wayを泳いだ記録は、17時間03分、13時間41分、13時間35分である。
 今回の企画、「30時間70km泳」も4回目になる。そのうちの過去1回は24時間でリタイヤした。残りの2回は何とか目標を達成している。もう少し記録を伸ばしたいところだが、仕事の関係上、練習不足もあるし、苦手な睡魔との闘いもある。まあ言い訳はこの辺にしておこう。
 方法は1クール2時間とし、40分毎に補給食を取る。その他にトイレ時間を考慮し、1クールで合計5分までの補給とトイレ時間にした。つまり40分毎に補給、補給、補給とトイレ。これで1クール。これを15クール行えばよい。
Pb140019  補給品は飲み物。内容は炭水化物が主成分のパウダーと果糖をお湯で溶かし、紅茶や日本茶で味付けしたものを300ml作る。これが1回分で約食パン2切れのカロリーが摂れる。しかし現実には今回、途中から300mlが飲めなくなり、200mlに減らしてもらった。食べ物は用便を催す恐れがあるので控えた。
 水着は競泳用の水着1枚にスイミングゴーグル、スイミングキャップ(シリコン)である。スイミングゴーグルは日中用の色の濃いカラーゴーグルと、夜間用の色の薄いカラーゴーグル、曇天用の色が中くらいのカラーゴーグル、以上3つを用意した。また身体にはラノリン(羊毛から取れる脂)を塗って磨れ予防にした。ドーバーのように水温が16℃程度だとラノリンは落ちにくいが、サイパンのプールのように29℃程度だとラノリンが溶け落ち、途中、首、股間が磨れ始めたので追加で塗った。
Pb150037  天候は晴れ時々大雨。南国の天気らしい変わりやすい天気だった。風はほとんど感じないほどの微風だったと思う。
 14日午前8時20分にはプールに到着し準備を始める。日避け及び雨避けテントの設置、テーブル及び椅子の設置、ステップバン等、必要な設備の設置と記録紙、筆記用具、ストップウォッチ、食料、飲料水等、必要な備品を整理して整えた。

Pb140009  午前9時00分スタート。このプールのライフ・ガードでいつも私と一緒に泳いでくれるガーリー(フィリピン人)はこの日休みだったが、お昼前に自分の練習のためにやって来て、自分の練習の後に2時間ほど遅い私のペースに合わせながら、時に私もペースアップをしながら一緒に泳いでくれた。優しい人だ。「イサパー(「もう1回」:フィリピン語)」と私が言うと、もう1時間付き合ってくれたが、その後しばらくは50mプールでたった独りの水泳が続く。
 午後3時辺りからいつものようにこのプールで行われるスイミングスクールの生徒さんたちが集まってきた。このプールのコーチも「また来たね。」と挨拶をしてくれる。もう30時間泳以外でも何回もロングを泳ぎに来ているので、慣れと言うか有名と言うか、とにかく親しみもって接してくれる。それでも夕方6時半くらいになるとみんな帰宅してしまう。またまたたった独りの水泳が続く。
Pb140020  夜8時くらいから眠気が襲う。ちゃんと寝溜めしたのになぁ~。仕事の関係上、早寝早起きが習慣についているせいか、いつも寝ている時間になると途方もなく睡魔が襲ってくる。眼を開けていることが出来なくなり、意識が遠のく。それでも不思議と手や足を動かし、呼吸もしている。が、壁にぶつかると眼が覚める。こんな不安定な状態が延々と続く。
Pb140013  南国の夜明けは朝6時頃だ。夜明けが近くなるとマスターズの練習が始まり、夜明けと共に少しずつ正気を取り戻してきた。マスターズ練習が終わると、そのスイマーたちは足早に仕事に出掛けて行ったようだ。日本での私の早朝練習と一緒だ。その後、再びガーリーが横を泳いでくれた。独りで泳ぐのは退屈である。このまま最後まで一緒に泳いでくれると助かるのだが・・・。
 24時間を過ぎるとだんだん元気が出てきて「あと3クールだ!」、「70km泳げるか?」と心配になってきた。100m毎のペース配分表を作り、100m毎の計時をしている石井コーチから、「5秒速く泳げ!」と指示が飛ぶ。「これ以上無理だ!」と答えると、「もっとキックを打て!」と怒鳴られる。疲れているんだけどなぁ~、私・・・。
 お昼の12時から一般の利用者が続々と現れてきた。やっと暇つぶしに眼の保養が出来る。隣で泳ぐ人を観察すると、両腕から背中にかけて立派な彫り物が・・・。何の絵か観ていると、フーっとまた眠気が襲ってきた。しかし“パッ”と目覚めた次の瞬間、少しずつキックを強めると足が動く。プルも強めると腕も動く。腕も足も動くわ、動くわ!!「よし、これなら行ける!」と確信した。
Pb140011  ターンする私に石井コーチは「残り4,000!」と上から叫ぶ。「あぁ、あと4,000m泳げば70kmになるのか!? よし、あのだらしない泳ぎから、日本チャネル・クィーン(日本のドーバー泳女王)としての本当はまだまだ余裕の力があるところを見せてやるー!!」とダッシュを始めたのである。きっと上から見ているガーリーや石井コーチ、彫り物のおじさんはビックリしたであろう。
 70km泳スタート直後、1時間目のスピードに私は戻したのである。そして30時間の10分前に、70kmを突破した。それからはダウンがてら、ダラダラと泳いだのである。
 やはり30時間と言うのは集中力に欠けてしまう。特に夜は時計が見えないので考えることがない。頭が空白になってしまうから寝てしまうのだろうか?
Pb150040  水温は29℃と暖かく、ラノリンは途中で取れてしまったので塗り直した。日焼け止めも塗ったものの、日差しが強いので背中全体は真っ黒になり、今回は足の裏まで焼けてしまい、靴を履くのも苦痛である。もちろん掌は真っ白にふやけてしまったのは言うまでもない。
 終わってみると楽しかった30時間。一つ一つの時間帯にいろいろなドラマがある。そう、肩一つ痛くならなかったのが幸いであった。無事終わってホッとしている。

キンの海練習2.

P5120016_1  10月31日(小潮)、本来なら駿河湾往復(2ウェイ:三保~大瀬崎:約21km)泳の予定でした。これは2004年5月12日に行った同企画のリベンジで、この時は正面から強風が吹き、1ウェイだけで14時間48分もかかってしまいました。伴走船をチャーターする条件のタイムリミットがきてしまい、Pa310009 1ウェイで中止せざるをえなくなったのです。そこで今回の計画に移ったの ですが、予定していた伴走船が点検整備で使えないため、いつもの淡島~大瀬崎(約10km)3ウェイに変更となりました。海は逃げませんからね。またの機会を楽しみにして今回のチャレンジに集中しました。

Pa3100102_1   1ウェイ:大瀬崎→淡島 記録:4時間21分

   2ウェイ:淡島→大瀬崎 記録:2時間59分

   3ウェイ:大瀬崎→淡島 記録:3時間59分

     合計:11時間19分

風と波:なぜか私が泳ぐ時はいつも向かい風。
Pa310017 天気は晴れ、07:43にスタートしました。1ウェイの泳ぎ出しは向かい風の北東が強く(5m)、さらにバチャバチャ波(1.0m)と逆潮でした。それでも徐々に東の風(3m)に変わり、後半は波も穏やか(0.5m)になり、淡島に着く頃は北の風(2m)になっていました。
 2ウェイは当初の北風が北西(3m)に変わり、段々西風が強くなってきました(4m)。後半にかけても西風(3m)が吹いて、またもや向かい風。波は穏やかに前から押し寄せてきますがほとんどベタ凪、誰も泳いでいないプール状態でした。
 3ウェイは前半の南風(3m)から後半の東風(3m)へと風が回りました。 このように風向きが1日で回ることは良くあることですが、私にとってはやはり向かい風。たまには追い風で回ってくれることは無いのかしら・・・。

061031_163501:この旗は「遠泳中」と書いてある幟と「A旗」です。これは周囲の船舶への泳いでいることの周知と、あまり接近しないで欲しいという願いがあって掲示しているものです。でも私はいつも風に靡いている旗を確認しながら泳いでいます。旗によってスイマーも風の向きや強さが確認できるので、オーシャン・スイマーにとっては必需品ですよね。

水温・気温・エトセトラ:水温は常時22℃。気温は18~23℃。海の中の方がこれからはPa310091暖かくなりますね。クラゲさんはチョウチンクラゲの団体やあの恐るべきピアノ線はまだいましたが、ミズクラゲはいませんでした。
 クラゲが多くなる時期は、クラゲが生け簀の網に大量にひっかかるので生け簀の面積が狭くなり、魚がピチャピチャと外に跳ね出してしまうらしい のです。そこでのその時期の生け簀は片付けられるそうです。
 1ウェイは今までの記録では最低記録! まあ1ウェイはまだまだ力が残っているからそんなに気にすることはありませんが、頭の中は取りあえず3ウェイの合計を12時間にインプットしました。
 2ウェイ目は時折、魚の生臭い匂いが続くので辺りを見回しながら生け簀がないか? 釣り船がいないか? 確認しましたが見当たりません。おかしいな! と思い、船長に「なんだか魚の臭いがする?」聞くと、「今、魚の脂が浮いているところを通っている。」と言うのです。魚の脂? 後から先生に聞くと、すっごく汚くて大きな魚の死骸も浮いていたらしい。まあ、こ んな所もあるさ!
061031_122433 栄養補給をしながら私は「今、何時間泳いだか、」を頭の中でいつも計算しています。2ウェイは潮に乗り順調で、1ウェイより1時間23分も短縮していまいました。本当に海って面白いな。
 3ウェイ目のハプニング! スイミングゴーグル交換で大事で大切なゴーグルを海に落としてしまいました。とってもショックで今度から気をつけようと思いました。

Pa310112  「秋の日は釣瓶落とし」。午後5時頃の夕焼けを見ると、一気に空は暗くなり、ケミカルライトを水着とキャップに着けました。辺りが真っ暗になると 船の電球玉を頼りに泳ぎます。その一つの明かりでイカの群れが船を追い掛けていたらしい。津軽の2ウェイは伴走船がイカ釣船でしたが、夜の仕事で船の上には何百個の大きな電球が付いていたのを思い出し、なるほどな! と実感しました。
 10時間泳いだ所で気分転換に、この前、講演した原稿を思い出しなが ら口ずさみました。なぜなら私の好きな言葉が載っているからです。3ウェイは逆潮でしたが、それでも4時間は切れました。まずまずの出来上がりでした。
Pa310151 この淡島を目指していた時、潮は沖より岸に近い方が速いです。ですから潮に乗って行く時は岸寄りを通るコースになりますが、逆潮の時は沖を通った方が良いようです。そこで船長さんはコースを沖に出しました。でも地元漁船の出漁時間と重なっていましたので、漁船の邪魔にならない程度に沖に出しました。お陰で出漁漁船の引波をかなり浴びましたが、波好きな私には問題ありません。このコースも今までの経験、同じ船長さんだからこそ出来る技でした。
Pa310172  終わって船に上がる時は、いつも船から提げられたロープに足を引っ掛け、この重たい体重を「ドッコラショ、ドッコラショ」と、手は船を掴み上がっていましたが、今回は船長のはからいで新しくハシゴを作って下さり、とても楽に上がることが出来ました。有り難いことです。これからはこのハシゴも私の遠泳に一緒に船に乗って参加することになりました。「ハシゴさん、あなたに触れる時は私が泳ぎきったときだけ! これからもよろしくね。」

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

北海道函館の潮汐

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BV

  • BV